ごろ太三昧

(雑種猫ごろ太の乳母日傘な日々)

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

空に真白き綿雲


「昼間の遠足ダ!」

100121-2.jpg
「アッ!大きな鳥!」

100121-3.jpg
キジバトですね、坊ちゃん

100121-4.jpg
「鳥のトコ行きたかったナ」

100121-5.jpg
「ココ上がったらお日さまダ」

100121-6.jpg
坊ちゃん、ちょっと乗り出し過ぎです

100121-7.jpg
よっ          こら          せと

100121-8.jpg
「むむぅー」

100121-9.jpg
「でも、あとちょっとダ」

100121-10.jpg
晴れた空には白い雲





陰と日向を通り抜け綿雲仰いで駕籠はゆく。
暦の大寒何処へやら、お供はお駕籠を肩にかけぽかぽか陽気の遠足日和。最初の角を曲がったらキジバトの背がお出迎え。ぜひとも直接話をしたいと勇む坊ちゃんなだめつつ、南の階段上がってゆけば空が一段広くなりところどころを千切られたむくむく白い綿の雲。

雲に触れたくなったのか、坊ちゃんますます身を乗り出してお駕籠を大きく傾けりゃ、背負い手にひょいと戻される。不本意そうな顔になってもひとつの角を曲がるたび日向と陰が入れ替わり、じきに楽しい目的地。弾む気持ちを乗せたお駕籠は雲を仰いで進みゆく。

(向かった先は実家の庭。遠足はしばらく続きます。)



【蛇足的補足】
ごろ太は生後(推定)ひと月半の頃保護したのだが事情あって留守にするときに家に置いておけず、小さな頃からしばしば連れて歩くことになった。
車に乗せて色々な所に連れて行ったが、ピアノの練習のためにほぼ毎日通う、アパートから200メートルほどの実家はごろ太の保育園。お駕籠に乗って物見遊山を楽しみながら通い慣れた道である。
お駕籠と称するソフトキャリーはその頃から使っている。小さな頃はちょっとした小部屋だったが今ではいっぱいいっぱい(笑)。

キャリーのふたを開いてのお駕籠行脚で、キャリーについた脱走防止用の短いリードにハーネスを繋いでおくと何かの理由でが飛び出したとき、キャリーごと持っていかれるか、あるいはハーネスがするりと脱げてしまう恐れがあるので、散歩用のリードを必ずつけて短くしっかりと握っている。
ごろ太は平常であれば飛び出すことはなく、車などが近づくと自分でキャリーの中に入って屈んでくれるが、繰り返したくないとても苦い思い出があるので散歩の時と同じくらいの注意を払っている。

100121-11.jpg

「む、トラック接近!」

室内飼いのを外に馴らすのにキャリーに入れて家の周りをゆっくりと歩くのは有効な手段だと思うが、外馴れしていないを連れて歩く時にはくれぐれも何があっても玄関の外でキャリーのふたは開けぬようお願いしたい。
また、の様子がよくわかるようにキャリーは手持ちではなく斜めがけして自分の胸かお腹のあたりに下げられるようなものが望ましい。
そのぐらいの高さがあると車などと擦れ違う時の猫の恐怖も少し減るし、飼い主の身体が近いと幾分安心するようである。

ちなみに200メートルほどの距離でも体重5キロのごろ太を下げて歩くと首や肩に負担が来る。もっと長距離を歩くこともままあるので、斜めがけ用のストラップはゴルフバッグのものに付け替えてある(笑)。





【お詫び】
諸々の事情により、しばらくコメントへのお返事をお休みさせてください。
それでも、とコメントくださる方、嬉しくありがたく拝読させて頂きます。

 人気ブログランキングへ にほんブログ村 猫ブログ 猫 お出かけ・お散歩へ
スポンサーサイト

| 外出猫 | 21:00 | comments:10 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

おとなしくキャリーに入っているお坊ちゃん可愛い!
ほんと、小さな頃からの育て方が
お坊ちゃんとうちのふくちゃんとよく似ていますね(*^^*)

