ごろ太三昧

(雑種猫ごろ太の乳母日傘な日々)

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

暮れ泥む帰り道


隊長・・・


そろそろ帰りましょうか


「ハーイ」


夕焼け小焼けの帰り


「ヨシ、気合い入れて・・・」


サラダバーに寄ってもいいですよ


「そーダ、サラダバー!」


「その前に・・・」


「ナンだっけ?」


「あ、思い出しタ」


「むふーん」




ゆるゆる夜へ変わりゆく通りで泥む隊長。
昼寝もオヤツもお遊戯も満足ゆくまで済ませたら、紫の雲棚引かせ石の上佇んだ隊長を朱鷺色に染め、お天道さまを追いかけようかもう帰ろうかと思いあぐねる椋鳥の名残惜しそなシルエット有り有り浮かび上がらせて淡く染まった西の空。

日暮れの風にいざなわれうっとり眠りにおちてゆく鈴蘭の花確かめて、そろそろ家に帰りましょうと隊長に声かけりゃ、ふたつ返事でご出発。
光と影の入り混じる通りに一歩踏み出して俄かに気張った面持にお供が寄り道持ちかけりゃ、シッポの旗竿持ち上げて活気づきたる隊長。
いざサラダバーを目指さんと足取り軽く歩き出したがふいに路傍で立ち止まり、何か忘れている気がすると見つめる通りは暮れ泥み、どうしましたと訊ねれば思い出したと擦り寄ってお供の脚にご挨拶。今日も一緒に帰りましょうと並んで歩く夕間暮れ哉。

ゆるゆる暮れゆく夕焼けにそろそろ眠りにつこうかと頭を垂れる鈴蘭の花





【お詫び】
現在、コメントへのお返事はできる範囲でですが翌日の記事の最後でしています。
コメントのお返しもできたりできなかったり、できなかったりしてます(^^;)。
それでも、とコメントくださる方、嬉しくありがたく拝読させて頂きます。

 人気ブログランキングへ にほんブログ村 猫ブログ 猫 お出かけ・お散歩へ





*成長してオトナになった猫の知能はニンゲンの3歳児くらいだと言う話があります。たぶん自分を取り巻く
  世界の捉えかたとしてはそのくらいなんだろうなぁと、忙しいときにしつこく邪魔されるにつけ思います(笑)。
  可愛いんだけど、もうオトナなんだからという説得は通用せず、痛し痒し。
  もう30分待ってくれれば終わるものを何度も何度も邪魔するから、ゆっくりお相手する時間がますます
  なくなってゆくのだということまで理解するのは難しいのか、あるいは単純に邪魔することが楽しい遊び
  のひとつなのではないかと思ったりして苦笑いしています。

  猫は10分という時間を「長い間」と捉えるのだとか。相手をするのも10分あればいいのだそうだけれど、
  そういえば10分置きに邪魔されていたような・・・。待つのも10分?それじゃ捗らんつーのに(^^;)。

*一昨日の遊びのお話。
  猫の狩猟本能をくすぐる対象が何かによってどんな遊びが好きか違いが出て来るけれど、どのくらいの
  難易度にするかも猫によってずいぶん違って来るように思えませんか。
  ごろ太は3度に1度は勝てないとガックリしてやる気が失せるタイプ(笑)。でも、あまり簡単に捕まえられ
  ると見向きもしないという猫もいますよね(先代がそうでした)。

  母は先代猫の長年の遊び相手だったので、難しくないと猫は遊ばない!と決め付けていてとにかく猫に
  勝たせないから、ごろ太はすぐに遊びを止めてしまいます。
  連れ合いはせっかちなので食いつきが悪いと工夫もせずに自分から遊びを止めてしまうので、ごろ太は
  連れ合いともほとんど遊ばず、結果的に遊び相手はワタシしかいないということに(^^;;;)。

  それでも、成長するにつれ同じじゃらしでも難易度の高い(見えないとか微かな気配とか)遊び方を要求
  してくるので、満足していただくためには工夫と根気が必要。面倒なときもあるけれど、ホンモノの狩りを
  できない飼い猫の本能的欲求をできる限り遊びで解消できればと日夜務めに励んでおりまする。
  (でも3度に1度勝てないとイカンという法則は変わらないらしい)

  オトナの猫は遊ばないと言うけれどニンゲンが遊んでやらなくなるからだという説と、イマドキの猫は早い
  うちに避妊去勢されるので幼児性が残っていつまでも遊ぶという説とありますが、どっちなんだろ?

