ごろ太三昧

(雑種猫ごろ太の乳母日傘な日々)

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

草の褥でご休憩


「むっくらせと」


「フンフン」


「フガフガ」


「うむ」


「上方、ヨーシ」


「前方、ヨーシ」


「側方も・・・」


「・・・イイ気持ちデス」


「じゃ、チョット失礼して」


お日さま受けてカザグルマ




の褥に守られて、早く芽を出せ芒の種。
ゆうべ雷轟いて数多の篠突く竹槍の斬斬降りは何処へやら。夢でも見たかと目を擦り眩しいに出てみれば、葉を一杯に茂らせて花までつけた垣通し見て、一体何を思ったか湯船に浸かるような素振りでむっくらむっくら踏みつけて、がぺたりと座り込む。

背中に光の掛け布団、腹にはの敷布団。げに神妙なる顔をして上・前・横と確認するうち眠りの神が舞い降りて、坊ちゃんうっとり横たわりの褥でご休憩。
コンクリートに立てかけた格子につかまる鉄線が大きく開いて風車。往来凪いで鳥が鳴き、長閑けき褥のその下で芽を出すときを待っている麦やら粟やら芒の種。

「ボクはチョット寝マス」







【蛇足的余談】
ごろ太が呑気に寝そべってくれたプランターには垣通し(カキドオシ)が茂っている。これは意図せずに植えたもののタネが飛んだのをそのまま生やしているのだけれど、実はこの下にこっそりとイネ科植物のタネを仕込んだのだ。

播いたのは燕麦(えんばく), 大麦, 稗(ひえ), 粟(あわ), カナリアシードなどで実は半分は小鳥の餌(笑)。にスズメが来ることを楽しみにしているごろ太のためにほんの少量まいている小鳥の餌が、コンクリートの隙間に落ちて芽を出したものを彼が喜んで食べているのを見て、タネの代わりに一緒に播いてみたのである。


しかしごろ太には気温が上がって来る頃にプランターに上がり込んで占拠するという前科(プランターで抱卵遊ばした)がある。去年は播いておいたのタネがそれで全滅してしまったのだが、こんもり茂ったカキドオシのお陰で今年は無事に芽を出してくれそう。
うまいこと育ってくれればバイキングの登場!という目論見です(笑)。

ところで芒(のぎ)というのはイネ科植物の実を包んでいる皮(たとえばお米の籾殻)についているチクチクした棘のような部分のこと。暦ではちょうど今時分は『 芒種 』と呼ばれていて、チクチクのあるイネ科の植物の種の播きどきなんだそうな。

実際の稲作農家の種まきはもっと早い時期だけれど、と暮らしているみなさま、路地モノを作るなら今が最後の直播きどきですよ~。
室内で育てている方は年中播きどきですが、REIさんのようにに千切らせた(?)ダンボールに播くという愉快で賢い栽培法もありまーす!(栽培その1、そしてその続き





【お詫び】
現在、コメントへのお返事はできる範囲でですが翌日の記事の最後でしています。
コメントのお返しもできたりできなかったり、できなかったりしてます(^^;)。
それでも、とコメントくださる方、嬉しくありがたく拝読させて頂きます。

 人気ブログランキングへ にほんブログ村 猫ブログ 猫 お出かけ・お散歩へ





*プリンはひとりが好きな孤高の女帝。近づいても良い距離が彼女の中で決められていて、その境界を
  むやみに越えようとすると猫もニンゲンも叱られます(笑)。
  境界さえ守っていれば構わない鷹揚さも持ち合わせているけれど、流れ者はそこのところを解かって
  いないらしい(^^;)。それじゃ女帝の心を射止めるのは到底無理だろうけれど、畏れを知らぬ流れ者、
  どんな顔なのかホントに見てみたい!

