ごろ太三昧

(雑種猫ごろ太の乳母日傘な日々)

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

猫に敷居は跨がせぬ


がんばる紫陽花追い越して


お土産持って帰り道


坊ちゃん、ただいま


「ソレ、ボクの?!」


「おかえりナサイ」


「ふおーっ!路地モノ!」


「イタダキマス!」


「お日さまの味がシマス」




網戸の向こうで目を輝かせが見詰める路地の
缶詰生活ようやく終えて久方振りの買出しへ。北の坂道上がる手前でまだまだ頑張る紫陽花見詰めて風を感じてひと休み。家じゃ坊ちゃん待っている、両手に大きな袋下げ途中でなぞ摘み取って、片手にふたつ袋下げ汗をかきかき帰り道。
お土産見つけて網戸越しおかえりなさいと迎える齧りたい一心で網戸開いても気にもせず、やはりサラダは路地物とを喰み喰み嘆息す。




迷子のが増えるこの季節・・・。何故にこの暑いのにが外に出たがるのかと考えてみたら、そうではなくてきっと夏は窓を開け放つ機会が増えるからなのだろうと思い当たった。
押入れの襖や家の中の引き戸、果てはノブのついたドアまで器用に開けてしまうは多い。ましてや網戸なぞ、ツメをひっかければ簡単に開けられるのであろう。
自立精神に満ち満ちた先代はよく自分で網戸や窓を開けて勝手に散歩に出かけてしまったものだ。

ごろ太は幸い網戸や窓を開けたことがないが、屋内の引き戸は開けることができる。できるのだけれど滅多にしないのは、開けようとするとワタシがすっ飛んでいって開けて差し上げるからということも影響しているように思える。
猫というのは習慣を重んじる生き物だからして、閉まっているものは自分で開けるという習慣がつかぬよう都度ドアマンを務めて来た乳母なのだ。
そんなことをすれば甘えん坊で依存心の強い彼のそういう部分がますます増長してしまうのは百も承知だが、自分で開けるという習慣さえつかなければヨシ、という信念のもとドアマンに徹して来た。あ、もちろん屋外に通じるドアや窓や網戸は頼まれても開けません!

しかし、引き戸が開けられるならやはり網戸だって開けられるにちがいない!
なので在宅中は常に窓の開いている我が家では必ず網戸ロックをかけている。
留守にする折には玄関に出入りできぬよう、手前の部屋の引き戸を閉めて出かけるのだが、一度帰宅時に玄関先で立ち話していたら声を聞きつけたごろ太が引き戸を開けて玄関口で待っていたことがあってそのときは肝を冷やした(^^;)。

そしてもうひとつ、工夫して来たことがある。
ごろ太はご存知のように散歩猫であるが、散歩に出るときには彼に絶対に敷居を跨がせないというのがソレ。玄関だろうが庭に出る窓だろうが実家のベランダに通ずる窓だろうが、外に出るときは必ず抱っこして出る。
これも、彼に自分で敷居を跨いで外に出るという習慣をつけさせないがための、一種のまやかし(笑)。自分で敷居を跨ぐ習慣がついたら、開いていれば出て行って良いということになってしまうと思ったから。
裏返して言えばたとえ窓やドアが開いていても抱っこしていなければ出ないという習慣をつけたかったからなのである。

気休めかなぁと思いながら続けて来たこれらのまやかしが、案外と功を奏しているなとハッキリ気づき始めたのは去年の秋頃から。そして家に入る時には自分で跨いでヨシとしているのに開いた窓から入るときも座って待つことがあるという報告をしたのが今年の1月。
その後も注意深く様子を見て、何度かリードを持った状態で玄関や窓を開けて試してみたが彼は座ってこちらを見上げ待っていてくれる。

何度も確認して、満を持してこの夏、最後の実験をしてみた。
まずはすぐ近所に買い物に出る折に、玄関に鍵をかけ網戸のまま庭から出て庭から帰宅してみた。留守番させるときには大抵帰り道でを摘んで帰るのだが、お土産のがあってもなくてもごろ太は網戸のすぐ向こうに出迎えに来る。
万が一を考えて両手に持った袋を一旦地面に下ろし、両手を空けてから網戸開放。・・・ごろ太は出て来ようともせず手に持った草にクギヅケ(笑)。
一応実験は成功であるが草につられただけのことかもしれないので、再度実験。
今度はワタシが庭に出て草むしりなどし、網戸の向こう側にごろ太が来たところで網戸を開放するというもの。以下がそのときの様子である。



「乳母は外で何してるんダロ?」


坊ちゃん出てみる?(出たらおおごと!)


