ごろ太三昧

(雑種猫ごろ太の乳母日傘な日々)

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

睥睨嬉しや猫隊長


「後方、ヨーシッ!」


「いざ越境デスッ」


「むむむ・・・」


「ココは嫌いみたいだから」


「反対側に渡ってと」


「もうチョット行こうカナ」


「やっぱり本日はここまで!」


「ダッシュで帰ったりしないモン!」


「む!このサラダは・・・」


「おいしくなさそうデス」


「ア、チョット待て」


・・・隊長ーっ!




慢心顔で余裕見せつけわざわざ休憩隊長。
日陰の休憩済ませるとここでゆかねば男が廃ると気合い充分隊長。常より少し念入りに後方確認した後で最初の角を右に折れシッポ掲げてご行軍。
知らない家の立ち並ぶ路地を半分行った頃、シッポの旗竿下がりかけたが気を取り直して30歩。まだまだ先に勧めるが本日此処で終了と、もと来たほうへ向きを変えても逃げ帰るのではないのだとサラダバーまでご検分。最初に折れた角まで戻ると小さな日陰に横たわり、慢心顔の隊長は余裕見せつけご休憩

またかとお伴が呟けばそれじゃ行くぞと立ち上がり、無事に越境遂げたぞと国境際の西階段から自分の町内見下ろせば殊更うれしや懐かしや。


休憩終了!」


「今日のボクはチョット違う!」


「ココはボクの玉座だモン!」




隊長、ついに越境達成!・・・昨日からの続き(笑)





【蛇足的考察】
ごろ太と散歩を始めて1年と4ヶ月。なんといってもお偉い隊長だからして、その日どこを歩くかということは常に彼に決めていただいている。
何故散歩を始めたかなどの経緯はまたいずれお話するとして、散歩を始めた当初、自分で行きたがっておいてごろ太の歩行距離はなんと玄関から数メートル。それも数メートル先から猛ダッシュで玄関に戻るという繰り返しだった(笑)。
がそれで満足なのであれば別にこちらは構わない(ワタシは猫の散歩なぞしたくなかったのだ!)ので、好きにしなさい、と、それでも翌日また出たいと言えばハイハイと、ハーネスとリードを着けては玄関のドアを出るうちに段々と歩行距離が延びていったのである。

そのコースのできてゆく様子も大変面白いのだが、それもまたいずれ(笑)。
散歩コースの地図をこしらえているので、その地図と照らし合わせてご紹介するほうがおそらくより面白いので。

とにかく、ものすごく端折って説明すると

  ● 猫は安心できるある地点から直線にして50メートルくらいまで歩くと引き返す。
  ● 手前に曲がり角がある場合、始めは曲がり角で引き返す。
  ● 少し慣れてくると、最初の曲がり角を必ず曲がり、やはり50メートル程度で引き返す。
  ● 引き返すときは必ず元来た道を戻る。
  ● ある地点で何本かの道が交差している場合、1本ずつ攻略してゆく。
  ● なので、なわばりは放射状に拡大されてゆく。
  ● 放射状に拡大した道どうしが先でつながっている場合、いずれぐるりと回る。
  ● 毎日巡回するコースが決まって来ると、次はその最果てがスタート地点になり、
  ● そこからまた放射状に50メートルずつ攻略してゆく。

これがおそらくなわばりの拡張の猫的方法なのではなかろうか。
猫にとっての領土(なわばり)には安心してくつろいでいられる安全地帯や、くつろげはしないがときどき点検しておきたい領域、冒険気分でたまに思い切って遠征する非武装地帯など、いくつか種類があるらしい。
西階段の天辺付近の路上は寝そべってそこそこくつろげる場所に加えられつつあるようだけれど、この道は今のところときどき点検したい領域、ということになるのだろう。

