ごろ太三昧

(雑種猫ごろ太の乳母日傘な日々)

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

厠お試し猫隊長


「むむむ?」                   「ナンダ?」

100609-2.jpg
坊ちゃんの新しいトイレです

100609-3.jpg
「コレ、ボクの・・・」 (いえ、ソレはスコップです)


大きな葛篭でやって来たの厠は如何哉。
花王さんご提供でニャンとも清潔トイレモニターのお話をいただいた。高い脱臭機能とリビングにあっても気にならないデザインが売りということで到着を楽しみに待っていた。
なぜなら、我が家のトイレ(と呼ぶのも憚られる物体)はまさに居間にあり、愛用中の紙はこれからの季節湿度でニオイが残りやすくなるから(が湿っぽく感じるのもありそう)。
ニオイはニンゲンには判らない程度なのだが、的にはなんだかスッキリしないようで特に梅雨どきにはトイレの前でもたもたする姿を見かけるのだ。

ニャンとも清潔トイレは専用の脱臭・抗菌チップとマット, トイレ本体をセットで使うシステムトイレ。大きな箱の中に一式入って、スコップもついて至れり尽せり。

100609-4.jpg

早速セッティング開始。本体の下側の箱には引き出せるトレイがついているので、そこに脱臭・抗菌マットをセット。
このマットには十文字の折り目(切れ目?)がついているのだが、これは捨てるときに小さくできるだけでなく、トイレの中の同じ場所でばかりシッコするの場合にそこだけを切り取って交換できるという利点もあるらしい。
マットは1センチほどの厚みがありダンボールのような色をしている(硬い)。
マットとチップの原料には針葉樹の木材が使われ、代わりの専用チップではなく、このマットがシッコを吸収、針葉樹のフィトンチッドが脱臭・抗菌する仕組みなのだとか。
このマットが白ければシッコの色で都度結構チェックできるのに・・・。
白くするにはコストがかかるのかもしれないが、白ならもっとヨシ!

100609-5.jpg

マットをセットしたら引出しを閉め、スノコ状のトレイをのせて専用チップを入れる。
???・・・このチップの量ってあまりに少なくないですか花王さん?2.5リットルの袋からザザーッと移すとチップの深さはわずかに2センチ程度。
実はこのチップは水分を全く吸収しないワケではないらしい。なのでチップが多いとどうしても乾きにくくなり、ふやけて汚れたりニオッたりしてしまうらしい。説明書によればチップは2~3センチの量で効果を発揮するのだという。
うむむむ・・・この時点で微かな不安が頭を横切る。なぜならごろ太は 
顔面ドリルの異名を持つ掘り魔。が少ない理由は彼には理解不能。
ま、何事も試さなければ判らないのでとにかくトイレ上部のカバーを取り付けて準備完了!
ちなみにこのトイレ、天井のあるドームタイプと天井ナシのオープンタイプがあり、それぞれアイボリーとブラウンの2色から選べる。
割合と大柄なごろ太は天井があると厭がりそうだったのでオープンのブラウンを選んだ。

100609-6.jpg
ところでこれまでごろ太が使っていたトイレはなんと作業用コンテナ(笑)!
深いと広さを望む彼にはフツーのトイレは小さく、粗相こそされなかったが1年近くトイレをギリギリまでガマンするという経過があったのだ。トイレを使わなかったり粗相をしなかったためにそうと判るまでずいぶんガマンさせてしまった。
スマンスマンと彼の要望を最優先した結果、色や形など選ぶ余地もなくコンテナに決定・・・。以来問題なく使ってくれているのだが、コレが居間の、しかもファンヒーターの真横にあるというのはどうなのだ?!しかし今更トイレを変えるというギャンブルはしたくないし、よくあるトイレのフチが内側に湾曲しているカタチをごろ太が厭がるのではないか、と乳母は内心ずっと悶絶してきたのである。

真新しいニャンとも清潔トイレを、今までコンテナトイレのあった位置に据えてみると、あーらステキ。見栄えの点で最早雲泥の差ではないか。

あとはごろ太が新しいトイレを受け入れてくれるかどうかにかかっている。彼は散歩の直後にトイレをするという習慣なので、散歩前にトイレを入れ替えてドサクサに紛れて使っていただこうという作戦を取ることに。
初日、散歩を終えてドアの開くのを待つ彼に「シッコしましょうね」と言って玄関を開ける。
リードから放たれた瞬間から彼は猫厠お試し隊長となり、いつものようにトイレに直行!

