ごろ太三昧

(雑種猫ごろ太の乳母日傘な日々)

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

出番到来猫隊長


隊長、そこヒンヤリして気持ちいいですか?


「ウム・・・」


「まあまあデス」


「あ!」


「またアレが飛んでる」


「むむっ?」


「消えタ?」


「アレはナンダロ?」




日暮れの魔女の使い魔がそろそろ出番と告げに来る。
遠くで秋が立ち上がり暑さの頂上極めたと誰に聞いたか隊長、少し早めに家を出てひんやりとした硝子の窓に丸いその頬押しつけて、ゆっくり幕を降ろしてく今日の余韻を味わいながら車の上で出番待ち。
ぽつりぽつりと外灯が灯り始めて昼ともつかず夜ともつかぬ狭間の空の魔法にかかったような色。不思議な魔法にかけられてうっとり憩う隊長の、頭上の空を切り裂いて横切ってゆくその影は、日暮れの魔女が連れて来た黒き翼の使い魔か。
魔女の知らせを受け取ってそろそろ出番と隊長は屋根を降りかけ伸びひとつ。

「さて、そろそろ出番デス」





【蛇足的余談】
日暮れの魔女の使い魔はなんと蝙蝠!毎年この時期になると夕空を飛び交って、ウルトラCで虫を捕まえたり行ったり来たりしている。
蝙蝠の大きさはセミよりは大きいがスズメよりは小さい印象で、初めてみたときは大きな虫なのか(何の虫?!)あるいは小さなスズメなのか(でも暗くなっても飛んでいるし鳴かない)ずいぶん悩んだ(笑)。
よく見て確かめたくとも、大変動きが速い上にトリッキー。止まっているときがないので高速連写をもってしてもカメラに収まらぬ。というワケで動画を撮ってみた。蝙蝠らしいシルエットはよく見えずちょっとお粗末ですが、ご興味のある方はどうぞ。



さて、このコウモリであるがごろ太はたまに目に付いたときに見遣る程度で左程興味を惹かれないらしい。素早いトリッキーな動きはいかにも魅力的なのではないかと思うが、見える範囲で止まることのないコウモリにはとても手は出せないと知っているかのよう。

コウモリは空中を飛びながら捕食する。そのときに超音波を出しているのだけれど、はてその周波数帯はにも聞き取れるものなのだろうかと少しだけ調べてみた。
どうやら日本に生息する小型コウモリは種によって発する周波数も異なるらしいのだが、おおまかに30kHz~100kHz超の超音波を発するらしい。そして森の上空のような開けた場所を飛び回るときには低い周波数超音波を使っているのだとか。

可聴範囲は30Hz~60kHz(個体差により最大100kHz)。最も感度が良いとされているのが約250hz~35kHzなので、アパートの上空を飛ぶコウモリが低い周波数超音波を発していれば聴き取れるなずなのではないか?
隊長の耳は大丈夫なのか?!と一瞬心配になってしまったが、が特に興味を持って集中するのは500~2000kHzおよび16~24kHzの音なのだそう。
つまりカサコソとかチューチューとか、仔のミャーミャーと違って、コウモリの出す音はには興味の対象圏外ということらしい。ふーむ。

ちなみにニンゲンの可聴範囲は20Hz~最大でも20kHz。
そしてヒトの声の周波数は200~3500Hz。猫の興味を惹く周波数帯を見ると、猫が女性の高い声によく反応するヒミツはこのあたりにあるらしい。
小型のげっ歯類が発する高い音を感知して捕まえるために発達した猫の聴覚はとても優れているのだけれど、持続時間の非常に短い音を識別するのはニガテで、その部分はニンゲンに軍配が上がるのだそう。
もひとつついでに猫のゴロゴロ言う音は25~50Hzで、これはニンゲンがやっと聴き取れる低い音ということになる。ウチの猫はゴロゴロ言わないと思っている方、もしかしたらよく聞こえていないだけでちゃんとゴロゴロ言ってるかもしれませんよー!

そういえば犬の訓練に使う超音波の笛というのがあったけれど、成猫や成犬が超音波を使ってお互いにコミュニケーションを取るかどうかということは証明されていないとか。
ええと・・・たしか母猫は仔猫にしか聴き取れない特別な声ではぐれた仔猫を呼び寄せるのだと何処かで読みかじった記憶があるのだが、その声の出せる笛を持っていたらビックリするほど仔猫が集まって来たりするのだろうか?ハーメルンの笛吹きみたいに(笑)?!