ちなみにごろ太がほぼ1日に1度は巡回する基本コースは、アパートのある1ブロック分。距離にして160~180メートル程度。このコースが定まるまでおよそ2ヶ月ほどかかった。
今回登場した西階段は去年の今頃から臨時コースに加わった。天辺まで上がる日と上がらぬ日があるが少なくとも週に一度くらいの頻度で上り下りしている。
そして国境越えた隊長が「本日はここまで!」と決めて引き返した地点は、階段の天辺からやっぱり50メートルくらいなのである(笑)。

猫が歩数などで距離を測っているということはないとは思うが、猫がトップスピードで走れる距離はおそらく50メートルくらいで、いつでもひとつ手前の安全地帯(この場合は階段の天辺)まで駆け戻るために基準になっているのではないか?そして周囲の音に常に気を配っている様子を見ると、ひとつ手前の安全地帯までの様子を耳で確認できる距離が50メートル程度なのではないか?!などと、お伴は密かに考えている。
(ああ、いよいよ散歩地図をこしらえないと!)

ところで、ごろ太が今回の道に挑戦し始めたのは去年の晩秋頃から。コースの拡張は春や秋の陽気のいい季節に開始される。真冬の間は休んで、春先から再び挑戦が始まり、やっと写真が撮れるくらい落ち着いて歩けるようになったという次第である。
つまり彼の挑戦はまだまだ続いていて、この道を撮影できた時点で更に50メートル先(あるいは別の道)まで足を延ばしているということ。どこまで挑戦が続くのかも楽しみである。





【お詫び】
現在、コメントへのお返事はできる範囲でですが翌日の記事の最後でしています。
コメントのお返しもできたりできなかったり、できなかったりしてます(^^;)。
それでも、とコメントくださる方、嬉しくありがたく拝読させて頂きます。

 人気ブログランキングへ にほんブログ村 猫ブログ 猫 お出かけ・お散歩へ



*グーズベリーはやっぱりジャムなのかな。食べかたのアドバイスをありがとう!
  鶏肉と合わせる!むむ、そういうハイカラな料理が作れるかどうかが問題(笑)。焼き鳥じゃダメ?

  隊長ついに悲願の越境達成!充実感で歯茎も良くなるか?!
  夏のアスファルトは火傷しそうなくらい熱くなるし、身体の小さな動物ほど地面に近いから熱気を
  モロに受けます。まぁ、これからの季節真昼間に散歩したがる猫(もちろん犬も)はいないけれど、
  熱中症になったりするので気をつけないとですね。
  ちなみに写真がずいぶん明るく撮れていますが時刻は午後5時くらい。日が長くなりましたねぇ!



  昨日の記事のコメントへの個別のお返事はお休みです。ゴメンナサイ!

スポンサーサイト

| 散歩猫 | 21:00 | comments:13 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

あー、ぷりけつ!とにこにこ保存して、
危うくコメント書くのを忘れてしまうところでした。
危ない危ない。

猫が好きじゃないところはごろたくん本人にも
わかりますか?
50メートルかあ。あ、だからこないだの
さくらちゃんのときも50メートルっておっしゃってたのね!!
なるほどー。うちはどうだったかな。
前の猫が二桁脱走したけど、なにしろ一緒じゃないもんで、
どの距離ずつなのかが不明。
でもかなり遠くまでいったことも。
推測ですが、よくボスとかとも喧嘩してたので
(100%まけ)オスの場合で、相手がボスでも
飼い猫であほだからか?無謀なのか?猫ルールを知らない?
で、喧嘩を挑むと追い立てられて思いも由らぬ距離、
家から離れていってしまうらしい...
うちがわからなくなったときもあり、あとは隣まで戻れても
けっして家にまでは戻ったことがなかった...
しかもさくらちゃんみたいに「ニャー」ってこっちに...
なんてことも一度たりともなく、外に出ると
私などの顔がもうすっとんでよくわからなくなるらしい。
犬との喧嘩に割って入って大怪我したこともあるしー。
って私も学習してない。(笑)