100609-7.jpg
隊長、シッコしましょうね

100609-8.jpg
「む?がチガウ・・・」

100609-9.jpg
「どひゃーッ!!」

見馴れぬチップにド肝抜かれてお試し隊長ご退散・・・。
すんなりトイレに入ったのでヨシ!と期待のマナコで見守ったのだが、やはりチップ(のニオイ?量?手触り?)がお気に召さぬらしい。いやはや・・・。

お試し隊長としてせめてお試しくらいはしていただきたいのは山山なのだが、トイレをガマンさせるワケにもゆかないので、チップを取り出してこれまで使っていた紙製猫砂を投入。これでダメならキレイに洗ったコンテナに再度登場いただくことになるのだが・・・

100609-10.jpg
「あ、いつもの砂ダ」

100609-11.jpg
「ニオイ、ヨーシ」             「掘って、ヨーシ」

100609-12.jpg
「・・・・・・・・・・」

100609-13.jpg
「猫厠、認定ーッ!」


たっぷり入った紙砂にお試し隊長ご満悦。
上部カバーのギリギリまでいつもの紙砂を入れると、隊長早速やって来てまず外側から覗き込むようにチェック。次いで中に入ると砂のニオイと掘り心地を点呼。

そしておもむろにシッコしました!

シッコを埋めた後は砂蹴散らして大満足のお試し隊長。何を隠そう、フチギリギリまで砂を入れてもコンテナのときには及ばない(引出しがある分上げ底になっているから)のだが、高めのカバーのフチに頭を入れることで結構掘った気分になれるらしいのだ。

ちなみに砂が勢いよく飛び散っているのはフチギリギリまで砂を入れたから。
カバーが低い出入口から見事に放物線を描いて砂が落下しているが、この 
程度の飛び散りで済んでくれるのであれば万歳である。高めのカバー善哉。
翌日無事大きいほうも出てそれから数日の間特に問題なく使えているので、ニャンとも清潔トイレはお試し隊長の猫厠として認定していただけてニャンとも目出度し(笑)。

100609-14.jpg
大きいほうもお試しになった隊長

100609-15.jpg
そんな次第で、様子を見つつも今までの紙砂を使えば新しいトイレでいけそうである。
心配していた砂の深さも、視覚的効果なのかフードにもぐると掘った気分になるのか定かではないが、今のところ結構快適そうである。
ついでに、スノコに突き当たるまで掘ってしまっても下のマットがシッコを吸収(そして脱臭)してくれるので、スノコなしより猫にとってもかえって按配がいいのではないかと思う。
ごろ太が掘り魔なお陰で紙砂の微塵がトイレの底にモコモコとたまっていたのが、スノコから下に落ちてくれるのもありがたい。(上の写真はスノコから落ちたモコモコ)
チップが使えず残念だったが、猫もニンゲンもこのトイレのカタチは大変気に入っている。

最後にお試し隊長と乳母との感想を箇条書きでまとめて、この記事を終えようと思う。

【気に入った点】
  ● サイズが大きめである(コンテナとほぼ同じくらい)
  ● スノコ式で上げ底だが全体に大きいつくりなので、ある程度深さを確保できる
  ● スノコ式だと紙砂の微塵が下に落ちて、使う猫も片付ける乳母も按配がいい
  ● スノコ式なので採尿の必要に迫られたときに便利そうである
   (しかしブラウンを選ぶと引出しにたまった状態では尿の色は確認できない)
  ● オープンタイプの上部カバーに高さがあるのがいい
  ● 高さだけでなくカバーのフチの湾曲具合が猫に按配が良さそうである
  ● フチギリギリまで砂を入れても、飛び散りは出入口からなのでかなり減った
  ● 色や見た目が割合といい(パステルカラーでないところがワタシ的には○)
  ● 引出しにセットするマットが部分交換できるのがいい
  ● シッコが2~3度マットに染み込んだが、ちゃんと脱臭されているようだ
   (ごろ太は割と同じ場所でシッコするのだが、ニオイが残っていないようである)
  ●我が家ではチップは却下されたが、大粒と小粒を選べるのがいい

【気になった点】
  ● トイレの下部分が深くなってもいいので、砂を入れる場所にもう少し深さが欲しい
  ● 引出しをカチッというまでしっかり閉めてもいつの間にか少し開いている
  ● チップはやや重い(猫は重めの砂を好む傾向はあるが持ち運びの問題)
  ● チップの量は掘り魔の猫にはどうしても少な過ぎる
  ● チップはお腹がゆるくなりやすい猫にはやや不向きかもしれない
   (汚れた分を取り除いて補充するのだが度々汚れるとコストがかかりそう)
  ● 付属のスコップとしゃもじ立てのような収納スタンドは置く場所がない
  ● スコップはマットを捨てる際に手を使わずに挟めるようになっているが収まりが悪い
  ● 本体はピカピカだが艶消しがよかった
   (これは好みの問題だが、スノコ部分の色と材質がよかった)
  ● スノコの桟はタテ方向で長めだが、もう少し短いか網目状のほうがいいかも
   (スノコに当たるまで掘った際に指がひっかかって飛び退いたので)
  ● 白いマットをぜひ作っていただきたい!

