ごろ太三昧

(雑種猫ごろ太の乳母日傘な日々)

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

肉球乾けば-2


坊ちゃんは賢いスーパーですよねぇ

091228-2.jpg
「スーパー・・・」

091228-3.jpg
「おだてられても」

091228-4.jpg
「ダマされないゾ!」

091228-5.jpg
「キーック!」              「アリャッ?!」

091228-6.jpg
「スーパーなのに弱い?」





難なく蹴りを交わされてスーパーは思案顔。
上目遣いで雲行きの怪しくなった坊ちゃんをスーパーだと煽て称して、左のお次は右の手、カサカサ罅の入っていた忘れちゃならぬ手根球。せっせと指を動かして蜜蝋軟膏塗り込める。
後の足へと進む頃、ご機嫌だった坊ちゃんがなにやら剣呑顔になり騙されないぞとキック。
なんのそれしき蹴られるものかと乳母は巧みにキックを交わして、何もなかったような顔して薄紅色の肉球にひたすら軟膏塗りたくり、遊ぶつもりの坊ちゃんにたまにはひらりと肩透かし。

スーパー猫なら乳母にも勝てると勝負に挑んだ坊ちゃんはなにやら合点のゆかぬ顔。そんなら何がスーパーなのかと考えているその隙に、乳母は軟膏塗り終えてよくできましたとしたり顔。
今日の勝負は乳母の勝ち。窓の外ではコツコツと坂道急ぐハイヒール。墨染色に藍を浮かべて暮れゆく冬の星月夜。勝って終わらぬ掟通りにこれから相撲でひと勝負
(軟膏の儀式のご褒美はオヤツでもモンプチでもなく遊びです。よって呪文もナシ。)





【蛇足的補足】
写真のクリームは犬用として売られていた。軟膏のような見た目と裏腹に案外さらっとしているからか、無頓着なごろ太は塗った後も特に気にする様子を見せない。ついでにそこらじゅうに油の足跡がついたということもないように思う。

091228-7.jpg

原料は蜜蝋とオイル。もしオイルに各種ハーブなどから抽出された成分が添加されている場合、猫にとって害になることがあるので要注意。
(猫の身体につけたものはほぼ確実に猫の口に入ります)
『天然ハーブ』などと書かれていると身体に安全という錯覚を起こしがちだが、薬草の成分というのはヒトにとっても薬にもなれば毒にもなる。

犬に比べて猫は植物由来のこうした成分が体内に入ってもうまく代謝できず、毒素が小さな肝臓に蓄積されてしまうらしい。油に溶けたものは殊更害になりやすいので、猫に使うものには余計な成分の入っていないものが吉。
ハーブ入りのクリームよりは鉱物油のワセリンの方がはるかに安全。
(因みに、蜜蝋が蜂蜜などにアレルギーのある猫にとって安全かどうかは調べがついていません。ご存知の方ご教示ください。こちらに付記します)


  *アルプスの雪山でお散歩を楽しむティエタ女王陛下
   オリーブオイルでお手入れしてもらっているそうです!
   厭がって舐めてもビタミンEの補給になって一石二鳥。
   これがいちばん安全確実なお手入れ方法かも。
   ビタミンEも補給して若さと美貌を保つとはさすが女王。
   そして、さすがアルプスの知恵(?)。
   油の足跡は・・・ことによるとちょっとはつくかも(笑)。
   (tieta4uさん、ありがとうございました ^^)

蛇足の蛇足ながら、猫にメンソレータムは使ってはいけない。
サリチル酸という成分が毒になるためだが、歯磨き粉や湿布などにも案外含まれている。ついでになぜかこの手の製品のスースーしたニオイを好む猫が結構いるようだが、口には入らないように注意した方がいいのかも。

  

昨日の記事の続きです





【お詫び】
諸々の事情により、しばらくコメントへのお返事をお休みさせてください。
それでも、とコメントくださる方、嬉しくありがたく拝読させて頂きます。

 人気ブログランキングへ にほんブログ村 猫ブログ MIX茶トラ猫へ
スポンサーサイト

| 徒然猫 | 21:00 | comments:7 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

記事とても参考になります。
ティエタちゃんのtieta4uさんの方法も・・・!ありがとうございます。

わたしもハーブと鉱物油はこわいな・・と感じています。
人にさえもハーブは勧めないという専門家もいらっしゃいますし・・
自分の手に付けるハンドクリームの類も気になりまよね。
保存料などの心配もありますし。
蜂蜜アレルギーのある子にはまだ出会ったことがないけれど、
蜂蜜と蜜蝋とは別ですから・・・どうなのでしょう。

