ごろ太三昧

(雑種猫ごろ太の乳母日傘な日々)

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

挽回狙う猫隊長-2


「コッチ!コッチデス!」


そっちはオリョの家ですよ


「コッチで正解だモン!」


「ホラ、みつけタッッ!」


あ、シローサン?


「待てッ!尋問が・・・」


「・・・エ?シローサンって?」


「紐っつーのはお前さんかい?」


「隊員、シローサンてダレ?」


あ、隊長!ヒコーキヒコーキ!




元締めに尋問受けて挽回できたか隊長。
情報味方に入管任務を成し遂げるぞと隊長は戻る坂道途中で折れて上る小路を急ぎ足。目指した先は麗しい女帝プリンの血族の、小路小町の名も高き鉢割れオリョの住むお城。

大きな門から覗き見てそれ見たことかと隊長。果たしてそこで出くわしたのはこの界隈を牛耳っている白い背中に杏ジャム垂らしたようなシローサン。
億劫そうに腰を上げ、コドモの遊びにゃ付き合えないと背中を向けたシローサン。何も知らない隊長は尋問するなら今しかないと塀のこちらで彼を追い、ふたりは低いフェンス越し。

旅券のことを切り出す前に、近頃巷にうろつくという紐付はお前かと先に相手に訊ねられしどろもどろの隊長。隊員だけが知っていたかとこちらを見遣るその顔に、隊員までもまごついたとき頭の上でジェット音。
猫が旅券を持たずとも、赤い灯火を閃かせ大きな鳥は飛んでゆく。

「エト、ちょっと旅券を・・・」




隊長名誉挽回?・・・昨日からの続き





【蛇足的補足と考察】
シローサンは急坂の下の駐車場あたりを根城にしているこの界隈の元締猫。用心深くてなかなか写真を撮らせてもらえない彼の、ピンボケながら貴重なショットである。
夕間暮れの青い光の中でやけに小さく可愛らしく写っているが、実際はかなりの大猫で、そしてとてもきたない(^^;)。ほとんど白い毛の中に薄茶虎の斑がちょんちょんと入った彼を、出会った頃はジャムさんと呼んでいた(食パンに杏ジャムをちょっと垂らしたようだったので)のだが、白い毛はもはや白とは呼べぬカビだらけの食パンを呈して来たのでシローサンに改名。敬意を表して敬称を忘れぬよう“ さん ”は名前に含まれている。

隊長はシローサンとのご対面はこれが初めてであったから、本当に電信柱に書かれた知らない猫の情報を読み取って追跡したのであれば、逆に尋問されてしまったとしてもそれなりに任務遂行できたのかも・・・と、隊長の名誉のために補足しておくことにする。
張り切りすぎた隊長は晩ゴハンも忘れて爆睡である(笑)。

ところで、よく 『動物は自分と他とを比べない』 と言うが、それはケースバイケースなのではないかなぁと思ったりする。知らない猫同士がバッタリ遭った折に、相手が自分より強そうかどうか考えて比べる力がなければ不要な争いがもっと起こるのではないだろうか?
顔見知りの猫同士が出くわした場合には、

  ● 弱い猫が強い猫に道や場所を譲る
  ● 弱い猫が先に居た場合には後から来た猫が譲る

など、流動的ではあるがある程度の社会的秩序が猫にも見られるけれど、
知らない猫同士の場合には、

  ● お互い黙ったまま様子を窺って
  ● どちらかが譲らないまま一定の時間が経過すると
  ● ヤアヤア我こそは!と大きな声で鳴き比べて

それでも勝負がつかないと取っ組み合いに及ぶらしい。一定の時間というのはかなり長くなることもしばしばなのだそう。つまり、黙ったまま様子を窺ったり鳴き比べたりしながらも、猫はお互いどちらが優位なのか比べたり判断したりしているのだよなぁと感心する。
(けど、確か猫の喧嘩は先に鳴いたら負けという説もありましたね)