「ウーン・・・ボクは今べつに」


「それよりアッチが気になりマス」

実験大成功!ごろ太は庭に出ようとはちらとも思わなかったようである。
本当はごろ太が散歩に出かける気満々のときにもガマンできるのか試さねばならないのだが、以前彼を不注意から迷子にしてしまって大変懲りたワタシ。二度と迷子にしないと固く誓った身としては、実はこれでも冷や汗もののいっぱいいっぱい。しかし意図的な習慣づけが多少なりとも猫の行動に影響を与えられると実感できた。
外に出る習慣のある猫の脱走防止策の補助的ヒントにでもなればと思い、今回記事にしてみたという次第。(猫の性格により効果のほどには差があるかも)
迷子防止の一般的な対策じゃなくてゴメンナサイ。でも、意図的な習慣づけという意味合いではいろんなケースで使い途がありそうですよ~。

しかし、習慣づけに効果があったとしても過信は禁物。ドアや窓が開け放たれた状態のときにたまたま家の中で何か大きなものが落ちた音がしたら、あるいは外に魅力的な獲物(鳥や蝶など)が見えたら・・・逃げるつもりはなくても猫がどうするかはわからないのである。
ワタシ自身も、もう二度とこの実験はしないつもり。
試してみる方がいらっしゃっても、くれぐれも実験はしないでくださいね(^^;)。





【お詫び】
現在、コメントへのお返事はできる範囲でですが翌日の記事の最後でしています。
コメントのお返しもできたりできなかったり、できなかったりしてます(^^;)。
それでも、とコメントくださる方、嬉しくありがたく拝読させて頂きます。

 人気ブログランキングへ にほんブログ村 猫ブログ 猫 お出かけ・お散歩へ



*あんなに長時間調査したのに派手なオチを提供してくれなかった隊長にちょっとガッカリ(^^;)。
  でもまぁ、見事なヘッピリ腰に免じて許してください(笑)。笑うときは隊長に気づかれぬように。

  鳥の羽根に飽きてしまった猫って案外いるんですね。よかったー(何が ^^;?)。
  いや、飽きてしまうのは羽根に限ったことではないか。
  お猫様に楽しく遊んでいただくために、ニンゲンどもは日夜創意工夫を重ねているんだもんね。


  昨日のコメントへの個別のお返事、ありまーす。
  コメントのお返しやメールのお返事などもぼちぼちと始めていますが、まだの方ゴメンナサイ。

スポンサーサイト

| 放蕩猫と知恵比べ | 21:00 | comments:16 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

あはっ♪
ごろ太君ったら自分のゴハンそっちのけで
草に目を輝かしちゃってますねぇ(。・m・)
草を目の前にして真剣な目をさせているごろ太君に
ノックアウトですよ(=ω=)

ルイ君は野良ニャン出身だったので
我が家に来たばかりの時は
よく脱走していました( ̄ω ̄)
その為現在我が家では網戸に
文房具のクリップ装着して(2つ着けると結構強力)
ニャンの力では開かない様にしてあります(´・ω・`)
そして組み立て式のケージの柵を
ほぼ窓の高さと同じ位に重ねて
万が一網戸を開けられても
かなりの大ジャンプ(確実に坊ちゃまたちにはムリ!)
をしないと外に出れない仕組みにしています

やはり1人で外に行かせない為には
それなりの努力と知恵が要りますよね!

| Aたん | 2010/08/03 21:26 | URL |

薄皮饅頭さん、はじめまして。
いつも楽しく拝読させてもらってます<(_ _)>

うちでは、網戸をガムテープで留めちゃってます。
ついでにサッシの開けてない方もキッチリ留めてます。
見栄えは貧乏くさいんですが、これが1番!
見栄えより、脱走されない方が大事ですからね (≧∀≦)
知恵を使って開ける子が一人いたんですけど、
ガムテープは何回トライしても開かないんで、
開かないんだと認識したみたいで、以来開けようと
しなくなりましたヽ(・∀・)ノ

| Mimy | 2010/08/03 23:24 | URL |

元気なサラダをもらって良かったね~
ごろ太君、すごく嬉しそうなお顔してるわ。

一度開けてしまうと、開けられるって覚えちゃうのよね。
網戸が開いてても出ようとしないごろ太君、お利口さん!
普段の習慣、習慣づける為に気をつける事って大事だわ。
我が家は外に続くドアには膝高さの赤ちゃんゲートがあって
ジャンプすれば飛び越えれそうだけど、小さい時からあるから
飛び越えられない、手を掛けちゃいけないって覚えてるみたい。