ごろたくんは、いつも薄皮さんと一緒で、
絶対的に外でも信頼してるんでしょうね。
てんぱっても、ちゃんと薄皮さんだって認識してる。
そこが偉いんですよねー。
びびりーでもうなにがなにやらーってなってた
前の猫に聞かせたいわ。
めんまは...おそろしくて散歩できない。

けっこう日が長くなりましたね。
7時くらいでも案外明るかったです、今日。
薄皮さんも熱中症にならぬようにしてください。

| めんまねえちゃん | 2010/07/05 02:16 | URL |

猫嫌いさんちのガードはすごいわ。
ペットボトルに、とげとげにネット…
ま、そういうところには寄り付かないに限る、ですね。
リードをつけて猫縄張りの研究って言うのはなかなか面白いですよ。
こんど、論文を猫なわばり国際会議でぜひ発表してくださいね。
前に猫の行動の本を読んで、縄張りのことがかいてあったなぁ。
オスは当然メスより縄張りが広くって(自由に外にいける猫)、数匹の猫の縄張りの交差の仕方とか…興味深かったわ。
た、隊長…帰宅前にしばしの休憩。
日が長くなったから、コレくらいの道草はいいのかな?

| ズッコのマミィ | 2010/07/05 03:39 | URL | ≫ EDIT

ふむふむ。
ほんとにネコ散歩は気長~になんですねえ…。
私達、小虎を散歩させたとき、かなり功をあせりすぎたかも!小虎ったら全然前に進まないんで…。一生懸命松ボックリを転がしてみたりして、進ませようとしちゃったんですよね。小虎にしてみたらうざかったかも!?

犬の散歩の仕方、なんて本はたくさんあるでしょうが…。愛猫と散歩、って本、ないんじゃないでしょうか?愛猫散歩指南の本、ほしいな~。

ペットボトルの家は、ああ猫嫌いなんだな、と一目瞭然で分かるところが便利ですよね…。それ以外になんの意味があるんだか…わかりませんが…。

ごろ太坊ちゃん尻尾旗たてて。今日もいざ行かん!
かっこいいなあ~。


あのぅ~K出されるときはくれぐれも…前置きしてくださると大変うれしいです…。

| Kotora | 2010/07/05 06:30 | URL |

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

| | 2010/07/05 07:10 | |

ごろ太君のぷりけつ、いただきましたっ!
悲願の越境達成、おめでとうございます。充実感で歯茎もよくなってぇ~。
これからもますます距離を伸ばしてくださいね、隊長!

| myaumyau | 2010/07/05 12:14 | URL |

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

| | 2010/07/05 13:23 | |

ほぅほぅ、そんな風にして縄張りを広げて行くのかぁ~
興味深いですね。
放射状に伸びてる道がつながっていた場合にぐるりと回ったとして、
最後には元の場所に戻ってきたって分かるのかしら?
同じ道を引き返すっていう様子とも合わせて、興味深い(゜Д゜)!

日が伸びてくると得した気分になりますよね~
会社帰りにも写真が撮れるっ!

| リヴ | 2010/07/05 16:11 | URL | ≫ EDIT

めんまねえさん
おお、もっといいぷりけつ写真を撮らねば(笑)。
コメント、とってもうれしいけれどワタシも残せないことが多いし
お忙しいときは無理なさらないでくださいね。

うーん、猫を好きじゃない家というのはたぶんごろ太には
わからないはず。なのであの部分はフィクションです。ふふふ。
ただ、やたらに猫除け対策をしているお宅というのは、実は猫が
好んで寄り付きやすいお宅なのかもしれない、と思うことはある!
ちょっと入り組んでて隠れる場所があったり、
風の通り道だったり、
ひなたぼっこにいい場所があったり、
他の場所に通じる猫用抜け道になっていたり・・・などなど。
散歩をしていると猫にとって気になる家というのはあるみたいです。