とここまで書いて気づいたが、比べる比べないの話はそういうことではなくて 『他の猫の境遇と自分とを比べて羨ましがったりしない』 という意味だったっけ(^^;)。

まぁ、どうしてそんなことを考えたのかというと、外で他所の猫と遭遇した折にごろ太が勢いよく追いかける場合とそうでない場合があるから。
相手が雌猫だと近くに寄りたがるだけなので始めは雄猫を追いかけるのだろうと思っていたが、よくよく見ているとそういうワケでもなさそう。シローサンの場合にもそれ以上追わず諦めて自らその場を去ったので、元締猫の貫禄に恐れ入ったのかなぁと考えた次第。
しかし紐付猫の場合には後に連れたニンゲンの存在が厭で相手の猫が立ち去ってしまうパターンが多いから考察しようとしても無理があるのだけれど。
あ、もちろんシローサンも隊長も終始無言でした(笑)。

でも、猫は何を持ってしてお互いの優劣を判断しているのだろう?
今回の場合にはシローサンのほうがより高い位置にいたことも関係しているのかもしれないが、見た目で判断することもあるのだろうか?
もしもニオイで判断するのだとしたら、わざわざ情報収集してから元締猫を追跡した隊長は、猫として基本的なところが間違っていることになるのだが(笑)。





【お詫び】
現在、コメントへのお返事はできる範囲でですが翌日の記事の最後でしています。
コメントのお返しもできたりできなかったり、できなかったりしてます(^^;)。
それでも、とコメントくださる方、嬉しくありがたく拝読させて頂きます。

 人気ブログランキングへ にほんブログ村 猫ブログ 猫 お出かけ・お散歩へ



*電信柱に隠れたんじゃないの疑惑が続出した隊長の追跡捜査の結果はいかがでしたかー(笑)。
  結局不完全燃焼な感じで終わってしまった任務でしたが本猫はそれなりに充実したらしく爆睡!
  ま、アナタがそれでいいならお伴も満足です。
  あ!隊長の僅かな名誉のためにお断りしておきますが、隊長は電信柱で必死に情報収集したのだ。
  雉ノ介の気配に気づかないほど真剣に!決して隠れてたワケじゃないんですよ。いひひ。


  昨日の記事のコメントへの個別のお返事ありまーす。
スポンサーサイト

| 散歩猫 | 21:00 | comments:15 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

ぼっちゃんの散歩コース、ねこちゃんいっぱいいますね。
動物が他者と比べない・・・なんちゅうのは競争に疲れた人間の勝手な願望じゃなかろうか?
動物は他者との生存競争で生きてるんだから、
比べて力関係を読み取れなかったら生きてはいけないよーん。
ライオンだって、ハーレムのボスと自分とじゃ、どんなもんじゃろか?って、常に比べてないと、
いつ、群れのメスを奪ったらいいのかわかんないもん。
うっかり行ったら大怪我するんだから。
坊ちゃんだってちゃーんとわかってて行動してるんだよね~!?
プリン姉さんにうっかり近寄ったりしないもんね(^^
シローさん、かわいいじゃないの!

例の件、ありがとさんです。気長に・・・へへへ。

| anemone | 2010/06/11 21:32 | URL | ≫ EDIT

小鷹ちゃんたちがうちに来たときに、あら、この家ウチと比べて狭いわね、とか、あら、ここのご飯これだけ?とか思ってたらやだなあ~。もしかしたら小鷹ちゃん美梅にそういうこと言うからいつも嫌われるのかな~。むむむ。
ほんとは瞬時にこいつ強い、とかこいつ僕より下、とか判断するのでしょうね~。動物的カンで。大きさとか泣き方とかオス雌とか…。
ごろ太坊ちゃんは今日もしっかり任務をこなしてえらいですよ!