| mogu07 | 2010/08/03 23:51 | URL | ≫ EDIT

今日、(もう昨日だけど)にいちゃんに
「二階のベランダにいってみずやりとか
苗の植え替えするから、絶対しめといて!」って
言ったけど、にいちゃんがテレビに夢中で、
めんまがあけてっていったとき、普通に
あけちゃったんですよ、中の扉を。
そして...私気がつかなかったけど、
めんまがすぐそばまで来てて、
ホースでみずやりしてたもんだから全開!
ギャー!って思って、めんまを脅かしちゃいました。(汗)
前も玄関まで迎えに来ちゃってとっさに
両手を挙げて「ガオー!」ってやっちゃった。
でも、これでたまたま、外に出たがらぬから逃げるけども、
出たがりなら外のほうに出るはず。
もっともっと気をつけないと、と思いました。
前の子はドアノブも網戸も、ふすまも引き戸も
全部あける猫で、もう大変だった...二桁脱走でしたから...

ごろたくんは賢い。
薄皮さんの考えたとおりにちゃんと学習して
そだって...
敷居はまたがぬ子に育ったのねー!!素敵。
天然の草のおみやげって、プライスレスですよね。
とっても喜ぶうれしそうなぼっちゃん、口がニャーって
いってる!しあわせものだ。

(めんまの記念日お祝いコメントどうもありがとうです!)

| めんまねえちゃん | 2010/08/04 02:16 | URL |

ごろちゃん、新鮮なサラダよかったねー。
目が輝いてる(笑)
とてもきちんとごろちゃんのことを考えてる薄皮饅頭さん。
いつもいつも勉強になります。

| ふみ | 2010/08/04 02:27 | URL |

敷居の件、以前にもアドバイス頂いてましたね。そそそれなのに、、、不履行中なマミィとダディです。
新居に落ち着いた頃(夏前)からミモの“おんもに行かせてにゃぁ“が盛んになり、
私の帰国中、ダディが“まる裸”で(ハーネス無しってことね)2にゃんをパティオに…。
ということで敷居の件も見事破られてます(説明したんですがぁね)。
やっと坊の体にフィットするハーネスを見つけたので週末ちょっと(彼にとっての)遠出をしてみました。
へっぴーさまさまだけど、私、もしくはミモから離れないという基本姿勢。。。
まっ、これもイキナリの鳥の声や、犬の音でどう転ぶかわかりませんが。。。。
幸いにも(?)2にゃん”ドアは鳴けばヒト科が開けるもの”と理解しているようなので、
パティオをズッコのマミィさん宅風に仕上げるかかな?

さくら姫脱走時にあんなに冷静にアドバイスいただけたのは、とっても辛い経験上だったのですね。
ごろ太君の素直さにも感涙です。。。。新鮮サラダも美味しそう♪

| JUNJUN | 2010/08/04 04:51 | URL |

うーっむ。
習慣づけできたのは坊ちゃんが聞き分けのよい子だからかも?
もちろん乳母様の努力のたまものかもしれないけど・・・
みこちゃんぶちょーはケダモノのようですからね~(@@
観音開きの扉を開けて戸棚に入る。
ちょいちょいすれば開くと知っている。
なので、中に立てこもっても「ちょいちょい」して引っ張っているので永遠に開かない・・・
まぁ・・・賢いんだかおばかなんだか?
とりあえず「ちょいちょい」すれば開くという学習はできている。
中からでも変わらず「引いて」いるのは学習の成果。
かしこいな~~みこちゃんってば(TT
今は扉(30ヶ所ほど)すべてをヒモでしばっております(涙)
ちなみに、日本にいた時は、網戸なんか体当たりで破壊していきました。

| anemone | 2010/08/04 04:51 | URL | ≫ EDIT

ふだんは冷静なにゃんこでもパニック起こしたら何するかわかんないもんねー。
お家に帰れなくなっちゃうかもしれないよね。(´・ω・`)
家も玄関の外のマットの前に猫よけとげとげ置いたり、にゃんこがすぐ飛び出るの躊躇するように習慣づけてるよ。
迷子にゃんこのお話聞くと悲しくなっちゃうよ・・・(´・ω・`)