*昨日のグダグダ長文にコメントくださった方、うんうんと頷きながら読ませていただきました。ありがとう。
  記事には直接関係ないんだけど大事な話だし、コメントしてくださっているかどうかに関わらず多くのヒトに
  読んだり考えたりしてもらえたらいいなぁと思って、小っさな字を敷き詰めてみました。わはは。

  裁判傍聴記、まだ読めていないのですがゆっくり読んでみようと思っています。
  (残った猫はたった2匹だったのか!でもそれならどうして加藤氏は自宅で飼わないんだろうね?意地?)
  イタリアでの動物愛護の考えや仕組みみたいな素晴らしいお手本もある。
  でも法律や罰則で縛られて行われる愛護はホンモノの愛護ではないのかもね。殺人はイカンという法律が
  あっても、やっちゃうヒトはやっちゃうワケだから、逆に個人個人の意識が高くなって自分の意志で動物を
  守ろうと言う方向に多くのニンゲンが進んでゆけるといいなぁ(お伽噺 ^^;?)。

  以前ご紹介したドキュメンタリー映画『犬と猫と人間と』の冒頭で、映画の製作を依頼したお婆ちゃんに
  対する監督の「なぜ猫なんですか?」と問いかけへの答え・・・「猫のほうがなんぼかマシ」という言葉を
  思い出しながら、闘わずに諦めずに猫の明るい未来を考える方法を考えつづけていきたいです。

スポンサーサイト

| 散歩猫 | 21:00 | comments:9 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

最近お散歩中、雨が降り出すことが多く、じっと待つのがつらくなりました~(涙)。
氷点下の時は我慢して待ってましたが…、雨はやはりつらいので、強制的に動かすことが多く、太郎に申し訳ない気分になってます(太郎は濡れにくい場所でじっといるのが不公平なんですが、笑)。
ごろ太くん、今日も尻尾がぴ~ん!と上がって気合入ってるのが見てて分かりますよ~♪
そうそう、目的地があってもお外は楽しいことがいっぱいで、つい忘れて他のことに夢中になってしまいますよね^^
薄皮饅頭さんを見てるごろ太くん、お目目ぱっちりになっててかわいい!

| alpenkatze | 2010/05/16 22:32 | URL | ≫ EDIT

今日はやけに聞き分けの言い坊ちゃん…
でもこんな風にすりーってされたらつい「あと2-3時間は良いわよ!」って言いたくなっちゃうよね。
あー可愛い…

私も猫は15分も遊んであげると満腹になっちゃう…って聞いた事があるけど家は持続力があるぞ…
口呼吸はぁはぁしながら「もっと!」って要求してくるの。
火が付いたら止まらなくなっちゃうんで、勿論こういう時は加減してますよ。

じゃらし遊びは、獲物になりきるのって結構テクニックがいるよね?
私が獲物だったら、こうする…とかマインドトレーニングしたRして…

裁判傍聴記を読むと、こういう判決が出された事が信じられなくなりますよ…
日本は判例至上主義らしいので、こういう前例が出ちゃうと今後同じような裁判で被告側が不利になりやすくなってしまうようですね。
それを狙った便乗裁判が出てきたりしない事を祈ります。

| ズッコのマミィ | 2010/05/17 00:20 | URL | ≫ EDIT

サラダバーと聞いたとたん、尻尾が上がった(笑)
テンションも上がったんだろうな~
うっかり忘れそうだったけど、薄皮饅頭さんへの喜びのスリスリして
すっごく可愛いな。

