ごろ太三昧

(雑種猫ごろ太の乳母日傘な日々)

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

余裕綽綽猫隊長


「ふんふん、ヨシ!」


隊長、その目つきは・・・


ああ、やっぱり!


「ヨーイドンッ!」


「ばびゅーーーん」


「・・・っと」


「隊員ついて来てる?」


「無事だナ」


「余裕シャクシャクで」


「今日もボクの勝ちー!」




横目でちらと振り返り余裕綽綽隊長。
夕暮れ時が近づいて打ち水名残る階段下で微かな涼風感じ取り隊長は上機嫌。青く暮れゆく夏の空気に一息つきたい気持ちなどお構いなしに盛り上がり、韋駄天に早変わり。
負けを知らない隊長は自慢のシッポ見せつけて西階段の中腹の手前でふいと足を止め、縺れる足を解きつつ後に続く隊員が無事かと横目で確かめる。
涼を忘れて全力で追いついて来た隊員が無事なら良しと余裕見せ、最後の段にゆっくりとその前足をのせながら、今日も大差で自分の勝ちとは勝利に酔いしれる。

西の空にはぽくぽくと夕映え映して浮かぶ雲、敵わぬ勝負と判っていても肩で息して仰ぎ見ながら認める負けこそ口惜しけれ。

ぽくぽく浮かんだ空の雲





【蛇足的余談】
毎回応援していただいているごろ太との階段駆けっこなのだが、何を隠そう隊員は先日ついに転んでしまったのである。それも按じていた下りではなく上りで(笑)!
トシのせいにはしたくはないが暮れ時はなんだか物がはっきりと見えにくい。ごろ太の得意気なオシリを目で追いつつ、階段を1段抜かししつつ、必死でついていったら中腹の踊り場手前で突然次にどこに足を下ろせばいいのやら判らなくなってしまったのだ。

ごろ太のお伴をしている時に転ぶことが怖い理由は、ひとつには転んだ弾みでリードを離してしまったら大変だから。もうひとつは、図体の大きなニンゲンが間近で転ぶとが怖がってパニックになるのではないかと思うから。
なので転んだと言っても火事場の馬鹿力か怪我をするような転び方にはならず、足の代わりに踊り場に手をついてへたり込んだような格好になったので、心配していたような事態にはならずに済んだ。それどころか面白いことが起こったのである。

駆けっこの最中にもしもワタシが転んでも、おそらくという生き物は止まってくれようとせず走り続けるのだろうと考えていたのだが、実際に転んだらごろ太は足を止めて、踊り場に這いつくばるような格好でへたったワタシの様子を見に引き返して来たのである。
「ふはは、ゴメン転んじゃったよ」とごろ太に向ってへらへら照れ笑いしながらも、こちらが大切な家族だと思っているように、彼もワタシを仲間と認めて心配してくれたのだろうかと嬉しくなった瞬間であった。

しかし、その後に屈辱の待遇が待っていたのだ!それが本日のコレ。
階段の上りで転んで以来、彼はこうして隊員がまた転ばないかどうかちらと振り返るようになったのだ。ご心配は有難いがなんだか婆さんになった気分だし、振り返っておいてから余裕綽綽の表情でゆっくり勝利を確認するところがまた、なんとも小癪なのである(^^;)。
心配ならば駆けっこを遠慮しようという思考回路は彼の頭の中にはないらしい(笑)。
ま、口惜しがるよりももう転ばぬように気を引き締めて楽しく駆けっこせねば!





【お詫び】
現在、コメントへのお返事はできる範囲でですが翌日の記事の最後でしています。
コメントのお返しもできたりできなかったり、できなかったりしてます(^^;)。
それでも、とコメントくださる方、嬉しくありがたく拝読させて頂きます。

 人気ブログランキングへ にほんブログ村 猫ブログ 猫 お出かけ・お散歩へ



*シツコク濡れ猫出してすみませーん(笑)。連れ合いがオレの作品がないとうるさくて。
  どうなんでしょうか?ごろ太は顔や頭を濡らしたり洗ったりしてもあまり厭がらないみたいです。
  頭にお湯をかけるようになったのは今年に入ってから。それまでは頭は濡らさずにいましたが、結構
  ざぶざぶかけても大丈夫みたい。まぁ彼が割合と水が好きだからかもしれませんね。
  洗うときイチバン厭がるのはお腹のあたり。オシリもしつこく洗っていると厭がります。

  厭がると言っても、手でシャワーヘッドを押し退けようとするとか、洗っている最中にヒトの下にもぐり
  込もうとする程度なので、水を厭がる猫に比べたらかなりラクかも。
  でも、お湯を張ったたらいや湯船などに入れようとすると、たとえ水深3センチ程度であっても、どこを
  どうしても入ってくれません。ざぶんとお湯につかってくれるとすすぎも短くて済むのにね。
  なので、水泳を楽しむようなタイプではないらしい。

  ニャオニャオ鳴くこともありますが、カメラマンに同行してもらうようになってからは鳴き続けるような
  ことはなくなりました。気が紛れて忘れちゃうみたいです。ははは。