| Gavi | 2010/08/04 08:49 | URL | ≫ EDIT

薄皮饅頭さん、缶詰生活お疲れさまです。シャバの空気はうまかったですか?なんて、イヒヒ。猫は犬と違って躾というか習慣付けが難しいといわれていますが、気長にやっていけばいいことなんですよね。どうもせっかちでいけないですね、私は。迷子猫の話ではないのですが、友人の家の猫が引き起こした、夏の出来事をひとつ。私の住むところは夏は比較的涼しい、というか寒い。たまたま数日間暑い日が続き、友人は窓を開けて涼をとっていましたとさ。暑さに慣れていない猫も、友人と一緒に窓辺で涼をとっていたそうな。猫が通れないくらいの幅に窓を閉め、友人がトイレに立ち、そして、用を足して戻ってきたその瞬間、猫が窓からダイブしたそうな。友人は呆然。何かのきっかけで窓が開いたのか、猫が開けたのかは定かではないそうだが、数インチしか開けていなかった窓が、半分以上開いていたんだそうな。アパートは6階。ダイブした猫は、骨折で病院へ。ドクターは「暑くて窓から飛び出したんじゃないか」と言ったそうな。幸い命に別状はなく、骨折も完治したが、やんちゃ坊主だった猫の性格がまる~くなったそうな。友人は「ありゃ、頭打ったね」と言って笑いましたとさ。5年前の夏の出来事。その猫はいまも友人と元気に暮らしております。めでたし、めでたし。長くなって、ごめんなさい。

| myaumyau | 2010/08/04 09:13 | URL |

あはは、ごろ太くん舌が出ちゃってますよ~。(笑)
坊ちゃんにはやはり路地モノが一番なのかしら?
「絶対に敷居を跨がせない」っていいポリシーですよね。
薄皮饅頭さんは躾が徹底していて素晴らしいです!
もちろん坊ちゃんが聞き分けがいいとおうのもあるんでしょうけど。
ごろ太くんが迷子になるなんて事もあったんですね!
それは知りませんでした。
それがいい教訓になって、今の薄皮饅頭さんがあるのでしょうね。
人間と猫、お互いに教えあって学んでいくってとても素敵な関係だと思います!

| Queen Sasha | 2010/08/04 11:17 | URL | ≫ EDIT

お疲れ様です! こんにちは♪
路地物サラダにロックオンですね~ ごろ太くん、生唾飲み込む音がきこえそうだよーーー
お日様の味がするんだー? ふふっ 良かったねっ♪
薄皮饅頭さん、いろいろ工夫されててまたもやびっくり!尊敬です(^^)ゝ
そしてごろ太くんもとっても聞き分けがよくって偉いです!
なーんも考えずに猫と暮らしてる私には毎回新鮮なことばかりで・・・(^^;)
『猫と暮らすには・・』みたいなカルチャー教室を開いてもらいたいです!!!!(超本気^^)

| ひろみ | 2010/08/04 12:11 | URL | ≫ EDIT

そうそう、私も饅頭さんを見習って、
ベランダに出るときはハーネスつけてから!
出るのは抱っこされて出る!を習慣づけたいと思って、
やっていたのね~

ま、ある日サッシの隙間からこっそりベランダに出た2ネコと、
バッチリ目があっちゃいましたけどね(´・ω・`)
でもまぁ、勝手に出るのはダメっていうことは分かってたみたいで、
すぐにゴメンナサイな感じになってたけど・・・

もうちょっと頻繁にベランダに出してあげないとダメかなぁ?

| リヴ | 2010/08/04 12:52 | URL | ≫ EDIT

完食したねゴロ太ちゃん^^
お日様にあおられてすくすく成長したありがたい緑
そういう食べ物が元気の源かもしれないわ。

うちも網戸は2重ロックです
高層ですから勝手に出ると脱走ではすまなくなります。

| だっちゅ | 2010/08/04 13:46 | URL |

Aたんさん
ゴハンよりもサラダが好きな草食系男子です(--;)。うーむ。
実は庭から帰ってくるためには自分ちのフェンスを乗り越えると
いう曲芸をこなさないとなんですよね。
通りに誰かいると不審者丸出しなので、誰もいなくなったのを
確かめてから乗り越えるんだけど、もしもどこかから一部始終を
見ているヒトがいたら通報されそうですよねぇ(^^;)。

ルイ氏が野良猫だったということも、
脱走してたってことも、今の彼の姿からはまったく想像つかない!
それだけ、すっかりAたんさんちの子になったんだよね(^^)。
あんなにうんぼぼしててお外で苦労はなかったんだろうか?と
いうくらいにぼーっとしてくれてるってシヤワセですね。
そして野良猫だったルイ氏がもう外に行かないってことは、
猫は可愛がられていれば家の中の世界だけでじゅうぶんにシヤワセ
って証明された!ってことでもあるんですよね(^^)

