ごろ太三昧

(雑種猫ごろ太の乳母日傘な日々)

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

先客妨害猫隊長


「むむっ?隊員ッ!」


「あそこに鳥がいっぱい居るゾ」


「コッチに飛んで来タッ!」


「?!ッ」


「アレは誰ダッ?」


「・・・エト、コンニチハ」


「紐付きなんて」               「オレは知らないぜ」


「挨拶しただけなのに!」


「・・・紐付きってナンダ?」


「とにかく名刺を拝見」




招待状を持たぬまま、先客妨害隊長。
ひと雨来るのか来ないのかすっきりしない曇り空。通りの角から覗き見りゃ西階段の頂上でなにやら鳥が飛び交って賑々しくも大団円。
招待状もないくせにお招き受けたと隊長、きざはし蹴って上りゆく。揶揄うように飛んで来た一羽の鳥を見上げれば、視界の端を型の茶色い影が横切って、先客居たかと隊長は思わず姿勢改めて口篭もりながらご挨拶。

自己紹介もまだなのに見知らぬは素っ気なく、紐なんざ知らないとぷいと横向き立ち去った。引っ込みつかぬ隊長はあれこれ憤慨しながらも、せめて名前を訊きたかったと名刺が残っているはずの先客の跡嗅ぎ回る。


「この中に居るのカナ・・・」





【お詫び】
現在、コメントへのお返事はできる範囲でですが翌日の記事の最後でしています。
コメントのお返しもできたりできなかったり、できなかったりしてます(^^;)。
それでも、とコメントくださる方、嬉しくありがたく拝読させて頂きます。

 人気ブログランキングへ にほんブログ村 猫ブログ 猫 お出かけ・お散歩へ



*保護して3年経ったなどという極めて個人的な感傷に、たくさんのあたたかなコトバをありがとう!
  とてもうれしかったです。これからも猫又目指してガンバリマス(笑)。

  ごろ太が捨て猫だったのか、たまたま親からはぐれてしまったのか、何の手掛かりもなくわからぬ
  まま連れ帰ってしまったワタシ・・・。
  もしかしたら保護という建前のもと拉致誘拐してしまったのではないかと、時々気が咎めます。

  外で自由に生きる猫たちについての見解はヒトそれぞれだし、実際外で生きてゆくことは猫にとって
  決して楽ではないはずとわかっていながらも、何者にも縛られずに自らの力で生きることの自由や
  仕合せは飼い猫にはない動物らしい仕合せなのではないか、それを自分は選択の余地も与えずに
  奪ってしまったのではないだろうかと思うことがあるからです。

  でも、ごろ太と暮らして3年が過ぎ、彼の様子を見る限りでは今の生活もそう悪くないと思ってくれ
  ているのではないかと感じています。
  そもそも生き物を飼うというのはニンゲンのエゴという部分をワタシは否定できない。でもせめて、
  エゴにつき合ってくれる相手には、飼い猫としてしか味わえない仕合せを少しでもあげたい。
  じゃ、飼い猫ならではの仕合せって何よ?と考えて思い当たったのは、飼い主と心が通い合って
  愛情のキャッチボールをしながら心から安心して暮らせるということかなぁということ。
  実際、動物は同じ種とは生存競争で競合するので、全く競合しない飼い主が相手であるほうが安心
  して心を許せるのだという話もあります。

  勝手に連れて来て飼っているのはこちらの都合。だからごろ太が元気で仕合せそうな表情で一緒に
  居てくれるというだけでワタシはシヤワセ。無償の愛情というのは報われないものという意味では
  ないと、彼が教えてくれたような気がしています。



  昨日の記事のコメントへの個別のお返事、駆け足だけどありまーす。

スポンサーサイト

| 散歩猫 | 21:00 | comments:11 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

同じ茶虎なのにねえ~。
もうちょっとちゃんとご挨拶、せめて鼻キスくらい…してくれてもいいのにね。
ごろ太坊ちゃんお一人だったらそうさせてくれるのかしら??
一度坊ちゃんと小虎を合わせてみたいわ~。
鼻キスくらいはしてくれるかも。

うちもねえ~。もともとおうちしか知らなくてお家以外は大嫌いな美梅はともかく。農家の実家でも幸せそうだった小虎を思うと…。どうなのかなあ~。小虎はたくさんの猫さんが好きなようだし。農家にはたくさん、親兄弟親戚がいたし。そちらのほうが楽しかったかなあと思うことも…。
でも反面。農家にいたらこうインテンシブにはなでなでしてもらえなかったと思うし、ブラシングもなかったと思うし…。(小虎はブラシングが大好き)どうなんでしょうね?

| Kotora | 2010/08/20 22:00 | URL |

チャトラ君に鉢合わせて、いきなり正座で挨拶ですか?
相変わらず体調は律儀ですねぇ。
でも、自己紹介くらいしたかったよね。
最近は礼儀を知らないものが多すぎる???
ところで、体調は明らかにチャトラではなくって
クリームトラだよね?
クリーム入りのどら焼きみたいでおいちそー!

