ごろ太三昧

(雑種猫ごろ太の乳母日傘な日々)

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

五月雨めいて涙雨


「雨降ってきそうダナ・・・」


「小僧、今日は気づかないねェ」


「アッ!プリン姉さん!」


「チッ、気づかれた」


「アタシはアンタの相手なんか」


「ご免被るよ」


「姉さん、チョット待って・・・」


「無礼者ーッ!!」


「気安く近寄るんじゃないよ!」


「ついて来たら承知しないよ」


「怒られタ?!」


「でも姉さん、チョット待って・・・」


「・・・車の下に入っチャッタ」


「ここで雨でも眺めるかねェ」


躑躅を濡らす涙雨




憤怒の拳振り上げられて涙を溜める躑躅哉。
西からどうと風吹けば鈍の色した雲が湧き、降り出しそうな空模様。
ひと雨来るかと足早に女帝の前を素通りし、視線感じて振り向けば高みに輝くその姿。
ご無礼したと馳せ参じても素気無く背中向けられて、挨拶ひとつできぬまま。そりゃあんまりだと後追えば、憤怒の拳振り翳し無礼者めとご一喝。
ついて来るなと言われても紐付きは耳伏せて聞こえぬ振りでついてゆく。
五月雨めいて俄雨ぼつりぼつりと降り出せば、お気の毒だと涙溜め蘇芳色した躑躅哉。
拳も通じぬ野暮天は涙雨なぞ気にも留めずに、お待ち致すと座り込む水玉模様のアスファルト。げに疎ましきその視線、倦む女帝は何時出遣る。


「ボクはココで姉さんを見てマス」









【蛇足的余談】
女帝プリンの周りには見えない結界があるのである。
でもヒトでも他所の者は下々の者、決してその結界の中には入れないのだ。
気づけば彼女と10年来の付き合いになるワタシでも、畏れ多くてとてもじゃないが結界を破ることはできないのである。

ついでに、彼女は唸ったりシャーと言ったりせずに突然パンチを繰り出す(笑)。
威嚇の声を上げるのはパンチを繰り出した後。ごろ太のような空気を読めぬ野暮天には言って聞かせても解からぬということを女帝はご存知なのである。
しかし実は怒りの鉄拳すらごろ太には通じないということはまだご存知でないのかも。

ところで、ごろ太が女帝のパンチを喰らったのはこれが初めてではない。これまでに何度も喰らっているのだ。それでもこうして、怒られた直後にプリンが身を潜めた車の横で待ちの体勢を取るあたり、ちっとも堪えちゃいないに違いない。
可哀想なのはプリンでもごろ太でもなく、雨に打たれながら紐を握って車と車の間に所在無く立たされている乳母である。つつじの花はそう思って涙を溜めているのかもしれない。

それにしても『躑躅』という漢字のややこしいこと!一体誰が考えたやら(笑)。





【お詫び】
諸々の事情により、いただいたコメントへの個別のお返事できず不義理しております。
コメントのお返しもできなかったりできなかったり、できなかったりしてます(^^;)。
それでも、とコメントくださる方、嬉しくありがたく拝読させて頂きます。

 人気ブログランキングへ にほんブログ村 猫ブログ 猫 お出かけ・お散歩へ

草生い茂り花菜咲く紋白蝶の土手は、ごろ太のヒミツキチの裏手に続いている恰好の遊び場・・・なんだけど、実は他所様の敷地。なので、紐の届く範囲でごろ太だけ入れさせてもらっています。
もちろん憚りは厳禁(笑)。
ホントはワタシも土手に上がって一緒に遊びたいのです。
コドモの頃は近所にこういう場所がいくらでもあって自由に入って遊べたけれど、昨今は不自由ですねぇ。
遊び場がないのはニンゲンの子だけぢゃなく、猫や犬もなんだよね。

ウチの界隈では紋白蝶や黄アゲハ、カラスアゲハ、橙色のタテハチョウたちがもう飛び回っています。
元気猫さんのところのほうが温暖そうなのに、チョウチョまだなんですね。むむむ。

蝶は花に止まるのを狙っていてもすぐに動いてしまうのでホント写真が撮れない!
リヴさんでも撮れないものを、ワタシが撮れるはずないよねぇ。
もう少し暑くなって水溜りの水でも飲んでくれていれば撮れるだろうか・・・。

mogu07 さんのとこのアナベラ姉さんよりも散歩が長いごろ太・・・。
しかも立ち止まっている時間のほうが確実に長いんだよね。はぁ・・・・・・・・。
というワケなのでふわころ本舗さん、猫の散歩は無駄に長いばかりでワタシの健康にはあまり役立たないのですよ(笑)。ごろ太の様子を見ているとついつい下ばかり向くことになって、弱い首やらシジュウカタやらにはかえって悪いくらいなのだ。うう。

それでも、最初の1~2年はごろ太の気の済むまでつきあっていたので、この時期の散歩はもっと長かった!
昼も夜も過ごしやすい季節にはそれぞれ3時間とかだもん。
抱き上げて強制終了すればいいんだけど、それをやると楽しいはずの散歩が毎回不機嫌になって終わることになっちゃうのでなかなかそうもいかず。
去年あたりから、ある程度時間を切って終了する習慣をつけようと決め、あれこれ試して猫との折り合いがついたのが昼2時間夜1時間というワケ。時間がきたところで「帰ろう」と声をかけると、渋渋ながら自分で玄関まで戻ってくれるようになりました。