万が一窓が開いてしまったときの対策まで考えた
カシコイAたんさんの大勝利ですね。



Mimy さん
はじめまして。コメントをありがとうございます。ウレシイです!
こちらこそ、いつも楽しませていただいてます。

先代猫も隙あらば脱走というタイプでした(^^;)。
で、当時は今みたいないろんなグッズもなかったから、やっぱり
窓という窓をガムテープで固めてました。
先代が彼岸へ渡って数年経ちますが、まだ跡が残ってるくらい。
ちょっと恥ずかしくて言えないよねと思ってたら
Mimyさんもなさっていたなんてこれまたウレシイー(笑)。
ただ自分が開けたいときにものすごーく不便なんですよね。

複数の猫がいると、必ず金庫破りの名人がいて、
みんなその子をアテにしたり、お手本にしたりしちゃうのよね。
迷子になって外でひとりになったら怖いと知っているのと、
そもそもが甘えん坊なのと、いろんな工夫をした甲斐もあって
ごろ太は一度も脱走しようとしたことはないんです。
ウチの工夫は散歩するからこそできた工夫だけれど、
フツー猫は散歩しないから、窓は開かないんだと思わせるのが
最強の対策ですよね(^^)。



mogu07 さん
サラダ・・・隊長任務のついでにご自分でも食べてるのにね(笑)。
葉っぱみつめるキラキラの顔の後にある残ったゴハンが切ない!

窓を開けるのは猫にとってはそう難しいことではないから、
先代で散散な目に遭ったこともあって、ごろ太が来てからは
重々注意してます。(でも思わぬときに迷子にしちゃったけど)
窓の開けかたなんかも、最初にうまくいった方法を使い続けるって
話だから、開かないようにするのはそれまで開けられた猫に
とっても有効ですよね。
でもあちこち開かなくしちゃうと自分も不便だったりして痛し痒し。

何かの習慣をつけてもらおうと思うとこちらも忘れずに習慣に
しなきゃならないから、うっかりできない(^^;)。
でも、mogu07さんのところでは仔猫のときから越えられないように
しておいたのが、すごくいい習慣づけになったんですね。
だってネットにすいすい攀じ登る小梅ちゃんが
ドアには触らないってすごいことだよね!



めんまねえさん
実家に連れて行くと似たようなことが起こります(怒ります!)。
ごろ太が居間にいるときに、玄関を出入りするようなときは
居間のドアを閉めておくんだけど平気で開けちゃったり(^^;)。
通い猫がゴハンもらいに来たと言って、縁側の窓をがばーっと
開けちゃったりされて心臓に悪いんだコレが(笑)。
先代猫が脱走名人だったのは、母の助けもあったのかも。うう。

めんまねえさんの咄嗟の「ガオー!」が脳裏に浮かんで爆笑!
でも、もしそれでビックリして外に出ちゃってたら
シャレにならないですもんね。
お使い行って帰ってきて玄関開けたらドアの向こうにごろ太の
顔が見えたときには、やっぱり冷や汗かきました。
普段は手前の部屋の引き戸閉めてあるから出られないんだけど、
なんと自分で引き戸開けて待ってたんですよね。
一度ドアを閉めて両手の荷物を下ろし、「平常心平常心」と
唱えてから知らん顔で入場して事無きを得ました。わはは。

怖がりだったり、外に出たがらなかったり、ごろ太みたいに
依存心がやたらに強い猫は自分から外に逃げようとはしないけど、
パニックになったときにやっちゃう可能性が大なのかも。
ねえさんの脅しはめんまさんにとっても冗談というか遊びだと
解釈してもらえたのかもね。うははは。
にいさん、ちゃんと話聞いてないとテレビ消しますよー。

 *どうしても縁側の窓などを開け放たなければならないとき、
  我が家ではごろ太を伸びるリードで繋いでしまうんだけど、
  めんまさんにはそれむずかしいのかなぁ。
  繋ぐってことは首輪かハーネスが要るもんね・・・。

ねえさんの作ってくれたステキなディナーの
「葉っぱがおいしい」と言うめんまさんと同じで、
草をみつめてキラキラ顔のごろ太の後にある残されたゴハンが
切ないです。



ふみさん
お久し振りです!そしてお帰りなさーい(^^)。
先日コメントいただいたときにお返事できなかったから・・・。
サラダ・・・隊長任務のついでにご自分でも食べてるのにね(笑)。
葉っぱみつめるキラキラの顔の後にある残ったゴハンが切ない!

