ごろ太三昧

(雑種猫ごろ太の乳母日傘な日々)

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

野分の合間猫相撲


秋桜揺れて野分雲


「ハッキヨーイ・・・」


「ノコッタァーッ」


「秋場所優勝争いデスッ!」


ごろ太錦、転がったー!


「決まり手はガブリ寄りだから」


「転がっても関係ないモン!」


「・・・でもなんで転がされるんダロ?」


目をつむってるからじゃないですか?


「目なんかつむってナイッ!」


「こんなに見開いてたって」


「やっぱり転がされるモン」


「でもガブリ寄りでボクの優勝デス」




全場所勝利の横綱の、勝ち手はいつもガブリ寄り。
空に群れたる野分雲、見上げて揺れる秋桜の嫋やかなりしそのうてな。
四ツ辻曲がりゃタカタンタタンと遠くで太鼓が鳴り響き、優勝争う秋場所の今が勝負と始まったハッキヨイヨイ相撲。
先手を打ったごろ太錦の得意の技はガブリ寄り。エイヤと躱した乳母の山、腕を回して上手投げ。勝敗ついたと思いきや、が勝つまで終わらぬと組んず解れつ相撲。
自分ばかりが転がされ合点がゆかぬと言うに、組む度瞑るその瞼しかと開けよと教えれば、目など瞑っておらぬと言って転げながらのガブリ寄り。
見事決めたとご満悦、全場所勝利の横綱は身を横たえて抜け小路。

「ナカナカの名勝負だったナ」


「・・・チョットくたびれちゃッタ」


「横綱はボクだモン!」









【蛇足的余談】
涼しくなって喜んでいたら前に続けと次々颱風がお通りになっているのである。
(被害に遇われた方々、何もできませんがせめてお見舞い申し上げます。)
直撃はまぬがれているがなんだか天気が定まらない。コスモスもか細いうてなをぶんぶん振り回されて疲れているだろうし、空が落ち着かないと気分も落ち着かない。ごろ太もなにやらそわそわしている今日この頃。
勝負に勝てば落ち着くと思ったのか、アパート横の細い私道のど真ん中で突如相撲秋場所が始まった。この秋の初勝負にして優勝争いなのである(笑)。

思えば屋外での相撲秋場所も早3回目の開催。
土俵も投げ技も関係ナシ、猫が勝つまで勝負は決まらぬというのが初回から変わらぬしきたり。お正月には化粧回しまで巻いた横綱なのだから、決して負けるワケにはゆかぬ。いや、負けることはないのだ。
そんな無敗の横綱であるが、シーズンオフ(いつ?)にも屋内稽古を欠かさないのだからして、取っ組み合いのケンカゴッコは彼にとって余程楽しい遊びなのだろう。

動物の遊びという行為には破壊的(箱を齧って壊すとか紙を引きちぎるとか)あるいは暴力的行動が垣間見えるものが存在するのだが、去勢手術をした雄猫はそういう行動が減る傾向があるのだとか。
逆に避妊手術した雌猫のそういった行動は少し増える傾向にあるらしく、避妊や去勢によって彼らは知らぬうちに中性化しているのかもしれない。
確かにごろ太がする乱暴な遊びは猫相撲と薄紙千切りくらいだし、それもたまに思い出したようにする程度。いたずらもほとんどしないし、鳴き声による異議申し立てはされても引っ掻かれたり噛みつかれたりされることはない。
まぁもともと彼は大人しく暴力を好まない性格であるようだし、同じ家で暮らすニンゲンにとっては乱暴な遊びは少ないに越したことはない。けれどあまりに聞き分けが良いと、ノビノビできていないのではないかとか、破壊的暴力的遊びによって発散されるはずのものが知らず知らずのうちに鬱積してしまっていやしないだろうかと少々心配になることがある。是を取り越し苦労と云ふのであろう。