↓のコメント・・・
襲って襲ってー、猫又になったら絶対襲いに来てー!
色々とおいしいもん用意して待ってるわ。
かつお味?チキン味?

| ズッコのマミィ | 2010/08/20 22:18 | URL | ≫ EDIT

いっぱいいたから、引き寄せられちゃったのね。
茶虎さんに導いてくれたのかと思ったけど、知らん顔されちゃって....
きちんとご挨拶したのに心外?
紐付きってなんだろうね~(笑)
知らない方が良いかも?

猫の幸せを考えると、何が一番よかったのか、家に連れて来てほんとに
幸せなんだろうか?って考える時がありますよね。
でもきっと、外で暮らしてるよりも幸せだと思う!
と信じてる(笑)

| mogu07 | 2010/08/20 22:37 | URL | ≫ EDIT

同じ!同じ!

うちの元気も散歩中に、
外猫さんにそんな態度を取られてます。
と言う事は・・・・・
紐付き猫同士が出会ったら?
ごろ太君と元気が出会ったら?
どうなると思います?
お互いずんずん進んで、
鼻チュン挨拶するかしら?
どちらかが、シャ~~~ッてしなければ
大丈夫な気もするんですよね♪

| 元気猫 | 2010/08/21 00:43 | URL | ≫ EDIT

わー、茶トラさん同士、仲良くなれるかな!?・・・と期待しましたが、やはりヒモ付きの子は仲良くなってもらうのは難しいですよね^^;
ヒモ付きの子はフレンドリーな子が多いだけに(←ここ、太字にしようかなと迷いました、笑)、こういう素っ気無い態度をとられると、ほんと、残念ですよね~。

猫の幸せ、考えますよね~。
うちは外に出るのが異様に好きだから、外出自由の所に飼われてた方がよかったかな、でも、うちが太郎をもらってなければ、この子はこの町の中心部に住んでる人にもらわれることになってて結局そこでは外出自由になるのは無理、でもお姉ちゃんと一緒にもらわれていくことになるはずだったからどっちみちそっちの方がよかったのかな…とか、あれこれ考えてしまいます。
ああ、猫とお話できればどんなにいいことか!!!

| alpenkatze | 2010/08/21 00:46 | URL | ≫ EDIT

チャトラくん...
ご親戚ではなくて!?とかそういうことも
考えたり...

私、前の子のとき溝から拾ったけど、
多分親からも捨てられたんだと思ってます。
まあ状態がひどくて、目もぐしゃぐしゃ、
(目やに)ノミもすごくて、洗面器で
洗ってたら水の上が真っ黒になるくらいの勢いで。
あれは放置されて時間がぎりぎりだったと、
まあそう思いたいのかしら?私、へへへ。
めんまの場合は親からは無理やり引き離して
しまったのだけど...やむをえなくて...
母猫と一緒にっていうわけにもいかなくて。
(母猫も野良っぽい性格だから、
いまさらうちにはつれてこられない...トイレすら
できないし、またすごいストレスでおっぱいとまるかも...
そして何より人間信じてないし。)
なるととめんまは許してくれても、まめちゃん(母猫)は
拉致したにくいやつと思ったのかなあ。(涙)

猫との出会いのお話、個人的でも、
どこか自分のこと思い出すこともあり...
特に、ショップとか以外での出会いで、
さらにせっぱつまってる場合...感動します。ごろたくんは
そのままおいといたら穴に落ちただろうし、
たぶんですが、溝とか、そういうところに子猫だけ
いる時点で、母猫がおいていったときに子猫が
動いて落ちたり...とか...
そういう感じかなあって思ったりします。
もし母猫がそばにいたらずっと鳴いて心配して
そこからあまり離れないかも。
と、また思いたいのかしら?私。(汗)

| めんまねえちゃん | 2010/08/21 01:48 | URL |

あはっ、“ひもつき”ってさ、隊長が饅頭さんの“ジゴロ
”にもとれちゃったりして。。。
早速名刺ちぇっくもぬかりないですのぉ。うちはワン様の置手紙に入念です。
たぶんね、言語の違いだか?まだうまく理解できてない段階かも(笑)