遊びは猫それぞれなんですよね。
実家のネコは遊びたい時に擦り寄って、おもちゃを咥えて持って来たし
小梅は気まぐれだけど、狩りごっこが好きだし....
ごろ太君の中でリズムがあるんだろうな~
3回に1度が乱れたらどうなるんだろう(笑)

| mogu07 | 2010/05/17 02:51 | URL | ≫ EDIT

忘れていたのは、薄皮饅頭さんへの足すりすりぃ~の挨拶だんだんですね。かわいいな、ごろ太君。夕焼けに染まりながら家路を急ぐ二つのシルエットを想像してしまいました。
裁判傍聴記、読ませていただきました。続きがアップされたら、また出掛けて行って読みたいです。ヒトも動物も何かとかかわり、絡みながら、それぞれの生を進んでいくものだと改めて考えさせられました。そして、やはり個だけでは生きていけないものだとも…。薄皮饅頭さんも書いておられましたが、お伽話のような、そんな世界があると、いやいやそんな世界がつくれると、少しでもそんな世界に近づけていけるといいな…。

| myaumyau | 2010/05/17 02:58 | URL |

薄皮饅頭さん、お仕事は落ち着きましたか~?
今日の坊ちゃんはゆっくりお散歩できて
ご機嫌がいいのかしら~?
『むふ~ん』もお仕事が忙しかった乳母さんへのお慈悲?

Chicagoはあまりヒトと遊ばない猫です。
しつこくすると怒られるので・・・
自分でテニスボールをガブケリするくらい。
Weedyは遊びがダイスキで、若かりし頃は持ってこいもしたし
コチラが遊ぶつもりでなくても
やってきては遊びにかえるタイプでした。
(シーツ交換などしてると走ってやってきて大はしゃぎ!)
やっぱり猫、それぞれなのかなぁ~?

小っさな字、読ませてもらってますよ~。
裁判の記録(?)なども後で読ませてもらいますね。
本当に・・・大事な話ですからね。

| sari | 2010/05/17 09:57 | URL | ≫ EDIT

坊ちゃん、今日もかわいいねぇ(*´Д`*)
ワザワザすりっとするために、立ち止まるなんて(*´Д`*)

小さい字の緑の文章、一生懸命読みました(´∇`)
幸いウチの周りには、新しい人たちと旧い人たちが混在している地域で、
何くれとみんながかわいがっているみたい。
というか・・・野良ネコより野良人が多いので、むしろそっちをどうにかしないと?
猫も大事だけど、人の方が大事でしょ!そんな風に思っています。
まぁ実際私はなにもしてないのだけれど、毛嫌いすることなく、見守っています。
お掃除とか毎日してくれてる人もいるしね。
野良人のたまに見る悪行もあるんだけども。
変な話だけど、野良ネコの方がかわいくて許す!みたいなとこがある地域かもしれません。
でも野良人のことを考えると、私は軽く混乱する~

| リヴ | 2010/05/17 12:31 | URL | ≫ EDIT

坊ちゃんは・・・

お家まで帰る時、自力?で帰りますか?
ごろ太君なら帰りそうですね。

うちは出勤前にするのと、道路を二本越えないと
公園に行けないので、強制撤去(私が抱きあげて帰る)
となります・・・

近頃、道路までは並んで少し歩くようになりましたが
一緒に猫が歩いてくれるって、こんなに嬉しいものとは!
猫の散歩にハマる訳が、ちょっぴり分かり始めて来たかも?



| 元気猫 | 2010/05/17 15:16 | URL | ≫ EDIT

なんでしょうねー。
人間も、時間、長く感じたり短く感じたり
することがあるから、「待つ」っていうのは
長いんじゃないかしらー。
10分も待てるなんてすばらしいわ、ごろたくん。(ねこばか)

前の子は、ぜんぜん遊びたがりませんでしたね。
だから猫じゃらし使ったことがなかったくらいで。
時間があったら一人遊び、というか、そういう感じでしたね。
個体差があるのかな。やっぱり。
妹、弟的「年下」の猫がいるときや自分の子供が
いるときは、我慢して遊ばないけど
一対一になると子供のようにハッスルするというのも
ときどき伺います。
猫なりに、いろいろ大人だって遊びたいのよー、って
時もあるんだろうか。それも、個体差ですよね。