*最近来てくださるようになった方へ
ごろ太ののっている車は我が家の車です。世の中には猫を好ましく思わないヒトもいるし、他所の車は他所のヒトの所有物なのでみだりに触らせないようにしています。
ハーネスやリードの金具などで他所様の車に傷をつけてしまう可能性はゼロとは言えないですし、いつも他所の車に触らせたりのらせたりしていると、その車に何かあったときにはたとえ自分の家の猫がやったのでなくても責任を追求される場合もあるかもしれません。
なので我が家では他所様の車の場合、許可しているのはニオイを嗅ぐところまで(笑)。





【お詫び】
現在、コメントへのお返事はできる範囲でですが翌日の記事の最後でしています。
コメントのお返しもできたりできなかったり、できなかったりしてます(^^;)。
それでも、とコメントくださる方、嬉しくありがたく拝読させて頂きます。

 人気ブログランキングへ にほんブログ村 猫ブログ 猫 お出かけ・お散歩へ



*猫の身体に有害な作用のある植物を挙げたらキリがないけれど、改めてどう毒なのか具体的に
  調べたりするとホントに怖いなぁと思います。
  でもね、あまり神経質になると庭が丸坊主になってしまうし、お花を飾るのが好きな方はお部屋が
  味気なくなってしまうかもしれないし・・・。
  危険だと思うと徹底排除したくなっちゃう気持ちもあるけれど、多様な植物があってこその地球
  だから(笑)、とにかく何が危険か知っておくことが大切なのだと思います。

  ユリを飾りたいヒトは花粉のあるオシベを全て切り取って、安定感のある花瓶に入れて倒れない
  工夫をしたり、猫の届かない場所に飾ったりするという道もなくはないですよ。
  ・・・けど、猫の届かない場所じゃ結局飾ったことにならないんですよねぇ(^^;)。

  昨日の記事を読んでユリって怖い!って思った方は『猫, 植物, 毒, 有害, 危険』などの言葉で
  検索かけてみてください。たくさんの植物が列挙されていて絶句するかもしれないけれど、ご自分で
  調べるというのも危険の可能性を知っておくのも大切なことだから。
  そして改めて、お庭や花瓶の植物と猫とにどうやって共生してもらおうかと考えてみることもね!

  Kotoraさん、カサブランカのようなオリエンタル系のユリの強力なカホリ、ワタシもニガテです。
  でも聖母マリアのユリと呼ばれて旧い宗教画によく描かれたヨーロッパ原産のマドンナリリーは
  楚々とした出で立ちでえもいわれぬやさしいいい匂いがします。
  ・・・ってユリを推奨してどうするんだ(^^;)?!

  alpenkatzeさん、スズランはニンゲンにとっても猛毒ですね。ええと、心臓毒なのでスズランも
  とっても怖いことは怖いです。でもウチも実家にあるんですよね・・・。
  全草ダメだから心配なんだけど、ユリよりは花粉もつきにくいし悩ましいです。花、可憐だしね。
  スズランも可哀想だしまわりを囲って触れないようにするとか、引っこ抜く以外の方法ないかなぁ。

  元気猫さん、おっしゃる通り菊も有害ですね。どの部分でも触れると皮膚炎を起こし、食べると
  嘔吐を引き起こすらしい・・・。うーん、でもごろ太はいつもそこらへんに生えてる菊の葉や花を
  嗅いだり触ったりしてるけど特に皮膚炎を起こすってこともないんですよね。
  事故の症例があると危険ってアナウンスされるから、菊の接触性皮膚炎に関してはもしかしたら
  アレルギーとか、個体差の大きい症例なのかもしれません。


  昨日のコメントへの個別のお返事はお休みでーす。

スポンサーサイト

| 散歩猫 | 21:00 | comments:12 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

蝙蝠、拾った事あります。
羽根付きブタ鼻ネズミです。 可愛くないです。
以前ジョグに行っていた公園は、夕方になると彼等の群舞が見られますが、ギリギリに突っ込んでくるので、私の体は超音波すら吸収する脂肪体かと?!と思いました。
猫には興味の無い音なのね。

坊ちゃん、夕日の似合う良い男だねえ。

| REI | 2010/08/07 21:15 | URL | ≫ EDIT

夕方の車の上涼しそうなのにゃあ!
家のロバくんの上は前はお隣のにゃんこの指定席だったよ(* ̄m ̄)ウフッ
・・・そういえば家の方もこうもりさんみかけるとけどアタシにっにっしないにゃあ・・・
にゃんこ心にヒットしないのかにゃあ?
フシギなのにゃ

| Gavi | 2010/08/07 22:30 | URL | ≫ EDIT

バックフロントで寝そべってるごろ太君、ちょっとアンニュイで
とっても可愛らしいわ。
ちょっと色っぽいわ。
コウモリは動きが速いから目では追いにくい?