外猫出身かもしれないイエネコを飼う場合、自問自答しちゃいますよね。
こちらでも友人が“ひもつき”猫散歩やってて、人々に怪しげな目をされるって言ってたけど
(彼女のにゃんも保護猫さん)当猫が外の空気が大好きだったら時間を割いてでも
連れていってあげたいもんですよね。
Sariさんのブログに「乳母さんが危険がないよう、怖がったりしないよう
とっても気をつけながら…」って書かれていたのを読んで、これは異種の動物同士の生活だよね
って思いましたよ。
うちの子達も「ごはん催促」だけじゃなくって、夜中の運動会後に人間ベットにもぐりこんでくれる
ところをみると、こんなコンクリ生活でも楽しんでくれてるんだなと。
だったら私も饅頭さん(うぷぷ、先生じゃなくてよ~)のようにレンジャー隊できる限り出動させてあげようかとね。

| JUNJUN | 2010/08/21 07:28 | URL |

あらま。坊ちゃん。
姿勢を正してご挨拶したのに
茶虎さん、行ってしまったわね~。
いやいや、そんなところには隠れてないですってば!

昔々、犬や猫のご先祖様が野生動物だった頃
だんだんと近づいてニンゲンに飼われる子が出来たのは
彼らもニンゲンとの暮らしを望んだからじゃないかな?とも思います。
ゴハンの面だけでなく、形の違うオトモダチだと思って・・・
生きている時間長さだけで幸せははかれないと思うけれど
それでも外猫さんより家猫さんのほうが長生きだし・・・
でもまぁ、何よりも私が見た坊ちゃんは薄皮饅頭さんに守られて
とても幸せそうでしたよ~。

| sari | 2010/08/21 09:36 | URL | ≫ EDIT

同じ茶トラでもこんなに毛色が違うんですね~。。
坊ちゃんの色は同じ茶でもほんのりしてて優しくて綺麗で・・
日頃からの乳母様の愛情満ちた手入れの賜物だと思います!
坊ちゃんとは出会うべくして出会ったと思うし、
あのままノラちゃんになってたら、
今の気品あふれる坊ちゃまの姿はなかったと思います!

自由気ままな外猫がいいのか、家猫でご飯の心配もなく過ごすほうがいいのか・・
これはネコのみぞ知る!なんでしょうね~。。

ごろ太隊長~!これからもパト頑張ってくださいましな。
ただし、隊員も年々、体力が落ちてきてるようだし(笑)
手加減ヨロシクでございます(=^o^=)ノ

| woobee | 2010/08/21 11:14 | URL | ≫ EDIT

ちびごろたん~可愛過ぎ~チュー(*≧з≦)ノ⌒☆
出会いは不思議ですね。
家のチョビ太郎と公園で出会った時は、めったに通らない所で…
近所の方のお話ですとチョビ太郎はその日その公園に初めて来たそうです。
私が抱っこしたら安心しきった顔で寝ちゃったんですよね。
だからそのまま連れて帰ってしまったんですけど、どこから?どうしてこの公園に?
という疑問は今でも残っています。
当のチョビ太郎は家で生まれてずっと家にいたような顔をしていますけどね(=^・^=)。

sariさんのところにお邪魔してきました。
また違ったお顔のごろたんに会えました。

薄皮饅頭さん
この度は志麻子の旅立ちに温かいお言葉を頂きまして本当にありがとうございます。
志麻子のことは後悔ばかりで…どうして里子に出してしまったんだろう
どうしてその月の内に家に帰ってきた時そのまま里親さんに返してしまったんだろう…
どうして4月にお邪魔した時に病院へ連れて行かなかったんだろう…
言い出したらきりがないです・・・。
だから志麻子には申し訳ないという気持ちばかりです。
もう少し面倒を見させて欲しかったと思います。

今まで志麻子を応援してくださって本当ありがとうございました。

| アビmama | 2010/08/21 12:11 | URL | ≫ EDIT

(* ̄m ̄)ウフッ ごろ太ちゃん茶トラちゃんの(ごろ太ちゃんもロイヤルミルクティ色の茶トラちゃんですけどねー(* ̄m ̄)ウフッ)お名刺どうだったぁ?
ちゃぁんとごろ太ちゃんの名刺もおいてきたぁ?
・・・アタシはさー、ワンチィの名刺よぉくよぉく吟味しようとしたらまたはがされちゃったにゃあ( ̄ェ ̄)ブーッ

| Gavi | 2010/08/21 15:27 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://56g.blog40.fc2.com/tb.php/507-1383edb1

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。