ごろ太三昧

(雑種猫ごろ太の乳母日傘な日々)

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

木の字と待合わせ


「木の字はまだカナ・・・」


坊ちゃん、今日は来ませんよ


「待ち合わせなんだモン!」


「ボクは待ちマスッ」


そこは止めてもらえませんか?


「止めマセン」


「果報は寝て待て、デス」


ああー、が止まってる!




来ない木の字を待つに、待ってましたと藪哉。
最後に大雨ふちまけてもう気が済んだと炎帝がついにくるりと背を向けりゃ俄かに秋めく其処彼処。今宵木の字と待ち合わせだと坊ちゃん狭いの奥、今か今かと待ち侘びてじっと見上げる月桂樹。
時折律の風吹いてもう半時が過ぎた頃、今日は木の字は来ませんとお伴がうっかり口走りゃ、必ず来ると目を剥いて坊ちゃん茂みに分け入って来るまで待つと意地を張る。

出て来てくれろと頼むほど坊ちゃん意固地を貫いて、動くものかとその身体長々地面に横たえりゃ、待ってましたと屯してに群がる藪哉。

「約束したんだモン!」







【蛇足的補足と余談】
猛暑の勢いがついに衰えて過ごしやすくなったと喜んでいるのは、何も坊ちゃんやお伴ばかりではない。小さなやヤモリが姿を現してくれることは有難いが、有難くない藪も大喜びで茂みの陰で徒党を組んで獲物を待っているのである。

ごろ太の首輪には超音波式の虫除けをつけてあるが残念ながら効果があるのはノミとダニだけ。蚊除けのために使っている煙の出ない安息香も、お伴が腰に下げている携帯用蚊取りも、晩夏を過ぎて生き残っている蚊には太刀打ちできない。
それなのに坊ちゃんときたら飛んで藪に入る秋の。たちまち藪蚊どもが集まって払っても払っても、払うついでにお供が献血しようともキリがない!

首に垂らすスポットタイプの殺剤は強力なので我が家では常用はしない。
それらの薬はノミやダニがついてしまってから使っても充分に間に合うので、
日頃はできる限り安全なものを使って除けしたいと考えているからである。
ただし、今使っているものが胸を張ってお勧めできるかどうかは自信がない。

ノミやダニに刺されることそのものよりも怖いのは感染症。もフィラリアに罹るのでもちろん蚊も怖いのだが、我が家の周りでは犬のフィラリア予防がかなり徹底されているようなのでそれほど神経質になる必要はないというのがワタシのスタンス。
それでも、蚊が毛のみっしり生えたの身体のどこを狙うかといえば目や鼻のまわりの毛の薄い部分や耳なので、刺されて掻き毟ってしまうことも困りもの。
蚊に刺された程度の痒みで傷がつくほど掻くことはそうないのだが、目のまわりをあまり掻いて結膜炎になりかけたり、鼻の穴を引っ掻いてカサブタが詰まったこともある(笑)。

鼻筋に蚊が止まっている写真は止まる瞬間を待ってシャッターを切ると同時に払ったので刺されなかったが、実はその時既に右の目頭寄りの瞼を刺されて赤くなっている(^^;)。
もちろん長時間や通りでじっとされると一緒に居るワタシも献血を強いられるワケで、夏から秋にかけての散歩は暑さより何より、蚊に悩まされるのである。

対策についてはGaviちゃんのおねえさんがとても詳しく調べてくれてます!)


ところで、以前「猫の前足はかなり器用なのにどうして前足で顔を掻かないのだろう?」というギモンを持ったワタシなのだが、なんと猫は前足で顔を掻きます(笑)!
掻くと言っても我々がイメージするような掻きかたではなく、顔を洗うときと同じ動作をして痒いところをこすっているのである。
それに気づいたのはで蚊に刺されたごろ太が、刺された直後にしきりに顔をこすったから。猫はどうやら前足で顔や頭を掻こうとしているのだと判ってスッキリできたのが蚊のお蔭とは、なんだかおかしな話ではあるが(^^;)。