超音波の周波数の違いも面白いですね~
ゴロゴロ喉を鳴らしてるのが聞こえなくても、小梅はゴロゴロ
してくれてるのかしら.....

| mogu07 | 2010/08/07 23:45 | URL | ≫ EDIT

こうもり、かわいい顔してるよね?
案外、田舎より住宅地でよく見る気がします。
前に窓から飛び込んできて逃がすのに苦労したことが・・・
この普通に見るアブラ蝙蝠?はほんとに小さいよね。
この前、人間の聞き取れる周波数の実験をTVでやってました。
老眼といっしょで、年取ると高音が聞こえなくなるんだってさ。
今の音が聞こえなかったらあなたは40代!とか言ってて、
放送事故かと思うくらい無音だったのはいうまでもない。

| anemone | 2010/08/08 00:17 | URL | ≫ EDIT

うんうん、そうそう、猫に有害じゃないもの、
とか考えちゃうとエノコロとかばっかり
生えちゃいますしね(笑)。
うちは人間だって接触性皮膚炎を起こす
ホップとかもあるし...
オシロイバナもあるし...アサガオだって...
うまく、ちゃんと知識を持っていれば大丈夫、
知識は時に力になりますね。
といいつつ、ほんとは有毒のラークスパーを
キャラウェイと間違えて食ったのは私。
(ぜんぜん大丈夫だった、そのときは。量も
少なかったのかな...)

こうもりは、かわいいのもいるんですよー!
REIさんー!ぶたっぱなのはそういう品種なんですー。
(あれはあれでユニークでかわいいと...)
ってかばうなよ、こうもりを。(笑)
うちにおちてたのはアブラコウモリでちびでかわいいのー。
めんまとも数日は一緒に育ったし...一応野生のは病気を持ってるかも
しれないという用心はいりますが...

| めんまねえちゃん | 2010/08/08 00:28 | URL |

「あ!」のごろ太君♪

子猫のようだ・・・
車、日陰にあったのかな?
じゃなければ、暑くて登れないですよね。

蝙蝠、うちの方にも居ます。
夕方によく飛んでますね!
蝙蝠も豚に似た顔の子と、鼠に似た子がいて
私が見たのは、鼠似だった。
小さくて可愛いけど、会社の人は大騒ぎ・・・

| 元気猫 | 2010/08/08 00:40 | URL | ≫ EDIT

おはようございます。
車の上の似合う隊長さん可愛いです。
車の上ってあつくないんでしょうか~

蝙蝠は最近みないです。
以前住んでいたA・Pでは夕方になるととんでいましたが・・・

| 紅葉 | 2010/08/08 06:22 | URL | ≫ EDIT

3枚目のゴロ太ちゃんとってもすきですぅ^^
ゴロ太ちゃんもこれはおうちの車
乗ってもいいってよくわかってるのではないでしょうか
パトロールには車も点検していかなくっちゃね

蝙蝠は町のど真ん中にもとんでいますよ
いったいどこにおうちがあるのか
不思議なんですけど
蝙蝠はきらいじゃないです^^
ただし洞窟で軍団になっているのは別ですが^^;