新品のトイレを戴けたからお世辞を言うワケではないのだが、花王さんの製品説明サイトには猫に負担をかけないトイレの取り替え方が掲載されている。
猫は案外とトイレにこだわりがあったりするので、そういう説明がなされていることにとても好感を持った。(セット同梱の説明書きにも書かれていた)
このトイレにご興味のある方は右のリンクからどうぞ(>花王ニャンとも清潔トイレ)。
以上、長い長い猫厠お試し記事でした(^^;)。
(記事をご覧下さったメーカーの方、是非コメント欄もどうぞ!いろんな意見が出ていますよー)

蛇足ですが、今回のモニターのお話をいただいたのはロカリサーチさんという会社から。記事の内容について広告的意図での制限がないので、ご興味のある方はどうぞ。(>ロカリサーチ





【お詫び】
現在、コメントへのお返事はできる範囲でですが翌日の記事の最後でしています。
コメントのお返しもできたりできなかったり、できなかったりしてます(^^;)。
それでも、とコメントくださる方、嬉しくありがたく拝読させて頂きます。

 人気ブログランキングへ にほんブログ村 猫ブログ 猫 お出かけ・お散歩へ



昨日の記事のコメントへの個別のお返事ありまーす。
スポンサーサイト

| 未分類 | 21:00 | comments:18 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

これ、発売当初、7年前?みこちゃんはまだ子ネコでしたがすぐ試しましたよ!砂(チップ)が大きすぎて、子ネコの足には痛いのか、坊ちゃん同様飛び出てきました。それまで鉱物の固まる砂を使ってたんだけど、みこちゃんはそこにもぐって遊ぶのが大好きだったので、いつも回りは砂だらけ・・・それにゴミ問題もあって、何かに変えたかったんだけど、トイレの好みばかりは我慢してもらうわけにいかないので、すぐ鉱物に戻した記憶が。そのあとは「おから」やら何やら果てしない試行錯誤・・・今もあちこちさまよってますが、やっぱり鉱物が1番好きみたい。
紙砂好きにはすのこは便利ですよね。
昔からワタシはすのこ型が好きで、これが出る前(先代ねこ)はすのこの下に、ペットシーツを敷いて上に砂・・・で、やってたけど、結局、吸水力が高くて固まりがよければすのこはないほうが掃除しやすい。トイレは悩みがつきないですね。
1度も使われなかった「にゃんとも・・・」のヒノキマットはもったいなかった。けっこうお高かった気がするのだけど?7年も前だからかしら?時々取り出しては『クンクン』して、何かに使おう・・・って(笑)
しかし、そのコンテナ、懐かしい・・・昔、トーさんのラジコン道具が入ってたやつだわ(^^
これをリビングに置いておける薄皮さんはつわものですにゃ!

| anemone | 2010/06/09 21:27 | URL | ≫ EDIT

このトイレ、すごく気になってたんですよ!
なのでとても興味深かったです。
うちの太郎もごろ太くんと同じく掘り魔、それから天井があるのはダメなタイプなんです。
なので、花王さんのはもちろんこっちには売ってないので、同じ形状(上部カバーに高さがあるやつ)のトイレをこっちのお店で探したけど、なかなかないんですよね~。
このトイレだけ日本で買おうかしら…とも思ったけど、一度、予備のトイレ(形状はほんのちょっとしか変わらない)を置いたらトイレとして認めてもらえなくって使ってもらえなかった経緯もあるので、いろいろ考えちゃって^^;

それにしてもモニターで使えるなんて羨ましい~^^;
花王さん、猫用品で海外にも進出してくれないかしら(笑)。

| alpenkatze | 2010/06/09 21:29 | URL | ≫ EDIT

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

| | 2010/06/09 21:29 | |

ほぉー、日本のトイレは至れりつくせりだよねー。
システムトイレの仕組みが今一つ??だったけど、良くわかりました。
うちも一度ペレットタイプのをお試しでもらったけど、トイレと認識してくれなかった。
確かにそれぞれこだわりがあるわよねー。
紙砂を蹴散らす隊長の写真、砂がらせんを書いて花火大会見たいだぞー!
「たーまやー!」
ちなみにうちは、用を足した後に誰も砂掛けしません…
(そのままふんふんふーんと鼻歌を歌いながら出てくる)
人間だったら、ちゃんと流せよ~!ですよね?

