ごろ太三昧

(雑種猫ごろ太の乳母日傘な日々)

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

セキレイゴロン


「大変デスッ!」


「鳥がッ?」                  「接近ッ!」


「どんどんコッチに来ます!」


「まだ来るッ!どうしよう?」


「もうスグソコデス!」


「あッ!アレ?」              「行っチャッタ」


「・・・・・ンモー」


「その気にナッタのにぃー」


「鳥のばかぁ~」


「鳥なんか別に」


「捕らないモン!」






*春たけなわの白昼、アパート横の駐車場にて ( #19/100 ) 



緊迫感から解き放たれて内心安堵の隊長。
通りに落ちる影の長さが日毎短くなって来てほかほか緩むアスファルト。任務日和とシッポを立ててのんびり角を曲がった途端隊長矢庭に向き直り地面に伏せろと大慌て。
と一緒に地面に伏せて見つめる先に目を遣れば、温き地面に舞い降りてお散歩日和と言いたげなハクセキレイの姿あり。

実を隠すものひとつない白昼の下腹這いで隠れたつもりの透明を気にも止めずにセキレイは、タタタタタタとジグザグの軌跡描いて歩み寄り、思いも寄らぬ大接近に隊長いよいよ平たくなってどうしていいかわからぬままに地面掴んで唾を飲む。

あまりに平たいを見て可笑しくなったセキレイは見えぬところで笑おうと堪え切れずに飛び立てり。後に残りし隊長は失意ながらも張り詰めた緊迫感から解き放たれて、鳥など要らぬと転がれば再び弛んだ空気の中で麗麗心地良くなって、ハクセキレイも蜃気楼。

「あ~アッタカイ・・・」






【蛇足的補足】
小鳥であれ虫であれ、蜥蜴も守宮も、動く小さな生き物を見ると無意識的に狩猟本能のスイッチが入ってしまうのがという生き物。本来であれば物陰や草陰に隠れて狙うところを、白日の許でペッタンコになるあたり、呑気な飼い猫らしいと乳母は忍び笑い。

勿論、ハクセキレイが彼に気づいていないはずがない。ハクセキレイは小走りするように地面を歩いては食べ物をつついたりしているが身のこなしが大変素早く、いつでも逃げられるとよくわかっていて猫をからかったに違いない。

とは言え、ごろ太だって猫である(笑)。もしかしたら目にも止まらぬ早業で鳥を捕まえてしまうかもしれない。しかし 『食べないものの殺生はご法度』 が我が家の掟であるからして、
ごろ太が小動物を捕えることをワタシは絶対にさせない。
シャッター切りつつ、いつでも阻止できるよう彼以上に緊迫して身構えているのだ。
(夏場ごくまれに間に合わずに蛾を捕らせてしまったことはあるのだが極力虫も守っている)

でも、ごろ太の様子を見ていると彼には本物の狩りは少々ハードルが高いのではないかという気がしてならない。そしてペッタンコになって緊迫しただけで本猫は結構充実しているようであるあたり、お気の毒やら微笑ましいやら・・・。

狩りの途中で悉く隊員にジャマされても裏切り者と怒ることもしない呑気な性格のごろ太には済まないが、その代わりに生涯変わらぬ愛情と、充分な食事を献上している。
それはさておき、このゴロンは安堵のゴロンに違いないと何度見直しても笑ってしまう。




猫という生き物は、気分がいいとゴロンゴロン実によく転がる。
その転がりっぷりを100回分集めてみたら、何らかの法則が 
みつかるんじゃないか?という、いい加減かつ無計画な試み、

それがこのゴロン百景』 である。




【お詫び】
現在、コメントへのお返事はできる範囲でですが翌日の記事の最後でしています。
諸々の事情でできぬ日もありますが、その折には何卒ご容赦くださいませ。
コメントのお返しもできたりできなかったり、できなかったりしてます(^^;)。
それでも、とコメントくださる方、嬉しくありがたく拝読させて頂きます。

 人気ブログランキングへ にほんブログ村 猫ブログ 猫 お出かけ・お散歩へ



*横断歩道の白しか踏んじゃイカンという遊び、よくやりましたよ~。白じゃないトコ踏むと溺れちゃうの(笑)。
  以前はハーネスが引っ掛かってもグイグイ前進しようとしてばかりいたけれど、段々と散歩中はハーネスが
  自分の身体の一部である、と無意識に理解したのか、完全に引っ掛かる前に下がるようになりました。
  でも、やっぱりあの枝は飛び越して欲しい・・・隊長って猫だよね???