なわばり拡張に関する50メートルは観察によるものなんだけど、
迷子の50メートルはね、
ごろ太が迷子になったとき『猫探偵』に教えてもらったのです!
いろんな評判のある方だけど、
ちょうど依頼が入ってしまっていて答えても一銭にもならないのに、
電話で問い合わせたら1時間以上、迷子の捜しかたを教えてくれたの。
捜しかたも、猫という動物の性質もよく解かっていて、
彼のアドバイスがなかったら今の生活はないかも、というくらいに
感謝しているのです。
外を歩いたことのない猫は失踪地点から半径50メートル以内に
必ずいるのだそうで、実際ごろ太もそうでした。
捜しかたについてはとても勉強になったので、きちんとまとめて
記事にしたいしたいと思いつつも・・・
できればハッピーな楽しい話をしたいなぁと思うと、ついつい
後回しになってしまっています。
ねえさんとこの先代さんは度胸が据わってて、脱走を繰り返すうち
外を歩き慣れちゃったんですね。(ウチの先代もそうでした)
ケンカっ早いのはなわばり意識が強い証拠かも。(コレもそうでした)

ごろ太は迷子になったとき余程心細かったみたいです。
そして無事に捜し当てたことで、ワタシへの信頼が増したというか
カーチャンだ!という気持ちが強くなったみたい(笑)。
散歩も、ひとりでは行きたくないらしいんですよ。
エライと言えばエライんだけど猫としてはどうなんだろう?ははは。

夏至も過ぎたしもう夏だものね。
遅くなっても明るいことは悪くないけど、これからしばらく
暑い日が続くと思うとちょっとつらいなぁ。
いや、寒いのだってつらいんだけど(^^;)。
しがない猫の乳母の身体までご心配いただいて感激です。ふふふ。



ズッコのマミィさん
うひひ、このガードきっとウケると思って載せました。
ペットボトルは無駄だけどあのトゲトゲは踏むのちょっとイヤかもね。
めんまねえさんへのお返事にも書いたけど、
やたらに猫除け対策をしているお宅というのは、実は猫のほうは
好んで寄り付きやすいお宅なのかもしれない、と思うことがあります。
ちょっと入り組んでて隠れる場所があったり、
風の通り道だったり、
ひなたぼっこにいい場所があったり、
他の場所に通じる猫用抜け道になっていたり・・・などなど。
散歩をしていると猫にとって気になる家というのはあるみたいです。
それが猫嫌いなヒトの家だとお互いやりづらいよねぇ(^^;)。

猫なわばり国際会議、次回はどこの国で開催だっけ(笑)?!
論文まとめておかなきゃー(無理)。

隊長、越境地帯に慣れてくれたのはいいけどくつろぎ過ぎだよね。
ひょっとしてただお伴に余裕を見せつけたい為の芝居だったりしてー。



Kotora さん
そうそう、たとえば猫が玄関のドアの外に座ってしばらく外を眺めて
気が済むのならそれでもいいんです。
たぶん慣れないうちは外が怖いパターンが多いから、何か転がしたり
して興味を惹こうとしても、猫は緊張で気づかないと思う。
(いや気づきはするけどそこに集中できないというか)
外に出ると家の中と違うたくさんのニオイや音がして、
そこが猫の好奇心をくすぐるわけなんだけど恐怖でもあるみたいです。
でも、慣れてくればいつか歩きたくなるのが猫という生き物!
以前キャリーで少しずつ馴らすといいよーと言ったのも
そういう理由からなんですよね。

猫の散歩指南か・・・。
散歩のやりかた、何度か記事にしていこうかと思ったのですが、
外に出れば危険なこともあるわけで、
出ないほうがよかった、ということになったらイカンなぁなんて
思いあぐねて悶絶のまま今日に至ります(笑)。

『K』のときは前置きですね。ぷぷぷ、名前もイヤなんですねぇ。
あんまりイヤがると面白がって予告ナシに出すかもよ~!うひひ。



鍵コメント(07:10)さん
テキトー考察、楽しんでいただけてうれしいです(^^)!
犬のようにスタスタとこちらの言うコースを歩いてくれない猫との
散歩は1時間のうちの40分は待ち時間だったりしてヒマなので、
ああいうことをあーでもないこーでもないと考えてます(笑)。
自分が面白い!と思ってもひとりよがりかなぁなんて考えていたの
ですが、興味を持ってくださるだけでもうれしい。