| ズッコのマミィ | 2010/06/09 21:48 | URL | ≫ EDIT

2個ある内の1個がこれです。下は白のトイレシートを使っています。
しっこの色も分かるし安いし、それで問題無いし。 そういう人、多い様ですよ。
ただうちでは、トイレの縁に前足を乗せて使うので、カバーが邪魔。 外すと足を乗せる所が無いで、形状が問題でほとんど使ってません。
本当はもう一個在るんだけど、使ってくれないので仕舞いぱなし。縁に乗る猫は多いから、カバーの形を変えてくれないかなあ。
猫によって好みもマチマチですね。

| REI | 2010/06/09 23:40 | URL |

うちもこのトイレ(新旧あわせて4個)使ってます。
トイレはいろいろ使いましたが、これが一番ニオイが少ないので、
不在時間の長い我が家では全部これにしました^^;
ペレットはさらーっと表面を覆うくらいしか入れてませんが(汗)

| たまこ | 2010/06/10 00:12 | URL |

日本の製品って、ニンゲンだろうとネコだろうと、使う相手の事を
ちゃんと考えてるのよね。
このトイレもよく出来てるわ。
ドームタイプだと出入り口以外はまき散らさなそう~
小梅も満足するまで掻き掻きするから(時に放置)ある程度の砂の
量が必要なんです。
そして外までまき散らす(笑)
スノコのは使った事がないから、どうなんだろう?
ごろ太君と同じ様に、ガッツリ砂を掻くからスノコの桟にひっかかる
だろうな.....
今までとは違う、より良いトイレを試したいけど大きな冒険は出来ない
から、こうしてモニターで使えるのはありがたいですよね。

| mogu07 | 2010/06/10 00:21 | URL | ≫ EDIT

あ!これね、うち使ってます。でもオレンジなの、オレンジの
ぱすてるからー。(笑)そのときは茶色なかったし。
でも茶色も微妙な...とは思っておりました。
そして、うちの場合紙の短冊プラス園芸のメッシュネットを
おかないとやらないということがあるので、
非常に苦労しました。(結局園芸ネットを本体メッシュに
輪ゴムでくくりつけた)下のトレイには、犬用のペットシーツMを
しいてます。
うちのはあと、メッシュ粗かったような。親のところは
細かい砂がすきなのにほぼ下に落ちちゃう。
(ガムテープでメッシュの上にペットシーツ貼り付けて
その上に砂をおいてるらしい)
そうそう、あのスコップはいらんかも...
すのこはぜったい、おっしゃるように網目のほうがいい!
なんかつめが微妙に入り込みそうな感じです。あのままだと。

ちなみに私がほしいこのトイレの色は、つや消しの銀色。
なければつやありの銀色。なければ白。

ごろたくん、コンテナ使ってたの?それは、
ものすごーーーーーく、砂の堀りがいがあるよね。絶対に。
もうショベルカーみたいな楽しさがありそうです。
でも、ウンを探すのが宝探し状態になりそうな気もしますね。ははは。

| めんまねえちゃん | 2010/06/10 00:39 | URL |

何だか日本の猫トイレってすごいな~。
こちらでもこんな感じのもの、売ってるのかしら?
我が家は鉱物系Ever Cleanという砂をずっと使っていて
結構高いし、重いし、何かに変えたいなぁと思ってるのですが・・・
今更トイレを変えるっていうのも
頑固なChicagoが気分を害されるんじゃないかと思うと
怖くて挑戦できずにいます。

| sari | 2010/06/10 11:46 | URL | ≫ EDIT

日本のトイレは色々と工夫がしてあっていいですね~!
それにしてもごろ太くん、作業用コンテナ使ってたとは!
これまたずいぶんと男らしいですね~。(笑)
うちはずーっと鉱物の砂なんですが、猫達はそれ以外は嫌なようで
トイレの外でしっこ攻撃に遭いました。(涙)しまいには布団までが・・・!
木のチップやコーンなど環境に良い物を試してみたのですが、どれもこれもダメでした。
猫さんってほんとにトイレにはこだわりますよね。
あ、砂を変える時は一気に変えるのではなく
少しずつのほうが慣れ安いそうですよ~。

| Queen Sasha | 2010/06/10 15:11 | URL | ≫ EDIT

トイレ事情、面白いですね。わが家の一度、エコっぽい砂に変えたことがあったのですが、トイレに行くも、歩いて帰ってくるということが続いたので、もとの砂に戻したという経緯があります。猫さんはセンシティブですね。
余談ですが、わが家のダンナは、自分の家のトイレ以外では、落ち着いてウ○○ができないそうです。カフェでお茶を飲んでいても、外食をしても、貯めて(!?)、帰宅後に排泄、ということだそうです。猫と同レベル!?ちなみに私はどこでも(!?)平気っす!(笑)お下劣なお話をしてすみましぇん。

| myaumyau | 2010/06/10 16:08 | URL |

このおトイレ、すっごく気になってました(*゜∇゜)
見た目もオシャレだし、機能的にも魅力♪
買ってしまおうか…
いやいや待てよ…おかかは好みがうるさいからダメダメ…
と、いっつも迷って結局未だに買わずです(´・ω・`)

