ごろ太三昧

(雑種猫ごろ太の乳母日傘な日々)

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

春遠からじ梅の花


梅温もれば霙も解けて


「今日はイイ天気ダ」


「ヨシッ」


「絶好調ーッ!」


「あ、銀兄貴ッ」


「待っててくれタ?」            「ああ、うん」


「マグロッ」            「うん、カツオッ」


「合言葉、ヨシッ!」         「誰か見てる?」


「銀兄貴、今日はあったかいゾ!」


「うん、そうだね」         「お陽さまのニオイ・・・」


「銀兄貴ィ~」


「・・・・・・・」            「兄貴ってば~」


「ちょっと面倒くさいけど」


「まぁ、つきあおうか」




霙解かして梅の花、陽射し嬉しや春兆し。
梅の花なぞ咲き初めりゃ、霙も解けて春隣。
気合い充分隊長空を仰いで爪を砥ぎ、日向ぼっこに出かければ人待ち顔の銀次郎。
待たれていたと思い込み空かさず唱える合言葉、返事はしたが銀兄は揺らめく陽射しに上の空。兄貴兄貴と責っ付かれついに釣られて転げれば、玉座にまします女帝陛下が呆れた顔で見下ろせり。春の陽溜まり溜まり。


「やれやれ、小僧どもと来たら・・・」









【蛇足的余談】
今更ながら今世紀最大の寒波が来たとかでいつまで経っても寒い。今世紀ったって今世紀になってからまだたった13年しか経っていないが、とにかく寒い。
寒い寒いと呟きながら霙降る中急ぎ足でお使いに出かけたら、オリョの家の梅が咲き始めていることに気づき、しばし仰いで目を温めた饅頭である。

その梅の花が霙も冬の寒さも解いてくれたのか、少しずつ巷が暖かくなり、光の色も春めいてたちが日向ぼっこに勤しむ姿が目に付くようになった。
溜まりの陽溜まりは材木店を営む大家さんちの門の横、事務所の窓の下なんである。
銀次郎と雉ノ介が車庫小屋に引っ越して3か月。いつかそのうち、このあたりで彼らが寛ぐ姿を見たいものだと夢見ていたが、駐車場の車ばかりか材木店に出入りするトラックやフォークリフトが大きな音を立てるので、彼らがそれらに慣れるのはまだまだずっと先のことだとばかり思っていた。
しかし、彼らは予想よりずっと早く色々なことに馴染んできたようで、善哉。
女帝プリンも寛大なお心で彼らを受け容れてくれている様子で、尚善哉。

暖かな陽射しの中、銀次郎もいたとあって嬉しがっているごろ太の隣でなんとなく上の空だった銀兄貴は、ひょっとして門柱の上から見下ろしているプリン姉さんの存在を知っていて、見栄を張っていたのかもしれぬ(笑)。
ちなみに雉ノ介は気難しいプリンに気に入られていてしばしばこのあたりで寛いでいるのだが、威張りんぼのごろ太が近づくとイヤ~な顔して立ち去ってしまうのでなかなか一緒に撮影できないんである(^^;)。





【お詫び】
諸々の事情により、いただいたコメントへの個別のお返事できず不義理しております。
コメントのお返しもできなかったりできなかったり、できなかったりしてます(^^;)。
それでも、とコメントくださる方、嬉しくありがたく拝読させて頂きます。

 人気ブログランキングへ にほんブログ村 猫ブログ 猫 お出かけ・お散歩へ


お風呂好きな猫、厭がって泣き叫ぶ猫、浴槽の蓋の上ならご機嫌な猫・・・いろいろだよねぇ(笑)!
(そうか、ごろ太には風呂の才能があったのか!!わはは)

そう、ごろ太はモンプチのパウチがもらえるなら毎日風呂でもいいと思っているかも。
以前はワタシが風呂に入っているとすっ飛んで来て、浴槽の蓋の上に陣取ってゴロゴロ喉を鳴らしていたけれど、湯船に浸かるようになってからは蓋の上で「入ってもいいケド?」と期待のマナコでヒトを見詰め、入れてもらえないとわかると退場するようになったのよね。
つまり風呂は好きなんだから、ホントはご褒美は要らないんじゃ・・・?!

