ごろ太三昧

(雑種猫ごろ太の乳母日傘な日々)

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

放棄必勝猫相撲

111022-1.jpg
「ウム、油断しているナ」

111022-1.jpg
「いざいざハッキヨイ・・・」

111022-1.jpg
「ノコッターッ!」

111022-1.jpg
「あがががっ」

111022-1.jpg
「ぐぐッ、倒されタ?!」

111022-1.jpg
「ンモーッ!」

111022-1.jpg
「今度はホンキでいくゾ」

111022-1.jpg
「ノコッターーーーッ!!」

111022-1.jpg
「ぐッ・・・」

111022-1.jpg
「倒されるもんかッ!」

111022-1.jpg
「倒されるもんか・・・」

111022-1.jpg
「・・・倒されチャッタ」

111022-1.jpg
「モー、ヤーメタッ!」




形勢不利のこの勝負、投げるが勝ちとは謂い。
秋深まれば陽溜りの光澄みたる象牙色。色づき始めた木の実に見惚れそぞろ歩きの隊員を、横目で睨んだ隊長が隙だらけだと躍りかかって、やおら始まる相撲。
不意を突かれた乳母之山思わず繰り出す上手投げ。ころり転げたごろ太錦は躍起になってがぶり寄り。がっぷり組んだはずなのに気づけばまたも転がされ、形勢不利と見た途端、勝負投げ出し知らぬ顔。

試合放棄の横綱の辞書には負けの言葉無し。今日も自分の勝利だと尻尾の先で天を指し、敗れた力士従えて意気揚揚と通りゆく。


111022-1.jpg
「やめてもボクの勝ちだモン」

111022-1.jpg
「決まり手はガブリ寄りだモン!」





【蛇足的補足】
ごろ太の気に入りの遊びのひとつ、それが猫相撲である。
以前は専ら屋内で開催されていた相撲大会なのだが、散歩を重ねて屋外活動にこなれるにつけ散歩中にも開催されるようになったことを以前にもご報告した記憶がある。
そればかりか、最近では『散歩中つまらない』(虫や小鳥や外に遭遇しない)と、八つ当たりの如く飛び掛ってみたり、こちらの隙を見て戦いを挑んできたりするようになった。
何も面白いことが起きなかったからちょっと相撲でも取って、本日の任務これにて終了!という顔をして玄関の前まで駆けて戻りドアの開くのを待ったりするのだ。
もはや、彼にとって相撲は行事ではなく『暇つぶし』に成り代わったということか。


ま、『暇つぶし』が出来るほど外でリラックスしているというのは悪いことではない。
散歩を始めたばかりの頃、彼が外で常に最大限の緊張状態にあったため、ちょっとしたこと(聞き慣れない物音とか、車とか、他所のヒトとか)でどうなるか解からなかった時代には、有事には即座に対処せん!とこちらも常にピリピリしていなければならなかった。
当然、散歩を楽しむ余裕なぞなく苦行のように感じてさえいたのである(笑)。

その頃からすると今は、少しくらい余所見をしていても大丈夫。
陽気のいい季節には、外で昼寝を決め込むごろ太につられて横でうっかり居眠りしてしまって、先に起きた猫に起こされることもあるくらいなのである。わはは。
この『うっかりできる』というのは、お伴にとってはマコトに有難いことなのだ。


しかし『うっかりしている=隙がある』ワケだからして、突然の相撲勝負に慌てることもしばしば。暇つぶしと謂えどもホンキでお相手しなければ猫は満足してくれぬ。
通りの真ん中で掛け声よろしく猫と勝負するというのはなかなかにして恥ずかしい。
その恥ずかしいのをなんとか忘れて頑張っているというのに、負けたくない猫は形勢不利と見て取ると突如『ヤーメタ!』と試合を放棄するのである。

猫と遊んであげているつもりが放ったらかしにされた中年女というのはヒジョーに侘しい。
ついでに、棄権したら負けというニンゲンルールは猫には通用せず、常に勝者は猫と決まっていることが、甚だ口惜しくも可笑しい。

これが、我家における進歩のない猫相撲事情である。

しかしこれでは最近減量に成功してますますアグレッシヴになった欧羅巴最強と言われるゴマ欧州や、乾燥大地で日々ぷりケツ稽古に励むみこ白雪などなどの名立たる力士にはとてもじゃないけど敵うはずもなし。
横綱を気取るのであれば、もう少し真面目に取り組んでいただきたいものである。





