ごろ太三昧

(雑種猫ごろ太の乳母日傘な日々)

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

精進潔斎明けて


吸い込まれそうな瞳のWeedy爺からもらった

49-2.jpg
素敵なお皿と一緒に空を飛んで来た異国のモンプチ

49-3.jpg
坊ちゃん、これをいただこうか!

49-4.jpg
「おいしそうデス!」

49-5.jpg
「いただきマース」

49-6.jpg
Weedy爺とお揃いのお皿で

49-7.jpg
優しい彼に見守られながら

49-8.jpg
「コレ、ものスゴーク」

49-9.jpg
「ンマイ!!」

49-10.jpg
「なくなっちゃッタ・・・」

49-11.jpg
「ごちそうさまデシタ」

49-13.jpg
こんなにたくさんありがとう

49-14.jpg
ニンゲンにはチョコレート、美味しかった!




オレンジの国のWeedy爺の49日の精進明けて。
お正月に坊ちゃんが猫御節を頂いたときのクリスタルのお皿。来歴はいずれお話すると申し上げていたが、このお皿は遥か遠いオレンジの国から空を飛んで、クリスマスの頃我が家にやって来たsariさんとWeedy爺からの贈り物。

夏の始め頃から心臓を患って何度もしんどい状態になりながらもずっとがんばって、家族としあわせなクリスマスを迎えることができた彼とお揃いのお皿が嬉しくて有難くて、そしてお正月も一緒に迎えられるよう、ご馳走を遠く離れた爺と同じお皿で食べられるよう、願いをかけてお正月におろそうと決めた。
爺は少しでも長くsariさんと一緒に居たくてとてもがんばったのだけれど、残念ながらお正月を待たずに彼の岸へ渡っていってしまった。

クリスマスまでだって充分にがんばってくれたのに、欲張り過ぎたと訃報を知って泣いた。sariさん、Weedy爺、ごめんね。

Weedy爺の病気が発覚したのは、ワタシがsariさんのブログ『南の国のねこぐらし』で彼と初めて出逢って間もなくのこと。病院に行くと恐怖で発作が起こってしまう彼を、sariさんは安心できる家で、ご自分で出来る限りの方法で看病しながら穏やかに暮らしてもらいたいと仰った。

口で言うのは容易いが、それは本当に心身ともにしんどいこと。

ついつい余計なお節介をしたくなり、あれはどうだこれはどうだと思いつくことをあれこれ並べては、爺の容態に一喜一憂しているうちに、なんだかもう我が家の猫のような錯覚を起こしてしまって、彼が今でもとても愛しい。

お皿はお正月におろしたが、いただいた贈り物はWeedy爺の49日まで手をつけず大切にしまっておいた。
そして今日、ささやかだけれどごろ太も一緒に49日の精進落とし。
(時差がわかってないから1日早くなってしまったかもしれません)
キッチンでゴハンをねだってsariさんを見上げるWeedy爺の可愛い顔を見つめながら、ごろ太は舶来モンプチを、ニンゲンはチョコレートを美味しくいただいた。
sariさんとWeedy爺には本当に大切なことをたくさん教えてもらった。

本当に本当にありがとう。

何もできなかった上頂きものまで頂戴しておいて烏滸がましいかもしれないけれど、先代猫と一緒に爺はずっとワタシの心の中に居る。今頃あちらでなかよく遊んでいるといいなぁ、せめてご挨拶できていればいいなぁ、と思う。

ところで、モンプチは我が家ではごろ太のシャンプーの後のご褒美。モンプチと呪文を唱えればシャワーをかけられても耐え抜くほどの大好物なのだ。
それをご存知のsariさんがお皿をくださる折に
「風呂上りのモンプチをこれで食べて」
と言ってくださったお言葉通り、この素敵なお皿、これからはスペシャルご褒美用お皿として活躍していただく所存である(笑)。

49-12.jpg

手皿もお揃いだったね





(13日の記事はこの下、通常の記事は本日21時の定刻に更新します)




【お詫び】
諸々の事情により、しばらくコメントへのお返事をお休みさせてください。
それでも、とコメントくださる方、嬉しくありがたく拝読させて頂きます。
スポンサーサイト

| 未分類 | 04:00 | comments:14 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

weedy爺さんに見守られて、
ゴージャスな器でモンプチをご堪能。:)
ごろ太坊ちゃま、沢山食べて、
長寿を全うして下さいね。

猫ちゃんにとって病院は恐怖でいっぱいでしょうね。
太っちょも病院から帰って来るたびに、
体調を崩しておりました。
きっと私も太っちょが発症したら
自宅療養を考えると思います。
sariさんの気持ちは凄く理解でいます。

| 太っちょの母 | 2010/02/14 05:57 | URL |

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

| | 2010/02/14 06:16 | |

そっかぁ・・・そうでしたか。
昨日、南の国におじゃました時に、だいたい読ませてもらって、
なんちゅうか、母のことを思い出してしまって、ちょっと辛くなっちゃったの。
母は4年ほどまえに我が家で最期を迎えたの。末期癌でした。
母の希望通り我が家で介護して最期も我が家で迎えることができてよかったな~って気持ちと、
何にもしてあげれなかったなぁ~って、気持ちとが交錯してて、しばらくはちょっときつかった。
よそ様の愛猫の死で、実母の死を思うなんて・・・どっちにも失礼かしらね~と、思って、
あちらには、書きこみにくくて・・・
ま、他ならぬ、ナポリタン震源地の薄皮饅頭さんとこで、つい、もらしちゃいました♪
Weedy君って、すごくきれいなネコちゃんでしたね。
きっと、天国でごろ太君の食べっぷりも見てるんじゃない?
あ!Greeniesもあるじゃない~!
よかったね。ごろ太坊ちゃん!
もんプチ好きなら、パッカン音も好きよね~?