いつもありがとうございます。
こちらは読み逃げばかりなのに、こうしてお声をかけていただいて
お心遣い、とても励みになっております。
しがない猫の乳母の身体までご心配いただいて感激です。ふふふ。



myaumyau さん
ぷりけつ!もっといいけつを撮らねばっ。わはは。
ホント、歯茎よくなってぇ~!それがワタシの悲願です。
しかしなかなか成就とはイカンのでしょうねぇ(^^;)。
距離、どのくらいまで延びるのか非常に興味深いですよね。



鍵コメント(13:23)さん
ワタシも時々しらふでソレやってガックリきます(TT)。
地図、作ってみようと思うと案外とむずかしいものなんですね。
あんまりリアルだとアレだし(笑)。
とにかくいろいろ楽しみだなぁ(^^)!
そちらでまたお返事しますね。間に合うように(^^;)。



リヴさん
放射状の伸び具合にもよるんだけど、そもそも先でつながっている
んじゃないかとある程度解かって歩いている気がします。
猫の頭の中の地図がどうできているのかはナゾですが、
土地勘のようなものはニンゲンよりずっと優れているみたい。
つながっているのは解かっているんだけど、つないでいる部分に
初めて足を踏み入れることはスゴイ挑戦らしい。ふふふ。
で、やっぱりつながっていた!と解かると結構有頂天になりますよ。
そういうの見てると、案外計画的に行動しているんだなって思う。

会社帰りにデジイチ持ってうろうろしてるリブさん、アヤシイッ!
チップスターの筒を持っている時点でオカシイヒト認定(笑)。

| 薄皮饅頭 | 2010/07/05 17:00 | URL |

お散歩マップですか?

面白そうですねぇ~
私もチャレンジしてみようかな?

簡単コメで失礼します♪

| 元気猫 | 2010/07/05 17:45 | URL | ≫ EDIT

なるほど…とても勉強になりました。
猫のテリトリーというものは、人間が想像しているよりも
案外ずいぶんと広い…というのはわかっていても、
先日相方がかなり遠い所でサンに会ったと
聞いた時には喧嘩になりました。(笑)
そんな遠くまで行っているのか?と。
しかもセカンドハウス疑惑まで。(笑)
お散歩マップ、楽しみにしています~

| ライアー* | 2010/07/05 17:59 | URL |

私も猫避けが気になりました。
凄い! そこまで嫌い? 庭の被害?
まあ、諍いを避ける防御=専守防衛ですね。
その次のゴミに被せるネットみたいのを、扉下に付けてるのも同じおうちなんでしょうか?
猫嫌いが多い地域? 野良猫が多いのかな。

猫のテリトリーが、50mづつ放射状に延びるってのも面白いですね。
トムを探す時に検索したら、外国の研究で縄張り2km説がありました。 うちの猫では500m以下までしか把握できてませんでした。
直ぐ横に大きな道路が出来てから、猫達の行動範囲はそこで切れたと思っていたのですが、夜中に渡ってました。
野生動物だと道路で生活圏が分断されてしまうというけれど、
人と生活している猫達はけっこうしたたかって事かな。

ごろ太君、どこまで強かに縄張りを広げるのかな。
尻尾を掲げて道路に長い影を移して、ズンズン行け行け!

| REI | 2010/07/05 20:31 | URL | ≫ EDIT

むふ~むふ~( ̄‥ ̄)
ごろ太君のぷりケツに
思わず鼻息が荒くなってしまた変態です( ̄m ̄*)

うんうんいつもごろ太君キラキラしてるけど
今日のごろ太君は格別輝いてるよ(≧∇≦)
日々お散歩コースを広げているごろ太君
お散歩コースが延びると同時に
ごろ太君も成長しているって感じですね(^ω^)

| Aたん | 2010/07/05 20:54 | URL |

元気猫さん
おお、ぜひぜひ!
なわばりをどうやって広げるか、猫によってどのくらいの
個体差があるか知りたいもん!
元気くんのほうが初めてのところでも余裕があるように
ワタシは感じています。大物(笑)?!
こちらこそコメントまでなかなか残せなくてゴメンナサイ。