ユリ?最近実家から切り花をもらってカサブランカをかざっていました
黄色の花粉がパラパラ・・・・・
気をつけなくてはいけませんね(--)

| だっちゅ | 2010/08/08 11:39 | URL |

あっ!昼間からコウモリが飛んでる!
と思ってよく見たら、黒いチョウチョでした(゚◇゚;)

| Mimy | 2010/08/08 11:45 | URL |

ぶふふ・・・
その車に私、乗ったのかしら~?なんて
ロケ地めぐりの余韻がまたふつふつと・・・
それにしても坊ちゃん、リラックスしてますね。
そういえば中学生くらいのころ、夕方、友達と自転車で走っていたら突然、隣で大騒ぎ。
何かと思ったら友達の髪の毛の中にコウモリが入り込んで(!)
しばらくバタバタしていました。
結構小さいものなのだと、そのとき初めて知った気が・・・
ハーメルンの笛吹きはポッケにバレリアンを忍ばせていたのではないかという疑惑もあるようですね。
ユリのお話、興味深く読ませていただきましたよ。
うちは花のない、殺風景な家なのですが・・・
去年、猫の島と言われる田代島にたくさんのユリが咲いていたのを見て
これも共生なのかなぁ、って思いました。

| sari | 2010/08/08 11:53 | URL | ≫ EDIT

コウモリ好きの皆様!

コウモリがブチャイクだと言って、


ゴメンナサイ!

| REI | 2010/08/08 20:36 | URL | ≫ EDIT

REIさん
コウモリ拾った!めんまねえさんと同じだ。
しかもねえさんとは違うタイプのコウモリだったんですね。
羽付ブタ鼻ネズミだって愛嬌あるじゃん(笑)。
しかもぶつかられたりもしてるんですね?!
間近で見られていいなぁー。
超音波吸収体質、いいなぁー!

ネズミに近いからひょっとして似たような周波数の音を
出してるかと思ったけど圏外だったみたい。残念!

 #ユリ根、危ないともうわかったから大丈夫じゃない?
  ユリ根の入った茶碗蒸とかおいしいですよね。



Gavi ちゃん
思いの外早く冷えるんですよね、車って。金属だから?
他所の猫がもしも他所の車にのってたら、ウチのにしなさいって
声かけよう!って思ってるんだけど、近隣の外猫たちは
わざわざここまでのりには来ないみたい(笑)。

コウモリ、結構いい球筋だと思うんだけどねぇ。
にゃんこにとっては魅力的じゃないのね。



mogu07 さん
もしかして、うんと低空飛行してくれたら違うのかも(?)。
でも、とにかくたまーに「あ」って見るだけなの(笑)。
車のトランクの上のこと「バックフロント」って言うんですね!
知らなかった(世間知らず ^^;?)!
カッコイイ言い方教わってトクした気分でーす。

ゴロゴロね、ほんっとに聞こえないようなのしてることありますよ。
くつろいでる様子で横たわってたりするのに、
(もちろん全力でちーたらりぼんと戦った直後とかじゃなくね)
脇腹の辺りが呼吸にしてはずいぶん早いねと思うような速度で
上下してたら、たぶん言ってます。
やさしく声をかけたときとか、遊んでくれそうで期待に満ちてる
ときとかも。甘えん坊だからきっと言ってると思うな。
ホントは肩の下あたりに耳を当ててみると小さなゴロゴロが
聞こえるはず!なんだけど、小梅ちゃんにそれやったら
せっかくのご機嫌損ねちゃうかもしれないもんねぇ(^^;)。



anemone さん
それが顔って見たことないのよぅーっ(涙)!
だっていっつもすごい勢いで旋回してるんだもん。
写真撮っても、ツバメより写らない・・・。
めんまねえさんとこで見たコウモリはかわいかったなぁ。
この小さいのがアブラコウモリなんですか。ふむふむ。

ウチの母親が「最近の蚊って羽音立てないでコソコソしていて
ケシカラン」って言うの。
で、それはあの羽音が高周波だから聞こえにくくなってるのよと
得意気に教えたらキレられてソンしちゃった。ふはは。
だってホントじゃーん!



めんまねえさん
たぶん庭に植えられているものなんてほとんど毒草かも、と
思うときがあります。ニンゲンにとってもね(^^;)。
キンポウゲ科植物なんて花の可愛いものばっかりだもん。
ワタシも、一部のプリムラやトウダイグサ科の汁や、
かぶれると言われてるもの触ってもかぶれません。
しかし手のみだった!
ヒヤシンスの球根触った手で首を触ったら猛烈に痒くなった(^^;)。
ぎうにうも、腐っちゃってたのを「むむ?!コレ酸っぱいね!」と
言いながらうっかり飲んでもお腹壊さない(笑)。
いや、それは植物とは関係ナイ。
でもラークスパー食べてみようとはちょっと思わないかもよ~。
キャラウェイか・・・葉っぱの繊細な感じが似てますね。