青い空と白い雲の散歩道が楽しそう。
まあるいキジバトさんも見えたりして。
ご実家でのんびり過ごしてお庭でもお散歩できて遠足楽しそうですね。
200メートルでご実家というのもとても羨ましい距離です。
モザイクだけれど、薄皮饅頭さんダ♪♪
お帽子姿が素敵ですね。またドキドキしちゃった(笑)

| りっぽ | 2010/01/21 21:53 | URL |

乗り出しすぎて、よこらしょっとお駕籠に戻されちゃった
お坊ちゃん、ちょっと不本意だったのかな。
「むむぅー」のお顔、かわいいですよ^^
布製のキャリーを買おうかと思っていた時だったので
お話、とても参考になりました。
モザイクがかかっちゃってますが、乳母さまは
とってもかわいいおかたと拝察いたしまする^^

| Hitomi☆ | 2010/01/21 22:12 | URL |

大寒は昨日ですが・・・

今日が大寒かと思うほどの寒さ。
坊ちゃんは如何お過ごしでしょうか?
キャリーから飛び上がらんばかりに空を眺めたんでしょうか?
遁走した3日後に戻ってきたとは、さぞかし心配したでしょう・・・
迷子にならないように~

| dejavuewords | 2010/01/21 23:28 | URL | ≫ EDIT

あらら、つい身を乗り出しちゃったのね。
引き戻されて、ちょっと拗ね顔がかわいい~
程良いお散歩距離のご実家があるって良いな。
ごろ太君も気軽に行ける距離ですね。
我が家も似たタイプのキャリーを使ってるけど
ゴルフバッグ用のストラップに変えた方が良いかしら...
モザイク越しの薄皮饅頭さん、もしかしたら見える?
と、つい目を細めちゃったわ(笑)

| mogu07 | 2010/01/22 03:12 | URL | ≫ EDIT

ポカポカお天気の中
坊ちゃん、遠足、うれしいね。
あらら、そんなに乗り出して・・・
と思ったら、あっという間に戻されちゃったね♪
薄皮饅頭さんのお顔も
キャリーの中の坊ちゃんくらい
見えたらよかったのになぁ。笑

薄皮饅頭さん
いつもいつも、温かな言葉をどうもありがとう。
Bostonはほんの数枚しか写真がないけれど
ありがたいことに爺の写真はここ1年分あるから・・・
何度でも号泣できるみたい!

| sari | 2010/01/22 04:51 | URL | ≫ EDIT

ここのトコロ暖かい日が続いて
坊ちゃまもよかったですね
でも本日は寒い(>_<)
冬だし当たり前なんですけどね(^^;
一昨日の名古屋はブラウス1枚で
外に出ても平気でした(ちょっとだけならね 笑)
ポカポカ陽気のお昼間に遠足なんて
最高ですねぇ
私もご一緒したいです。
キャリーから出たい坊ちゃまの気持ちも
解りますよぉ
「よっ・こら・せ」っとされるがままの
坊ちゃまの表情が とっても好きです(^m^)

| 猫田にゃん仔 | 2010/01/22 08:46 | URL |

今日はキャリーでお出掛けなんですね~
ごろ太クンはキジバトさん見つけていつもの様にパトロール魂が…
「むむぅ~」のお顔はそう言ってますね~(笑
ピンクのお鼻が今日も輝いてます!
最後の網越しの彼、お気に入りデス!

そうですか~そんなコトが…
再会できた時はさぞかし…の気持ち伝わります。。
お散歩ごろ太クンの誕生に至ったコト、薄皮饅頭さんの深い愛なんですね~
そして…
薄皮饅頭さん、お初にお目にかかります~(こっちは見えませんが。。。)
思ってた通り素敵な方で嬉しいです!

| うずら | 2010/01/22 09:00 | URL | ≫ EDIT

ごろちゃん遠足楽しそう♪
薄皮饅頭さん(?)にひょい☆ってかかえられてるごろちゃんの顔、ちょっとツンとなってかわいいです。
苦い思い出の記事読みました。お気持ちわかります。
私もびびりっこな猫なので離したらパニックになって走って行きそうなので、外を移動するときは絶対出しません。
ごろちゃんと再開できて本当によかったです。

| ふみ | 2010/01/22 12:47 | URL |

フフフ、いつものお散歩よりちょっと不自由で、
坊ちゃまトンガリ口ですね(´∇`)

さくらとかえでが道路に足をつけた光景なんて…
ブルブル、怖くて震えちゃいますよ!

まださくらしかいなかった頃、何でそんなに怒ったか覚えていないけれど、
「さくらなんて、もう出て行って野良猫になりなさい!!」
と言っちゃったことがありました。
今まで玄関から出ようとしたことなんてなかったのに、
その後すぐに開いた玄関からマンションの廊下に飛び出したんです。
謝って、「もうずっとここにいなさい。さくらのお家だよ。」って言って以来、
もう外には興味がなくなったみたいです。
ネコって本当に言葉を理解しますよね。

| りヴ | 2010/01/22 16:58 | URL | ≫ EDIT

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

| | 2010/01/22 18:56 | |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://56g.blog40.fc2.com/tb.php/293-97d9a1fa

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。