ごろ太三昧

(雑種猫ごろ太の乳母日傘な日々)

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

有難迷惑猫同心


「今は何か起こりそうダ」


「雉公、何か変わりはナイか?」     「相変わらずウルサイなぁ」


「同心に向かってシツレイなッ」


「あっ、プリンの姉御!」


「何か変わったコトは・・・」


「アンタが邪魔なんだよ!」


「・・・ナルホド」


「みんなわかってナイな」


「む!ナニカ怪しい気配が!」


「あそこダッ!!」


「白い忍者?!」


「ヘンなオヂサンだ」        「あーキミキミちょっと」


「隠れヤガッタぞ」


「うむ、怪しい忍者め・・・」


「あ、そこの女将、今白い忍者が・・・」


「ウチの倅に構わないどくれっ!」




の憩いもなかりけり、有難迷惑同心。
彼岸来たればきっぱりと暑さ蹴散らす秋の宵。土産の大きな雲携えて遊び疲れた夏どもが、のろりのろりと闇の中次の国へと渡り行く。
待ってましたと蟋蟀が朗々声を響かせりゃ、何処からともなくたちが通りに姿を現して、思い思いに寝そべって秋の唄にぞ聴き惚れる。
片髭撫でし爽風に何か起こると唆されて黙っておられぬ同心。
そっぽを向いた雉ノ介にも怒れるプリンの姉御にも、怯むことなく其処彼処手柄ないかと嗅ぎ回り、町内安全維持のため今宵も見回りし候。西階段を上り詰めぐるり辺りを見渡せば、数軒先の物陰に白き忍者の姿有り。さても怪しき白忍者問い詰めようと駆け寄れば、うちの倅に構うなと三毛の女将がご立腹。
の憩いを妨げるげに疎ましき野暮天は、同心で御座候。








【蛇足的余談】
暑さ寒さも彼岸までのコトバ通り、お彼岸に入った途端涼しくなった。
ご近所たちも、やれやれこれでやっとひとごこち着けるとばかりに、な道端や駐車場に姿を現して寝そべり、憩いのひとときを満喫している。
(雉ノ介に至っては道端ではなく道路のど真ん中でくつろいでいた)

初夏の頃に生まれたのであろう子たちも、母猫の監督の許、そこいらを散策したり虫を捕まえたり取っ組み合いをしたりと忙しそうなのである。

そんな猫たちの、思い思いの秋の長を邪魔して回る不届きモノが、自称猫同心であるところのごろ太(笑)。ご同心の後からは紐で繋がれ提灯下げた岡引がついて来るのだから、猫たちにはマコトはた迷惑なのである。

同じ猫なのに彼が何故に他の猫たちのように落ち着いて憩えぬのは、紐付き猫同心として限られた夜廻りの時間を有効に使いたいからなのかもしれぬ(笑)。

ところで今宵は中秋の名月。
秋の夜風に吹かれつつ猫同心と満月でも眺めようかと楽しみにしていたのだが、絶妙のタイミングで颱風がご登場するようなのである。
同じように月見を断念せざるを得ない皆々様、満月とごろ太の写真なぞお楽しみくださいまし。但しこの満月は8月末の満月なのだが(笑)。


「今宵十五夜颱風デス」




【お詫び】
諸々の事情により、いただいたコメントへの個別のお返事できず不義理しております。
コメントのお返しもできなかったりできなかったり、できなかったりしてます(^^;)。
それでも、とコメントくださる方、嬉しくありがたく拝読させて頂きます。

 人気ブログランキングへ にほんブログ村 猫ブログ 猫 お出かけ・お散歩へ


我々はいったいいつ頃から「虫がニガテ」とか「虫ってキモチワルイ」とか「虫コワイ」と思うようになるんでしょ?
コドモの頃は物珍しく眺めたり、触ったりしていたはずなのにね。
かくいうワタシも家の中でクモの姿でも見かけた日にゃ、大騒ぎして母を呼びつけなんとかしてくれろと泣きついたものでした。騒ぎに驚いたクモがどこかに隠れてしまっても、姿が見えない=いつまた出てくるかわからない=寝ていて顔の上でも歩かれたらという恐怖に苛まれたりして。わははは。