いろいろ考えてるようで結構ヌケているワタシ。
それに出て行かないと確認すると気が緩んでしまいそうで怖いです。
何かあったら何のための実験かわかんなくなっちゃうから、
一層気を引き締めないとですね。

びびちゃん相変わらず元気そうでシヤワセそうですね。
最近たぷたぷネタが多いから、ホントは少し怒ってるかも?ふふふ。



JUNJUN さん
むふふ。猫に習慣にしてもらうにはこちらも習慣にしなきゃイカン
ので、なかなかできないこともあるんですよね。
でも、まる裸でパティオに出たのはほんの何日かだから、
たぶん今からでも余裕で間に合いますよ。
おんもに出たい!という猫の気持ちを逆手に取るのじゃ(笑)。
出たければ、大抵のことは受け入れてくれるはずだから、
コレすれば出られるという公式を作ってしまえばこっちのもの。
外に出たがるようになったのは新しい家に馴れた証だから、
決して悪いことではないですよね(^^)。

脱走するかしないかは、まぁ猫の性格にもよるんだけどねぇ。
ニンゲンに依存している猫ほど自ら脱走しようとはしないのかも。
でも脱走しちゃう子はいわゆる猫らしい猫で、そういう猫には
ごろ太にはない素晴らしさがたくさんあるんだよね!
問題は逃げるつもりのない猫が何かでパニックになって逃げてしまう
ことかな。いつもは平気だったのにっていうパターンが怖いです。

迷子にしたときのことは今思い出しても苦い!にがにがです。
今度やったら、ごろ太は多分自分で帰って来るんじゃないかと
思うけれど、帰るのが先が車にはねられるのが先か・・・。
迷子になった猫をもしも保護できなかったら、それは捨て猫しちゃった
のと同じかもしれない、と(自分の経験からですよ)思うんです。
だから、他所の猫が迷子になった話聞くとイヤな汗出るのよね。



anemone さん
ウチの場合はたまたまいい条件が揃ったのかもしれないなぁと思う。
ごろ太の性格と、迷子になってひとりで外は怖いと知ったことと、
そしてワタシの工夫と・・・。先代猫で懲りてたから(^^;)。
万能な方法ではないけれど、仔猫のうちから習慣つけておけば
それなりの効果はありそうじゃないですか?
意図的にじゃなくて、知らず知らずのうちに習慣つけさせちゃってる
こともあるわけだしね。

ぶちょーはまず「すべての扉は自分で開けられる」と学習したのね。
三毛猫は賢いぢょしばっかりだから一筋縄ではいかないかもねぇ。
猫の性質と行動パターンを使って何か憶えてもらうにも、
賢い子にはこちらも出方を変える必要があるのかもね。
猫は最初にうまくいった方法を使い続けるんだそうですよ。
みこちゃんも最初に開けた扉が引っ張って開けるタイプだったから、
いかなるときもちょいちょいするのかしら。むふふふ。

もしも最初に扉を開かないようにしばっていたらどうだったろう?
まぁできる子はできちゃうのよね(笑)。
網戸に体当たりする子も結構多いもんねぇ。
先代もそうだったから窓も網戸もみーんなガムテープ固め!
しかし、テープの弱ったところから出て行くのよ、コレが(泣)。
一度ついてしまった習慣が長年続いちゃうと修正は難しいよね。

ホントは自力で外に出ちゃうような猫がワタシは好きです。
だけど、出ちゃうと今はあまりにも危な過ぎる。
ごろ太ができない子でよかったなぁと時々思います。ははは。
散歩だって、あんまりできない子で心配で始めたようなもんだ。



Gavi ちゃん
パニックになると、逃げるつもりなくても脱走しちゃうんですよね。
とげとげ作戦、意志の強いにゃんこにぴったりの作戦かも(^^)!
お散歩は必ずGaviちゃんおカゴから始まっておカゴで終わるっていう
おねえさんの習慣づけもすばらしいなぁーって思ってました。
Gaviちゃんのこといつも真剣に考えてくれてるおねえさんで嬉しいね。

迷子にしたときのことは今思い出しても苦い!にがにがです。
今度やったら、ごろ太は多分自分で帰って来るんじゃないかと
思うけれど、帰るのが先が車にはねられるのが先か・・・。
迷子になった猫をもしも保護できなかったら、それは捨て猫しちゃった
のと同じかもしれない、と(自分の経験からですよ)思うんです。
だから、他所の猫が迷子になった話聞くとイヤーな汗が出ます。



myaumyau さん
猫に言うこときかせるのって難しいというか、犬の躾とツボがちょっと
違うから、そのせいで「猫は躾が入らないおばかさん」なんて
言われちゃってるけど、実はアタマいいんですよねー。
そのアタマの良さをニンゲンのためじゃなく自分自身に使うだけ(笑)。
犬に教えられることは猫にも必ずできるんだそうですよ。
猫に芸して欲しいとは思わないけど、命に関わるような危険なことだけは
しないでいただきたいものです。