【お詫び】
諸々の事情により、しばらくコメントへのお返事をお休みさせてください。
コメントのお返しもできなかったりできなかったり、できなかったりしてます(^^;)。
それでも、とコメントくださる方、嬉しくありがたく拝読させて頂きます。

 人気ブログランキングへ にほんブログ村 猫ブログ 猫 お出かけ・お散歩へ

満月に更新という噂が広がる前に満月ぢゃない日に更新しなきゃと慌てたー(笑)。
背後から猫に20回ほど呼ばれて中断させられながらも、半月くらい前の話をようやく書き上げました。そんな調子なのでみなさんのところにたまにはコメント残したいなと思っても読み逃げばかり・・・。
しかも、たまにしか見られないから遡って読むほうに夢中になっちゃうし(^^;)。

キンモクセイの香り、甘いいい匂いなんだけどあんまり間近で嗅ぎたい香りではないかも。
空気の中にほのかに感じて、ああ近所で咲いているんだなぁと知るというのが理想かも(笑)・・・と思いながらも、なんだか思い出のニホイになりつつあるのです。匂いって記憶を呼び覚ますんだよね。
匂いというのはかなり離れていても届くので、視覚よりも嗅覚に訴えるほうが効果が高いんだとか。
そういえば、毎年あの花が咲くとごろ太はいつもに増してあの木の下に長逗留するような気が・・・。むむ!彼はあの匂いが好きなのか?!来年もそうなるのか確かめてみようっと。

スポンサーサイト

| 散歩猫 | 21:00 | comments:11 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

へえ~そこまでお散歩に慣れてくるって良いですね~。
秋の気持ちの良い日に猫とお外でうたたね…うらやましい~!
うちも藍を散歩猫にしたかったのですけど…。まず、ハーネスどころか首輪も無理。子猫のときから無理。何で何でしょう…。かなしい~。
猫相撲、うちは手袋つけてたま~にやりますよ。でも本気出されると痛いんで、あまりやりません~。
坊ちゃまも歯が…刺さったら痛そう~!

| Kotora | 2011/10/23 08:17 | URL |

坊ちゃん、四股踏みに精を出して、次回の猫相撲は、得意のガブリ寄りで、乳母を負かしちゃってくださいな。猫騙しというテもありますぞ!ニャハハ。
わが家のルーさんも、オンニャ力士のような体型に限りなく近づきつつある、秋の日でございます。しこ名でも考えておくかな!?

| myaumyau | 2011/10/23 08:28 | URL |

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

| | 2011/10/23 17:58 | |

久しぶりのコメになっちゃった.....
散歩中にも取っ組み合いが出来るのってすごいな~
何が起きるか解らないってお互いに緊張したままだと散歩が
楽しめないし、余裕がある事は良い事!
でも突然勝負を挑まれるかもしれないから薄皮饅頭さんは気が
抜けないかしら(笑)

| mogu07 | 2011/10/23 19:24 | URL | ≫ EDIT

この遊び、うちもたまにお散歩中にやりますよ~!
でもうちの場合は、「そこ行ったらダメ!」を何度もやり過ぎた時にこうなります(笑)。
なので、うちの場合は遊びとは言えないかも…^^;←怒ってるだけですね(汗)。
うちの話ばかりで申し訳ないですが、行ったらダメな所(他所のお宅のお庭とか)は分かってるようで、ご近所猫さん追っかけてハーネス無しで飛び出してしまった時、まっすぐ進めばいいのに、お散歩で行ってるようにちゃんと遠回りして行ってました(笑)。お散歩猫もちゃんと学ぶべきことは学んでるんだとこの時実感しましたよ^^;

ごろ太ちゃん、相変わらず尻尾がピーン!と上がってていいですね~。
うちは未だにダメですわ^^;

| alpenkatze | 2011/10/23 20:03 | URL | ≫ EDIT

ほんま、フェイント禁止~。
天邪鬼めー。
みこ白雪は体格だけは立派な横綱化してますの。
坊ちゃんはお散歩中にもリラックスしまくってるのね。
すごいわ。

| anemone | 2011/10/24 07:27 | URL | ≫ EDIT

坊ちゃんいいお顔してお相撲してるじゃなーぃ。
必勝ネコ相撲だものね!