「むむっ?なんだかカユイッ!」





【お詫び】
現在、コメントへのお返事はできる範囲でですが翌日の記事の最後でしています。
コメントのお返しもできたりできなかったり、できなかったりしてます(^^;)。
それでも、とコメントくださる方、嬉しくありがたく拝読させて頂きます。

 人気ブログランキングへ にほんブログ村 猫ブログ 猫 お出かけ・お散歩へ



*おお!世の中には甘えん坊で赤ちゃん気分の猫と犬がいっぱい居るんですね!わはは。
  毛布やタオルなどではなく、ワタシが着ているTシャツに固執するごろ太にとってカアチャンはシャツ
  なのかワタシなのか悩むところ(笑)。シャツとセットじゃないと母とは認めないそうです。ははは。
  そして彼が吸ったあとのヨダレまみれのTシャツからは悶絶のカホリがするのだけれど、こうまでして
  甘えられると、まあやっぱりデレデレして喜んじゃいます。むふふ。




  昨日の記事のコメントへの個別のお返事、ありまーす。
スポンサーサイト

| 庭と猫 | 21:00 | comments:15 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

隊長!!!
蚊が止まってますよぉ~~
痒くなっちゃったでしょ・・・
でも、夜のお散歩も中々いいもんですね!
ところで隊長・・・冬は何かコートでも着るんでしょうかね?
そろそろ寒くなりますからね。

「待ち合わせなんだもん」~~のお顔!
超イケメンですねぇ♪

| taisho | 2010/09/10 23:19 | URL |

ごろ太くん、とても表情豊かですね。
でも蚊には気をつけて下され!

我が家では、ミントスプレーを薄めて使ってます。
多少は効いてるような…ただしワンどもくしゃみをします。

それはそうと、薄皮饅頭さんは時代小説好き?
いつも、後半の江戸捕物帖のような文章楽しく読ませていただいてます。
ふわころ時代劇好きなので~♪

| ふわころ本舗 | 2010/09/10 23:39 | URL |

坊ちゃん、ムキになってる~
待ち合わせしてるってお顔、可愛いな。
蚊が止まってるのを見るだけでカユいわ(笑)
蚊は痒いだけじゃなくて感染症が怖い......
日本だと時期も短いし、地域でフィラリア対策をしてるから
ほんと神経質にならなくても大丈夫ですよね。

| mogu07 | 2010/09/11 00:03 | URL | ≫ EDIT

あぁ・・・・・

そうそう、何か意固地になる時あるのよね!
分りますよぉ~~~
乳母さんは優しいし、ごろ太君の意見を尊重するから
暫くは蚊に刺されても、お付き合いをするのでしょうが
私だったら即、強制撤去ですね!

| 元気猫 | 2010/09/11 01:59 | URL |

待ちぼうけをくわされた坊ちゃん、愛しの木の字とはランデブーできたかな?
刺されてしまった瞼は平気ですか?献血を強いられた薄皮さんも平気ですか?
血液型で蚊に刺される率が違うという統計を見たことがあります。私の記憶が正しければ、刺されやすいのがA→O→B→ABの順位だったと思うんだけど…。ネコもヒトのように血液型で刺されやすいというのがあるのかなぁ!?

| myaumyau | 2010/09/11 03:07 | URL |

ああ~~、止まってる、止まってる(>_<)
見ただけで痒くなりました~~(汗)。
蚊って、刺さなくても、止まっただけで痒くなりますよね。
猫の場合も同じなのかしら。

うちの方はそこまで蚊が出ないので、その点は楽かも、です。
でもこういう所での待機、嫌ですねぇ^^;
うちはしばらく一緒に待って、動く気配がなければ無理やり動かしたりしますが、そうすると歩く時に小声でウーーーッて唸ってますよ(汗)。
太郎なりの文句なんでしょうねぇ(汗)。

| alpenkatze | 2010/09/11 04:40 | URL | ≫ EDIT

あらら、坊ちゃんに待ちぼうけを食わせるとは
悪い木の字ですねぇ~。
で、坊ちゃんは蚊に食われちゃったのね・・・
フィラリアも心配だけど
デング熱とか、怖い病気もありますから
薄皮饅頭さんも気をつけてね。
(実は知り合いが南米出張中にかかったらしい)

| sari | 2010/09/11 05:46 | URL | ≫ EDIT

坊ちゃんそんな所でストライキですか~??
暗いし蚊に刺されちゃうよ~
っていっても本人はおかまいなしのようですね。(笑)
猫ってビビリなくせに頑固な所ありますよね。
超音波式の虫除けはノミとダニにしか効かないんだ。
フロントラインとかも確かノミとダニだけですよね?