猫が暑くて窓から飛び出すって話、どこかでも聞いたことあるぞ!
ホントなんですねぇ・・・いやはや6階かぁ(^^;)。
骨折で済んで完治して、冗談言える話でよかったよ。
こないだやっぱりマンションの上のほうの階の窓から脱走して、
舌を噛んでしまってちぎれそうになっちゃった子がいました。
落ちた経路が血まみれだったから真っ青になって探したそうです。
高いところから落ちると着地のときにあごをぶつけやすいんだそうな。



Queen Sasha さん
3度のメシよりサラダ好き。そしてサラダは路地モノ(笑)!
ヘンなとここだわらなくていいからフツーにゴハン食べてもらいたいー。
だいたい、サラダなんて任務のときにも食べてるのにねぇ・・・。
葉っぱみつめるキラキラの顔の後にある残ったゴハンが切ない!

徹底しないと・・・というか一貫性がないと
わかってもらいたいことをわかってもらえないんですよね。
ごろ太の性格のおかげで作戦成功した可能性が高いんだけど、
(迷子になったときにひとりぼっちが余程心細かったらしいというのも)
習慣づけを徹底するということを念頭に、それぞれのお家でそれぞれの
猫の性格にあった方法をとれば、わかってもらえることはありそうです。
猫ってみーんな違うから、どんな方法をとるか考えるのが難しいけど、
クイズとかパズルとかゲームの感覚ですると結構楽しいですよ(^^)。
躾というより、命に関わるようなことはさせないっていう感じだけど。

迷子にしちゃったのはホントにワタシだけの過失でした。
無事保護できたから、かえって絆が強まったというのもあるけれど、
絆なんて強まらなくてもいいから迷子にならないのがイチバン!
先代猫が脱走名人だったから、窓やドアのことは仔猫の頃から気をつけて
たけど、キャリーからぶっとび出すとは思ってなかったのが甘かった。
でも、そういうことがあったからこそ
どうやって安全に楽しく猫と散歩するか考える



ひろみさん
隊長、任務中にもサラダ召し上がっているのに、ゴハンそっちのけ(笑)。
りん坊のツメの垢もらいたいです。油飲めーっ。

ホントは躾って言いかた、あんまり好きじゃないです。
異なる動物だから価値観や行動パターンが違うのは当たり前。
それを、ニンゲンの一方的な価値観で縛るのは動物に失礼かなぁと思う。
でも、命に関わるようなことはしちゃだめ!って教えるのは
保護者の義務でもあるんですよね。
まさか散歩するようになるとは思ってなかったから、
ただ安全のために理解してもらってきたことが、散歩のときにも案外と
役立ったりしてるので一石二鳥だったかも。ふふふ。

猫は毎日の習慣というのをとっても大切にするので、
その性質を逆手に取っていろんな習慣をつけてもらう(しないという
習慣も!)というのは、その猫の性格にマッチした方法さえ考え出せれば
案外とむずかしいことじゃなさそうな気がします。
ただ、決めたことはこちらも守らないとすごく解かりにくいみたいなので、
始めたばかりのときはゼッタイに忘れないようにするのが大変(^^;)。
躾と思わずに、クイズやパズルやゲームみたいな感覚で一緒に楽しむと
結構おもしろいですよー。
今回みたいにうまくいくとヤッター!って思っちゃうのだ。むふふーん。



リヴさん
むふふー。ヘッピリ腰のふたりの記事見ましたよん(^^)。
ハーネスつけて抱っこしてから出るというのを完全に憶える前に、
サッシには隙間があることがある(そして隙間から出られる)という
ことを学習しちゃったのですねん(笑)。
迷子の心配ももちろんだけど高層住宅だと落ちて大怪我するという
怖さもあるからなぁ・・・。
こないだやっぱりマンションの上のほうの階の窓から脱走して、
舌を噛んでしまってちぎれそうになっちゃった子がいました。
落ちた経路が血まみれだったから真っ青になって探したそうです。
高いところから落ちると着地のときにあごをぶつけやすいんだそうな。

ソレ、うっかり習慣にならないようにサッシに隙間がないよう
(あるいは隙間があっても猫に開けられないよう)気をつけませう。
頻繁にベランダに出せば習慣づけが早くできるかもしれないけれど、
ベランダに出すのはリヴさんにとっても楽しいことじゃないとだから、
ヘンに義務化するのもアレですよね。
それに、外に出せば出すほどいろんな事故のリスクがついてまわるし。
やっぱりまずは窓ですね!

