ごろ太三昧

(雑種猫ごろ太の乳母日傘な日々)

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

顔面流線型


「自動来るゾ」


「むっ」


「むむっ!」


「むむむぅー?!」


「・・・-ん」


「ふぅ・・・」




長閑けき陽射し遮られ、思わず面流線型。
玄関出れば冬麗。今日の陽射しは柑子色。寒の内でも日溜りは風が止まればぽかぽかとあますことなく身体に受けて、小塀の上の隊長は警備順路を組み立てながら巡回前の深呼吸。
うらうら注ぐ陽に惑わされどこから廻るか決まらぬうちに、坂の上からどかどかと現れたるは鉄の牛。何に焚きつけられたのかどんどん速度を増しながら、狭い坂道猛突進。
隠れる暇もないままに小塀の上でやり過ごそうと隊長は身構える。

重低音を轟かせ駆け抜けてゆく鉄の牛。その勢いについついつられ耳をたたんだ隊長は気づけば面流線型。大きな影が過ぎ去って渦巻く小さな旋風に浮かび上がった塵や埃が再び地面に収まると、牧歌的とは程遠い都会の牛の狼藉に溜息ついて呆れ

「ヤレヤレ」








【蛇足的考察】
にとっては暴れ牛どころではない脅威。小さなになったつもりで地面にしゃがんで通るを見ると、目線が変わるだけでもこんなに怖いものかと思う。体の大きさだけではなく音も振動も目線では大幅割増になる。
散歩を始めた頃はどんなが来ても走って逃げようとするので抱きかかえて立ち止まり、ごろ太を隠す(でも通過するを垣間見ることができる)ようにしていたのだから、こうして車をやり過ごせるようになるなど思いも寄らなかったこと。
段階を踏んで少しずつ馴れてもらったのだが、今でも

  ●車体が大きい(ワンボックスや大きなトラック)
  ●音が大きい(改造車や大型トラックの他カーステレオなども)
  ●速度が速い
  ●別々の方向から複数台の車が向かって来る

などの条件が揃うとじたばたと慌てふためくことがある。放っておくと車の進行方向に逃げようとすることが多く危険なので、やはり抱き上げてやり過ごしている。怖がるのは当然のことなので笑ってはいけない。
ドライブが大丈夫で、駐車されている車には進んで近寄りニオイを嗅ぎたがるけれど、走り去る車と同じものだとどのくらい認識しているやらいないやら謎。
車と言わず何と言わず、大きなものが自分に向かって来るということ自体に恐怖を感じるのだろうな、と理解している。

外で暮らす都会の猫たちは長い年月をかけて車社会に馴染みつつあるらしい。道路の渡り方などを母猫が仔猫に教えるそうで、渡り方が上手な母親の子供が選択的に生き残るのでひとつの猫文化として継承されているのだそう。
それでも、車に轢かれてしまう猫もいるし、なにより車社会に馴染むことなんぞを強いてしまっていることが申し訳ないなぁと常々思う。
轢かれなくとも小さな生き物に排気ガスを吸わせてしまっているのも、身体にいいはずがなく殊更に申し訳ない。

ちなみに、写真で通過した車はハッチバックの乗用車。時速30キロくらいで坂を下って行ったので言うほど乱暴ではないほうかもしれないが、猫にとっては十二分にせかせかと乱暴な通行者なのではないかと思う。
気長に気長に「車が来たら道に飛び出さず物陰に隠れる」と教えて来た甲斐あって、歩行中に車が来ると慌てず物陰に入ろうとしてくれるようにはなった。
それでも油断は禁物とリードを短く持ち、猫の後に屈んで背後を塞ぎ(猫は怖いとまず後ずさりすることが多い)胸の部分を手で押さえて前にも走り出さないように注意が欠かせない。
そのような動作が猫を庇うためのものなのだということを、どうやら時間をかけてごろ太は理解しているらしく、その点がとても興味深い。


【お詫び】
諸々の事情により、しばらくコメントへのお返事をお休みさせてください。
それでも、とコメントくださる方、嬉しくありがたく拝読させて頂きます。

 人気ブログランキングへ にほんブログ村 猫ブログ 猫 お出かけ・お散歩へ
スポンサーサイト

| 散歩猫 | 21:00 | comments:15 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