ライアー*さん
ごろ太には猫らしくないトコが多いし、1匹だけの行動を
追っただけでは実際なんとも言えないんですけどね(^^;)。
なわばりの範囲はその地域の猫の数によって相対的に変化する
らしくて、雄は雌の倍の広さのなわばりを持つそうですよ。
男子の場合、ケンカして追いかけたり追いかけられたりするうち
思いのほか遠くへ行ってしまうこともあるみたいです。
ライアー*さんが相方さんとケンカになってしまった理由も
サンくんの猫同士のケンカだったりして(笑)。
セカンドハウス!!
誰かが可愛がってくれていたらウレシイけど妬けますねぇ!

ちなみにごろ太がかならずぐるりと回る定番コースは
だいたいウチから半径50メートル以内。
これまででいちばん遠くまで行ったときの距離は、玄関から
およそ250メートルくらいでした。
散歩地図、がんばってみまーす。



REIさん
うはは!やっぱり猫避けに反応しちゃいましたね。
あのお宅、庭というほどの庭はないんですけどね。
ガレージの門扉の下にネットを付けているのは別のお宅だけど、
80メートルほどの通りにそういう『対策』をしているお宅が3件。
多いほうかどうかはわからないけど・・・。
もうワンブロック向こうに10匹ほどの猫の集落(?)があるんです。
根城にしているお宅はあのチクチクをつけているお宅の真裏あたり。
なので通り道にされたりおトイレにされたりしているのかなぁ。
あそこまで防衛してると、なんだか清清しさまで感じますね。ははは。

50メートルという距離に個体差があるのか、
あるいは住宅街の路地がそのくらいの長さのものが多いからなのか、
ちょっと1匹(それも猫らしさの足りぬ)の猫の観察だけでは
なんとも言えないのかもしれないけれど、面白いですよね。
その地域の猫の数によってなわばりの範囲は相対的に変わるそうで、
外国の農場があるような田舎では猫のなわばりはかなり広くなりそう。
都市部の野良猫が多いようなところでは1匹あたりの範囲は
ぐっと小さくなるのだそうです。ニンゲンの家と同じか(^^;)?

大きな車道を動物は基本的に渡らないけれど、
車の途切れる時間帯があると渡るみたいですよね。
母猫が車道渡りの名人だと仔猫も名人になるんだって。
迷子を捜すときに「ココは渡らない」という思い込みが外れることが
多いのだそうです。
ウチも、車道ではないけどココは渡ってないだろうと思う通りを
渡った側で発見したので反省しきり。

過保護な猫乳母としては、単独行動でない限りは
今後の隊長の行軍ぶりが楽しみですね。ふふふ。
どのあたりで打ち止めになるんだろう?



Aたんさん
ここにもぷりけつファンが(笑)!
ぜひめんまねえさんのところのぷりけつ特集をご覧あれ。
ハムスターやウサギのまで登場して身悶えすることマチガイなしよ。

身近な存在が成長してゆく姿を見るのってシヤワセですよね。
でも、もうひとつ面白いことがあるんです。
散歩に慣れて散歩コースが延びるほど、怖いものも増えるみたいなの。
怖いというか、より用心深くなっているように感じます。
なんかすっかり慣れてどでーんと構えそうなのに、
逆にビクビクしたりしているのって、解かるような解かんないような。
ま、いいんです。坊ちゃんが楽しければっ。ふふふ。
そういえばもうすぐ(明後日じゃん!)彼も3歳になるんだった!
Aたんさんのお陰で思い出したかも(^^;)。

| 薄皮饅頭 | 2010/07/05 21:00 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://56g.blog40.fc2.com/tb.php/460-eacae97d

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。