| Queen Sasha | 2010/09/11 06:10 | URL | ≫ EDIT

蚊…の被害は今年はなかったな…。
まあ寒かったし。
それがドイツのいいところっちゃあいいところですね。
あまりというかほとんど、刺す力のある蚊がいないところ。
猫も刺されるんですねえ…。
そうですよね。イヌも刺されるんだもの。
うちの実家の子も刺されてたんだろうか…。
昔はあまり考えたことがなかったな。
Gaviちゃんのところの虫除け指南は保存ものですよね。

あ、今日の記事でアップしましたので~。
見難いですが、またご覧くださいませ~!

| Kotora | 2010/09/11 07:19 | URL |

あらら、坊ちゃん、ふられちゃったの?
木の字に!?
ちゃんと待ち合わせ場所、確認した?
世間には待ち合わせ場所も決めずに、初対面なのに会えてしまう奇跡のような人たちもいるんだよ!
ホントにそこ?ハチ公じゃないの?(笑)
蚊にひどいアレルギーがあることが判明したanemoneでしたー!

| anemone | 2010/09/11 13:49 | URL | ≫ EDIT

あぁぁぁ ごろ太くん!「止めマセン」って あーた( ̄▽ ̄;)
待ってる姿はめちゃくちゃ可愛いんだけどね、可愛いんだけどーー
そこは止めてくださーい!(願)
ほらほらほらほら、蚊がとまってるーーーーー
見てて痒くなっっちゃったです(><;)
薄皮饅頭さんの忍耐力には、いつも頭が下がりますぅ
お疲れ様でした(あぅ)



| ひろみ | 2010/09/11 16:30 | URL | ≫ EDIT

こんにちは~♪

今年は猛暑で蚊が少なかったそうですよ。
そう言えば夜の植木に水やりでもあまり刺されませんでした。

でもごろたん!長い時間そんなところにいたら刺されちゃうよ~(゚_゚;)
来週から涼しくなるみたいだから良かったね!
甘えん坊ごろたんe-51

| アビmama | 2010/09/11 16:46 | URL | ≫ EDIT

taisho さん
夏以外はね(^^;)。夏はホントに蚊がイヤです。
暑いのも、若い頃は好きだったけど(冷え性)、なんか年々
暑さに弱くなってきてるような自覚あり・・・(^^;)。
あはは、猫はリッパな自前の毛皮着ているからコートは
要りませんよ~。
でも秋の終わり頃からはチョッキ型のハーネスに衣替えします。
なんつーか、こちらの気分の問題なのかも(笑)。



ふわころ本舗さん
猫は肉食が長くて植物の成分を体の中でうまく活かせなかったり、
ものによっては肝臓を傷めたりすることがあるので、
なかなかコレというものがないんですよね。
身体に塗ったものは間違いなく舐めてしまうのでむずかしい!
あ、でも最新の研究ではいくつかのアロマオイルが犬の身体に
有害になる場合があるというお話もあるので、
ときどき新しい情報をチェックするといいかもしれないですよー。

本は好きだけど時代小説って実はほとんど読んだことないかも(^^;)。
あ、でも時代劇は好きですよ~。
台詞回しとか、予定調和的な終わりかたとか好きなんです。ふふ。
文章はリズム良く読めるようにと書いているうちに、
なんだか七五調になっちゃったのだ(笑)。
ウチでは猫都々逸と呼んでまーす。
楽しんでいただけてウレシイです。



mogu07 さん
今日は居ないよって確かにホントに言っちゃったんだけど、
意味がわかったかのようにムキになられたーっ(^^;)!
蚊って居ると思っただけでそこらじゅうカユクなりますよね。
あと、あんな小さな虫を相手にどうして両手がしびれるくらい
力を込めて叩いてしまうんだろう(笑)?