| anemone | 2010/02/14 06:25 | URL | ≫ EDIT

ごろ太君とWeedy君、一緒に食べてるみたい。
Weedy君もあちらで美味しく食べてるかもしれないですね。

私も同じ頃にお邪魔し始めたかも。
頑張ってるWeedy君とsariさんの姿には、私も沢山の事を
教えてもらいました。
ずっと様子を見てたから、本当に家族同然に思えて
愛しいですよね.....

| mogu07 | 2010/02/14 08:32 | URL | ≫ EDIT

薄皮饅頭さん、素敵な記事をどうもありがとう。
坊ちゃんが美味しそうにモンプチ食べてくれて
すごく、うれしいよ~。
爺もきっと喜んでる・・・ペンスケちゃんと一緒に・・・ね
うふふ、ごろ太くんとお皿も手皿もお揃いだ!
みんなに愛されて、本当に幸せな猫生だったと思います。
本当にありがとう。

| sari | 2010/02/14 08:58 | URL | ≫ EDIT

元気にモンプチを美味しそうに食べるごろ太ちゃん、
Weedyちゃんは綺麗な猫ちゃんでしたね。
友人宅でもわんちゃんと猫ちゃんを介護していますが、
思い出しながら、読みすすめていました。
ずっと見守っていらしたら、
家族のような気持ちになりますものね、
天国のWeedyちゃんにいつも見守られて、ごろ太ちゃん
元気であるがまま、このままでずっといて欲しいです。

| otokutokuko | 2010/02/14 09:00 | URL |

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

| | 2010/02/14 09:05 | |

Weedyちゃん49日ですか。。
時折通勤中に携帯からsariさんのサイトを拝見しながら、、電車の中で鼻水啜って読んでいました。Weedyさんのお気に入りご飯をお裾分けしてもらって、坊ちゃんもご機嫌ですね(^-^)
モンプチって、海外版も同じ色合いのパッケージなんですね~。分かり易いかも。

>我が家では薄皮さんのお勧めフォルツァで快適食生活を送っています。その節はご心配などなど沢山いただきまして、ありがとうございましたm(__)m~~
薄皮さんのご近所には白梅が咲いているんですね~まもなく春ですね。

| | 2010/02/14 09:48 | URL |

ブログ友達の・・・

ワンコさんやニャンコさん達・・・
毎日、お邪魔して写真や記事を拝見していると
前から実際に知っているような、
錯覚を起こしてしまいます。

その子達が病気になったり、亡くなったりした場合
こちらも心配したり、唖然としてショックを受けたり・・・

逆の立場だったら、励ましやアドバイスが
とても嬉しいですね。

Weedyさんも、今頃楽しい猫生だったと思ってるかな?
遅まきながら、ご冥福をお祈りいたします。

| 元気猫 | 2010/02/14 14:06 | URL | ≫ EDIT

Weedy爺のこと、sariさんのブログにおじゃまして
涙しながら読んできました。
長年連れ添った愛猫さんとの別れ、辛く寂しいお気持ち
本当にお察しします。 そして、Weedy爺のお写真のお姿、
胸の奥に刻み込みました。

ブログを通して繋がった海を越えた友情・絆、素敵です^^
Weedy爺の魂は、モンプチの美味しいご飯を通じてごろ太クン
に語られ、伝わったことでしょうね。 我が家もきょうの晩ご飯
はモンプチにして、Weedy爺のことを偲びたいと思います☆

| ゆっこ♪ | 2010/02/14 15:28 | URL | ≫ EDIT

遠く離れた猫ちゃんも
触れたことない猫ちゃんも
毎日のようにこうして見させて頂いていると
いつも抱っこしているような・・・
いつも話しかけているような・・・・
自分の猫ちゃんのような錯覚に陥っていますから
旅立ちのときは本当に辛すぎます。

私は初めてsariさんのお部屋をお訪ねしたのですが、
49日をお迎えされたsariさんは
「思い出して笑顔になることが多くなった」と
記されていたことが何よりも救いとなりました。

Weedyちゃんもきっと安心されたことでしょうね。

| だっちゅ | 2010/02/14 20:21 | URL |

sariさんからナポリタン騒動に紛れてコメをいただき、
私も南国ブログに遊びに行ってきました。
過去ログも読み漁って、知ることもなかったWeedy爺の旅立ちに
ズビズバ号泣しました。
先代猫のボンボも心臓病だったので、当時の事とか蘇ってきちゃってね…
49日か…でもこれからもWeedy爺には羽根生えてsariさんの周りで
飛びまわっていると思うよ。
ごろたん、お揃いのお皿で食べたモンプチうまかったんだね。

例の悪質サイト復活の模様…
今日のブログに書いたけど、どうしようか?
私もまだ良く見てないけど、改訂版として前回引っ掛かった部分を変えている模様。
また対策委員会発足しなきゃ、ですよ。

| ズッコのマミィ | 2010/02/14 20:52 | URL | ≫ EDIT

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

| | 2010/02/15 08:42 | |

いろんなことがありますね・・・

関連ブログ、ならびに記事拝読しました。
長年一緒に暮らしていれば言葉も必要ないぐらい阿吽の呼吸とでもいうのか、そういうことで分かり合えるんでしょうね・・・
それが猫語や人の言葉であっても・・・
ペットではなくパートナー、いや家族の一員なんでしょう・・・
私がリンクしてるブロガーの方にも、やはり病に倒れてる猫ちゃんがいます。
なんとか助かってほしいものです。
Weedy爺さんからいただいた食器にモンプチ。
ごろ太君も長生きすることでしょうね~

| dejavuewords | 2010/02/15 17:00 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://56g.blog40.fc2.com/tb.php/320-9169d7f1

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。