猫目線はいかなるものかと、しゃがんで車を見たことがありますが、
これが衝撃的!でした。
目の前に迫ってくる鉄の塊は恐怖としか・・・
日常何気なく見ている車があんなにデッカク見えるとは!!
まるでガリバーの気分になりました。
当たり前のように傍若無人に走ってる車も猫達にとっては
大きな敵なんですね。。。
私も車を運転する一人ですが、いつどんなときでも人より猫に気をつけてます(苦笑)
(人間さん、ゴメンナサイ。。)
ごろ太坊ちゃんは乳母さまの訓練のもと、車をきちんと認識するようになって、
ほんとに賢い坊ちゃん。。
それでもなお注意を怠らない乳母様にも座布団5枚~!!!(笑)
猫ってどんなに慣れても油断は禁物!ですものね。

| woobee | 2010/01/14 21:47 | URL | ≫ EDIT

ふふふ。ごろ太ちゃんのお顔がぬーんっとどんどん長くなっていっている感じがします(^^;
やり過ごすのに耐えていたら伸びたのかな。
なんだか車に負けないスピードをだしそう!新幹線の横顔みたい?(笑)

猫さんの体からみれば車の大きさは相当ですよね。
人とちょっとしたマンションくらいの比率かも。。
マンションは動かないから怖くないけれど(当たり前かぁ~(苦笑)
あれが猛スピードで轟音上げて迫ってきたらコワイです。。。

うちの子は まだお庭や家周りだけのお散歩ですんでいるけれど、
ごろ太ちゃんのように車の通る一般道にまででてのお散歩は危険も伴いですものね。
でも薄皮饅頭さんがいつも注意深く気遣って側についらっしゃるから、
乳母様が居れば・・乳母様の言うことをきいていれば安心なんだって
ちゃあんと解っているのでしょうね、ごろ太ちゃん。
上にあげているお尻尾が可愛いですねん。

| りっぽ | 2010/01/14 21:48 | URL |

本当に、お顔が流線型になってる。
このまま走ったら、ものすごく速かったりして…(笑)

猫目線で自動車を見たら、怪獣のように脅威でしょうね。
薄皮饅頭さんが時間をかけて教えてあげたから
ごろ太くんも上手に自動車をやり過ごせるようになったんですね。
それでも、やっぱり注意は必要ですよね。
薄皮饅頭さんの行動の意味をごろ太くんが
しっかりと理解しているのがすごいです。
ごろ太くんの頭の良さにはいつも驚かされます。

| Hitomi☆ | 2010/01/14 22:22 | URL |

車は猫の大敵ですね

ゴロ太君がそのように躾けられたのは幸か不幸かは別として、ともかくも轢かれずに済みますね。
我が家の由乃ちゃんも道路を横断するときは、比較的左右の確認をしてさっと渡ってます。
親が車に撥ねられたのを見たかどうか知りませんが、由乃ちゃんにとっても車は大敵です。
ごろ太君の顔と耳、新幹線みたいですね~

| dejavuewords | 2010/01/14 22:22 | URL | ≫ EDIT

車をやり過ごしている最中のごろ太君
お耳の先から尻尾の先まで力が入っていそう!

確かにニャン子目線で走ってくる車を見たら
想像以上に怖そう(゜д゜;)
でも薄皮饅頭さんが根気強くごろ太君に
車が来たときの対処の仕方を
教えてあげただけあって
ごろ太君お上手に車をやり過ごせてエライなぁ(=ω=)
根気強く教える薄皮饅頭さんにも
頭が下がりますm(__)m

| Aたん | 2010/01/14 22:45 | URL |

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

| | 2010/01/15 00:52 | |

人間でも車が側を通ると怖いですよね。
視線が地面の方が近いネコにとっては、ゾウ位に感じるかな。
スピードがあるし、怖いでしょうね.....
外で暮らす母ネコさんの様に、薄皮饅頭さんがしっかり教えて
あげたから、ごろ太君も安全なやり過ごしを出来る様になったのね。
ごろ太君が、薄皮饅頭さんの言う事を聞けば大丈夫!って信じてる
からだろうな。