めんまは、「にいちゃん」と遊びたがります。
「ねえちゃん」とは、遊びたいというよりおもちゃにしたいほう。
じゃらしを振っても反応してくれるときはまれ...
ボール投げても...
横を向いて、ちょっとにやっとして、からかわれる。
そして暗闇でいきなり足にしがみついてきたりして、
「キャー」とかいうとものすんごいうれしそう。
私は「遊ぶ人」じゃないらしいですね。

加藤氏のマンション、一応「室内でも不可」なのではないかしら。
と、私は傍聴記録を読んだ限りでは思ったのですが。
前にコリーかってたひとはいたらしいが「引っ越した」ということで
解決した、との話だし...
たぶん、2匹で訴える人たちなら、家に入れて
ペット不可でも管理してる、となったらなったで、
声がうるさいだの、やっぱり規約に反しているだの、
いろいろと難癖をつけるに違いないですね。
実際別の人がこっそり室内でペット飼ってるという話もあるし。
なんだかなあ、です。
有名で、変人で、馬が合わないから訴えたのだろうなあ...
しかし、途中経過を見る限り、なぜにあの判決。
どうなのかなあ、です。日本の司法にがっくり...

加藤氏、いまさらマンション引っ越すのも業腹でしょうけど、
彼なら別のところにひっこしたほうが幸せかも。
なんか今のお住まい、変な人いると思うと
憂鬱...。

| めんまねえちゃん | 2010/05/17 19:40 | URL |

alpenkatze さん
そうそう!! 猫サマときたら自分は雨の当たらないところや
夏は日陰に入って粘るんですよねぇ~。
それもどういうワケなのかお伴が入る余地は残されていないような
自分にジャストサイズの場所を選びませんか(笑)?!
陽気がよくなると自分で「帰る」と言ってくれなくなるから、
ウチも抱っこして強制送還率が高くなりますよ。
で、抱っこされると散歩がお終いだとわかると
地べたに突っ伏して抱き上げられないような体勢になったりする
のが困るんだけどオモシロイんです。

散歩中に声をかけるとシッポがだんだん上がってくることが
多いんだけど、サラダバーというコトバは反応早かったかも。
でも行き着く前に忘れちゃったりするんですよね。ははは。



ズッコのマミイさん
聞き分けよく、可愛く、良い1日でした。と言いたいところだけど、
家に帰ってから悪魔のように駄々こねてましたよ。
何をご所望かは不明・・・お尻に着火してた腹いせか(笑)?

最近15分遊ぶととりあえず満足してくれるようになったのは、
ひょっとしてワタシのテクが不足しているから?!
いや、どんぢゃかが猫離れした体力だからだな、きっと。
獲物になりきる努力してるけど、ゴキ役が多くてなんか切ない。
外でゴキさんと遭ったときに鳥肌立てながら動きを観察したり
している自分がなんかカナシイ。
小鳥とか、そういうモンになりたいなぁ。
あと、こっちがなりきってる最中に突然飽きないでいただきたい。
気づけばひとりじゃらし振るオバサンってカワイソウですよ(^^;)。

傍聴記、邪魔されながらやっと読みました。
あー馬鹿馬鹿しいほど厭な話だ!と思っちゃった。
コレね、マスコミが『猫の餌やり裁判』的なタイトルつけて報道
するのも問題ですよね。
めんまねえさんも言うように、原告側が少し不利な感じで始まった
裁判がどうして結局ああなってしまったんだろう。
続きも是非読みたいです。
場違いなんかじゃないですよ。ワタシもそっちの話も書こうか
どうしようか迷っていたから、ちょうど良かったです。
あの一件以来の胸のわだかまりも少し吐き出すことができて
良かったかも。ありがとう!



mogu07 さん
声かけたり褒めたりすると段々シッポが上がるんだけど、
サラダバーっていうコトバも呪文系かもしれない(笑)。
上がるまでが早かったんです。ふふふ。
スリスリ忘れてた記憶喪失体質猫は、実はスリスリしたあと
元気に家に直行・・・サラダバーを忘れたようでした(^^;)。