ところで「シモヤケ予防のクリーム」を病院で取り扱っていることがわかりました。
詳細(成分)などは不明ですが
そろそろ入手できるのでどんなものか楽しみなのです・・。
ふくちゃんは塗らせてくれるかな。

| りっぽ | 2009/12/28 21:57 | URL |

ごろ太君おとなしいんですね~

世の中、聞き分けのいい猫ちゃんがいるものですね~
軟膏塗られてもじっとしてるなんて、躾がいいんでしょうね~
というより、逆に気持ちがいいんですかね・・・

| dejavuewords | 2009/12/28 23:29 | URL | ≫ EDIT

ごろ太君がスーパー猫さんでも、薄皮饅頭さんには
敵いませんね(笑)
ネコは身体が柔らかいし、舐めてしまうから成分は
気になりますよね。
蜂蜜アレルギーの子はあまり見かけないけど、蜂蜜に
含まれる花粉成分が心配ですよね。
(検索したら最初に猫ひろしが出てきた.....)

| mogu07 | 2009/12/29 01:24 | URL | ≫ EDIT

いえいえ、ごろ太君はスーパー猫ですよ。
可愛くてスーパーモデル猫さんですよ。 きっと女王陛下もごろ太君の美しさに嫉妬してるんですよ。

このクリームは薄皮饅頭さんの手にも良さそうですね。

ハーブや漢方なら安全と信じている方はけっこういる様です。
最初にメイの首輪を、ハーブのノミ避け効果のある物を買ったのですが、度々目の炎症を起こすので首輪を代えたら殆ど起こさなくなりました。 同時におやつの種類も変えたので、ハーブの為かどうかは判りませんが、メイには合わなかったのだと思います。 というか、あの臭いに鼻の良い猫が耐えられるとは思えない。

おかげさまで、マックは大分良くなりました。 感謝!

| REI | 2009/12/29 12:55 | URL | ≫ EDIT

坊ちゃまはスーパー猫ちゃんだもんねぇ
たとえ弱くたってスーパーはスーパーよ。。。
ただ乳母さんがウルトラスーパー乳母さんなだけ。。。
あんよもしっかりケアしないと。。。冬だし。。。(^^;

いろいろ気にして買わないとにゃんこにとって
ダメなモノでも犬さんはOKだとか
ありますからねぇ
お洋服は犬さんのモノでもにゃんこOK
なんだけどね( ̄m ̄*)
無知だと おんでもない事になりかねないですから
気をつけなくっちゃ。。。

あぁ~あぁ~ 明日までお仕事だよぉ~
そして本日は最後の追い込みでバタバタ。。。
いつになったら私は落ち着くんでしょうねぇ(^^;
福澤さんも一緒だから まぁ~いっかぁ
なんて思ってますけど(笑)
この調子だと明日半日で終われそうもないかもです(TへT)

| 猫田にゃん仔 | 2009/12/29 14:02 | URL |

乳母様~、お手が長いでありんすね。

今日は坊ちゃんの肉球よりも乳母様の手のほうが気になり・・
すらっと伸びたその手の美しさに見とれておりました。
坊ちゃん用に用意したとおっしゃるそのクリームですが、
もしや乳母様もお使いだったり・・(=・ェ・=?

もしかして、乳母様って。。。「手タレさん」でっか??? =(^‥^;;=

| woobee | 2009/12/29 14:48 | URL | ≫ EDIT

説明とてもわかりやすかったです、ありがとうございます。
うちのラッセルは化粧品とか芳香剤とか
香り系が好きだから気をつけないといけませんね。

スーパー猫も薄皮饅頭さんにはかなわないかも^^
お父様そっくりのティエタちゃんもかわいかたです。

| だっちゅ | 2009/12/29 14:53 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://56g.blog40.fc2.com/tb.php/268-914cfe5a

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。