いや、コウモリかばってください!一緒にかばっときました。ふふ。
ねえさんとこのおちびさん、かわいかったもんね。
ワタシが眺めてるコウモリ、飛びまわってるとこしか見てないから
何コウモリかも判らなかったんだけど、aneさんがアブラコウモリと
教えてくれたので、これからあの子を見るたびに
ああ、おちびさんみたいな顔してるんだなぁって思えるなぁ(^^)。
ニュイ、だったっけ。



元気猫さん
彼、なんだか常に仔猫のようですよね。良くも悪くも(^^;)。
自分ではたぶん仔猫のままだと思ってるんだろうなぁ、ふはは。
それでいいのだ!
車ね、駐車場が北北東向きで早いことアパートの影に入るからか
思いの外早く冷えるんですよ。
アスファルトがまだムンムンしててもひんやりしてるの。
よくわかるよねぇと感心するのだけれど、去年ごろ太は真夏の
真昼間に飛びのって、足の裏が暑かったのかそのまま駆け抜けて
地面に降りたことあるからなぁ(笑)。

元気猫さんが見てるコウモリもアブラコウモリなのかな。
ワタシが見てる限りでは絶対に止まらないから、きっと顔は
永遠に見ないままな気がする・・・。
会社のヒト、コウモリ厭なのかしら?
吸血コウモリとかと混同してるのかな。ふふ。



紅葉さん
車ね、真昼間だったら一大事だけど、駐車場が北北東向きで
早いことアパートの影に入るからか思いの外早く冷えるんですよ。
アスファルトがまだムンムンしててもひんやりしてるのです。

コウモリ、夏の始めから10月くらいまでよく見かけます。
他の時期も見ないだけで飛んでるんだろうか?
コウモリって冬眠とかするんでしたっけ???



だっちゅさん
3枚目、なんかくったりふんにゃりしてますよね(笑)。
一応、のっていいのはコレだとわかってはいるみたい・・・。
だけど、たまに他の車に飛びのろうとチャレンジしてます。はは。
点検ついでに汚れを拭きとってくれてるかもね(^^;)。

コウモリって案外と何処にでもいるんですよねぇ!
初めてみつけたときはおおおーっ!!って騒いじゃった。
でも近所のヒトに得意そうに教えたら知らなかったと喜ばれたので
気づかないことのほうが多いのかな。
夕方はみんな早く帰ろうと急いでいるから空とか見上げないのかな。
洞窟のコウモリ軍団!
吸血コウモリじゃなかったら見てみたいかも!!

ユリはねぇ、オシベ切っちゃえばいいんだけど、
あれがついてるからキレイなんですよね。
ユリの花粉ってべったりつくから、たとえ猫がいなくても
困りものなんですけどね。



Mimy さん
うひひ!
チョウチョくらいゆったり飛んでくれたら、もしかしたら顔まで
写真に撮れるかもしれないのになぁ~。
今年ウチの界隈、チョウチョやセミが少ないんですよ。
カマキリなんてまだ1匹も見てないです。
セミは当たり年とはずれ年があるとしても、他の虫があんまり
少ないとなんか心配になっちゃいます。



sari さん
そうですよー。ピッカピカに磨き上げられたあの車よ(笑)!
散歩始めたときはごろ太もワタシもビクビクしてたけど、
こうしてリラックスしてくれてるとこちらも安心してのんびりと
コウモリ見ていられます。上見ると口開いちゃうのよね。ははは。
髪の毛の中に突入するコウモリっていうのもすごいですね。
コウモリってわかってたらちょっと驚くくらいだけど、
何だかわかってなかったらド肝抜かれそうだ!
ま、いちばんビックリしたのはコウモリかな。

ポッケにバレリアン!
セイシュンのカホリにくっついていくのは猫だけじゃないのね。

田代島のユリ、sariさんのお写真で見たのはヤマユリっぽかった。
なんていうか、緑の中にぽんと咲いてるとはっとするほど
キレイですよね。
自然の多いところで、外で自由に生きている猫たちが
ユリで命を落とすかもしれない可能性はないとは言えないけれど、
それもまたひとつの生きかたなんだよね。
うまくいえないけど・・・。
ホントはヒトによる害のほうが怖いなぁって思います。

| 薄皮饅頭 | 2010/08/08 22:32 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://56g.blog40.fc2.com/tb.php/494-b7ab47a5

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。