ほんとに日本の商品が広まってくれるといいんですけどね~。こちらであるキャットショートかでプロモーションすればいいのに…。といつも思います…。

| Kotora | 2010/06/11 21:34 | URL |

ランキングづけはゼッタイしますよね
チラッとみたりしながら、数時間ず~っと一緒にいて、どうやらランキングが決まったようで、たちさる・・・なーんというと、あの暗黙の中で、どうやってランキングが決まったのか、とても疑問です。
テレパシーで禅問答みたいなのをやってんでしょうかね?

| tieta4u | 2010/06/11 22:07 | URL |

ほほーう、シローサンはバン柄ですか?
家のバンチームと隊長が鉢合わせたらこんな感じなのかいな~??
なんて、にんまり…
なんか、煮え切らないパトロールでしたが本にゃんが満足していれば言うことないっす。
夢の中では胸張って「旅券を拝見ー!」って言ってるんだろうなぁ。

| ズッコのマミィ | 2010/06/11 22:55 | URL | ≫ EDIT

へえー、プリンさんの血族で小町猫がいるんですか。
そりゃまた...
でも、シローサンはなんか余裕ですね。(笑)
尋問慣れしてるのかしら。
一筋縄じゃいかないですね、隊長!!
紐猫のほうがややあやしいといえば、怪しい...!?

でも、フーシャーってなんないのがすごいなあ。
うちは、とにかく猫が怖いみたい。
自分も猫であるという自覚がナッシング、
しかたないかなあ、育ち方が...

| めんまねえちゃん | 2010/06/11 23:24 | URL |

ごろ太君は良く見かける雉ノ介君よりも、知らないシローサンの
気配の方が気になったのね~
尋問するのに夢中だったけど、我に返って薄皮饅頭さんがシローサン
と顔見知りだと知って呆然?嫉妬?(笑)
ヒコーキで誤摩化せたかしら?
夢の中で楽しそうに旅券拝借してそうだわ~

| mogu07 | 2010/06/12 01:10 | URL | ≫ EDIT

ごろ太君、夢の中でも任務中!?
遥か昔、猫同士のケンカに遭遇した私は、何を思ったか仲裁に入ったのだった。仲裁に入った私が両方の猫からこっぴどい目にあわされた。その時に着ていたGジャンが破けるほどだった。「動物は自分と他とを比べない」 「それはケースバイケース」どれもアリだと思うのですが、とにかく興奮している猫にはかなわない、というのを身をもって学んだ懐かしいお話です。

| myaumyau | 2010/06/12 02:06 | URL |

すんません、隊長。
あれはコントではなく、捜査の一環だったのですね~。笑
オリョさんは美猫さんだったのでシローサンもかな?
と思ったら・・・ん?違うの~???
いや、きたないだけか~?
犬の話ですがライオンのオシッコなど
自分より強いもののにおいはわかるらしいと
以前聞いたことがあるような・・・?
猫の場合はどうなんでしょうね。
あの電柱のニオイは・・・坊ちゃんのみぞ知る・・・

| sari | 2010/06/12 04:43 | URL | ≫ EDIT

ランク付け、ありますね~。
私もご近所猫さん達を観察してて、それでどの子が一番強いかがだいたい見えてきたので、それでその子は通称”ボス猫さん”となってます^^;
うちは、ネコチャン以外には遠慮してます。かなりシャーシャー怒られてるんで^^;
あっ、でも、ボス猫さんはあんまりシャーシャー言わない。その代わり、にらんでくると言おうか、太郎は彼を雰囲気で怖がってる感じ!
ネコチャンもたまに太郎に怒るけど、それは怖くないようです(笑)。

シローサンは、紐猫はごろ太くんしか見たことないようですね!^^
ごろ太くん、夢の中でもお仕事してるなんて、働き過ぎですよー(笑)!

| alpenkatze | 2010/06/12 06:05 | URL | ≫ EDIT

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

| | 2010/06/12 08:04 | |

分かります・・・

うちも散歩をしてる中で、
他の猫と出会う事があるので・・・

でも元気の場合、猫より犬の方が多いかも?
それと他の人間と出会う時も面白いです。

それぞれを記事にしていけると
後で見て、面白いかも?

| 元気猫 | 2010/06/12 14:23 | URL | ≫ EDIT

オリョさんからはチョッキ猫と言われ・・
シローサンからは紐猫か。。と言われ・・・
それでもわが道をゆく坊っちゃん!