猫の好きな遊びの違いって面白いですよね。
あと、ワタシ遊んでるとこを絶対ヒトに見られたくないくらい、
ワケわかんない掛け声とか出してるんです。わはは。
連れ合いがいつも「オマエを見てるほうがオモシロイ」って。
「猫もいろんな音出してもらってさぞオモシロイだろう」って、
褒められます。ん?馬鹿にされてるのかも!!
3回に1回が崩れたら、彼は遊ぶの止めてイジケます。
勝たせる数が増えると「ツマンナイ」と言われます。
あーメンドクサイ。。
頼むから途中で飽きてヒトを置き去りにしないでぇ~!



myaumyau さん
思い出したという顔でスリスリ来られてニンマリして、
家路を急ぐシルエットを自ら俯瞰妄想して(自分はすごく美化で)、
そしてスリスリを思い出した隊長はサラダバーを忘れましたとさ。
ふふふ。
ルーク女史も腰パンお好きなんですね(^^)。
尻ペシ(笑)!そっちの名前のほうがいいかも。

ちっこい字、読んでくださってありがとう。
あんまり長いからでっかくしようとも考えたんだけど、でっかく
したら超絶の長さになることに気づいて断念しました(^^;)。
傍聴記、ワタシもやっと読んだのですがなんともはや・・・。
なんといおうか、野良猫のゴハンという問題はその枠の中にだけには
収まり切らないほど、色んな問題を包括してるんですよね。
その、猫以外の色んな部分がとっても厭・・・。
厭だけど、知らん顔するのも厭。
しかもあの裁判での猫以外の部分は色んな角度から見た話とかでは
なくってニンゲン同士の馬鹿馬鹿しい喧嘩そのものだからもっと厭。
それでも、しっかり続きも読んだ上で、
悶絶しつつお伽の世界を信じたいですね。



sari さん
し慣れないことするとクタビレますね。えへへ。
いや、シゴトそのものよりも何かにつけ猫に邪魔立てされて
すぐ終わるモンがちっとも終わらないことに疲れたような(笑)。

Chicagoくんは遊びより思索に耽るタイプなのかもね。
なんか、今までのイメージからするとそんな感じがします。ふふ。
でもジェリコロ姫が跳んだくらいだから(姫に怒られそう~)
首領もある日突然踊り・・・じゃなくて遊び出したりして。
Weedy爺はお茶目だったけど遊びも好きだったんだね。
遊び好きの爺ってステキ。あはは。
ウチ、シゴトやブログの邪魔はするくせに、シーツ交換とか
洗濯物たたむとかの邪魔はしないんです。
手間取ってもたかが知れているからそっちを邪魔して欲しい。
リヴさんとこでまさにシーツ交換プロレス大会が開催されてましたよ~(^^)。

小っさな字、読ませてゴメンー!しかも長くなっちゃったし。
大事な話だけど、色んな考えのヒトがいるから案外とデリケートな
話で、あれこれ付け足すうちに気づけばあの長さに(^^;)。



リヴさん
なんか夕暮れどきはヒト恋しいみたいですよ、彼(笑)。
可愛いけど、先週は悪魔のようでした・・・。

ちっこい字、リヴさんにまで読ませてゴメンー(^^;)!
都会のほうが案外と野良生き物に対して寛大っていうケースも
ありそうですよね。
あとド田舎とかはもう、どうでもいいやーって大らかで、
半端な住宅地がイチバン厄介なのかもしれませんね。
野良猫がどうこう言うけれど、揉めてるのは大抵ニンゲン同士で
ニンゲンの話なんだよね、ホントは。
報道の仕方とかにもちょっと問題あるのかなぁと思います。