つまり過保護な乳母としては、坊ちゃんがたまに多少乱暴な遊びに興じてくれるほうがなんだかホッとするのである。考えてみれば散歩だって、彼があまり大人しいのがなんだか心配で始めたようなものなのだ。
だから、こうしてごろ太錦が登場すると乳母の山は嬉しいのである(笑)。
それに外で遊べるということは散歩中リラックスできている証でもあり、5歳になった彼が気力体力ともまだまだ充分にあるという証でもあるのだから、尖ったツメで腕に無数の引っ掻き傷ができようと、手の甲に歯型がつこうと(彼は手加減しているつもりらしいが最近強いのである)、喜んで負け続ける所存なのである。

しかし威勢良く飛びついてくる割には毎回両目を瞑っちゃってるあたり、なんだかちょっと残念なごろ太錦なのであった。うしし。





【お詫び】
諸々の事情により、いただいたコメントへの個別のお返事できず不義理しております。
コメントのお返しもできなかったりできなかったり、できなかったりしてます(^^;)。
それでも、とコメントくださる方、嬉しくありがたく拝読させて頂きます。

 人気ブログランキングへ にほんブログ村 猫ブログ 猫 お出かけ・お散歩へ


十五夜の颱風は結構な風雨で、雨の止み間に雲の切れ間にちょっとくらいはお月見できるんぢゃないかという、ワタシの密かな目論見も敵わなかったのだ。ま、つまり夜の散歩はサボれたんだけど!
しかし霧立ち込める満月というのもオツですねぇ!お団子よりオバケが似合いそうな月ですな。ふふふ。

陽気が良くなるにつれ、ごろ太と歩いていると其処此処で猫が現れます。懐中電灯当てて写真撮れる猫は決まっているけど、ホント角を曲がるたびに猫がいるという感じなのですよ。
あんまり情がうつるとアレなんで、外猫とは正直あまり出会いたくないような、でもやっぱりご尊顔拝見したいようなフクザツな気持ちの饅頭なのですが、ウチの町内は割合と外猫たちに寛大なので、まあそう心配せずに見守れるということはマコトに有難いのよね。

そんな町内で平和に寛ぐ猫たちのジャマをしているのは、やっぱり紐付き猫とオバサンなのだ(^^;)。

ところでmogu さん、素手ぢゃなくって内心ホッとしたぁ~(笑)!

スポンサーサイト

| 散歩猫 | 20:00 | comments:3 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

ごろ太君、良いしがみつき!
転がされても嬉しそう〜
諦めずに何度も勝負を挑むのは、さすが横綱よね。
外でもこうした遊びが出来る度胸も素晴らしいと思うわ。
カノは私と取っ組み合いの特訓をして、アナベラにも挑む様に...
でもラスボスドミニクには立ち向かえないチキン(笑)

| mogu07 | 2012/10/07 23:48 | URL | ≫ EDIT

横綱ごろ太山、ガブリ寄りの技、精進して磨きをかけてください。ごっつぁんです♪
ルーさんは、おいかけっこや猫ボクシングなど、けっこうアクティブな遊びが好きかも。薄皮さんのいう「避妊手術した雌猫のそういった行動は少し増える傾向に…」に通じるのかも、と納得。しかし、彼女の一番好きな遊び(!?)は、お尻べしべし(とんとんやぺんぺんなどの生易しいものではなく、強く叩くのを好むのだ)されて、ばりょばりょつめ研ぎ。日に何度かこの遊び(!?)に誘われます。(笑)

| myaumyau | 2012/10/08 01:54 | URL |

あぁ~かえでもおもちゃで遊ぶ時や、さくらと取っ組み合いをしてる時、
目を閉じているのよ~
目視だと分からないけど、写真に撮るとバッチリつぶってるのがばれちゃう(´∇`)
さくらはちゃんと見開いてるから・・・やっぱ、坊ちゃんもかえでもちょっと残念・・・?

何で目、つぶっちゃうんだろうね~
私もテニスする時、目をつぶるなつぶるな!って自分に言い聞かせてるもん。

| リヴ | 2012/10/09 11:35 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://56g.blog40.fc2.com/tb.php/621-243c64a0

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。