流線型のお顔、車のスピードを表してるみたい!
ごろ太君には車がこんな風に見えるのかしら。

| mogu07 | 2010/01/15 00:59 | URL | ≫ EDIT

すごい
自転車用ヘルメットをかぶったようになってますね^^
うちも車の音が遠くから聞こえてきたら、すぐに抱き上げますよ
家の前の通りは猫の交通事故がすごく多くて・・・
こんな田舎なのに、しかも村の住人がすごい勢いでとばすのです。
慣れるといっても限界があるから、絶対守ってあげないとだめですね。

| tieta4u | 2010/01/15 01:03 | URL |

あはは、おヒゲがくわっと前にいってる!
いい流線型ですねぇ~
新幹線みたいなってますぞ、ごろ太君*^^*

うちもお散歩させてやりたいんですけど車が心配で...
まだ成長途中なんで、もしハーネスからするっと抜けたら怖いなと。
もうちょい成長を待ってからハーネスデビューしてみます♪

| 小娘 | 2010/01/15 01:53 | URL |

ごろ太くんのお顔、
風の抵抗を計算して作られた
ヘルメット?スポーツカー?もビックリの流線型になってますね~。
完全室内飼いで『車』をほとんど知らない我が家の猫たちも
配達のトラックなどが家の前に停まっただけで
逃げ、隠れ・・・(特にJerry)
聞きなれぬエンジンの音でも恐怖なのでしょうね。

| sari | 2010/01/15 05:45 | URL | ≫ EDIT

猫目線で車を眺めると
大型トラックなどは止まっていても向かい合うと恐ろしい。
猫ちゃんの大きさから考えるとトレーラぐらいが相当ですものね
ごろ太ちゃんはお散歩途中にいろいろ教えてもらっって
たくさんの事を学習しているんですね。
だっちゅ自身運転中は猫ちゃんの飛び出しに気をつかいます。
ごろ太ちゃん先生が学習塾でも開いてほしいです。

検査結果に大丈夫!の元気印ありがとうございます^^


| だっちゅ | 2010/01/15 08:42 | URL |

そうですよね、猫から見たらあんなに大きくて音もすごい車って脅威ですよね。猫の目線から考えたことありませんでした。
薄皮饅頭さんの言葉で考えさせられました。私も大きいトラックが歩いてる横を通る時怖いって思うので、猫はきっともっと脅威ですよね。
お散歩の大変さがよくわかります。毎日ご苦労様です。

| ふみ | 2010/01/15 15:35 | URL |

あはは、ごろた君自身がスポーツカーみたいになってます。
でも、背中の毛が少し逆立っていて、緊張しえるのかな。

猫は車が迫ってくると動けなくなるらしいですね。
または逆に飛び込んじゃう。
猫に優しい運転は、人(子供、年配者等々)にも優しい運転になりますから、運転手さん、宜しくお願いしますね。

今のところ、届けは無い様です。(例の件)

| REI | 2010/01/15 15:35 | URL | ≫ EDIT

そ~言えば猫目線で車のコトなんて
考えたコトなかったけど福澤さんは
ほぼ毎日車に揺られて何を感じているんでしょうね
帰り道を変えると確かに驚いたお顔になりますけど
福澤さんなりに 「この辺で曲がる」って感覚が
あるんだろうか。。。
坊ちゃまには いろんな事を教えてもらえるなぁ
なんて思います。
一言で「車」っと言ってもにゃんこから見れば
怪獣だったり オブジェだったり。。。
なる程ねぇ

事故だけは気をつけてねぇ
ホントに。。。

| 猫田にゃん仔 | 2010/01/15 16:15 | URL |

そうですね~
ネコ目線だと車怖いでしょうね…
会社の周りには、いくつかのネコ集団場があります。
面倒をみてる人がたくさんいるみたいで、
キャット・ハウスがいっぱい植え込みの中に隠れてありました。

再開発で大きなビルが建つことになって、
ネコ集団どうなっちゃうかな~って思っていたら、
道路が広くなったのだけれど、その広くなった道路の端に、
不自然な植え込み広場が出来ました。
みんな、これは何?って言うくらい変なんです。
でもちょうどキャット・ハウスがいっぱいあった辺り。
ネコ用だとしたら、ちょっとうれしいですね。

| りヴ | 2010/01/15 17:31 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://56g.blog40.fc2.com/tb.php/283-490f8e49

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。