ごろ太三昧

(雑種猫ごろ太の乳母日傘な日々)

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

星影の野遊び


「空の焚き火ダ!」


「これから遠足デス」


「置き手紙見つけタ」


「ふむふむ」


「ココにも手紙が?」


「むむむ?!」




お駕籠で出かけた遠足は星空の下盛り上がる。
美味しいパンはいらんかねと母が電話をかけて来た。これからすぐに貰いに行くと身支度すれば坊ちゃんが、自分も行くと我勝ちに靴と並んで待っている。
お駕籠に乗せた坊ちゃん連れて長い階段上り詰めれば、彼方の空の端っこに寒夕焼の燃え残り。すぐに帰ると言い聞かせても遠足気分の坊ちゃんは、金茶色したの茜をキャンプの焚き火と思ったか、宵闇の中実家のでこれから野遊びするのだとお駕籠を降りて大はしゃぎ。

先ずは柿の木制覇して、お後はのあちこちに通いの猫が書き散らかした文を読んでは感嘆し、刻々時間の過ぎるなどは一向気にはせぬ。
一番星が高く上って星座が地平から次々顔を覗かせる。オリオンの腰の光る帯、そろそろ大きな猟犬も現れる頃ようやくに、お腹を空かせた坊ちゃんがお駕籠に乗らずに帰れると外階段の上に立ち、後に続けと帰路につく。


乗り手の居ないお駕籠を背負ってお附きが照らすアスファルト。白く浮かんだの背中を天高くから見下ろして、猟犬率いたオリオンがちかちか笑っているような。





【お詫び】
諸々の事情により、しばらくコメントへのお返事をお休みさせてください。
それでも、とコメントくださる方、嬉しくありがたく拝読させて頂きます。

 人気ブログランキングへ にほんブログ村 猫ブログ 猫 お出かけ・お散歩へ
スポンサーサイト

| 庭と猫 | 21:00 | comments:10 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

なるほど 西の空で誰かが焚き火をしていますね^^

おっ ごろ太ちゃんのピーメールチェック!ちゃんと返信は出しましたか?^^

| tieta4u | 2010/01/08 22:21 | URL |

ごろ太君にしたら夕焼けが焚き火に早変わりですか・・・
キャンプファイアーやろうとせがまれたのでは・・・

| dejavuewords | 2010/01/08 22:24 | URL | ≫ EDIT

お坊ちゃんは いつでも薄皮饅頭さんと一緒にいたいんですよね。
お駕籠に乗ってユラユラと気持ちも良さそうです。
カタセさんからのお手紙には 何が書かれていたのかな。
その後どうしているのでしょう。

それにしても・・・
オリオン、おおいぬ、こいぬさん・・・
他にもいろいろな生物が。
冬の空は 豪華にロマンが散りばめられていてよいですね。

パンを抱えて素敵なお散歩・・・お帰りなさい♪

| りっぽ | 2010/01/08 22:25 | URL |

空の焚き火きれいですね。
ごろ太君も満喫したかな??
置き手紙が沢山あったんだねww
パンをもらいに一緒に行きたいって、ごろ太君一緒に連れてってもらってよかったね~。
↓ サラダじゃなかった残念ごろ太君、かわいかったです!

| ふみ | 2010/01/09 00:44 | URL |

置き手紙がいっぱいで読むのに大変そう~
でも嬉しそうだわ。
お駕籠でラクチンお出掛けも良いけど、やっぱり
色々チェックしながらの遠足の方が楽しいかな?

| mogu07 | 2010/01/09 01:47 | URL | ≫ EDIT

リンク先でちびっ子ごろ太くんに久々に会えた~。
薄皮饅頭さんが『ご用』で出かけるのも関係ナシで
坊ちゃんにとっては『遠足』だもの。
ご実家のお庭で楽しんだようですね。
たくさんの置き手紙。うれしいね、ごろ太くん。
私もブログを始めて、コメントをいただき、残すようになって
世界中のあちこちに置き手紙してる気分だからよくわかるよ~。

| sari | 2010/01/09 06:14 | URL | ≫ EDIT

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

| | 2010/01/09 11:01 | |

本日も『薄皮饅頭文学』堪能させていただきました(*^^)/

それにしても、坊ちゃんには遠足なるものまであって
なんと楽しい猫生を送られていることか・・
おまけに「空の焚き火」鑑賞までついてるとは!
これぞ、正真正銘の「お坊ちゃまくん」ですね。

昨年末に実家の”おっさん”君が疥癬から復活した話のときに
乳母様よりコメントをいただいてましたが、今一度読み返してみると、
カタセ嬢ちゃんの経験があったからこそなんですね・・

ノラちゃんの場合は人慣れしてない子も多く、病院へ連れて行くというのはほんとうに難しいです。
でも 「食べること=生きること」・・ まさしくこれなんですよね!
乳母様&お母様の心優しい愛情がカタセ嬢ちゃんを完全回復させたんだと思います。

ところで、
切れ長のキリリとした目が女優のかたせ梨乃氏に似ているから・・
という、このカタセ嬢ちゃんの名前の由来を聞いてこれまた感心いたしました!
文学者はさすが、命名までどこか違うでございますね(=^o^=)ノ

| woobee | 2010/01/09 11:23 | URL | ≫ EDIT

「空の焚き火」 相変わらずイイ表現ですねぇ
私も日本語いっぱい知ってるのになぁ~
使いこなせてないです(^▽^;

靴と並んだ坊ちゃまの姿も想像しただけで
萌えてしまいます。。。
空が燃えたり 私が萌えたり。。。
そして福澤さんはヒモ違い。。。

| 猫田にゃん仔 | 2010/01/09 15:13 | URL |

置手紙はタカセさんからのラブレターだけではなさそうですね。
それにしてもゴロ太君は、帰りは歩いて帰ってきたのですよね?
道を覚えているのでしょうか?
そのうち、薄皮饅頭さんの代わりにご実家まで行ってくれるかもしれませんね。

私達が面倒を見ている狸姉妹の餌を横取りする猫に、白ボスがおりまして、これも一昨年の夏はハゲハゲのピンク化け猫になってましたが、自力で治した様で綺麗になりました。
色々な所で餌を貰っている様なので、栄養が充分だったのでしょう。
野良達には野良達の強さがありますね。

| REI | 2010/01/09 19:39 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://56g.blog40.fc2.com/tb.php/280-6625e35a

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。