ごろ太三昧

(雑種猫ごろ太の乳母日傘な日々)

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

熟練職人ゴロン


「寒くも暑くもナイ」


「いいお日柄デス」


「転がるゾ!」


「むっふふーん」


「こうすれば」


「頭も掻けマス」


「エ?落っこちそう?」


「ボクは落ちナイモン!」


「ホ~ラホラ」


「落ちてナイ~」


「まだ落ちてナイモン!」






*爽やかな五月晴の午後、アパートのある通りの端にて ( #20/100 ) 



段差の際で踏ん張って、職人芸だとは言う。
少し涼しい風吹いてお日さま浴びるに佳き日和。歩いていては勿体無いと通りの端で立ち止まり、はごろりと身を横たえてぽかぽか陽気をご堪能。
本日お日柄宜しくと前口上を始めたが、感極まってひとゴロン転がり出せば止まりゃせぬ。
コンクリートの凸凹を巧く使って頭まで掻くのは職人芸だとて、ごろりごろりと転がりぬ。

あまり自慢をしていると落っこちますよと水差されても自分は落ちぬと言い張って、ゆるゆる下る坂道の段差の際で踏ん張って、まだ落ちないと威張りける。

ホントは落ちたら落ちたで


按配いいと思ってるはず(笑)







【蛇足的考察】
枕にするにはちと高いという程度の段差は案外好んで転がっているように思えることがある。砂かぶりともいわれるゴロンは砂の中で転がり回ってゴミや寄生虫を落とす入浴代わりと言われるが、近代の文化は硬いところで転がって痒いところを掻いたり、抜け切らずについている余分な毛を取り去ったりしているようなのだ。

事実、巷のちょっと日当たりの良いところで見かける縁石や角材には色々なの色々な毛が残されている。高さのある柱のようなものであれば縄張りのマーキングのときに毛がついたのだなとも考えられるけれど、駐車場の縁石や玄関前のコンクリートのたたきやブロックなどの角の場合にはマーキングというより痒かったのかなぁと可笑しい。

ちょうど夏毛に変わる頃であるからして近所のあちこちでの残した毛を見るにつけ、毛で猫の区別ができれば面白いことが解かりそうだなぁなどとニタついているワタシである。
ゴロンではなく喧嘩でごっそり残された毛の塊なら強弱の関係も解かるかも?)

ところで世の中には猫アレルギーに悩まされている方もいるそうなので、気休めとは知りつつできる範囲で、ごろ太がこうやって地面に散らかした毛や他所の猫が残していった毛はポケットに入れて回収している。回収ですよ!蒐集じゃナイデスよっ(^^;)!
ですから道端で猫の毛を拾っているヘンなオバサンを見かけても、どうかヘンタイと思わないでいただければ幸いです(笑)。




猫という生き物は、気分がいいとゴロンゴロン実によく転がる。
その転がりっぷりを100回分集めてみたら、何らかの法則が 
みつかるんじゃないか?という、いい加減かつ無計画な試み、

それがこのゴロン百景』 である。



【お詫び】
現在、コメントへのお返事はできる範囲でですが翌日の記事の最後でしています。
コメントのお返しもできたりできなかったり、できなかったりしてます(^^;)。
それでも、とコメントくださる方、嬉しくありがたく拝読させて頂きます。

 人気ブログランキングへ にほんブログ村 猫ブログ 猫 お出かけ・お散歩へ





*コッペパンチのネタ元はみなさんご存知のくるねこ大和さんちのトメちゃん。
  そういえば先代猫によく爪なしパンチをお見舞いされましたが、ビターンと音が出るほど力の入った
  ホンキのコッペパンチ(?)でした。ぶたれたとこが赤くなるほどに(笑)。


  昨日の記事のコメントのお返事ありまーす。

スポンサーサイト

| ゴロン百景 | 21:00 | comments:10 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

なるほど~ 抜け毛を取ってたんですね。
今まで気にしたこともなかったですよ。
これからは縁石を注意して見て歩こうと思います♪
しかし抜け毛を回収してるなんて、なんて心遣いなんでしょう。
(もしかして本当に蒐集?笑)

ごろ太くん、ほんとは落ちてたんでしょう~(笑)

| koto | 2010/05/13 21:20 | URL | ≫ EDIT

坊ちゃん、それは落ちています。
そして、やっぱりゴロンすると「パンツをはきなさい!」って、思っちゃうワタクシでした。
え??外で毛を拾う・・・・!!!!
なんてまぁ・・・行き届いてますこと。さすが乳母様。
収集ぢゃないの~????