  いただいたコメントへの個別のお返事は、やっぱりちょっとお休み中です。

スポンサーサイト

| 散歩猫 | 21:00 | comments:14 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

手首とか大丈夫だったんでしょうか?
心配です。。。
アラフォーの私は、すぐに痛みはこなくて、
翌日にもこなくて、忘れた2・3日後到来。
始めは「あれ、なんでだ?」という情けなさです。OTZ

そりゃ、ごろちゃんも心配して振り向くでしょうf(^_^;)
リード長くするとか?して階段全部上がりきってもらうのはどうですか?
そして、薄皮饅頭さんがゆっくり階段あがっていきながらリードを縮めるとか…。
難しいですよね(;^_^A すいません。

ごろちゃんはもちろん、家族だとおもってるでしょう!
(位置は不明ですが。笑)
どうやら、ご本人が王子だと思ってるのは間違いないでしょうけれど(笑)
かわいいから許しちゃいますよね☆

| ねぇや | 2010/07/15 21:25 | URL |

あらー、転んでしまったんですか。
怪我、大丈夫でしたか??
その、”どこに足を下ろせばいいのやら判からなくなった”・・・の感覚、私もよく経験するのでわかります^^;
昔はなかったことなので、やはり年のせいでしょうかね^^;

私も、今年の始めですが、うちのテラスが凍結しててすってんころりんやってしまったんです。膝の下を強打、思わずリードを手放してしまったんですが、「太郎が逃げちゃう!」と思ってまずリードをとっさに手にしました。
太郎は、私が滑った瞬間はびっくりして思わずちょっと逃げていきましたが、すぐに私の所に戻ってきて、寝転んだままの私を「何やってる?」みたいな顔で見てたんですよー^^
ごろ太くんもそうだけど、いつもと違う飼い主の様子をやっぱり心配してるのですよね?
私も、太郎が戻って来たときは嬉しかったです^^

ごろ太くん、薄皮饅頭さんの様子を気にしてくれて振り返ってくれるなんて、かわいいじゃないですか♪
ちゃんと覚えてるんですね^^

| alpenkatze | 2010/07/15 21:55 | URL | ≫ EDIT

猫は飼い主の異変に敏感ですよ~。
しかも乳母様の一大事!放っておくわけがないじゃないですか~!
ぶちょーはビビリンチョなので、ワタシが何かにビックリするだけでいっしょに飛び上がります(笑)
先代は、ワタシがドキドキすると、自分で押入れを開けて、入ろうとしました。
いっしょに隠れようと言ってたみたい。
なぜうちの子はこんなにもビビリンチョなのでしょう?
隊長のようなたくましさは、はなからないのじゃ。
飼い主に似たのかにゃー?
ってことは乳母様は実はかなりたくましいのね(笑)

| anemone | 2010/07/15 23:28 | URL | ≫ EDIT

ええ~怪我はしなかったかしら?!
後で思いがけない所が痛かったリ、痣になったりするから
気を付けてくださいね!
って、こないだスッ転んだ私が言っても説得力が(笑)
でも転んだ直後はごろ太君に集中してるけど、痛みは後から
来るんですよね......

今回途中で止まって薄皮饅頭さんの様子を伺ってたのは
先に行き過ぎて寂しくなったからじゃなかったのね。
大丈夫かな?って心配してるみたい。
優しい子だな~
でも追いかけっこは止められない(笑)
ぼっちゃん、加減してあげて~

| mogu07 | 2010/07/15 23:29 | URL | ≫ EDIT

のぼりで!
でも、くだりで転ぶよりはダメージが若干ですが
少なそう、くだりだと下手すると頭から落ちそうで...
いやあ、これ普通はよっぽどでないと転びますよ。
いままで大丈夫だったのがすごい。
というより薄皮さんはもともと、
ごろたくんと連日散歩してるから、運動は足りてるけど
私はひっぱる猫もいないのに一人で転がりそうだ...(笑)。
あとでぐきっとかきてませんか?
私はなにやら腰が痛いここ数日なのであります。あーもう。

ごろたくんの心配、ああやさしい、
心にしみますね。
まえにいたワンコは散歩ハイのあまり、
私が転ぼうと引きずって拷問のように進んだなあ(遠い目)。

ちらっと振り返るごろたくんに余裕の表情。
大人だなあ。子供なんだけど。(どっちやねん)

| めんまねえちゃん | 2010/07/16 00:37 | URL |

ひゃー、家元、大丈夫っすかー?
一段抜かしで訳がわからなくなるっつーのもアレですが、
隊長に上から目線で「ヘーキ?」とか言われるのも屈辱的ですよねー。
それにしても、さっさと逃げられなくって良かったわね。
もしこれでそのままダッシュでもされたら一生立ち直れないところだったもんね。
うちは、そのままダッシュして行きそうな気がするが…
私が最後に転んだのは家の中で、私を無視して大ダッシュしてきたズッピーを
避けようとして派手に転んだのであった。
あ、勿論ド無視されましたけど…

| ズッコのマミィ | 2010/07/16 01:06 | URL | ≫ EDIT

凄く分ります。

私はまだ元気との散歩で転んだ事は無いけれど、
道路を横断する時に、歩道との境のブロックや
花壇や木が植わってる箇所を、通り抜けます。
その時、転んだら?リードを離したらと・・・
最悪の事態を考えますね。
まぁ全然考えないより、そう思っているほうが
対処出来るのかも知れませんが。