最初はフィラリア怖くってかなり悶絶しましたよ。
獣医さんが近所だから、犬の予防の徹底度合いとか、
ウチの界隈では猫のフィラリアの発症例はないかとか確かめて
やっとピリピリせずにいられるようになりました。
でも最近ニホンは亜熱帯化してるから、
実はマラリアが怖かったりしてね・・・。
(マラリアってコクシの一種なんですね!)



元気猫さん
猫って割と意固地になる動物だよね(笑)!
別の季節か別の場所にシテェーッ!と内心思ってるのよ。
草むらに鼻先突っ込んでじーっとしていても、
毛むくじゃらのごろ太が刺されることはそうそうなくて
(それにワタシがひっきりなしに払ってるから)
刺されて痒いのはワタシばっかりだもん。
長袖長ズボンで首にはてぬぐい巻いてるから、刺されるのは主に
手と顔・・・。
庭に出てものの5分で10箇所以上刺されたときには、
さすがに強制撤去しましたともっ!



myaumyau さん
うんにゃ、木の字はついに現れませんでしたとも(笑)。
だから来ないって言ったのになぁー、ンモー。
面白いもので、彼が初めて蚊に刺されたのもやっぱり目頭寄りの
瞼で半日くらい腫れて痒そうにしていましたが、
何度か刺されるうちに免疫がついたというか腫れも痒みもすぐに
退いてしまうようになったみたいです。
そういえばワタシも腫れるタチだけど、毎日献血してるうちに
腫れも痒みもすぐに退くようになった気がする!
って、刺されないようにせいっちゅー話だけど。いひひ。

ちなみにワタシO型なんだけど、
誰かほかのヒトがいれば刺されないんですよね。
バーサン(母)とワタシが居ると母が刺されるくらいだから
血がマズイのかも。ニンゲンへの献血は断られます。だはは!
猫はAかB(まれにAB型)のどちらかだと聞きますが、
Aのほうが多いという話だからやっぱりA型の猫が刺され易いの
だろうか・・・?
今度獣医さんで質問してセンセを困らせてみようっと!うしゃしゃ。



alpenkatze さん
痒いですよねぇー(^^;)!
実際一緒に(ごろ太以上に)刺されてるし、自分で撮った
写真を見ながらあちこち掻いてますもん。
蚊がいないところに住みたい・・・ってときどき本気で思います。
ワタシ気が長いほうなので、蚊さえ出なければ
一緒に藪の中覗き込んだりして楽しめるほう(笑)。
だけど、この間庭に出てものの5分で10箇所以上刺されたときには、
さすがに強制撤去しましたとも!
通りのほうがいくぶんマシなので、庭はもうおしまーい!と言って
玄関から外に出たら、気が逸れて強制撤去を忘れてくれました。
でも、結局は側溝の近くとか他所様の植え込みのそばとか、
湿気があって蚊がいそうなところに行くんですよね。ああ・・・。



sari さん
待ち合わせと思っていたのは坊ちゃんだけだったと見た(笑)。
藪の中で寝転べば食ってくださいと言ってるようなものだよねぇ。
プリンも夏場はいつも蚊にたかられてるもんなぁ・・・。
いつも猫の心配ばっかりして自分は二の次だけど、
最近ニホンも亜熱帯化してるからデング熱もマラリアも
ヒトゴトじゃないんですよね。
ありがとう、気をつけます。
(でも市販の塗る虫除けダイキライなのだ ^^;)



Queen Sasha さん
蚊に刺されれば痒いみたいなんだけど、因果関係がわかってない
のか、そのくらい平気と思っているのか、
好んで蚊がわんさかいそうなところに入って行きます(^^;)。
耳元飛ばれて、あの苛つく羽音とか気にならないんだろうか?
フロントラインは蚊には効果ないですね。
レボリューションなら濃度によってフィラリア予防に効くらしい
けど、体内に入ってしまったフィラリアの幼生をやっつける薬
(つまりやっぱり一種の殺虫剤)だし、蚊そのものを
防ぐ効果はナシ・・・。
他にフィラリア予防の内服薬があるにはあるんだけど、
結局猫の血液中に殺虫剤が流れることになるし、ニホンだと
1年の半分以上飲ませ続けないといけないから、
なんだか気分的にイヤで却下(笑)。

