ごろ太三昧

(雑種猫ごろ太の乳母日傘な日々)

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

白を踏み締め


「今日こそ白い坂下りマス」

091127-2.jpg
「ヨーシ、行くゾ!」

091127-3.jpg
「花も嵐もォ~」            「乗り越えてェ~」

091127-4.jpg
「アレ、初めて見マシタッ!」

091127-5.jpg
「次アッチ!」             「アッチも見マス!」

091127-6.jpg
坊ちゃん、飛び乗りはご法度ですよ

091127-7.jpg
「むーん、じゃ向こうを見マス!」




白き坂道踏み締めて尖がり耳に何を聴く。
猫の好機はマコト突然やって来る。白黒迷って留め置いた日暮れ前から半月あまり。円き模様を見つめる背中をお天道さまに励まされ、ついに坊ちゃん思い立ち白き急坂下り行く。

通りの端をそろりゆくげに慎ましき足取りも、思わず歌った鼻歌に景気づいたか力を増して右に左に渡っては新発見に目を見張る。イチニンマエの顔をしてサラダがあっても知らん顔。
白い坂道踏み締めて初めて眺むる家々の小さな枯野を見つめては秘密の地図に追加して、次は向こうに渡ると言って口とがらせて向き直る。
柿の実ついばむヒヨドリが通りかかったスズメの親子に喧嘩を売って騒いでも、尖がり耳を前に傾け何を集めているのやら彼の耳には届かきゃせぬ。

この道何処へ続く道。坂の下では白が途切れて再び黒いアスファルト。新たに出でし境界に訳知り顔の坊ちゃんは頷きながら振り向いて、げに誇らしき足取りでもと来た道を引き返す。
夏蔦の葉が紅く燃え南天の実も色づいて通りかかった庭先の枯野の中に錦あり。





 人気ブログランキングへ にほんブログ村 猫ブログ 猫 お出かけ・お散歩へ
スポンサーサイト

| 散歩猫 | 21:00 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

グレー、茶、紅、白と黒。緑。
今日は 色から先に情景が浮かびあがってきます。
ごろ太ちゃんのオハコ・・とんがったお口のお顔が満載!!
嬉しいな~

太っちょの母さんへのお返事欄も拝見しました。
箇条書きの所・・・電動工具以外全てふくちゃんに当てはまります(^^;
もぉ~・・仕方ないのですね。
この後も、またゆっくり読ませていただきます。

ところで
お散歩は、ご主人様(かな?それともご友人?)も一緒なのですね。
母が言っていました、
「ごろ太ちゃんのように正面からふくちゃんを撮ろうとしても
ひとりでは撮れない・・どうして?と思っていたら
薄皮饅頭さんではない方が撮っているみたい」と(笑)

(ローラースルゴーゴーもホッピングも名前知っていました・・・(^^;)

| りっぽ | 2009/11/27 21:48 | URL |

白い坂を見据えるごろ太君、勇ましくてカッコいい!
興味津々でキラキラですね~
未開の地を克服して、誇らしげなんだろうな。
上が気になるごろ太君と、それを制する薄皮饅頭さん(ですよね?)
すごく可愛い~

ローラースルー・ゴーゴーを画像検索しました!
もっと古い型です(笑)
でもあまり見かけなくて、ねだれなかったですね。
ホッピングは赤いのを持ってましたよ~
服の対象年齢と実年齢はかなり違うんです☆

| mogu07 | 2009/11/28 01:10 | URL | ≫ EDIT

ごろ太ちゃん、お顔がつんつんでかわいいですね♪
未知の世界に興味深々なんですね
ジャンプしたそうなのを制止してるのは薄皮饅頭さんですか?
この写真を見て、散歩は危険がともなうっていうのがわかりました。
猫は犬と違って飛び乗ったりできるから、高い所に登っちゃったりしそうですね
薄皮饅頭さんいつもご苦労様です

| ふみ | 2009/11/28 11:07 | URL |

りっぽさん
 ローラースルーゴーゴー万歳(笑)!!