女帝のプリン姐さん、オリョさん、そして元締めのシローサンと
坊っちゃんのパトロールコースにはお偉い先輩方ばかりいらっしゃるようで。。
そんな先輩猫さんたちには坊っちゃんのお散歩姿は摩訶不思議な光景であり、
「また、あの紐チョッキ小僧かぁ。。」とくらいにしか思われてないようですね~^^;
でもね・・
何事があろうとも平和を壊さずわが道をゆく坊っちゃんは賢い猫ちゃんであります!

でも・・・
晩ゴハンも忘れて爆睡したとは、この日はかなり神経使ったんでしょうね~。。

| woobee | 2010/06/12 15:09 | URL | ≫ EDIT

anemone さん
ウチの界隈、割合と猫が多いです。ええと、こういう言い方するのも
アレなんだけど、すぐ近くにちょっと節操のない餌のあげ方するヒトが
居て、なんとなーく集まってくるような気がします。
ボランティアさんが一生懸命通って説得してくれて、そこでゴハンを
貰っていると思われる猫は順番に避妊去勢されてはいるみたいだけど。
でもご近所さんが寛容なヒトばかりらしくて表立っては問題なし。
同じ町内でも実家付近はぐっと減りました・・・。理由は不明・・・。

そうだよね、ね!
少なくとも優劣においては他者と自分を比べるのは基本ですよね。
って、ただワタシがうっかりもともとの『比べない対象』を
履き違えて文章書き進めちゃっただけだったんだけど(^^;)。
境遇を比べて羨ましがったりしないというのは一理ありそうな
気がしています。
ごろ太が「なぜボクだけ紐付きじゃなきゃいけないんだ?!」と
怒らないところを見るとね(笑)。
お礼言うのはこちらのほうですよ~。楽しみにしてますね。



Kotora さん
小鷹ちゃんがそんな風に思ってたら確かにイヤかも~!うはは。
どうなんだろう?
たとえば、小虎くんが「美梅だけ撫でてもらってズルイ!」という
ような比べ方はしないのだという説があるんです。
ただ、自分は構ってもらえないということそのものに不安を感じて
ニンゲンから見るとヤキモチのような行動を取るのだとか。
そういえば、ごろ太の連れ合いに対するヤキモチとパソコンに対する
ヤキモチは同程度な気がします(笑)。
最近またちょっとヤバイんですよね。少しブログ休むかな。

で、小鷹ちゃんのように家と他所とを比べるっていうのはあるのかな?
飼い主さんの不在や違う場所だってことは解かるわけだけど、
ゴハンがいつものより好きとか嫌いとかはありそうですよね(^^;)。
野良猫たちも自分の好きなゴハンもらえる家に足繁く通う傾向が
あるみたいだもん。



tieta4u さん
新しい記事のほうでのまとめてのお返事(小さい緑の字)のところに
あれこれ書いちゃったのでここでは同じこと書かないけど、
テレパシー説をワタシは支持しまーす(笑)!
ホント、何時間でも向かい合ってることありますよね。
でもあれって、それだけの時間が必要なほど互角ってこと?!



ズッコのマミィさん
バン柄って書こうかどうか迷ったんですよー。
でもただの茶じゃなくてシマシマ入りだったから、それはチガウ!と
言われちゃうかも、と思ってやめました。ははは。
もしも鉢合わせたら・・・ズッピーは一緒に遊んでくれるだろうか?
ピッピ嬢は間違いなく怒ると思うな。隊長しつこいし(笑)。
なかなか紐猫にはフツーの猫のトモダチができないものですね。
不憫だけど寝顔が満足そうだから言うことないっす(^^;)。



めんまねえさん
小町猫、オリョっていう名前なんですよ~(ワタシが勝手に命名)。
ごろ太を見てオリョオリョ鳴いたのでオリョ。なかなか別嬪さんです。
いかにも怪しげな紐猫ごろ太を見ても、さすがシローサン!
元締猫らしくいちいち騒がない(笑)。
格上ですね。

