ごろ太三昧

(雑種猫ごろ太の乳母日傘な日々)

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

暮れゆく自惚れ


「ボク自分で歩きタイ!」


「たしかこのあたりダ」


「このニオイデス!」


「ココダ、ココダッ!!」


「ちゃんとわかったモン」


「むおぉぅーっ」


「トリャッ!」


「つい登っちゃったケド」


「ドコに降りようカナ・・・」




お天道様に連れられての自惚れ暮れにけり。
鶏肉たくさん買ったから分けてあげると母が言い、夕暮れどきまであと少しだと茜染み出す空を仰いで、お駕籠に乗った坊ちゃんは非武装地帯を越えてゆく。
最後の角を曲がったところでは駕籠からはみ出しながら自分で歩いて行くのだと意欲満々降り立って、ニオイや音を確かめながら任せておけと歩み出す。

心許ない道案内は目的地へと近づくにつれ間違いないと頷いて、到達したと判った途端今日は自分で来たのだと階段上がって振り返り鼻高々の為たり顔。天にも昇る勢いで貝塚伊吹に跳びつくが、節くれだった幹の半ばで力尽きたか行き詰まる。

次第に腕もくたびれて着地地点を探そうと、コンクリートの敷石を困惑顔で見下ろしている慢心の自惚れは、お天道様に連れられて向こうの山に沈みゆく。





【蛇足的考察】
しばしばごろ太を連れてゆく遠足の目的地の実家まではアパートから200メートル足らず。南の階段まではごろ太の巡回コースなのだが彼はなぜかその先に進まず引き返してしまうので、遠足にはいつもお駕籠で出かけている。
このお駕籠で通る80メートルほどの非武装地帯、帰るときには進んで自分で歩くのに、往き道はあまり歩きたがらないことが多い。
遠足は連れて行ってもらうもの、と習慣づいていることが主な理由だと思うのだが、実はワタシにはもうひとつ心当たりがないわけでもない。

ごろ太と実家の庭から通りに出て非武装地帯を散策していたときに、通りかかった散歩中の柴犬が飛び掛ってきたことがあるのだ。
向こうから犬が来るのが見えたので通りの反対側に避けてはいたのだが、近づくにつれ犬は唸り始め、唸られたごろ太は背中を丸めて毛を逆立て、故意ではないと思うが次の瞬間こともあろうに犬の飼い主がリードを離したのである。
慌ててワタシがごろ太に覆い被さって事なきを得たのだが、数えるほどしか聞いたことのないごろ太の「シャーッ!」という威嚇の声のうちの貴重な1回はその時にも聞いた(笑)。

追い詰められて恐怖にかられたは攻撃的になる場合が多いので、ごろ太に何もなかったことも相手の犬を怪我させずに済んだことも幸運だった。
それ以来ごろ太は犬を警戒するようになってしまった。また同じようなことが起こってはいけないので、散歩中の犬と遭遇したらごろ太を抱き上げて通り過ぎるまで待つことにした。
犬が飛び掛って来た時ごろ太は実家の方に向かって歩いていたので、彼の中になんとなく厭な記憶が残っていて、実家の前の通りを歩きたがらないのかもしれないというのが、心当たり。

それから10ヶ月が過ぎたが、最近こうして自分で歩いて行くと言うようになったということは、厭な記憶が薄れつつあるのではないかと、実家目指して歩いてゆくごろ太の背中を見ながら考えたりしている今日この頃である。


【そして余談】
高いところからが落ちたときには、まず身体を捻って頭を地面と水平にしてバランスを取ろうとするのだそうだが、しがみついていた木から飛び降りる折にも上半身の体勢をを先に整えているという証拠写真(笑)。
つまり、ごろ太にとって落ちるのと飛び降りるのは同じということ(^^;)?

「トオッ!!」





【お詫び】
諸々の事情により、しばらくコメントへのお返事をお休みさせてください。
それでも、とコメントくださる方、嬉しくありがたく拝読させて頂きます。

 人気ブログランキングへ にほんブログ村 猫ブログ 猫 お出かけ・お散歩へ
スポンサーサイト

| 散歩猫 | 21:00 | comments:11 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

なるほど~、ごろ太くん、覚えてるんですね。
でも、えらいですよ。そこは危険な場所って分かってるってことで。
うち、お散歩始めの時に、お隣のワンコさん(小型犬)に何度か吠えられたんですけど…、その時は怖がっても後はお構いなし、です(-_-;)
そのワンコさんには、窓越しにワンワン吠えられたこともあるんですが、太郎、次のお散歩時にそこの窓覗くし…(汗)。
もうっ、好奇心が旺盛過ぎて本当に困ります(汗)。

ごろ太くんのつかまり姿、かわいいー!
最近、ごろ太くんと太郎の一緒のお散歩姿の妄想が止まりません^^;
ヒモ付き同士、仲良くなれそう~~、とか思っちゃって(笑)。

| alpenkatze | 2010/03/12 22:21 | URL | ≫ EDIT

ごろ太ちゃんの木登りは乳母様直伝でかっちょいいけど、
乳母様は飛び下り方までは実演してくれなかったのね?
ひどい乳母様じゃあ~りませんか~!?(笑)
わんこは毎日いるわけじゃない・・・っていうか、
ごろ太ちゃん記憶喪失のケがあったんじゃ・・・?