それでもさすがに飛び込みはしないあたり、辛うじてまだ猫なのだ。
「一度落ちてみたらいいのに」(by NEccoSun さん)というつぶやきに大爆笑。けど、もし落ちちゃったら(シマちゃんみたいに)怖い思いしたからお風呂ダイッキライ!になっちゃうかもしれないから、湯船には平和的手段で入っていただくのが吉かも。
そういえば実家の先代猫も夜中にひとり浴槽の蓋の上で暖を取っていて、なぜか蓋が外れて落ちてずぶ濡れで駆け回って大騒ぎしたなぁ・・・。

でも、初めてごろ太を抱いて湯船に入るのには結構勇気要りましたとも。
だってこっちは丸腰の素っ裸だから、もし大暴れでもされたら身体中縞模様になるもん。


ええと、以下は初めてコメントいただいた方へのピンポイントお返事です。
みなさんはじめまして(^^)。コメントうれしいです。ありがとうございます。

ゴロ猫tomo* さん、親近感~!実は普段「ゴロ」、「ゴロー」と呼んでしまっているのでウチの猫は自分の名前を「ゴロウ」だと思っているかもしれません、むふふ。
ミルクティ色というのはここでは禁句なのです。だってこっ恥ずかしくて悶絶しちゃうのですよ、饅頭が(笑)。

aala さん、必要があれば猫も泳げちゃうみたいですよ。
お風呂やシャンプー、厭がる子は厭がりますよね。でも大声上げても洗わせてくれるのであれば、実はまんざら厭でもないのかもしれません。毛皮がきれいになると猫も気分いいみたいです。

ゲンタくんのパパさん、猫はこまめに毛繕いするし、ホンキで厭がる子は無理に洗わなくてもいいのよね。
お風呂はイヤでも「かわいいでちゅねぇ~。チュ~」は喜ばれてますか(笑)?ふっふっふ。
いろんな虫のお写真いつも楽しみにしてます(そのパパさんですよね?違ってたらどうしよう ^^;)。

sheka さん、こちらこそ何度かナイショでコメント入れようとしたんだけど何故か書き込めなくて(泣)。
オヤツも同じあげるならより猫が喜ぶタイミングを作れるとお互いシヤワセですよ。ただ、ジュリー氏の場合はそういう工夫はまだ少し先になるかもね。築かれつつある信頼関係を大切に、がんばってね!!

タータンチェックさん、引きずり込んでごめんなさい、むっふっふ。
お風呂、家の中で暮らしている猫ならそんなに必要ないですよ。一緒に入るのは楽しくもあるけれど、赤ちゃんをお風呂に入れるのと同じでこっちはのんびり入っていられないし、結構メンドクサイのです(笑)。

マッキーさん、動物は身体が濡れるの大抵厭がりますもんね。犬でもお風呂嫌いの子結構いるみたいだから、必死で抵抗するのは純然たる猫の証(笑)。腕が傷だらけになってもシャンプーしてあげていたなんてすごいです!ずぼらなワタシならすぐあきらめちゃうかも~。

スポンサーサイト

| 銀次郎 | 20:00 | comments:5 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

坊ちゃん、銀兄貴のことが大好きなんですねー^^
におい嗅ぎまくったり、ゴロンゴロンしたり、
以前の、太郎のネコチャンへの行動を思い出します~。
ヒモ付き猫は周囲の猫に嫌がられることが多いと思ってた私だけに(笑)、
こういう光景を見るとなんだか自分のことのようにとっても嬉しくなってしまいます♪

そんなに寒いんですね。
でも春は確実に近付いてるようでよかった。
私ももうすぐ、日本の春を楽しみます♪

| alpenkatze | 2013/02/28 20:35 | URL | ≫ EDIT

薄皮さん、こんばんは♪
ごろ太くんと銀兄貴の合い言葉いい!
そんなことを話していそうな雰囲気ですね(*^_^*)
銀兄貴のこと大好きなんだな~ってのが、
よく伝わってきます。

| ふわころ本舗 | 2013/02/28 20:59 | URL |

いいなあ~こっちなんて全然春の兆しナッシングですよ~。毎日どよよよ~ん!!
梅、見たいなあ~。
坊ちゃんも銀兄もお日様の中で気持ちよさそうですね~。
ごろんごろんと。和みますねえ~。
プリンちゃんの目線が!あはは!

| kotora | 2013/03/01 01:10 | URL |

銀次郎君、面倒臭そうに(笑)
ごろ太君は合い言葉の掛け合いが出来て嬉しそう!
ご機嫌そう〜
1段下から甘えてるのが可愛いな〜
プリン姐さんが見てたから余計に嬉しかったかしら?

| mogu07 | 2013/03/01 01:37 | URL | ≫ EDIT

こんにちは

銀次郎くんにアピールする隊長のかわいさったら、たまりませんね(^^)
銀兄貴!一緒にごろごろしよーぜっ!!みたいな感じですかね?うふふ。

隊長と雉ノ介くん・銀次郎くんやミッケちゃん達
女帝プリンさま
(女帝プリンさまは我が家のコウメに似てる雰囲気?!孤高タイプかな(^^;))と
いろいろご近所猫の関係模様があって、
観察するのもまた楽しそうですねぇ~!

| うずら母 | 2013/03/01 12:35 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://56g.blog40.fc2.com/tb.php/638-b9908bac

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。