  プレートには駐車場の借主さんの名前が入っているので一応消したのですが、『様』だけのはいいか~と
  そのままにしたから、なんだか却って目を引く存在になっちゃったかも(笑)。

  REIさん、ココだけの話だけど、隊長実はジャンプがあまり得意ではないみたいです。
  攀じ登るほうが好きだけど、状況的に攀じ登って解決できる問題じゃないと判断しての蛇腹かな。あはは!
  そうか!連れ合いがいることで悪いことは連れ合いのせいになってるのか!
  策せずして、してやったり(笑)。

  alpenkatzeさん、ごめーん、うっかり前のサイズで写真を作ってアップしてから気づいたのだ(^^;)。
  あ、このフェンス際の塀の高さはワタシの腰に届かないくらいなのですよ~。だからワタシを使って枝を
  越えようと思ってもドコを踏み台にしていいかわからない至難の業かも。でも、太郎ちゃんだったら何と
  してでもalpenkatzeさんを踏み台にしようとしたりしてね(笑)。

  シータとうさん、初めまして! コメントをありがとうございます。ウレシイです(^^)。
  でも、読み逃げも大歓迎ですよ、ふふふ。ワタシも読み逃げばかりしていますです。
  猫もお好きですか?それもウレシイ限り。 どうぞいつでも読み逃げにいらしてくださいね(笑)。

スポンサーサイト

| ゴロン百景 | 21:00 | comments:12 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

家のニャン太郎もお散歩の途中で鳥さんを見かけたら飛びかかろうとして大変でした。
もちろん私も阻止するためリードを固く握りしめていました。
元気で地面にすりスリしているネコさんは春の風物詩ですね。
ああかわいいなあ。

| まつぼっくり | 2010/04/25 22:32 | URL |

セキレイ、歩き方がかわいいですよね~!
こっちにもいますよ^^
でもまだうちの周辺では見ません。
鳥ね~、うち、先日コマドリを捕まえてしまった時がまさしく、
>目にも止まらぬ早業で鳥を捕まえてしまうかもしれない
・・・これでした(-_-;)
一瞬何が起こったか分からなくって、太郎が繁みから出てきた時、口の中には既に一匹の鳥が…!って感じでしたので(汗)。

アスファルトの上でごろんとやってもまだまだ暑くはないんですね~。
うちは気温20度でもうへとへと、すぐに日陰に行ってしまってますよ^^;
暖かくなるとお散歩が長くなりそう・・・と心配だったのですが、暑いのは苦手のようで、それで部屋の中に入ってくれるので夏は意外と楽になりそうです(笑)。

| alpenkatze | 2010/04/25 22:47 | URL | ≫ EDIT

お~近い近い!!
平ぺったくなってる姿って、可愛いですよね~
残念そうにゴロンとするのも、可愛いな~
狙ってドキドキしてるだけでも、十分楽しいんですよね。
暖かくて忘れちゃったかしら?(笑)
空を見上げるごろ太君、気持ち良さそう~

| mogu07 | 2010/04/26 02:49 | URL | ≫ EDIT

鳥ちゃんが近くくるまでの、ごろ太君のわくわくどきどき感がこっちにまで伝わってきたんですが…
逃げられちゃったねぇ。
せっかく一緒に遊ぶ計画を色々立ててたのに…
でも転んだらタダでは起きないごろたん。
背中暖かくって気持ちよかったんだねー。
めでたし、めでたし。