フーシャーって威嚇でもあり恐怖のサインでもありですものね。
その声が出たときにそれ以上近づくと、弱虫の猫でも刺し違える
覚悟で向って来たりする・・・。
でも、最初っからフーシャー言ったりはしないのが基本形?
でもね、動物は自分と同じ種かそうでないか、育った環境に関わらず
ちゃんと解かるっていう説もありますよね。
めんまさんはなわばり意識がものすごい強い猫らしい猫だったりして。
・・・草食系だけど? ふふふ。



mogu07 さん
たぶん・・・(笑)。
電信柱にまだ見ぬシローサンのサインが残っていたので、追跡して
ついに遭遇した!・・・ということにしておいてあげましょう(^^;)。
まったく偶然だったりしてね。いひひ。
シローサン、ごろ太を見て立ち去りかけたけど、よくある弱い猫が
腰をひくーくしてソロリソロリするようなこともなく堂々。
たぶん面倒だと思われたんですね。はははは。
ごろ太もさすがにちょっと敵わないとわかったっぽいです。
しかし、道路にキチンと座ってヒトの顔見て訴えてるようじゃ
ごろ太は誰にも敵わないんじゃないかなぁと思ったことは内緒。
なんか本猫は充実したらしくて、この日は爆睡してくれましたよ。



myaumyau さん
猫のケンカに生身で仲裁に入ったmyaumyau さんはスゴイ!!
もう取っ組み合いになってるところを止めに入ったんですね。
猫たちもケンカ相手なのかmyaumyau さんなのかワケわかんないまま
コドモパンチ状態だったんでしょうねぇ(笑)。
しかし猫のコドモパンチを食らうと大怪我しちゃう。
Gジャンのお陰でmyaumyau さんは守られたのかな(^^;)。
先代猫が脱走した挙げ句野良猫とケンカをおっ始めようとしている
ところに遭遇して、これはウチの猫を守ってやらねばならん!と
「コラーッ!」と大声出したら、2匹の猫は去年と来年の方向に
ブッ飛んで逃げて行きました。先代猫、シツレイです。ふはは。



sari さん
でもホントはコントだったのかも(笑)。
入念な電信柱捜査でシローサンのサインを発見し、追跡して
見事に遭遇した!・・・ということにしておいてあげましょう(^^;)。
シローサンね、ワタシは結構好きなんだけど、
きちゃなくてブサイクなんです。ははは。
いっつも目をショボつかせたような顔してるんだけど元締。

犬がライオンのシッコ嗅いだときってどんな風に感じるんでしょうね。
恐怖とか感じるのだろうか。
そういえばごろ太も、散歩に出るなり空中のニオイをフンフンと
嗅ぎまくった挙げ句オロオロした顔で「今日はもういい」と言う日が
あります。あれは何のニオイなんだろう。



alpenkatze さん
近所に複数の猫が居て、それぞれを観察していると面白いですよね!
alpenkatze さんのとこのボス猫さんも威厳があるもんね。
太郎ちゃんが一目置いちゃうだけのことはある。
やっぱりなにか出ているんだろうか?オーラとか(笑)?!
ボスになる猫ってやっぱり身体のデカイのが多いけど、不思議と
ニンゲンにはやたら愛想よくってスリ寄ってくるような子もいますよね。
シローサンはそれはないけど、やっぱりどこか悠然としていて
道でばったり遭って目が合っても「ふーん」っていう顔するだけ。はは。
紐猫見てもさして驚かなかったところを見ると大物ですね。

ネコちゃんは太郎ちゃんにとってはきっと大好きな遊び友達ですよね。



元気猫さん
ウチは犬には向かって行こうとするし(柴犬だと逃げるし)、
他所のヒトはいちいち怖がる(これは躾で克服中だけど)しで、
こちらも緊張を強いられるのであんまり面白がってもいられない(^^;)。
前ほどじゃないけど突発的に何するかわからないので
おちおち写真も撮っていられないんですよね、むむむ。
猫だけが、唯一安心して(?)見ていられる相手かも。ははは。