それにしてもごろ太隊長!
お砂飛ばしが激しいですねーっ( *´艸`)
とっても男らしい飛ばしっぷりです!(笑)

| あさき | 2010/06/10 17:05 | URL |

おお、モニターなんて出来るんですね~
こういうサイトも賢く利用すべき!と思ってるのに、
ナカナカめんどくさがりな私は踏み出さないのよね…

このおトイレ、テレビでもいっぱい宣伝してて気になってはいたんですよ~
スノコ系は私がニガテなので、なしなし!って思ってるのに、
いいのかな…そんなにいいのかな…|Д゜) こういう感じ。

みなさんのコメントを見てると、
このおトイレにいろいろ工夫して使ってる人も多いのですね~
坊ちゃんも、結局紙砂だし(´∇`)

もしもーし。
坊ちゃんそれは、マイクでも伝令管でもないよ~
スコップスコップ!

| リヴ | 2010/06/10 17:14 | URL | ≫ EDIT

あぁ~~!!
コレ→我が家でも使ってますよ~
といっても我が家のは隊長がお試しした物の
1つ前の型(?)のヤツで、オレンジ色です(^ω^)
チップとマットの形状は同じで
他にも似たようなトイレを後二つ使ってます(^ω^)
(やはりチッコは全部すのこの下に行き
ウンモだけスコップで取り除き
マットは1週間変えなくても臭わないという物)
この二つはマットがペットシーツタイプの物で
砂は白くて丸い形状の物なので
1度外に飛び散った砂は
ドコまでも転がっていくという弱点と
やはりジメジメした時に
閉め切っていると→多少臭うという弱点があるのですが
隊長がお試しになった方は
マットとチップに杉の香りがするので
匂いは全くなく、アタシは気に入ってます(^ω^)
ちなみに我が家の坊ちゃまたちは
気を使ってかどうか知りませんが
杉の香りの方のトイレで基本ウンモしてます( ̄m ̄*)
埋めてしまうと逆にニオわな過ぎて
してあるのに気がつかない事もあったりします(^^;)

ごろ太君の用を足している時の
味わい深い顔がステキ(=ω=)

| Aたん | 2010/06/10 19:47 | URL |

anemone さん
あのコンテナがリビングにあるっていう光景がスゴイでしょ、ふはは!
ワタシもあんまりキチンとしてないほうだけど、連れ合いが酷くて、
片付けても掃除しても徒労感しか残らないので、
インテリアとか、整理整頓とか諦めました(笑)。
猫じゃなくって連れ合いで諦めたのだ。
混沌の中に身を置くと無になれます。

ご幼少のみぎりにみこちゃんも同じトイレを試してたんですね。
ヒノキマットはさすがにもうないの?うひひ。
今でも割合と高価なんじゃないかと思います。週一で取り替える
消耗品だしね。
鉱物の砂、なんだかんだ言って猫はイチバン好きみたいです。
またギュッと固まるんだよね!先代もずーっと鉱物の砂でした。
それはわかってるんだけど諸々の事情でウチは紙砂。
紙砂でも、粒の大小、触り心地やニオイなんかが違うみたいで、
怖くてそうそう砂も変えられません(^^;)。



alpenkatze さん
おお!興味のあるヒトがいてくれてよかったー!
なんか、こういう記事ってどうなの?って実は思ってたんです。
しかし記事にするのがモニターの条件なのでまた悶絶、わはは。
そういえば海外のペット用品はニホンに入って来るけど、ニホンのは
あまり海外に出ないんだろうか??? 輸出規制(笑)?

実は他メーカーの天井付のを最初に使っていたんです・・・。
しかし、成長に伴ってイヤがるようになってしまい、当時毎日のように
実家に連れて行っていたんだけど、トイレは実家でしてました。
つまり実家に行かないとトイレはガマンしちゃう(^^;)。
(実家に置いてあったのは食品用のタッパだったのに!)

カバー高いとREIさんのところみたいに、それはそれで問題になる
場合もあるのかもしれません。
ウチも今は使っているけれど、このままずっといけるかどうかは
まだちょっと判らないかなぁと思ってます。



鍵コメント(21:29)さん
うひゃー、ウレシイッ(><)!
なのに残念過ぎるー。大悶絶です(笑)。
そちらできちんとお返事しますね。



ズッコのマミィさん
ホント、飼い主にとっては間違いなく至れり尽くせりかも。
動物が家の中に居れば多少のニオイはするものだけど、ニホンジンの
潔癖症とあいまってこういうもの人気なんでしょうね。
システムトイレ、結局は専用の消耗品を使うとコストが嵩みます。
でも複数の猫と暮らしているヒトがコレがいちばん臭わないと
コメントしてくれたくらいだから優秀なのかもね。
ただし、猫が受け入れてくれれば(笑)!
猫が気に入ればワケわからんコンテナが部屋にあってもいいのだ!と
思っちゃうワタシはあまりいい顧客になれないんだろうな~(^^;)。

砂かけしないってことは掘るのもあんまりしないの?
マミィさんがすぐに片付けてくれるから埋める必要ないやって
わかっているどんぢゃかは意外と頭脳派揃いなのかもよ~(^^)?!