カップラーメンを作るっていうプログラムをコンピューター用に
こしらえるのはとっても難しいっていう話があるんです。
カップラーメン作るって言っちゃえばひとことだけど、そこには
・やかんに水を入れる
・そのやかんを火にかける
・お湯が沸くまでのあいだにカップ麺を戸棚から出し
・そしてパッケージを開けて
・お湯が沸いたら適量を注いで
・フタを閉めて数分待つ
というフクザツなプロセスがあるからなんだって!
それとはちょっと違うけど「自分で窓から出ない」という習慣を
つけるにも、実はそこに至るフクザツなプロセスがあって、
それらを事前に(猫にはわからぬように)遮断しておくということも
たぶん必要なんだと思います。

んー・・・でも、悪いと知りながらベランダに出ちゃって、
バツ悪そうな顔で腰落としてるふたりの姿も可愛いんだけどね(^^)



だっちゅさん
隊長、任務中にもサラダ召し上がっているのに、ゴハンそっちのけ(笑)。
お日さまの味もしそうだけど、ちょっと排気ガスの味もしそう(^^;)。
排気ガスかかってなさそうなとこから摘んでくるんだけど、
結局空気はぜんぶつながってますもんねぇ。ははは。

だっちゅさんのところはたくさんの猫がいて、
ベランダに出たり一緒におでかけする子もいるけれど、
これまで危ないという感じがしたことがないから、きっといろんな工夫を
なさっているんだろうなぁと思ってました!
こないだやっぱりマンションの上のほうの階の窓から脱走して、
舌を噛んでしまってちぎれそうになっちゃった子がいました。
落ちた経路が血まみれだったから真っ青になって探したそうです。
高いところから落ちると着地のときにあごをぶつけやすいんだそうな。
飼い主さんの真剣な捜索の末無事保護されて、他に怪我もなく
命に別状もなかったんだけれど、食いしん坊なのに舌が痛くてゴハンが
うまく食べられないそうです。早く治るといいんだけど。

高いところからの落下も迷子も、即命に関わるから、
危ないことはさせない!と信念を持つのも保護者のおつとめですものね(^^)。

| 薄皮饅頭 | 2010/08/04 17:05 | URL |

あ~、またコメントが遅くなってしまった・・・
でもあまりに素晴らしい記事に何か一言コメントをさせてもらわずにはいられない気持ちなのです。

もう薄皮饅頭さんの事を『師匠』と呼ばせてもらおうと思います!
記事も皆さんへのコメントの返信も、大変勉強になりました。
「躾と思わずに、クイズやパズルやゲームみたいな感覚」
まさにその通りだと思ってはいるのですが、受け入れやすく分かりやすく説明する事の難しさをいつも感じています。
どなたにも不快な思いをさせずに、それでいてこちらの言わんとすることを伝える技術、素晴らしいです。
これからも毎日「師匠」のブログで勉強させていただきます!

| きよきよ | 2010/08/04 21:37 | URL | ≫ EDIT

きよきよさん
わはは!『師匠』とかヤメテクダサーイ!
絶賛肩書き禁止中、それを知ってて面白がっていろんな肩書きつけて
くれるヒトもいるけど(笑)。
でも、コメントとってもうれしかったです。むふふ。
なんていうか、何かを押し付けられるのってニガテなワタシ・・・。
だから人様にも押し付けがましいことは言いたくない。
だけどなんとなく『である、のだ』口調の文章が使いやすくて
(なんていうか、第三者的に自分の文章を読めるので)
言いたいことはあるけれど、読んだ方が不愉快にならないかと
いつもビクビクしている小心者なのです(^^;)。
記事やコメントのお返事が巻物になっちゃうのもたぶんそれが原因。
何度も書き直したり、コレでダイジョーブかなぁと思ったり。
なので、そう仰っていただけるととても励みになります。
本当にありがとうございます。
つーか『師匠』はきっときよきよさんのほうでしょー!
あの歯磨き行列ですもの。ふふふ。

| 薄皮饅頭 | 2010/08/05 02:52 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://56g.blog40.fc2.com/tb.php/490-d6e111b8

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。