| anemone | 2010/05/13 21:33 | URL | ≫ EDIT

この狭い段で落ちない落ちないって自慢しながら転がってるくせに、実は一瞬パニックもあったんでしょー???
こうして見守ってくれている乳母がいるからこそ、安心して転がれるのよね。
うちは残念ながら、こういう状況では100%に近い率で落ちる…
だから、お!と思ってカメラを構えると大抵落ちる様子が撮影できちゃうと言うブロガー思いの子達です。
こしこしして抜けた毛をこっそり持ち帰るって、そりゃーやっぱり薄皮さん尋問候補ナンバーワンだわ…

| ズッコのマミィ | 2010/05/13 23:00 | URL | ≫ EDIT

一枚目の写真のごろ太君のお腹を見て
1人鼻息荒くしてしまいました( ̄‥ ̄)
えぇ変態ですよ( ̄m ̄*)

「まだ落ちてないモン!」の時のごろ太君
平気な顔しているけど
後ろ足はさり気なく力入っていそうなのが
笑えました(。・m・)

それにしても外に落ちている抜け毛を回収するなんて
そんな発想自体がなかったので
改めて薄皮さんの細やかな気配りに脱帽ですm(__)m





| Aたん | 2010/05/13 23:11 | URL |

まだ落ちてないもん!ってことは、過去に何度か思いっきり落ちましたか(笑)?
時々ごろ太くんが猫ではなくって本当は人間なんじゃないの?と思う時がありますが(笑)、こういう姿を見てると、ああ、やっぱり猫だ~~って思います^^

落ちた抜け毛まで回収されてるんですね!!
そこまでされてるとは、脱帽…。
というか、私も、↑の方同じく、そんな発想自体がなかったので、猫の毛拾ってる人見たら、ああ、猫の毛の収集家なんだな~と思ってしまうかもです^^;

| alpenkatze | 2010/05/14 01:18 | URL | ≫ EDIT

隊長、気持ちが良さそうですなぁ~。
私が階段で土踏まずマッサージをするのと
同じような感じなのかしら?
そうそう、落ちたら落ちたで背中も伸ばせるしね。

ペンスケちゃんのお話を聞いていると
Chicagoと重なることが多いのですが
なるほど、パンチも同じような感じ・・・
爪だけが凶器じゃないのですよね。
私も嫌がるのに顔をくっつけていたらおでこを叩かれ
赤くなること多々あり・・・
時々、場所によっては骨折するんじゃないかと心配になることも。笑

| sari | 2010/05/14 05:47 | URL | ≫ EDIT

坊ちゃま至福の時ですか?
太陽の日差しを体いっぱいに浴びて、
ごろんごろんですね。
太陽は人間にも動物にもエネルギーをあたえてくれます。
沢山光を浴びて••羨ましいな?
おばしゃんは、太陽大好きですが••人間は顔にシミができますので
日陰をあるいています。悲しいかな?(苦笑)

| 太っちょの母 | 2010/05/14 09:24 | URL |

今頃が・・・

一番いいかも?
コンクリや石畳の上が、暑くも無く冷たくも無く・・・
とにかく家を出て、一番先にやる事は「ゴロン♪」ですね。
サラダバーに立ち寄る前に「ゴロン♪」
しつこい時は、チョッキが擦れるぞぉ~~~って
思ってしまいます!!!

| 元気猫 | 2010/05/14 14:54 | URL | ≫ EDIT

ひぃ、お散歩ネコ毛収集家がいたら怖いかも(゜Д゜)!
私はちょぃとネコアレルギーあるので、抜け毛がうすら怖いです。
あ、でも道端やら家に多少あるのは平気。
怖いのは、ブラッシングして抜けた毛をフェルトにしたり、
ボールを作って保管すること・・・
あ、好きでしてる人もいるから大声で言っちゃダメね(´・ω・`)

頭も掻けるなんてさすがゴロン職人坊ちゃんですね!
さくらも、ちょっと違うけど、腰ポンポンでゴロンゴロんです。
こっちはゴロン職人じゃなくって、腰ポンポン職人かな…

| リヴ | 2010/05/14 16:48 | URL | ≫ EDIT

koto さん
固まって取れてくれると蒐集(じゃなくて回収)しやすいけれど、
夏毛なんかは風でも吹いて飛び散ってしまえばもう回収不能・・・。
だって見えないんだもん(^^;)。
心遣いというよりも、外で暮らす猫のために何かしたいという
自分の欲求をごまかすための無意味な行動なんです。ふはは。
そんなことは抜きにしても観察するのは面白いですよ(^^)


anemone さん
師笑にしてクミチョーのaneさんが判定するなら、落ちているのだ!
マミイさんとこのパンツ見てはかせようかなと思ったけど、
チョッキ着てパンツはいてたらまんまワカメちゃんですよね(笑)。
隊長の沽券に関わるのでやめておくことに。