確かに、散歩中は結構こちらの方を猫が意識していますね。
家の中との違いに、びっくりする事があります。
私は外で一緒に居る時の方が、好きかも・・・・・
ごろ太君と違って、家の中だと他の子達が居るから
やはり意識しているのでしょうね。
猫ってやっぱり面白いです。

| 元気猫 | 2010/07/16 01:46 | URL | ≫ EDIT

お久しぶりになりました~。
坊ちゃんは、隊員さんを気にして振り返っていたのですね。やさしいじゃあないですか。
ネコって最高速度何キロくらいで走るんでしょうね。
本気出されたら私も絶対にかないません!
私が散歩とかしたら、普通にリードとかが足に絡まってこけそう…。

ヌレ坊ちゃん、好きです~!
かわいい~!ヘッダの写真でもヌレ坊ちゃんのが一番気に入ってるんです。
ひょろり~んとなってかわいいんですよね。
本にゃんには迷惑な話かもしれませんが…。
うち、2にゃんとも1年に一回洗うか洗わないかなので…。特に小虎は洗ってストレスになると心臓に良くない、と思って。それに小虎を洗うともう大仕事で。写真なんて全然取れませんよ。二人係の大仕事ですから。
暑いうちに一回洗おうかなあ~とも思うんですけどねえ。またふかふかの小虎に触りたいなあと思うと。
美梅もうんちょまみれになったときとかしか洗わないんですよね。
こうしてみると坊ちゃんはほんとに偉いです!

| Kotora | 2010/07/16 05:35 | URL |

下りじゃなくてよかったです。
大丈夫でしょうか?
お一人ならかばえた打撲も、きっと倒れながらもゴロ太ちゃんの事を
頭にかすめながらだったのではないでしょうか。
ゴロ太ちゃんも危険を察知したのでしょう。
よかったねゴロ太ちゃん、隊員がおきあがってくれて^^
優しいねゴロ太ちゃん。
どうかこれからもおきをつけくださいませ。

| だっちゅ | 2010/07/16 08:54 | URL |

あらら、大丈夫ですか~??
坊ちゃんとの階段競争も大変そうですね。
上りで転ぶのも痛いけど、下りじゃなくて良かったですね。
それにしてもごろ太くん、様子を見にきてくれるなんて
なんて優しいんでしょう~!
綺麗な夕日の写真ですね。
かき氷でも食べて、こんな空を眺めたい気分です。

| Queen Sasha | 2010/07/16 09:21 | URL | ≫ EDIT

薄皮饅頭さん、ついに転ぶなり、ですか。気をつけてくださいね。
ごろ太君は、そんな姿を見て「ボクの勝ちぃ」と思っているのかな!?イヒヒ。
でも振り返って確認したり、様子を見にくるあたり、隊長として責任感がありますね。それにしても、きれいな夕焼け空ですね。

| myaumyau | 2010/07/16 10:56 | URL |

あらまぁ、ついた手は大丈夫?
子どもの頃転ぶより、大人になってから転ぶ方がひどいことになりますよね~

あぁぁ、ハワイに行ってた時、駐車場で左手の中にカメラを持ったまま、
びったーんと転んだことを思い出しました(´・ω・`)
カメラもコンクリートにレンズ側から打ちつけたし、
(マッタク壊れなかった!)
カメラを手のひらに持ったまま手を付いたので、
カメラの形にひねったような感じに…
もちろん薄着だったから、肩までひどい擦り剝きでしたよ(´・ω・`)

坊ちゃん、学習したんですねぇ~
そりゃー隊員の様子を見るのも隊長の役目ですしね。
というか、やっぱり坊ちゃんの方が饅頭さんより上に居るような気がした!

| リヴ | 2010/07/16 15:35 | URL | ≫ EDIT

(moguさんのコメントの痣を痔と読んでしまった・・・)

尻尾を高々と掲げてバビューンと走る隊長の写真を撮る余裕があれば、まだまだ大丈夫です。 
その時も自分の足元より、ごろ太君に気を引かれていたのでは。 
私なら逆に思いっきりリードを引いて、隊長を落としてしまうかも。 
ごろ太君、偉いねえ。
町内の安全は、まず身内の安全からだものね。

| REI | 2010/07/16 17:54 | URL | ≫ EDIT

転んだ乳母様を心配し、様子を見に引き返して来た隊長。。
な~んて優しいんでしょう・・(もらい泣き!)

でもよくよく考えてみたら・・・
乳母様に何かあれば、隊長のお散歩は取りやめに。。
そんなことになったら一大事~!!と思ったか??^^;

でもどんな理由にせよ、やっぱり坊ちゃんって優しいな(*^^)v

乳母様、くれぐれもお気をつけあそばせ~!!

| woobee | 2010/07/16 18:19 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://56g.blog40.fc2.com/tb.php/472-019f466f

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。