REIさん
トイレのフチや、近くの壁につかまって用を足す猫多いですよね。
あの姿みかけるとかわええ~と思うワタシ(^^)。
このトイレの高めのフチ、つかまるのにも按配がいいんじゃないかと
思ってたけど、そうは問屋が卸さないのか!
メーカーが低めのカバーも作ってくれればいいのにね。
猫がつかまりやすい形状のカバーっていう観点も面白そうなのになぁ。
ウチもあの爆笑コンテナトイレに落ち着くまで3つもトイレを無駄に
しました。勿体無いかなと捨てずにいるけれど使い途ナシ(笑)。
がさばるし困っちゃうのよね。
なので、今回のトイレどうかなぁと思いつつも、ダメだったら
家の中にゴミが増えると二の足を踏んでたんです。
モニターの話が来てラッキーでした。

トイレシーツ、以前使っていたものが残っているんですよね。
アドバイスありがとう!
あれなら白いし(安いし)いいよね。
でも、もしもメーカーのヒトが記事を読んでくれるとしたら、
一応ユーザーの意見を伝えておこうという作戦でもあったりして。
案外とニンゲンの都合ばかりを考えてペット用品を作るメーカー
ばかりだから、もっと動物の習性とか健康上の留意点とか勉強して
もっともっといい製品を作ってもらいたいですよね!



たまこさん
おお!お揃いですか(^^)!なんだかウレシー。
ウチは1匹だし、大体家に居るので出したらすぐ片付けるし、
ニオイに関しては猫が気にならなければOKなんだけど、大所帯の
たまこさんのところで太鼓判なのだと思うとホクホクしちゃいます。
・・・あ、でもウチは紙砂だからダメじゃーん(笑)。
ペレットさらーっとひと並べでトイレを使ってくれる、
たまこさん家の猫たちは優秀な文化猫ですね! いいなぁ。
あの、砂を掻く度合いっていうのは、遺伝的性質なんでしょうか?
それとも環境によって決まるんでしょうか(^^;)?



mogu07 さん
猫のことはどの程度考えられているのかナゾだけど(笑)、
少なくともニンゲンの按配がいいように細かな工夫がされてるよね。
ドームタイプね、これまでのものってドームのプラスティックが
半透明だったけど、このトイレのは違うんです。
つまりトイレの中は暗い(猫は関係ないかな?)し、
中に入ったら周りの様子が判りにくいから、怖がりの猫はひょっと
して厭がるんじゃないかなぁと思ったりして・・・。

小梅ちゃんの顔面ドリル姿も見たい!うひひ。
あの、砂を掻く度合いっていうのは、遺伝的性質なんでしょうか?
それとも環境によって決まるのかなぁ(^^;)?
なんかスノコの桟がビミョーに爪だけじゃなく猫のユビがはまり
そうな大きさなんですよ。
ごろ太が掘っている最中にぶっ飛び退いて初めて気づいたんだけど。
小梅ちゃんもユビとられたらブチキレそうですよね。桑原桑原。



めんまねえさん
うひひ、オレンジのぱすてるー(笑)!
そうか、ねえさんとこは銀か白を希望なんですね。
たしかオープンタイプは真白じゃないけどクリーム1色だった?
いや、スノコ部分だけはオレンジかも。
オレンジ色、このトイレのテーマカラーなんだそうです。ふふふ。
園芸のメッシュネットはわかったけど、紙の短冊って
いったいドコにつけているの???
ドーム型の出入口のところとか・・・。
なにやらいかがわし~い出入口を想像してニヤニヤしちゃった。
スノコね、ガシガシ掘ると爪どころか猫のユビがはまっちゃう
大きさなんです。ユビ噛まれたっ!と思ったんじゃないかな(^^;)。

コンテナだと、砂の深さは15センチ以上あったから、
(7リットル入りの袋とかだと2袋入ってしまう・・・)
んもードリルになりきって掘りまくってましたよ~。
埋めるときもすごいから、ウンのあとにはこんもり山ができるのだ。
なので、お宝は山を目指せばみつかるという次第。ふははは!