 一生懸命になるととんがるごろ太の口(笑)。同じとんがった口でも、
 遊んでいるときと警戒しているときとでは違うんデスよね。うぷぷ(^^)。

 写真、連れ合いの都合が合えば時々同行カメラマンになってもらいます。
 ウチの者以外のヒトと一緒に歩いたことはないけれど、ビビリそう!
 最初はワタシの足音や上着の擦れる音にもビクビクしていたし、
 連れ合いはドタドタ歩くのでこれまた馴れるのに時間がかかりました。
 違うヒトに写真を撮ってもらうと、自分では不可能な角度から撮影して
 もらえるのと、構図や着眼点が自分と違うので新鮮でオモシロイです。
 ま、構図については結構トリミングしちゃうのでアレなんだけど(^^;)。

 時々連れ合いにリードを預けて撮影してみるのですが、ワタシだと
 ごろ太がなぜかすごい意識しちゃってこっちばかり見たり、わーっと
 駆け寄って来てピンボケになったりでうまく行きません(笑)。

 なぜか似たような環境で育ってしまったふくちゃんとごろ太(^^;)。
 いよいよ敷地の外に出ようとしたときにお母様がどうなさるか?!
 「今日くらいはイイか」と一度許してしまうと大変なコトになりますよ~。



mogu07さん
 この日はとても暖かだったので突然ヤル気がみなぎったらしい(笑)。
 怖がるクセに新しいモノ好きなんですね。ビビッて猛ダッシュされたら
 ん猛タマランと思うから「カッコイイねぇ!」「勇敢ですね!」などと
 ホメちぎりながら歩いているせいか緊張しつつもなんだか得意な気分に
 なっているみたいデス(^^;)。

 散歩を始めて少し馴れたくらいから他所様の門柱やら塀やら車やらに
 飛び乗ろうとし始めたときに、やりそうな様子が見えると頭の真上に
 手をかざして阻止して来ました(笑)。ハンドパワー?
 今ではダメと言われそうかどうかこちらの出方を窺っているみたいで、
 必ずダメと言われるところにわざと飛び乗ろうとして見せたりします。
 でも、はなっからホンキじゃないのが解るので猫って結構冗談がきく
 んだなぁと見ていてオモシロイですよ。

 ローラースルー・ゴーゴーよりも古い型(爆)!!
 あまり見かけないほどレアさとは先駆けゴーゴーの真打デスね。ふふ。
 ホッピング、ワタシのは黄色でした。ピョンピョンするのもイヤだった
 けど(笑)赤じゃなかったのもブルーになったポイントでしたよ。
 服の対象年齢についてゆけるならば、この際実年齢は関係ナシと(笑)。



ふみさん
 ハイ、小汚いオバサンはワタシで~す(笑)。ふふふ。
 住宅地なんてニンゲンの目にはこっちも向こうも変わらないように映る
 けれど、ニオイや聞こえて来る音が少しずつ違うのでしょうね。
 (ニオイと音と太陽の位置を使って猫は地図を作るという説があります)
 口とがらせた顔はスキだけど、それだけテンパッてるということだから
 こうやってコースを拡張されるとこちらもホントはテンパッてます。
 それに、ワタシから見えるのはごろ太のオシリや背中ばかりだし(笑)。

 せっかく外を歩いているのだからできるだけ自由にさせてあげたいの
 ですが、野中の一軒家じゃないからいろいろと制限することも・・・。

  ●虫やトカゲなどの小さな生物の殺生をさせない。
   (ウチで充分に食べているゴハンの分だけで殺生は充分だから)
  ●他所様の門柱や塀や車の上に飛び乗らせない。
   (反対側に行かれると紐が届かないし、世の中には猫を死ぬほど
    キライというヒトもいるし、車は足跡や傷がつくので)
  ●車の下にゼッタイに入らせない。
   (こちらの手が届かないし居座られると大変)
  ●他所様の敷地や駐車場には入らせない。
   (駐車場などはワタシが不審に思われる場合もあるし ^^;)
  ●水溜りの水は飲ませない。
   (化学物質が溶け込んでいたらいけないので念のため)

 などなど・・・。書き出すともっとありそうですが、これだけ制限を
 していると散歩中に「ダメ」と言うことが結構多くて、そのぶん猫が
 不満に思わないように気を遣ってマス(^^;)。
 ダメというよりやめてくださいねとお願いして、言うこと聞いてくれた
 らイチイチ「ありがとう」とお礼申し上げているんデスよ。ははは。
 実家の庭で遊ぶときには好きなだけ木登りさせています。
 上の方まで上りたそうな時は、リード持ったまま一緒に上りますよ(笑)。

| 薄皮饅頭 | 2009/11/28 20:57 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://56g.blog40.fc2.com/tb.php/236-fd11a0dc

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。