回収でも蒐集でもなく自己欺瞞だってことに気づいたわ・・・。
いっそ蒐集家に転向しようかと思案中。


ズッコのマミイさん
最後には結局落ちるんだから踏ん張らなくてもいいのにねぇ。
サクッと落ちれば失敗談としてネタになるのに、半端にがんばって
ゆるゆるで終わるとこがさすがヘタレ猫(笑)。
やっぱり猫毛回収は尋問の対象ですか?!
なにかと犯罪に抵触しちゃって法律ってむずかしいなぁ(^^;)。


Aたんさん
猫と暮らしてたら猫のお腹なんて見慣れているはずなのに、
自分家のでも他所様のでも猫のお腹に吸い寄せられてしまう変態、
・・・それが猫好きというものです!ふはは。
そうそう、あの後足の踏ん張りが可笑しいですよね。

気配りとかじゃないんです、たぶん。
あの一件以来瑣末なことが気になっちゃって、散歩している飼い主
次第で犬を好ましく思ったり疎ましく思ったりするのと同じように、
猫連れて外を歩く以上、責任あるかななんて思っちゃって。
軽いビョーキかも(^^;;;)?!


alpenkatze さん
あんな段差から落ちるか落ちないかがんばらなくてもいいから、
家の中で棚の天辺に飛び移ろうとして失敗して、
パソコンしているワタシの横に背中から落下してくることを
やめて欲しい(笑)。
我ながら信じられない瞬発力で毎回ナイスキャッチしてます。はは。
アレ?やっぱりごろ太は猫じゃないのかも(^^;)。

猫毛蒐集家に転向しようかと思案中。そのほうがハッピーだし。
だから、帽子脱がないでかぶってください(笑)。


sari さん
駐車場の縁石なんてマイ縁石と決めているらしいものがあって、
日々抱えて陶酔してますよ~。

ペンスケがChicagoくんに似てるなんて光栄!
だけど、Chicagoくんみたいにダンディーな首領じゃなかったような。
爪ナシ強力コッペパンチ、結構痛いですよね。
でもね、sariさんみたいに無理に顔と顔をくっつけてたら
鼻ガブリされたもん!
危うく鼻の穴がヘンなトコにもひとつできるところでしたよ(^^;)。
おでこの骨にひび入らないようにご用心(笑)。


太っちょの母さん
猫のゴロンゴロンを見ているとうらやましくなりますよね~。
この季節のお日さまはホントに気持ちいいですもんね。
坊ちゃんのお伴は日向とか日陰とか選べないから、
猫に連れられて直射日光をモロに顔に浴びて、今にシミだらけ婆に
なる予定・・・。日陰を歩けないお伴もまた悲しいかな(笑)。


元気猫さん
そうそう、イチバンいい季節ですよねぇ。
もう少しすると地面が熱くなって、日中歩かせるのも難しくなるし。
元気くんも散歩の始まりにゴロンの儀式するんですね(^^)。
結構決まった場所でしませんか?
ウチはまず玄関出たタタキのとこで転がります。
このゴロンがあるから、薄い色のチョッキだとすぐにきちゃなく
なっちゃうのよね(^^;)。デニムが一番だよね!


リヴさん
ありゃ、それじゃやっぱり蒐集家になってリヴさんを怖がらせ
ちゃおうかなぁ~。いひひ。
アレルギーあるんですね。
以前エアコンの取り付けに来てくれたお兄さんが、作業が全部
終わってから「ひどい猫アレルギーなのに全然平気だった!」と
喜んでくれました。ウチ不潔極まりないのにフシギだった(笑)。
まちがってリヴさんに猫毛玉とか送らないよーにします。ふふふ。
そういうのは好みだから、アレルギーじゃなくても
あんまりーっていうヒトも居ますよね。

ゴロンゴロン、単純に気持ち良くてすることも多いから
さくらちゃんをゴロンゴロンさせるリヴさんが職人なのかも!

| 薄皮饅頭 | 2010/05/14 20:07 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://56g.blog40.fc2.com/tb.php/408-80e98936

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。