sari さん
アメリカの猫トイレ事情ってどんななんでしょうね?
獣医学的な研究とかは進んでいるから、ビックリするようなものが
ありそうだよね。
あ、でもワタシの印象だと、アメリカの猫トイレは全自動タイプの
方向への工夫がなされていそうな気がします。
エバークリーンって有名ですよね。ちょっと香りがする?
先代猫もずーっと鉱物砂でした。
猫にとってはあれがイチバン使いやすいみたいですよ。
イチバン喜ぶのは川砂だって話だけど(^^;)。

トイレ用品は結局のところニンゲンの都合だけでは選べないもんね。
ウチも、また限界までガマンしたらと思うとオソロシクて、
ずーっと二の足を踏んでました。
拍子抜けするほどアッサリ使って脱力したくらいですよ(笑)。



Queen Sasha さん
↑にも書いたけど、アメリカの猫トイレって全自動的製品が
多そうじゃないですか(笑)?
ニホンジンはあれこれうるさいから、メーカーもいろいろ工夫して
手を変え品を変えという感じですよね。こちらも助かるけど。
しかし、そのうるさいニホンジンよりさらにうるさいのが猫様・・・。

猫はやっぱり少し重さがあってさらさらした砂っぽいものが
いちばん好きですよね!
ウチ、粗相攻撃せずにひたすらガマンしちゃうんで、
別の意味で怖くて砂とかトイレとか試せなかったんです(^^;)。
紙砂は仔猫のときからずっと使っているから、そういうものだと
思ってるみたいだけど、鉱物の砂に馴れちゃったら
絶対に使ってくれなくなると思う!!

アドバイスありがとう!
そうですね、砂はちょっとずつ入れ替えれば騙されてくれるかも。
でも専用チップ高いから紙砂のまんまでいっちゃうかも~(笑)。



myaumyau さん
見た目に同じような紙砂でも、ニオイや手触りが違うとイヤがる
こともあったりして、ホント猫ってうるさい・・・いや、繊細ですね。
トイレに入りたそうにしてたのに戻って来られると焦ります(^^;)。
ダンナさまったら猫並の繊細さ!
それじゃ旅行なんてできないじゃないですか?!ふふふ。
コドモの頃、ワタシもそうだったなぁ。
外で狭い密室に入るのが怖かったんです。
もちろん今ではどこでも平気っす(笑)!
ウチの母なんてハイキングの途中に山の叢でしましたよ!!
しかも大きいほう・・・うひひ。
あ、さらにお下劣になっちゃってスミマセン。



あさきさん
これね、部屋に置いてあってもあまり目につかないところが
ワタシ的には大いに気に入ってるんです。
って、あの爆笑コンテナに比べたら何だって目につかないか。なはは。
ウチはトイレの場所の周りの壁や床が茶色っぽいから茶色にしたけど、
明るい色や白っぽかったらクリームがいいかもね(^^)。

隊長の砂飛ばしなんてまだまだ甘っちょろいもんです!
先代猫はトイレから出るときに、必ず四肢を大の字に広げるように
しながら思い切り砂を蹴って飛ぶので、ものっすごい飛び散りでした。
鉱物の砂を使っていたんだけど、粒が細かいから、
たぶんユビの間に入ったものを出る時にそうやって取るつもり
だったんだろうなと考えると可笑しい(笑)。



リヴさん
ここのモニターの条件は記事を書くことだったけど、
掲載したよーって連絡したらお返事くれて、猫用品のモニターは
あんまり案件がないんだって言ってました。
ま、たまたま向こうから言ってくださったからラッキーだったけど、
わざわざ自分で探してまではなかなかねぇ(^^;)。

リヴさん家にはあんな可愛い高級猫トイレがあるのに(笑)
このトイレ気になっちゃう~?ふふふ。
何かの本に「猫はトイレを掘っていてプラスティックが手に当たる
ことを厭がる」って書いてあったから、二重底ってどうかなぁと
思っていたけれど、案外とアッサリ受け入れてくれました。
つーかスノコがあってもなくても堀り進めば底に当たるのだ!
ただスノコにユビを噛まれた!と焦ったみたいだったけど。うひひ。

ウチね、草刈り旅行にごろ太を連れて行かないとなので、
トイレも持ち運ばないといけないの。
だから、実は砂は紙のままでよかったのデス。わははは、確信犯?



Aたんさん
うおお!坊ちゃんズともお揃いか~!なんかウレシー(^^)。
あ、オレンジ色の悪口言ってゴメン。いや、言ってないですよ。
ずーっと前に一度シリカゲルタイプのシステムトイレを試してみた
時期があったんです。あ、砂は転がらないタイプのやつでした。
仔猫のときはよかったんだけど、ドーム型だったので
成長とともにイヤがるようになってトイレを限界までガマンして
しまうので泣く泣く断念しましたよ。
そうか、他のご愛用者の方もコレがいちばん臭わないって
書いてくれたけど、やっぱりそうなんですね。
逆に杉のカホリを猫がイヤがったらアウトなのかな。
におわないほうのトイレでウンをしてくれる坊ちゃんズって
ステキ文化猫ですねぇ(笑)!!

