ごろ太三昧

(雑種猫ごろ太の乳母日傘な日々)

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

今宵真の冬の蝿


「何か飛んでマス!」

C100111-2.jpg
「ソコだッ」

C100111-3.jpg
「・・・アレ?」

C100111-6.jpg
「コッチ?」                  「ソッチ?」

C100111-4.jpg
「見失いマシタ」

C100111-5.jpg
「むっ」                  「発見!」





妄想幻覚演技抜き。今宵の虫は
警備を終えた隊長が特等席に着いたなり、待ってましたと黒い点。どこから入って来たのやら、はたまた狭い庵のどこかで仮の眠していたものが暖気に誘われ目覚めたか、落ち着きのない軌道描いてせわしく部屋を飛び回る。
ゆうべの虫は捏造だったが今宵の虫は。正真正銘本物と坊ちゃん口を尖らせて、と一緒に落ち着き失くして右へ左へ首を振り、そこだと迫ってみたものの煙に巻かれて見失う。

どこに消えたと狩人の恨めしそうな視線に負けてここに居ますと指させば、頓に顔つき引き締めていざ捕えんと促され、猟犬役を仰せつかってに仕えてを追う。
ここと思えばまたあちら、見失う度忠実に次は向こうとお知らせし大詰め迎えし台所。観念しろと詰め寄ったの鼻先掠めるようには行方をくらましたのに、消えたことにも気づかずに天井見つめる狩人の、足場にされた炊飯器。

C100111-8.jpg

・・・そこ、炊飯器の中ですよ





【蛇足的考察】
の視力はあまり当てにならず自分でもそうと知っているようで、何か獲物を最初に発見するのは彼らの耳(音)なのではないかとワタシには思える。
あらぬ方を見ているなぁとか、幽霊でも見えているのかとか、そんな時実際にはかなりの確率での注意を引く生き物が存在している。微細な羽虫や、壁や天井の向こうにいる小さな生き物の気配を我々には聞こえない微かな音で察知して、どこから聞こえるのか左右の耳で音源を特定した後が目の出番。
けれど、その時点でまだ目は対象を発見していないことの方が多く、音源のあたりを漠然と見ているよう。結果的にこちらの目が先に発見して「ココ」と指さして教えたということも多々ある。
(ついでにそれをすると、どうもから尊敬されるように感じる)

なので、猫が一見何もなさそうなところをじっと見ていたら、その半径50センチ以内くらいを注意深く捜すと面白い生き物に出逢えることも。面白いかどうかは好みにもよるけれど(^^;)。

そんなふうにつき合って来たので、ごろ太は「何か居る」と探すフリをすれば「何、何?、ドコドコ?」と猟犬役が侍ってくれると期待しているらしく、退屈なときや気を引きたいとき、昨夜のようにかなりクサイ芝居をうつ(笑)。
気を引くための芝居だからして、知らん顔をしていればすぐに止めてしまう。

はなから自力で本物の獲物を見つけたときにはいつまでもしつこく追いまわすし、そもそも顔つきも違うし、いちいちヒトに報告などせず速やかに狩りを開始する。見失うと再び耳を頼るようで猟犬役を呼ぶのも見失った後である。
一旦見失うと見つけてくれろとかなりしつこいので猟犬役は一苦労(笑)。

たとえ相手がであっても殺生はご法度の我が家だが、有難いことにごろ太が蝿を捕らえる確率は限りなく低い。考えている時間がやたらに長い彼より、蝿の方が何枚も上手。退屈な猫と遊んでくれる殊勝な蝿殿は暖かくなったら窓から逃がす予定である。




【お詫び】
諸々の事情により、しばらくコメントへのお返事をお休みさせてください。
それでも、とコメントくださる方、嬉しくありがたく拝読させて頂きます。

 人気ブログランキングへ にほんブログ村 猫ブログ MIX茶トラ猫へ
スポンサーサイト

| 遊ぶ猫 | 21:00 | comments:11 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

興味深く思いながら拝見しました。
猫がじーと見ているといつも何がいるか探すけれど、
あまりいいモノではないことが多いですね。
リアルに存在しない気配を感じたりとか・・(^^;
ふくちゃんは、一緒に見てくれるようにうながしますよ~おばぁちゃんに対して。
どれどれ~?と顔を近づけて一緒に見ないと呼びにきます(笑)

ごろ太ちゃん・・少し痩せましたか??
長くなっているだけでしょうか(^^;
冬に蠅が室内に入ってくるなんて珍しいですね!
お坊ちゃんも突然の天然オモチャに嬉しかったでしょうね。
じーっと見つめる視線の先が私も気になりました。

| りっぽ | 2010/01/11 21:25 | URL |

ははは~っ!