ウチは相撲じゃないけど、ナデナデしてるのに調子に乗って、
触られたくないフトモモやらお腹をワシワシして、
シャァァァ~って遊んでることあります。
そうそう、形勢不利になるとすぐに逃げられちゃうのよね~(´∇`)
ちなみに触り放題のかえでは、この手遊びが出来ませぬ。

| リヴ | 2011/10/24 17:11 | URL | ≫ EDIT

薄皮さん、こんばんは♪
ごろ太くん、やんちゃな表情がいっぱいですね~
猫さんが散歩でこんなことするとは…知らなかった!
楽しそうでいいですね!

| ふわころ本舗 | 2011/10/24 22:19 | URL |

「ンモーッ!」のお写真の坊ちゃんの目つきと
引っ込みがつかなくなった爪に真剣さが現れておりますな。
最近の我が家では猫相撲、SimbaがMishaだけでは物足りなくなったようで
ChicagoやJerryに挑んでいくから困りものです。
ふふふ、居眠りには注意~♪

| sari | 2011/10/25 06:55 | URL |

すっかりとお久し振り子です(^^;)
ごろ太君相変らずキラッキラ輝いていますね(^ω^)

『今度はホンキでいくゾ』のごろ太君の顔が
いっくよ~という意気込みと
まさか倒されるとはビックリ!!という
両方の気持ちが出ているようで
その複雑な表情がとっても可愛らしいです(=ω=)

| Aたん | 2011/10/25 22:46 | URL |

Kotora さん
 ああ・・・藍くんのお散歩姿見たかったなぁ!首輪もダメですか。
 ウチの先代もそうでした。両手を使って首輪を脱いじゃうのだ。
 首の太さより余裕のあるヘアゴムとかシュシュとか、リボンとかを
 つけて首輪に慣れてもらうという方法があるみたい。
 首に何かつけたら猫が気にする前に、一緒に派手に遊んだり
 オヤツをあげたりすると吉かも(首輪=いいこと)。
 ただ、こればっかりは猫それぞれの性格にもよるんだよねぇ。

 シャムは愛情深くて賢いから、お散歩に向いているという話を
 聞いたことがあります。しつけもききやすいとか。
 でも、傾向としてシャムは積極的過ぎる(興奮しやすいとか夢中に
 なりやすい)らしいから、お散歩できたらできたで
 何かと苦労させられて悶絶するかもよ~。うはは。

 ところで、最近悶絶してないかといえば・・・うーんたしかに
 悶絶度は若干減ったかも?
 しかし缶詰に飽きてくれば、メシ食わせるのにまたまた奮闘
 せざるを得なくなることはもうわかっているのです。
 悶絶のタネは尽きないのだー!



myaumyau さん
 ニャハハ、猫騙し!!
 そんな高度なワザを繰り出されたら乳母も転がっちゃうかも~。
 やられる前にこっちがやってみようかな。

 ルーさん食欲の秋だもの。ちゃんこは力士の大事な務めなのだ!
 しこ名ぜひ考えてくださいな。myau さんならではの傑作をば。
 海外力士は強いから、あっという間に相撲部屋が開けるかも?
 うしゃしゃしゃ・・・。



鍵コメント(2011/10/23 17:58) さん
 いいや、こちらこそご無沙汰しちゃってます。
 心配はすごーくした(笑)んだけど、いかんせんお言葉を
 掛けたのが遅すぎだったし・・・。
 でも、少しお気持ちがラクになったのかな?と安堵してますよ。
 いつでも、また遊びに来てくださいねー!



mogu07 さん
 こちらこそ全然コメント入れられなくって(^^;;;)。
 今日こそ!って思うんだけど、遡って記事を読んでいるうちに
 猫に叱られて読むことすら途切れ途切れ・・・うう。
 (でも、最近アナベラ姉さんが面白い!)
 (そして小梅ちゃん、あれから1年過ぎたんだね・・・)
 (もひとつ! お引越しおめでとうー!)

 mogu さんが初めてコメントくださった頃には
 まだまだ緊張しながら、胃痛に苛まれながらの散歩だったなぁ。
 ホントにそういう点ではラクになりました。
 でも散歩の回数が増えちゃったのはナゼ?!
 結局ヤツの術中にはまってしまったということなのかしら。



alpenkatze さん
 うひひ!猫相撲はお散歩猫の定番遊びだったりして。
 何かを禁止(ウチの場合は犬のシッコの上で転げようとしてる
 のを阻止したとか ^^;)しようとして相撲になることもありますよ。