| ズッコのマミィ | 2010/04/26 03:04 | URL | ≫ EDIT

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

| | 2010/04/26 08:02 | |

猫を恐れない鳥もいるもんですね~!
隊長せっかく遊べると思ったのに逃げられましたね。
でも地面にゴロゴロして気持ち良さそう~!
薄皮饅頭さんがごろ太くんに小動物を捕えることを絶対にさせない
という姿勢は本当に素晴らしいと思います。
薄皮饅頭さんのように責任感のある飼い主がもっと増えてくれると嬉しいですね。

| Queen Sasha | 2010/04/26 13:39 | URL | ≫ EDIT

うふふ、安堵のゴロンなんでしょうか~
それとも鳥に逃げられちゃった照れ隠し??
それとも楽しかった~ゴロンかなぁ~

さくらもずいぶん坊ちゃんみたいなゴロンするようになったので、
写真に撮ってみたいけど、腰ポンポンしてる時に、
ゴロンゴロんするのよね~
もうちょっと腕が長くないと撮れないっぽい(´・ω・`)

| リヴ | 2010/04/26 15:41 | URL | ≫ EDIT

春になると日差しも暖かいし、道路も良い具合に暖かいので
ゴロンとなる気持ちもよくわかるような気がします。
夏だと暑すぎてゴロンが出来なかったりしませんか?
猫ちゃんってお外ではゴロンってしないんだと勝手に思ってたのですが
外でも安心してる場合はゴロンってしたりするんですねw
気持ちよさげなお顔がたまりませんねw

| 祭花 | 2010/04/26 17:05 | URL |

セキレイが腹筋震わせて笑っているところを想像・・・^^

うちも殺生はしない主義なんですが、猫の忍耐力と精神力の持続時間と、人間のそれとは比較にならないので、ふわぁ~っ まだかいな とあくびして気を抜いていると、突然アクション!あっという間に野ねずみとかコオロギとか口にくわえていることが・・・
レスキュー隊出動しますが、やっぱり傷つきますからね~

| tieta4u | 2010/04/26 17:26 | URL |

野生のね~直感が働いてしまうんですねえ…。
まあそういう野性味のあるところも猫の魅力ですけど。
うちはベランダに鳥が来ないかぎり、鳥は無理ですけど…。虫は…たくさん犠牲になっているかと…。はあ~。


写真、そういうことだったのですね~。
美梅のときならできるかな…。
小虎の場合は爪切りも歯磨きもシャンプーも2人係でも大変なので…。

| Kotora | 2010/04/26 18:07 | URL |

セキレイがもっと近くに来ちゃったらどうしよぅ…
ごろ太くんは、どうするんだろう…
と、ドキドキしちゃいました(;´艸`)

おかかは狩り遊びをしている時、
ぴんぽん玉やうに玉に隠れて狙ったりしています…。
本猫は隠れてるつもりなんだと思うんですけど、
全部見えてますっ(笑)
その姿を見る度、
「元野良なのに…すっかり家猫になっちゃったねぇ(笑)」
と笑う飼い主2人です( *´艸`)

| あさき | 2010/04/26 22:20 | URL |

そう!食べないものは、とっちゃかわいそうですもんね。
不可抗力ですずめとかとってる猫はいますが...
うちは、ダンゴムシとかでも、なぜか平たくならず、
すっくと姿勢を正して、座って、首だけかくっと
傾けてじいいいいーっとみる癖があります。
だから、ネズーが家の中に出たときも平たくならず、
立ち上がらんばかりに座ってみてました。
ちょっとおかしいんでないのか?(笑)カエルはなでるし。

ごろたくんの、緊迫感が伝わってきて...
どきどきしましたけど、
でも、ごろたくんも、別に捕まえようとしてなくて、
どうしよう、って...飛んでくれて
ほっとしたのかしら?
ごろーん、って甘えた顔が、もう、子供のそれ。
あーかわいい。
薄皮饅頭さーん!!ごろーん。って感じで...
こんなの見せられたら、たまりませんね。

| めんまねえちゃん | 2010/04/27 00:53 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://56g.blog40.fc2.com/tb.php/390-e8297569

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。