ごろ太三昧

(雑種猫ごろ太の乳母日傘な日々)

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

黒南風に口滑る


「やっぱり鬱陶しいねぇ」


「ついて来るんじゃないよ」


「さて、と」


「プリン姉さん・・・」


「やっぱりココが落ち着くねぇ」


「・・・プリン姉さんの」


「イケズッ!」




いつまで経ってもつれぬ女帝に思わず失言お坊ちゃん。
気の変わりやすい南風より先に心を切り替えて、やはり小僧は鬱陶しいと女帝はついと立ち上がり、ついて来るなと言い残し孤高の玉座に戻りゆく。
突如謁見終了に取り残された坊ちゃんは思わず悪態吐きにけり。上がってゆけぬと承知の上でこちらに向けたその背中、憎まれ口も跳ね除ける難攻不落のつれなさよ。

お天道様が目障りと、捻くれ者の黒南風が次の雨雲転がせば空が段々暗くなる。
肩を落とした坊ちゃんを過保護なお伴が抱き上げて、再度謁見願い出たれば玉座の上の女帝陛下は億劫そうに振り向いて、豪華な毛衣なびかせて馬鹿馬鹿しいと嘆息す。

もう一度謁見お願いできますでしょうか


「ホントにアンタたちって」



「つくづく阿呆らしいねぇ」




御意にござる・・・昨日からの続き(笑)





【蛇足的余談】
引っ張った割にいつもの消化不良的オチでスミマセーン。
難攻不落のプリンはいつもひとり。30メートルほど離れた大きなお屋敷の生まれなので、今でもそこで暮らすオリョを始め何匹かのたちとは血縁なのだが、オスメスに関わらず彼女はどのともつるまない。
2本ある立派な門柱の片方に近所のが座っていても追い払ったりはしないが、なかよくするということもない。自分ひとりで世界が完結する真の孤高の女帝らしい(笑)。

そんな彼女だが面白いことがひとつ。
ゴージャスな毛皮に隠れているがプリンは鈴つきの首輪をしている。この鈴の音を、なんとプリンもごろ太のように利用しているのだ!
散歩中に女帝の姿があっても、ごろ太は知らん顔をすることがある。他に気になるものがある(虫が飛んでいるなど)とか、今日は別にいいやとか、理由はいろいろなのであろうが、孤高の女帝は知らん顔をされるとそれはそれで面白くないらしいのだ。
プリン姉さんに関わると長いので、お伴はできればそのまま静かにしていていただきたいのだが、門柱の上で派手に首を振ったり掻いたりして、ごろ太が振り向くまであきらかに故意に鈴を鳴らす場面を何度となく目撃している。
しかし、ごろ太が嬉しそうに近寄ればやはり無愛想に背を向けて迷惑顔。
わざわざ注意を惹いて呼びつけておいてソッポを向く様子がいかにも女帝という感じがして「陛下も案外といやらしいところありますね」などと言ってみては、プリンにイヤーな顔をされているワタシなのである(笑)。

ちなみにプリンに指を差し出せば鼻をくっつけて挨拶していただけるのだが、それ以外にワタシが彼女に触れたことは一度もない。触られることをいかにも厭がりそうなプライドの高い彼女には、畏れ多くてとても撫でようという気にならないのである。
たぶん撫でようとしたら引っ掛かれるのではないかなぁという怖さもアリ(^^;)。
触れるも触らせないも、みーんな可愛いんだけどね!





【お詫び】
現在、コメントへのお返事はできる範囲でですが翌日の記事の最後でしています。
コメントのお返しもできたりできなかったり、できなかったりしてます(^^;)。
それでも、とコメントくださる方、嬉しくありがたく拝読させて頂きます。

 人気ブログランキングへ にほんブログ村 猫ブログ 猫 お出かけ・お散歩へ



*プリンは本当に威厳に満ちた猫。そんじょそこらの猫とは違うただならぬ空気を常に纏っています(笑)。
  飼い主の大家さんですらブラシなどとてもかけられないという彼女、撫でるなど畏れ多くてできません!
  でも、冬は毎晩大家さんのフトンで一緒に寝るという可愛らしい一面も持っているんですよ。
  10年以上ここに住んで、最近やっとアパートの住人だとプリンに認めてもらえたワタシ。
  坊ちゃんが認めてもらえるにはいったい何年かかるやら。・・・それまでここに住むのか(笑)?!


  昨日の記事のコメントへの個別のお返事はお休みです(^^;)。
スポンサーサイト

| プリン | 21:00 | comments:15 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

嫌よ嫌よも好きのうち…ってか?