Queen Sashaさんがこしらえてたおいしそうな虫除けを
自分だけでも塗ろうかしら・・・。



Kotora さん
ワタシも昔は猫が蚊に刺されるかどうか気にしてなかった・・・。
でも猫がフィラリアに罹ることがあると最初に知ったときは
大悶絶しましたとも。
猫の場合、獣医もフィラリアと判らずに「突然死」扱いに
なっちゃうことも多いと聞いて震え上がったものでした。
今思えば刺されていたに違いない先代猫も、17年も生きたし
健康な状態であればフィラリアの心配はさほど要らなそう。
ただし、今の環境であればということだろうけど。
ああ、刺す蚊のいないドイツってスバラシイですよ!!

記事ありがとう!見ましたよー。
赤がホントに黄色に見えているのかどうか、引き続き観察して
みようって思いました。
いろんな可能性を考えてみたらすっごい面白くなっちゃった。



anemone さん
場所の問題なんでしょーか・・・???
どうやら待ち合わせたつもりだったのは坊ちゃんだけだったんじゃ
ないかというウワサもちらほら(笑)。
ホント、今思えばよく逢えましたよね!ハチ公前で!わはは。
しばらく刺されていないとアレルギーにような反応が出ることが
あるんだよね。
そういえばワタシャ毎日献血してるから、免疫強くなったのか
あんまり腫れたりしなくなったもん(^^;)。



ひろみさん
助っ人に来て止めさせてェーッ(笑)!!
見るだけで痒いですよね。
で、実際一緒にいると自分も刺されてるし、刺されたところも
ごろ太が止まられたところも痒いのだ。うひぃー。
おかしな話だけど、庭に出て蚊を見ると
前の日刺されたところが突然痒くなったりするんだよね(^^;)。
ワタシ他のヒトがいれば刺されない(血がマズイらしい)から、
ひろみさん一緒に庭に立ってー!いひひ。



アビmamaさん
少なかったですよ。7月8月の間は・・・(^^;)。
今年はラクだなぁと喜んでいたんだけど、
ここにきて少し涼しくなったら近所中で大量発生しちょります。
アビmamaさんのところは少ないまま打ち止め?
・・・いいなぁ~(涙)。
ウチはこのまま秋じゅう悩むことになりそうです。
最近12月頃になってもまだ生き残っているんですよね、蚊。

暑いのと蚊の二重ジゴクもイヤだから、
涼しくなってきてくれたのがせめてもの救いです。ははは。

| 薄皮饅頭 | 2010/09/11 17:51 | URL |

ごろ太ちゃん、お鼻に蚊が止まってるにゃあ!
ガガンボくんならいいのにねー。
蚊はなんかめんどくさいよねー・・・
アタシのことリンクしてくれてありがと!
家はさー、一番効く虫除けはおねえなのにゃあ!(>▽<)oギャハッ
おねえがいるとみいんなおねえが刺されてくれるから、他の人はうれしいのにゃあ!(>▽<)oギャハッ

| Gavi | 2010/09/11 18:32 | URL | ≫ EDIT

Gavi ちゃん
蚊もさぁ、針刺すの上手いのとヘタなのがいて、
ヘタな蚊が針刺した瞬間ちくっとするんですよね(笑)。
それで「あ!こんちきしょーッ!」と気づくのだ。
ごろ太が刺される場所だって鼻や目のまわりの
敏感そうなところばっかりなのに全然頓着ないんですよねぇ(^^;)。

おねえさん、ごろ太とワタシと一緒にお散歩しませんか?!
うひひー。

| 薄皮饅頭 | 2010/09/11 22:03 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://56g.blog40.fc2.com/tb.php/525-381dcd13

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。