最後の写真がいいですね~
炊飯器の上でなく、INしてるんですね~(笑

確かに、クサイお芝居しますよね~
それにりっぽさんの仰ってる通り、見つけ出したモノはいいモノではないですね。
透明な蜘蛛を見つけた時は、私が見つけられずという事がありましたっけ…
蝿…本当珍しい珍客でしたね~

| うずら | 2010/01/11 22:21 | URL | ≫ EDIT

あはは♪お坊ちゃん、夢中になって
炊飯器に入っちゃったんですね。
獲物を見つけた時の顔つき、キリリと引き締まって
精悍でカッコイイですね。
確かに、ネコはとても耳聡い動物ですよね。
耳で見つけてから目で見るというの、とてもよくわかります。

うちのにゃんズの場合、明らかにあくびは
彼らの間で伝染してます。
その伝染してるのを見てると面白いです^^
ネコと一緒にあくびをすると、キョトンとして見てますね。
「何やってるの?」みたいな感じで…^^

| Hitomi☆ | 2010/01/11 22:23 | URL |

見失った時の困ったお顔が可愛い~
お芝居ではなく、本物の時は動きが違うわ。
夢中過ぎて、炊飯器に足突っ込んじゃって(笑)

目で一生懸命に追ってても、こちらが先に見つけて
教える事ってありますね~
そんな時は一目散に駆け寄ってきて面白いです。
目で追うには限界があるのかしら?

| mogu07 | 2010/01/12 02:33 | URL | ≫ EDIT

わはは
炊飯器の中にどっぷり入り込んでますね^^;

冬のハエ、暖かくなると出ますね
うちもしょっちゅう捕まえて、食べてます^^;
猫も犬も静態視力は全然だめみたいですね
ただし動態視力はいいはずなんだけどな~

| tieta4u | 2010/01/12 07:45 | URL |

発見するのは早いけどなかなか虫さんに
タッチはできないですねぇ
にゃんこに羽があったら追いつくんだろうかって
いつも思ってしまいます(笑)
そしてら炊飯器を足場にしなくても
すむかもねぇ~

昨日はありがとうございました。
お陰様で本日 無事復活です(^0^)v

| 猫田にゃん仔 | 2010/01/12 08:30 | URL |

やれ打つな、蠅が手を擦る、足を擦る。:)
確かにこの時期の、蠅と蚊ははまれですね。
無事にこの冬を生き抜けるならば、
暖かくなる春迄、蠅さんには頑張って行き抜いて欲しいです。:)

ごろ太お坊ちゃまはきっとこの冬の退屈な季節
を持て余していらっしゃるのでしょうね。
もう少し暖かくなったら、お散歩も楽しくなりますよ。:)

| 太っちょの母 | 2010/01/12 13:56 | URL |

坊ちゃんそこはっ!

確かにネコの目はイマイチですね~
さくらはご飯を食べる時、カリカリをいっぱいこぼすのだけれど、
目の前にあっても気づかないことがあるので、
ほらココ!ってトントン爪で叩いてあげると気がつきます(´∇`)

かえ子は途中で食べるのに飽きてしまうので、
お皿のフチを、爪でトントンやるとまた食べ始める…
ナンダコレハ?

| りヴ | 2010/01/12 15:13 | URL | ≫ EDIT

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

| | 2010/01/12 16:13 | |

はじめまして、足跡からやってきました~。
炊飯器の中に 笑
見失ったときのまんまるな目が可愛い^^
うちにも一匹、お転婆なのがおります...
よかったらまた遊びにきてください♪

うちでは一度ゴキブリを捕まえてきて絶叫したことが...-_-;

| 小娘 | 2010/01/12 17:47 | URL |

ほんと、炊飯器にINしてる!
おこげ色になってますよ。

冬の蠅って季語にあるんですね。
目では追えなくても、耳では追っていたのに、
ごろ太君も逃がしてやって(ですよね!)良かった。

処方食の件、薄皮饅頭さんのおっしゃる通り、
ロイヤルカナンは好きみたいです。
久し振りにマックがカリカリを食べている音を聞きました。
(s/d猫缶まぶしや、ささみスープ雑炊ばかりでしたから)
飽きずに食べてくれると良いのですが。


| REI | 2010/01/12 19:32 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://56g.blog40.fc2.com/tb.php/286-d8ae0f09

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。