でも、園芸好きになってからクモや毛虫くらいじゃ騒がなくなりました。
そんなもんに驚いてたら土なんて触れないし、見慣れていくうちに彼らの営みや姿を面白いと思えるようになったりした次第。虫を見るたびイヤだ!コワイ!と騒いでいた頃は母によく「虫のほうが怖がってるよ」と言われたものだったけど、今はしみじみその意味がよく解かるかも。
彼らは決して快適とは言えないであろう与えられた環境で、ただその生業を消化しているだけなのだもの。
なのに「キモチワルイ」という理由で命を脅かされたりするのは理不尽だよね。
我々は歩くだけで、知らずに虫を踏み潰してしまうことができるのだ。意識的であっても無意識だとしても、彼らの暮らす場所を奪ったり命を脅かしたりするニンゲンのほうがずっとコワイんである。

しかしキライなものはキライという気持ちもまた然り。
うっかりイヤなもの見ちゃったというかた、ゴメンナサイ!市街地で出会うことのできるいろんな命を紹介したいと思っているだけで、決して悪気はないのですよ。
悪気はないのだけれど学習能力もないので、虫とか爬虫類とか、きっとこれからも彼らを時々登場させちゃうだろうけれど赦してね(^^;)。
そして隊長と隊員の自由研究に花マルくださったかた、ありがとう。むふふ。


いとはりさん、ごろ太も結構ビビリなほうだと思うんだけど、自分より小さな動くものにはどうもついつい本能で反応しちゃうみたいです。猫なんだねぇ(笑)。
きっといとはりさん家の猫たちだって、出るトコ出りゃ(ドコ?笑)やっぱり猫らしく狩りに勤しんじゃうのかもしれませんよ。ふふふ。

まめはなのクーさん、ああ!ごめんなさいーっ(^^;)!
キーを打つ手が慄くほどイヤなもの見せちゃったんですね。せめてアップで載せないでよかった。
お詫びに今後毎年夏には忘れずに「まめはなのクーさんの前にはアレが現れませんように」と祈らせていただくことを、ここに誓いまする。

mogu07 さんには以前、ふにゃふにゃヤモリの捕まえ方を教えてもらったんだよね(笑)!
ところで素朴なギモンだけど、カノくんが夢中で追いかけてる大和の親分を横取りするの?!ひょっとして素手で(^^;)?・・・うひぃーっ!そうだとしたらmogu さんカッコ良過ぎ!

スポンサーサイト

| 散歩猫 | 20:00 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

夜はこんなに皆出て来るんだ〜
ゴロンとしてても安全な地域なんだろうな。
隊長、職務質問してるみたいだけど適当にあしらわれてる(笑)
いつも凛々しくパトロールだけど、プリン姐さんに一喝された後は
何だか子猫みたいにキョトンとしてるわ。

いや、さすがに素手では......(笑)
何に夢中になってるか確認する前にペーパータオルを引っ掴んで
駆けつけてる!

| mogu07 | 2012/10/01 01:29 | URL | ≫ EDIT

ごろ太君、夜回り、世直し(!?)ご苦労さまです。
猫が夜型というのがうなずけますね。(笑)
みんな中秋の名月を眺めに外に出てきたのかな、なんて、ね。
中秋の名月は強風でダメだったかな!?
こちらは霧が立ち込めながらも、見ることができました。
8月末の満月とごろ太君の一枚、いいですね。「猫と月」という響きもなんだかいいね♪

| myaumyau | 2012/10/01 02:40 | URL |

隊長、オツカレサマ~!!!
雉ノ介にあしらわれ、プリン姐さんに怒られようと
隊長地方の猫さんたちが平和に暮らせるのは
パトロールのおかげですよ~!笑
白いチビちゃんも隊長に見守られ、大きくなるんだよ。
うふふ、このお写真はあの日の満月なのね~。

| sari | 2012/10/01 10:51 | URL |

それでも一生懸命仕事をしてるっていうのが、坊ちゃんのかわいいところよね~
みんながマッタリしている時間でも、坊ちゃんにはドキドキワクワクの時間。

それにしても周りにいっぱいお友達がいていいねぇ~
饅頭さんのおかげ様さまね、坊ちゃん。

| リヴ | 2012/10/01 16:22 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://56g.blog40.fc2.com/tb.php/620-ac156dad

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。