 そうそう!太郎ちゃんがハーネスなしで飛び出したときの記事、
 見てましたよ~!! ヒトゴトながら一瞬肝を冷やしました。
 でもすぐに戻って来てくれて、太郎ちゃんヨイコですね。ふふ。
 猫っていうのは習慣を重んじるというのか、
 家の中なんかでも『いつも通るところをいつもの順番で』
 見回りたがりますよね。太郎ちゃん、回り道してエライ。

 ウチ、声かけたり褒めたりすると歩きながらシッポ立てて
 返事するクセがあるみたいなんですよ。つまりヤラセ(笑)?




anemone さん
 アマノジャクって、もちろんごろ太が、だよねー?うははは。
 だって満月の日調べて更新するのって大変だもーん。
 みこ白雪の日頃の稽古っぷり・・・だけじゃなくって
 パトロールっぷりもお見事でしてよ。
 白雪姫姿もかわいいしね(^^)。

 ゴルフ場ハイキングの冷えと疲れはすっかり取れた?




リヴさん
 おお、かえでくんはああ見えて触り放題だったのね?!
 さくらちゃんと同じこと、ウチでは連れ合いがやってる(笑)。
 猫って語彙が少ないから『ヤーメーテー』程度のことでも
 シャーッ!と言ったりするのがまた可笑しいですよね。ふふふ。

 さくらちゃんのゴハンの選択肢、着々と増えてますか?
 牛の内臓は牛肉と同義、鶏のならば鶏肉と同義と考えていい
 みたいだけど、お腹の調子が悪くなるタンパク源は動物性のもの
 ばかりとは限らないみたいです。
 むしろ植物性タンパク質が悪さをするという説もアリ。
 アレルギーテストをしたいのであれば、含有食品ができるだけ
 少なくてハッキリしているもの(できれば牛肉のテストをしたい
 なら市販のフードよりも牛肉そのもの)を1週間程度、
 それだけを与えて探るといいらしい。
 ま、そこまでしなくてもさくらちゃんは大丈夫そうだよね。

 ところで写真の移動はもう終わっちゃいましたか?
 (リヴさんのことだからサクッと終わってそうだなー)
 ワタシはまだまだじゃーっ。なのに新しいのをバンバン撮って
 しまっているのはナゼ?!




ふわころ本舗さん
 ごろ太、実はやんちゃなのです。
 というか、暗黒面をたくさん抱えているのです。うはは!
 犬の散歩のかたとはたくさん行き会うのですが、猫の散歩を
 してるヒトには会ったことないワタシ。そりゃそうか。
 他のお散歩猫がどんな遊びをするのか知りたいものです。
 ひなさんとルートくんはひたすら走る(笑)?
 あ、ボール投げとかフリスビーもあるか!

 節電休業を終えて、ふわころさんのところも楽しげですね(^^)。




sari さん
 かなりムキになってますよね。
 大人しいようでいて実は激しやすいみたいです、彼。
 鼻息とか、ンモーフンフンいってるのだ(笑)。
 sari さんのとこは猫同士の正しい猫相撲でいいなぁ~。ふふ。
 末っ子はいつまでも仔猫の気分で誰にでも戦いを挑むんだとか。
 でも、もしもみんながSimba くんに舌を巻いたら、
 やっぱりsari さんが相撲を取らされるかもよ~?!
 しこ名を決めておくべし。イヒヒ!

 最近冬めいてきたから居眠りできるのもあとちょっとかな。




Aたんさん
 こちらこそお久し振り子(笑)。
 そうそう、負けるはずのない自分が倒された事実を認めたくない
 という顔してますよね、ごろ太ってば。
 そんな表情がたまたま撮れてとってもトクした気分でした。ふふ。

 ちっともコメントできないけれどヴィヴィアン嬢無事保護まで
 遠くから見守っていた身としては、最近の嬢の馴染みぶりに
 ついつい口元が弛んでほんわかしちゃいます。
 生まれたときからAたんさん家の子っていう顔になってきたね(^^)。

| 薄皮饅頭 | 2011/10/30 20:17 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://56g.blog40.fc2.com/tb.php/564-78c9fb47

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。