  ごろ太はもともと従順なところがあり、ついでにワタシをかーさんだと思う気持ちが強いらしいので、
  駄目と教えやすかったように思います。
  でも、元気いっぱいやんちゃ坊主の太郎ちゃんもちゃーんとalpenkatze さんの教えを理解してくれて
  いるワケだからして、やっぱりこちらの根気次第で猫に解かってもらえることは結構ありそう。

  ただ、何でもダメでは通用しないので数少ないダメなこと以外はできるだけ自由にさせるのがコツかも。
  無意識に猫にダメって言ってしまうことって案外と多くて、ホントにダメかどうかよく考えてみると、案外
  そうでもなかったりするんですよね。ウチは家の中ではダメなことって皆無かも。
  散歩中に行って欲しくないところを憶えてもらうのにワタシがしたことは、

    ●ダメだよ~と声をかける(毎回同じ言葉と口調であれば叱る口調より穏やかなのが吉)
    ●飛び乗ろうとしている場合には猫の頭上に手をかざす(物理的に飛び乗れなくする)
    ●徒歩で突破しようとしている場合には猫の鼻先に開いた手を出して進行方向を塞ぐ
    ●それでも行こうとしたら胸のあたりを押さえる(猫があきらめたら手を放す)
    ●いずれも猫があきらめてくれたらお礼を行っておおいに賞賛する(笑)

  これらを毎度毎度ひたすら根気よーく繰り返したというだけです。
  こちらの要望を猫が受け入れてくれたらちゃんとありがとうと言って褒めるのが吉。お礼を言うべき
  ときに毎回きちんとお礼を言うと、猫はなんとなーくお礼のニュアンスを理解してくれるみたいです。
  言う事をきかせようではなく、意志の疎通ができればいいんだと思っています。
  だから、駄目でもやってみようという猫も好き!駄目なことは解かってくれてるんだもんね、ふはは。

  あ、でもsariさーん、出ているゴハンを食べちゃイカンというのは教えるの難しいよ~(大笑)。



  昨日のコメントへの個別のお返事はお休みでーす(^^;)。

スポンサーサイト

| 庭と猫 | 21:00 | comments:7 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

暑くなってくるとみこちゃんも芝生の上に急にしゃがみこんで「ふんふ~ん♪」ってくつろいだまま動かなくなります。
「草の上はちべたくっていかんじ~~!」
なんでしょか?
しかしまぁ、ピッタリサイズの干草のベッドならぬ生草のベッド!
そのまま室内にも持ち込めます(^^)/ とか・・・

| anemone | 2010/06/05 22:16 | URL | ≫ EDIT

こちらも夜中の雷と瞬間的豪雨が凄かったです。
ちょうどベットに入った頃が最強でしたね・・・
収まるまで寝付けませんでした。

ごろ太君は又、素敵なベットを見つけましたねぇ~
お日様が当たって気持ち良さそう♪
本当に寝ちゃったのかしら?

ベットにもなり、サラダバーにもなる?
是非ほしいかも・・・・・・

| 元気猫 | 2010/06/05 23:07 | URL | ≫ EDIT

ごろたくん、そんなに気持ちのいいベッドは
なかなかないですねえ。
すごく豊かな気持ちになれそう。
私があこがれるノンフラワーカモミールのベッドみたいなものか。
おお、サラダバーが仕込んでるんですか。
それも楽しみですね!!

| めんまねえちゃん | 2010/06/05 23:20 | URL |

ごろ太君、緑のベッドだ~
ちょっとヒンヤリ、フンワリしてて気持ち良さそう~
ベッドにもサラダバーにもなるって、ウハウハだわ(笑)
カザグルマも大きくキレイに咲いてる。
たっぷりと雨を吸収した後の日光は格別かしら?

| mogu07 | 2010/06/05 23:59 | URL | ≫ EDIT

天然の草のベッドは気持ちよさそうですね。猫草バイキングもいいなぁ。わが家のルークも猫草は大好きなので、常備する努力をして二毛作的につくっているのですが、需要と供給が追いつかなくなることもしばしば。REIさんの栽培法その1、そしてその続きを参考にさせてもらおうと思います。薄皮饅頭さん紹介してくださり、ありがとうございます。

| myaumyau | 2010/06/06 02:04 | URL |

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

| | 2010/06/06 04:16 | |

きもちよさそうなベッドみつけたね、
日当たり良好にサイズもぴったり^^
ゴロ太ちゃんのふんわりしたオレンジのステキな毛並が
黄金にかがやいてますね。

カキドオシの草ですが小さなスミレのようなお花をさかせませんか?
うちにもあってとてもかわいらしいくて
みかけによらず凄く強い草花です^^


| だっちゅ | 2010/06/06 09:06 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://56g.blog40.fc2.com/tb.php/431-b8c6d965

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。