| anemone | 2010/03/12 22:35 | URL | ≫ EDIT

ははあ~ごろ太くんのお散歩には多くの山あり谷あり…いろいろあったのですね~。家派小虎を回ほどリードをつけて散歩させたことがありますが、一度犬が吠えてきてリード抜けして逃げちゃったことがあり…。その後も別の理由でリード抜けし…。お散歩は怖くてさせられなくなったのです…。きつくちゃんとリードをしているつもりだったのですけどね。太郎ちゃんを見て、またお散歩させたくなってもっと微調整の効く新しいリードも買ったんですが。リードそのものが嫌になっちゃったみたいで家でもなかなか付けさせてくれず。放置している状態です…。
お籠にのせてなら一緒にさんぽできるかなあ~。基本的に外が好きな子なので、させてあげられたらなあとは思うんですけどね…。

あの~リンクさせていただいてもかまわないでしょうか?

| Kotora | 2010/03/12 22:38 | URL |

ご心配お掛けしました。

復活しました・・・・・
頭痛と吐き気が納まれば、こっちのものです♪
あれは何だったのか?
医者でも原因不明です←それも怖い?
ただ、寝てて寝返り打つだけで酷い頭痛と
嘔吐感には参りました。
後、もっと酷い時には眩暈もある時が・・・

ごろ太君、悪い事は忘れるに限るよ!
と、いい加減なB型は言うけど
教訓として忘れるなとも慎重なA型は言うかな?

乳母さんはどっち?
なるようになるさぁ~と大らかなO型か?

| 元気猫 | 2010/03/13 00:14 | URL | ≫ EDIT

解ったごろ太君、得意気で可愛い!
勢い余って木に登っちゃったのね(笑)
どうしようか考えてるのも可愛い~
どこかへ行く途中で嫌な事があったら、トラウマになってる
かもしれませんね。
ごろ太君も薄皮饅頭さんも怪我がなくて良かった.....
吠えられたらまた思い出しちゃうだろうけど、イヤな思い出を
忘れつつある様ですね。
飛び降りたごろ太君、後ろ足がまだ木にしがみついてる?!

| mogu07 | 2010/03/13 03:00 | URL | ≫ EDIT

隊長、立派に非武装地帯をご自分で歩いて行けたのですね。
むふふ、にゃんぱらりんも華麗だこと。
実家にいたJamは猫さんがダイスキで(犬より猫のほうが好きだったようです)
ご近所の猫さんもJamのことが好きで
よく家にも遊びに来てくれたりしていたのですが
犬飼いの私のほうでも知らない猫さんと出くわした時は
いつもJamを抱き上げてました。
ウチの場合、無邪気に近寄ってケガさせられることになるだろうし
また、猫さんにも怖い思いをさせたくないから・・・
しかし・・・その柴犬の飼い主さん。
故意ではないにしても、ちょっと・・・怒
坊ちゃん、そんなに怖いこと、ちょこちょこ起こるわけじゃないから安心してね。
でも用心深くいることも、悪いことではないかもしれないですね。

| sari | 2010/03/13 04:34 | URL | ≫ EDIT

非武装地帯で怖いおもいをしたんだね、
誰にもいえないけどきっとゴロ太ちゃんはおぼええるのでしょう。
そこを抜けたらこっちのものよね。
木登りなんて、なかなかできないよ~
見事なつかまりようだわ、
降りる方向性も完璧ね^^
プリン姉さんて存在感のある姉さんね、ゴロ太ちゃん。


| だっちゅ | 2010/03/13 08:06 | URL |

どこに降りようかと困り顔のごろ太くんに
笑ってしまいました。かわいい~♪
そういえば、乳母さま、この前ごろ太くんに
木登りを伝授した時、降りる時は抱っこでしたよね(笑)

故意ではないにしても、その柴犬の飼い主さんには
腹が立ちますね。
散歩中にリードを離すなんて
一番やっちゃいけないことなのに…
ごろ太くん、怖い思いをして、トラウマになっちゃったんだよね。
ちょっとでもイヤな記憶が薄れて、よかった^^

| Hitomi☆ | 2010/03/13 13:11 | URL |

ごろ太君、きっと覚えてますよ。 
マックも落ちたキャットタワーに登らないですもの。
うちは逆に以前の猫がお散歩ビーグルを襲った事があります。
ビーグル君が庭に入ろうとしたのです。
全身傷だらけになったビーグル君は、それ以来うちの前は絶対通らなくなったと飼い主さんが言っていました。

追い詰められれば猫は強いですが、芝犬は熊でも戦う犬ですから、何事も無くて良かったです。
飼い主さんも慌てたのでしょう。

木登りのごろ太君、十文字の術でしょうか?

| REI | 2010/03/13 17:34 | URL | ≫ EDIT

木登りしてる!すごいすごい!!
カッコイイなぁ、ごろ太くん^^
プリン姉さんってすごく貫禄ありますねぇ。ふさふさだし。
今日は暖かかったからお散歩日和でしたね。
うちも久々に外に連れ出してみたけど、怖いみたいでダメでした(^^;

| りんこママ | 2010/03/13 19:07 | URL |

シャーっていう威嚇が貴重だなんてうらやましい。
わけて差し上げたい(ウソ)...
ごろ太くんはジェントリーな子なんですねえ。
お散歩できるんですものね。
でも、犬のリードが外れて猫にきたら...
もう読んでいるだけでどきどきしました。
覆いかぶさるとっさの決断がなければ、と思うと
冷や汗が出ます。うちは犬がうちの塀の上にいた
前の猫にとびかかって喧嘩しそうになったので割って入って
大怪我した覚えが(小学生のときかな?)...
転嫁攻撃命がけだから、相手の犬も無傷とはなんと幸運な。
よかったです。

木にしがみつくごろ太くん!!
なんかかっこいい、そして自分でとおっと降りられるのも。

犬が来て、だっこでやりすごせるってあたりも
とても賢いすがたが伺えます。

| めんまねえちゃん | 2010/03/13 20:58 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://56g.blog40.fc2.com/tb.php/345-face0b2c

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。