若ーい頃、比較的野良ニンゲンの多い地域に勤務先があって、
毎日通るトコのヒトとなかよくなったりしましたよ。
採れたてソーセージ(ゴミの中から・・・)を自慢されたときは
うひーと思ったけど、イヤだと思ったことないかも。
なぜかシーズー犬を飼っているお婆ちゃんがいて
(野良ニンゲンに飼われてる犬っていうのも興味深いよね)
自分が食べるのも大変だろうにものすごっく可愛がって世話して
いたから、なんかいつもフクザツな思いで見てました。
暑さ寒さが厳しくなるといつも彼らが気掛かりだったなぁ。
なかよくまでなる必要はないにしても、忌み嫌ったり怖がったり
する必要もないですよね。
むしろ常人の顔してフツーに歩いているヒトの中に
怖いのがいっぱいいることがワタシは怖いです。

以前は野良になるヒトは選択的になる場合が多かったけれど、
今はやむを得ずなってしまうヒトのほうが増えているのかもね。
本人も大変だし、野良の中の秩序も乱れるんだろうなぁ。
そっちの話も考えると、混乱どころか軽く頭痛がしそうです。
ワタシのアタマ容量小さいから。ははは。
何もせずに見守るっていうのも大事なことですよね。


元気猫さん
オモシロイことにアパートから実家に行くときは自力では
行かないんですよ。でも帰りはほぼ自力で帰ります。
行くとき晴れてて帰りは雨!とかでも(笑)。
距離にして200メートルくらいかな。
自分で歩き慣れない道は少し怖いんだけど、ちゃんと帰れたとき
それなりの達成感があるみたいでうれしそうです。
褒めるとスリッスリしてますよ。ふふふ。

住宅街の中の道なので時々車は来るけど車道ではない。
たまたまそういう立地だったからよかったけれど、車が通る
道路は猫に渡らせたくないですね。抱っこが安全(^^)!

ただ歩いてるだけじゃなくて猫が並んで歩いてくれると、
なんでミョーにうれしいんだろう(笑)?
並んで歩けるようになったなら、公園以外の、車道から奥まった
住宅地とか歩いてみるのもいいかもしれないですよ。
往来の具合とか犬の散歩とか小さなコドモとか、ちょっと事前に
リサーチが必要かもしれないけど。

ああ、でも元気くんや優輝くんは犬と遭遇しても
全然大丈夫だもんね! その点は安心ですね。



めんまねえさん
散歩中トカゲやヤモリを見つけて(そして見失って)
延々30分見張られても隊員は黙々と一緒に待つのにねぇ(笑)。
今度途中で駄々こねてみよう!と思いました。
無視されるだろうけど・・・わはは。

遊ぶ遊ばないはやっぱり個体差なのかな。
ニンゲンだってスポーツが好きなヒトもいれば昼寝が好きな
ヒトがいるように。ふふ。
そうそう、野良猫(のオトナ)は遊ばないって話もあったけど、
実家の窓辺でまったりしてたときに通りかかった半野良猫は
網戸越しに猫じゃらし振ったらいい反応して、
一緒に遊んでくれましたよ。

めんまさんにとってねえさんはおかあさんで(甘える相手)
にいさんは兄弟猫(遊ぶ相手)、なのかなぁ。
ボール投げるとにやっとするんですね、彼(笑)。
猫又候補生だね、やっぱり!
あ、でもでも足にしがみついてくるのも遊びの一種だから、
ねえさんとは身体をぶつけあって遊びたいってことだっ!

ワタシもようやく裁判傍聴記読んだんだけど、
原告側に不利な感じで始まってたみたいなのにね。
実況見分が行われたっていうから、そのときに何か決定的な
ことがあったんだろうか。
ワタシだったらさっさと引っ越すけどなぁ。
どうせ平行線なら日々不愉快な思いするほうがイヤだよね。

変人変人っていうけど、自分から見れば他のヒトはみーんな
変人なんだし、それが面白いのにね。
没個性はイヤ!ワタシはヒトと違うの!とか言いながらも
なぜかヒトと同じに足並み揃えていることが多いヒトビトから
すると立派に変人できるヒトはねたましい存在でもあるのかな。
好みじゃないと存在も認めないっていうのはやめて、
もっと大らかになればお互い気分もいいのに、と思います。

| 薄皮饅頭 | 2010/05/17 21:02 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://56g.blog40.fc2.com/tb.php/411-f6c4b6cd

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。