ごろ太いわく、気温が上がって来ると小さな生き物が活発に動くので、散歩というより狩り気分が高まるんだそうです。しかも彼の狩りはひたすら待ち伏せなので、エクササイズというより廊下に立たされているような状態なのですぞ、myaumyau さん!足が太くなりそうよ。

これからもっと気温が上がると昼間の散歩はぐっと短くなる・・・けど、夜が長くなること必須なので、この先うまく更新の時間が取れるかどうか、また試行錯誤です。うう。
昨日今日と雷雨が降ってくれたお蔭でなんとか時間が取れたのよね。1日おきに雨が降らないかなぁ。
ネタもたまる一方だし、なんとか週1くらいのペースで更新したいなぁ。
歯磨きの話と水分摂取の話をしたくてしょうがないんだけど、どっちも巻物必至なのでコマギレで手をつけてもなかなか書けないんだよね。
Kotora さん、お休みはやだ~!って言ってくれると励みになります。がんばるよー(泣)!


スポンサーサイト

| プリン | 20:00 | comments:8 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

お怒りの姐さんの美しい事!!
振り向き際にパンチして、真っ直ぐ見据えてお説教。
プリン姐さん、ステキだわ~
先に手を出すのは先手必勝を解ってるからかしら?
ごろ太君、かなり近づいたけど残念だったね~
でも全然へこたれてないのが坊ちゃんらしい(笑)

| mogu07 | 2012/05/19 07:35 | URL | ≫ EDIT

銀兄ぃとは友達の契りを結べたけれど、プリン姐さんとはまだ道程は遠いのかな、ごろ太君!?孤高の女帝は一筋縄ではいかないねぇ。ごろ太君の思いが通じる日が来ますように。

| myaumyau | 2012/05/19 16:08 | URL |

あの、ずっと待ってますから。
秋になっても冬になっても。
歯磨きとお水のお話。
個人的にお水のほうが今特に気になるんですけど…。
あ、いえ、待ってますから!(笑

つつじか…。読めなかった…。
誰が考えたんでしょうね~。
中国語から?
もっと簡略化して輸入してくれたらよかったのに…。
だからみんなカタカナとかで書くんですね~。

プリンさん。美梅と話があるかもね?
KY男子の扱い方、とか。
藍も美梅にパンチされてもなんにも気にしてない、風に見えますよ。
でも坊ちゃんの背中がちょっとさびしい…。

| Kotora | 2012/05/20 05:41 | URL |

 ごろ太君、せっかくプリン姉さんのお近づきになろうと思ったのにね~ちょっとぷりんねえさんのご機嫌もよろしくなかったみたいね^^

 それにしても迫力ありますね~プリン姉さん…

| まめはなのクー | 2012/05/20 09:00 | URL |

ごろ太君、プリン姉さんをお慕い申してるのに
姉さん、相変わらずツレナイですねぇ~~~

しかし饅頭さん、
どのくらい雨の中お付き合いを?
又、風邪引いちゃうよぉ~~~
ちなみに私なら「強制撤去」です!

| 元気猫 | 2012/05/20 15:22 | URL | ≫ EDIT

プリンねえさん、相変わらずこう、
オーラが...うならずにパンチ。
それは...いいんだかどうだか...
こないだ、テレビを見ていたら、美女にたたかれた
男が、「いいものだなあ(美人にたたかれるって)」と
つぶやいていたので、ごろたくんもそうなのかしら。(笑)

ごろたくんキューリには興味ないんだ。
そういえばうちもかなあ。(笑)
それにしても、まあ急な土手のようなところ、
ごろたくんも大変だけど、饅頭さんのご苦労やいかに。ウウウ。

イベリスきれいですねー。
甘いかおり、ごろたくん好きなのかしら。
うちもそうかも...でも花のは、
たとえはちみつのような香りの花でも喜びませんね...
別の部屋にいても、あんことか、みたらしの香りには
飛んでくるのに。

ごろたくん、銀ちゃんとのぷりけつおかりしますね。
うちは、おしゃべりは相変わらずやっぱりあまりできないけども、
もともとそうだったゆえに、ものすごい伝達能力が
発達してるような気がします。
左手を上げたらこうだ、とか、ふくらはぎをたたくときはこうとか...
尻尾激しくぴこぴこは、とても雄弁。(笑)

| めんまねえちゃん | 2012/05/20 22:23 | URL |

男の子は懲りないですよね~
ウチ、2ネコ一緒にお外を見れるようにと、タワーと引き出しを窓辺に置いていて、
さくらはタワー、かえでは引き出しの上に乗るの。
先にさくらがいると、必ずあとから来たかえでに、パンチと同時にシャーが出るのよ。
かえでは気にせず、そのままパトロールしてる~
さくらも一発お見舞いすれば気が済むみたい。
かえでにはとんだ災難だけど、ホント気にしてないみたいなのよね。

| リヴ | 2012/05/21 11:32 | URL | ≫ EDIT

さすがは女帝
貫禄ありますねぇ
なるほど、結界ですか^^;
それにしてもごろちゃん、ほんとに猫なの?
おもしろいですねぇ
普通諦めると思うんですけど・・・^^;

| tieta4u | 2012/05/23 02:51 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://56g.blog40.fc2.com/tb.php/607-ea7fe1c2

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。