こんばんはー☆
プリン姉さん、なんだかんだ言って、ゴロちゃんの事が好きなんでしょうね!
鈴の音で誘うと所が、なんとも人間界の女子と同じような手段で微笑ましいです(o^∀^o)。
いずれ鼻ちゅっちゅっとか出来たら嬉しいですが、それは夢のまた夢かな?!
頑張れゴロちゃん!!!p ( ^ ^ ) q

| ねぇや | 2010/06/22 21:18 | URL |

ごろ太君
大人の女を落とすのは
そう簡単な事じゃないのよ~ん( ̄ー ̄)

しかしながらプリン姉さんったら
わざわざ気付かせた上で
つれない態度をとるなんて
恋愛上級者的な香りが漂ってますなぁ( ̄ー ̄)

頑張れごろ太君
大人の女を落とせたら
正真正銘の真の男になれるぞ( ̄‥ ̄)b

| Aたん | 2010/06/22 21:46 | URL |

まだまだじゃの(笑)
乳母日傘のお坊ちゃんでは、到底女帝には太刀打ちできないわよね。

プリンさま、御髪をぜひ梳かしてさしあげたいわ・・・
ぼさぼさ(^^

| anemone | 2010/06/22 22:09 | URL | ≫ EDIT

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

| | 2010/06/22 22:56 | |

こんばんは~♪

プリン姉さんもっふもふで暑そう!
お風呂入れてブラッシングしてあげたいです~。

むっとしたごろたんも可愛い!!!

| アビmama | 2010/06/22 23:00 | URL | ≫ EDIT

プリン姉さん、やっぱり移動しちゃうのね.....
ついて行こうとするごろ太君を一睨みするのも忘れず....
抱き上げてもらったごろ太君のお顔「どうだ!」って感じだわ(笑)
でも姉さんには敵いませんな~

鈴を鳴らして気を惹くなんて!
なのに知らん顔するなんて(笑)
構われるのは嫌だけど、ムシされるのはもっと嫌なのね。
そのいやらしさが可愛いわ~
女帝も小悪魔だわ☆

| mogu07 | 2010/06/22 23:13 | URL | ≫ EDIT

へえ~プリンさんは今流行り?のツンデレでしょうか??
振り向くまで呼ぶけど呼ばれて返事をすれば無視って~。
つれないなあ~。
たまにいますよね、そういうタイプ。
こちらを気にしてくるけど、なでさせてくれないとか…。
まあでもそう、猫はどのタイプでもかわいいもんですよ!

| Kotora | 2010/06/23 01:36 | URL |

プリン姉さん、今日も迫力満点だけど、
このもさもさのヘアースタイルにいつも目が釘付けなのよ。
コレが一層ハクを出してるわよね~・・・
隊長なんてプリン姉さんと一緒に写ってると、ちびっこみたいだもんね。
って、乳母まで一緒になって見下げられてるしぃ~!!!

| ズッコのマミィ | 2010/06/23 02:09 | URL | ≫ EDIT

やっぱりプリン姉さんは高いところから
ごろ太くんを見下ろす状態にある方が落ち着くのかしら?
あらまっ、プリン姉さんったらそんなふうに駆け引きを???
まんまとそれに乗ってしまう坊ちゃんが
想像できてちょっとおかしいかも~?
しかしまぁ、本当に・・・
ブラッシングしたくなりますねぇ、姉さんの毛・・・

| sari | 2010/06/23 03:44 | URL | ≫ EDIT

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

| | 2010/06/23 04:27 | |

女帝ほどの威厳や風格はないけれど
我が家のプチ女帝も
寝る時は必ず布団の中に入って来ますよ
何よ!文句ある?・・の上から目線で(笑)
当然男どもは近づけず、足元でひれ伏すのみ

ごろ太君の関心がそがれると
ご機嫌ナナメになるところなんてお茶目~

| Slava | 2010/06/23 14:11 | URL | ≫ EDIT

私・・・・・

ファーミネーター持参で参りましょうか?
出張トリミングに・・・

雅香もそうですが、毛質が元気達と違うのですよ。
細くてほわほわ♪
抜け毛も多いし、ブラッシングしたいわぁ~!!!

ごろ太君、男は根性よ!
愛があれば何時の日か通じるわ♪
頑張れぇ~!!!

| 元気猫 | 2010/06/23 16:04 | URL | ≫ EDIT

プリン姉さんと坊ちゃん、なんだかんだで、お互い気にし合っているのですね~
あはは、それにしても乳母に抱きあげられて謁見の坊ちゃん。
確かに女帝様にはうっとおしく見えるかもしれませんね!

先日はおじの訃報にお悔やみの言葉をありがとうございました。
饅頭さんの言葉が心にしみたわ~(*T-T)

| リヴ | 2010/06/23 16:06 | URL | ≫ EDIT

おっ 玉座にお戻りあそばしましたね^^
やっぱり女帝は玉座がにあいますねぇ

プリン女帝、長毛が写真でみると、ブラッシング不足のような気がするんですが、そうでもないんでしょうか
猫に鈴、獲物に気づかれるから邪魔だと思っていたんですが、そういう積極的使い方もできるんですねぇ 粉をふる^^;

| tieta4u | 2010/06/23 17:17 | URL |

ねぇやさん
うひひ・・・たぶん、好きじゃないと思います(笑)。
坊ちゃんざんねーん。
でも、プリンが決めた境界の中に入ってさえ行かなければ黙認して
くれるからすっごいキライとかではない・・・と思う。
知らん顔してると鈴鳴らすのってスゴイいやらしいでしょー。
最初気のせいかと思ったけど、毎回そうなのです。ふふふ。
鼻チューできたらごろ太は昇天しちゃうかもね。