記事にしないまでも記録しておくと、
後で猫がどんなふうに周りに馴れていくかわかって面白いですよ!
忘れないだろうと思ってても、時間が経つと案外忘れちゃうから、
ブログ始める前は行動記録のメモつけてましたもん(^^)。
元気くんとごろ太と、それぞれの行動パターンを比べて見ると
個性がより解かって面白いかもしれませんね(^^)。



woobee さん
一歩外に出たら、お坊ちゃん育ちのごろ太にとっては仔猫ですら
先輩ですもんねぇ。
でも実際どうなんだろう?
どの猫も相手にしてくれなくてちょっと切ない感じはありそうです。
不憫だなぁと思うけれど、コレばっかりは仕方がないし。
ま、温和なタイプだから助かってますけどね。
先代猫なんて他所の猫を見れば追っかけてってケンカ売ってたし(^^;)。
(なわばり意識のとても強い猫だったんです)

ゴハンを放置するのは実は日常茶飯事なのだ(笑)!ふはは。
でも、この日はねだるのを忘れたからおクタビレだったようです。

| 薄皮饅頭 | 2010/06/12 16:46 | URL |

シローサン追跡の後に爆睡したという事は、
本ニャンは凄い緊張してたのだろうか?
隊員を見上げてる顔はのん気そうなのだが。

紐付きで隊員付きでなくても、手術した猫は余り相手されないのかと思ってました。
まっとうな?猫から見れば、猫の様な形をした雄でも雌でも無い動物に見えるのかと。
先代もトムも放し飼いで喧嘩はしてたし、トムは同じく去勢手術された猫友がいたらしいですが、それって雄猫としてどうなのって感じでした。
猫としての優劣の比較対象になるのかなあ。

職場近辺のボス猫もシロです。
毎年流れ者が変わる中で、シロだけは4年くらい縄張りを張ってます。 狸姉妹はシロが大嫌い。 シロは手術されてるみたいなんですよ。 うん? 私の理論、破綻してますね。
いや、手術されてるから、優劣争い無く過ごしてるのかな?
訳が判ら無くなっちゃった。 悶絶しないうちに、思考停止!



| REI | 2010/06/12 19:41 | URL | ≫ EDIT

REIさん
ふふふ、どうなんでしょうね。
ただ、外に出てすごく活動的な日とそうじゃない日があるんです。
で、隊長が活動的な日っていうのはほかの猫にとってもそういう日
なのかなぁ? よく外猫さんに遭うんですよ。
この日もそういう日だったので、もしかしたらただ単にうろつき
回って疲れたのかもしれない。
でも、隊員には解からぬ猫同士のお気遣いや緊張があって疲れたの
かもしれないという説も捨て切れませんね。
顔には緊張感ないけどねぇ・・・(^^;)。

ワタシもREIさんのように、オトコでもオンナでもない猫は、
まっとうな(笑)猫からしたら気味の悪い存在かなぁと思ってた
けれど、プリンはモテモテだし違うみたい。
フェロモンだけじゃなく雄雌を感じるニオイがあるのかもね。
我が家の先代も去勢したのにケンカっ早いしなわばり意識は強いし
で大変でしたもん。

最近真白な猫や白の部分が多い猫をあまり見かけなくなりました。
ウチの界隈だけ?
白い猫はそもそも個体数が少ないのだろうと思うけれど、
やっぱり外の過酷な環境では消えていってしまうのだろうか・・・。
あるいは以前に増して外の環境が悪くなってきたのかもね。
ご近所のシロボスさん、去勢済み(笑)なんですね!
去勢済みの雄は雌に人気があると言う説もあるのよ。ふははは。

| 薄皮饅頭 | 2010/06/12 21:20 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://56g.blog40.fc2.com/tb.php/437-27d3fcb4

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。