トイレしてるときの猫の神妙な面持、ワタシも大好きです。ふふふ。
そりゃ真剣だよねぇ。

| 薄皮饅頭 | 2010/06/10 20:44 | URL |

あ、出遅れちゃった!
う~ん、ただただうらやましいばかり…。
こっちってものすごく砂の種類とかトイレの形の種類とか少ないんですよね。
うちはドーム型というか穴蔵型ですが。チッコ採取のときだけ蓋を取って採取してます。
ほんとは蓋がないほうがいいのかなあともおもうんですが。バスルームにあるのでねえ…。
この場所、ほんとは良くないんですよね…。
砂はオーガニックのなんですが、何から出来てるんだろ…。吸収は良いし、あまり飛び散らない。これは満足です。
スノコつきとか、いいですよね~。
日本からトイレを輸入したいくらいです。
ちなみに家は掘り魔でもカケ魔でもないので…。砂はあまりこだわりが内容で…。いやかけてるつもりなんですけど、美梅姉妹は全員蓋をカリカリするし、小虎も最近それに習って?砂はかけずに出てきます…。

| Kotora | 2010/06/10 21:18 | URL |

ふふふ、当然メーカーの人が読んでくれると思って、アセって携帯からコメント書きました。
って、コメントまでは読んではくれないか・・・。
うちの2匹は砂の質は何でもOKみたい。
このシステムトイレもホームセンターのオリジナルに変えちゃった。 そっちの方が安いし、撥水性も良いし。
それとね、メーカーが書いているより長持ちしますよ。
ただ猫って同じ所にシッコしませんか? だから2枚を入れ替えて使ってました。 (マックが結石でチョコチョコ回数してたので、メイがシステムトイレを使ってたの)
費用的には砂の猫砂よりかからないかも。
メーカーさんは本体より消耗品を売るのが目的なんだろうけど、
本体の形状・すのこの形状、下に敷くシート、もう少し頑張って欲しいな。 それとうちではうんPをトイレに流すので、流せない砂は困るのよねえ。 
鉱物質とか流せないのを使っている人はどうするんだろう?

| REI | 2010/06/10 21:34 | URL | ≫ EDIT

Kotora さん
ニホンって国産のものだけでもいろんなタイプが出ているところに、
海外のものまで輸入してたりして(トイレに限らず)、
ニホンジンって世界一強欲かもって思うときがあります(笑)。
あ、でもそれだけ品揃えが豊富なのに作業用コンテナを使ってた
ワタシって何なんでしょ、うははー。
ドーム型、猫が気に入って使ってくれているならばOKじゃない?
嫌がってる素振りとかありますか?(ないよね)
バスルームも、よく洗面ボウルをトイレにしちゃう猫がいるけれど、
そうでなければOK? 湿っぽいから?
(けどお菓子を出しっ放しでもシケないドイツだもんね)

ニホンのペット用品メーカーもばんばん輸出すればいいのにね。
おやつなんかも猫たちにウケがいいみたいだし。
スノコ、何かでうまいこと手作りできないかなぁ。



もひとつREIさん
ワタシがメーカーのヒトだったら、絶対コメントもチェックする!
でも、念のために記事の一番下に書いておこうっと(笑)。
メイさんもマッくんも、砂は何でもいいのか。よいこだねぇ~。
ウチは鷹揚そうでいて案外とうるさい。
手触りが違うとか、カリカリもカタチがイヤだと食べないし(^^;)。

仔猫の頃試したシステムトイレは、大粒の転がらないシリカゲル砂
(小石のようなカタチで薄い緑色のナニカでコーティングされてた)
とペットシーツが標準だったんだけど、メーカー推奨のタイミングで
交換するとドえらいコストが嵩みますよね。
だからやっぱり様子を見てケチケチ使ってました。ははは。
でも、うるさいニホンジンの我々はあーでもないこーでもないと
文句言ってるけど、海外チームはうらやましいみたいですよ。ふふ。

まぁ、何だかんだ言っても結局ニンゲン様のご都合第一の製品ばかり
だから、帯に短し襷に流しなのかな。
あ、ウチは今は鉱物じゃないけど、鉱物だったときも今も、
シッコ玉もウンも燃えないゴミとして出していますよ。
地域によってはダメらしいけれどウチのあたりはOKみたい。

| 薄皮饅頭 | 2010/06/11 00:26 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://56g.blog40.fc2.com/tb.php/435-39ea0a40

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。