Aたんさん
プリンを落とせたら、もう落とせぬ猫はいないと言っても
過言ではないかも!
プリンも注目されなきゃされないで面白くないなんて、案外と
可愛いというかコドモっぽいとこあって可笑しいですよね(^^)。
他の猫のときどうなんだろうと気になってるんだけど、
なかなかそういう場面に出くわさないものです。



anemone さん
オシリの青いボーヤではまだまだじゃ(笑)!
たぶん一生まだまだなんでしょうねぇ。

プリンを見ると、ワタシはいつもシャンプーしたい衝動にかられます。
大家さんに言ったら、そんなオソロシイことゼッタイ無理だって(^^;)。
別嬪さんなのにねぇ。



鍵コメント(22:56)さん
むむ、そうだったのですね。了解です。
一度見てアレレ?!とたまげながら悶絶してました。わはは。
早く戻せるといいですねぇ。



アビmamaさん
そうでしょ!! ワタシも彼女見るたびにシャンプーしたい衝動に
かられます。せっかく美人なのにねぇ。
でも、大家さんがそんなオソロシイことゼッタイできないって(笑)。
いつも腰の低いごろ太だけど、ちょっとむっとしたみたいです。ふふ。



mogu07 さん
やっぱりダメみたいですよ~。坊ちゃんざんねーん!
でも、家に入っちゃうとかじゃなくて、こちらからも見えて、
ごろ太は行かれない(ワタシが門柱にのらせないことを彼女はたぶん
しっかり解かっているんだと思います)ところに
移動するところも、またまたいやらしいでしょー(笑)?!
オンナのいやらしさという気もするけれど、
実は意外にコドモっぽいとこあるんだなぁと可愛くなりましたよ。
猫は注目されるのが、実はみんな好きなんですよね。



ズッコのマミィさん
もさもさヘアー、ブラシ入れるのを拒むということは、
プリン的にもこのヘアーはトレードマークなのかもね!
ファラ・フォーセット風(笑)?!
彼女がいったいいつもどんなことを考えているのか知りたいです。
食べ物にもほとんど興味ないっていう話だし。
そして、なにゆえいつもワタシを見下げるのか訊いてみたいです。
エ?アホだから? あ、そっかー。うひひひ。



sari さん
見下ろしたい体質なのかなぁ(笑)?
わらわが上じゃ!と確認したくなるのかもね。ふふふ。
プリンの案外幼い駆け引きと、毎回それにホイホイのってしまう
記憶喪失体質のごろ太が可笑しいよね。
ブラシもそうだけど、ワタシはシャンプーしたくてたまらない・・・。
でも大家さんがオソロシがってましたよ~。



鍵コメント(04:27)さん
半分は天気(気圧が安定しない)のせいかも、という気もしてきた
けど、信号コワイです(笑)。



Slava さん
いやいや、Slava さんとこの女帝も威厳と風格ありありよ~(笑)。
上から目線の子がその目線のままで甘えてくると
なんとも言えずいとおしいですよね(^^)。
そのギャップがいいんですね。トクだなぁ。
プリンのいやらしさにも、それに通ずる可愛らしさを感じます。



元気猫さん
プリンに触る?!勇気有るなぁ!!
こないだ女帝がゴキゲンだった日、向こう向いている隙にそーっと
シッポに触れたら「何するのよ?!」という顔されました(笑)。
クワバラクワバラ・・・。
雅香さんもほわほわしてるもんね。
しかしお手入れがゆきとどいているからいつもキレイだよね!
そうか、気の強い雅香さんをお手入れしている元気猫さんなら、
プリンにブラシかけられるかも!
大家さんに伝えておくね。
怪我しても知ーらないっと。うひひ。



リヴさん
気にはしてくれているんでしょうね、理由はどうあれ(笑)。
そうそう、ウザイから門柱の上に退散したのにまた連れて来られて、
しかも抱っこされて完全に脱力したままマヌケ面で女帝を見る
坊ちゃんは、彼女から見ると阿呆みたいなんだろうなぁ(^^;)。
(ってワタシもか!)
ン? ワタシはごろ太の恋路を邪魔しているのか?!

なんか突然のことで動揺しちゃいました。
ワケのわからんこと言っちゃってごめんちゃい。



tieta4u さん
粉をふるにのけぞって大笑いしちゃった!
そうなんです。鈴なんて鳴らさずに歩こうと思えばいくらでもできる
みたいだけど、故意に鳴らす使いかたというのも、飼い猫は学習
していくみたいです。面白いよね。

ブラッシング、大家さんが「無理」と断言していたので
たぶんほとんどできないんだと思います(^^;)。
誰が猫の首に鈴をつけに行くか、じゃなくて
誰が女帝にブラシをかけるのかで、きっと家族会議とかしているんじゃ
ないかな(笑)。

| 薄皮饅頭 | 2010/06/23 18:25 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://56g.blog40.fc2.com/tb.php/448-30406185

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。