ごろ太三昧

(雑種猫ごろ太の乳母日傘な日々)

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

青虫冬を待つ


「むむむッ?!」


「届かナイ・・・」


「エエト・・・」


「この棒を使いマス!」

091108-5.jpg
「届・・か・・ナイッ!!」


「グウゥ~ッ!!」




浅知恵通らず癇癪の舞を舞うここに居り。
すぐそこに見えているのに届かない。手を伸ばせば届きそうなのに届かない。その届かなさ加減こそまさしく坊ちゃんのツボなのである。もうちょっとという距離が彼の本能を擽るのだ。

常であったらハイハイと2つ返事で抱き上げて手伝ってくれるはずの乳母が今日は横目で知らぬ顔。そんならボクだってアタマを使いマス!と坊ちゃんが目をつけたのは、アパートの外壁にくっついたガスメーターを支える1本の棒である。
木登りならばお手の物。勇んで足を掛けたのに、自慢のツメも歯が立たずつるり滑って空しく広がるは後足の指ばかり也。口惜しいは苛立って上向いたまま癇癪の舞。

091108-7.jpg坊ちゃんのお目当ては僅かな庇にぶら下がる小さなアゲハの蛹。数日前に見かけた彼女はまだ青い姿で、寒さに悴んで動けぬのかと案じたのだが、無事に冬支度を済ませて深い眠りについたようだ。
寝子と名のつく獣であるならせっかく寝た子を起こすなど、野暮な行いするなかれ。
虫ギライなヒトにとっては迷惑千万な蛇足であるが、数日前の晩の彼女はヤモリ氏と逢瀬の真っ最中。「ヤァ今晩は佳宵ですね」とヤモリ氏の挨拶で始まって頃来の寒さにお互いを案じる話で盛り上がった後、「それではこれから冬篭りを致しますのでどうぞ良い冬を」と青虫嬢がご挨拶。また来る春の日の再開を誓いふたりは互いに背を向けたのであった。

091108-8.jpg





 人気ブログランキングへ にほんブログ村 猫ブログ 猫 お出かけ・お散歩へ
スポンサーサイト

| 散歩猫 | 21:00 | comments:8 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

最初にタイトルと、写真の耳だけ見えて・・・
もう、そのまま帰ろうかと思いましたけど、
なんとかコメント欄のところまでたどりつきました。
途中は スクロールバーのスピードアップして(^^;

ごろ太ちゃん、木登り上手ですね!
でも鉄柱はさすがに無理?
左手をひっかけられそうな留め金があるからガンバレー
と思っていたら・・・でたー

でも、木の字さんと蛹さんにそんなドラマがあったとは。。
坊ちゃんにつかまらなくてよかったね(^^;
来年美しく羽ばたくのを楽しみに、少しだけ蛹さん応援してかえります。

今日も真剣なお目々のごろ太ちゃん 可愛かったです~♪

| りっぽ | 2009/11/08 21:23 | URL |

一生懸命なごろ太君、可愛いですね~
もうちょっと、もうちょっとと手足を伸ばして頑張って
棒を見つめるお顔が愛らしい!
本ネコ的には登れてるつもりなのかしら(笑)
じたばたしてる所を見てるのは、面白いですよね。

| mogu07 | 2009/11/09 00:14 | URL | ≫ EDIT

フフフ 私 青虫さんは平気。。。
っと言っても見るのは。。。
勿論触れないけどね(^^;
羽根があって飛ぶ虫が無理なのよ。。。
青虫さん 羽根ができたら さようなら。。。

坊ちゃまのこの立ってる姿が可愛いのよねぇ~
このまま歩き出しそうなぐらいです。。。
足も手も胴も めいっぱい伸ばしても
届かない。。。
虫さんもイイ場所を選んだのね

| 猫田にゃん仔 | 2009/11/09 13:12 | URL |

坊ちゃん、横にある棒を使うってところまではいい考えだったけど、
さすがに爪は立てれなかったようですね。

残念!!と思っていましたが、
木の字のお友達(?)とサナギさんのやり取りを知ると、
坊ちゃんに捕まらなくてホッとしていますw

サナギさんに
「よい冬を。また暖かくなったらお目にかかりたいです」とお伝えください(^▽^)

| ぼん | 2009/11/09 14:18 | URL | ≫ EDIT

棒に気がついたのは偉いです!
↑ごろ太くんの頭上でライト(ポン♪と音付)が光るのが見えました!^^。
つま先(?)立ちで、トトトっとバランス取ってるお姿が ぷぷっ 可愛すぎます~♪
無防備なお腹や太ももにも激しく反応しちゃいます!ソフトSだから(笑)
あともう少しなのに 見えてるのに 届かない ・・・ にゃんこはなかなかギブしませんからね~かなり長くお付き合いされたのでは?^^;

| ひろみ | 2009/11/09 14:49 | URL | ≫ EDIT

はじ

足跡を辿って参りました。

ごろ太君の可愛さは勿論の事、
あまりにも素敵な文章にコメントを
残したくなってしまいました。:)

私自身ファーブルの昆虫記で
幼き頃を過ごしました。

大人になって”ファーブルの庭”を読みましたが、
彼は唯一研究者の中でも虫を切り刻まずに、
じっくり観察した研究者であると尊敬しています。
表現が豊かで、虫たちを友人と呼び、
その生態の描写に彼の精一杯生きる虫たちへの愛情を感じます。

虫達に対してこんな素敵な文章を書ける方は
どんな素敵な方でしょう・・と。
とっても暖かな気持ちにさせて頂きました。:)

| quantum | 2009/11/09 15:11 | URL |

みなさんへ
 いつもコメントをありがとうございます。
 エート、本日ちょっと色々なことに出遅れてしまって
 いただいたコメントのお返事やら、
 みなさんのところでのコメントやら、まだできずに
 おりますがゴメンナサイ(^^;)。

 今夜遅くになってしまいますが、お返事諸々させて
 いただきますので、しばしお待ちくださいませね。
 取り急ぎご連絡まで。

| 薄皮饅頭 | 2009/11/09 21:04 | URL |

りっぽさん
 一昨日お知らせしておくべきだったかなぁと思いながらも・・・(^^;)。
 危険を察知できるようわかりやすいタイトルにしてみました(笑)。
 見ちゃったの?見ちゃったの?最強カップル。ふふふ。ゴメンナサイ。

 ごろ太はどうやらジャンプよりも腕で攀じ登るタイプみたいで、
 猫タワーに乗る時も助走をつけてきて・・・攀じ登っていきます(笑)。
 攀じ登る姿はおもしろいんだけど、猫としてはなんだかカッコ悪いデス。
 木登り好きらしくて上ると得意がるのですが、散歩中に気分がノッて
 くると助走つけて電柱や鉄柱に登ろうとしたりしてます(^^;)。
 うすうす無理だと気づいているようなのに、時々挑戦するらしい(笑)。

 実は夜の逢瀬のヤモリ氏と青虫嬢にも茶々を入れるという野暮を働いた
 ごろ太です。まったくねぇ・・・。
 で、そういう場合何日かの間は結構しつこく同じ場所を見に行くんです。
 蛹になっていたから(動かないから)大丈夫だろうと安心していたら、
 どうも触りたくてしょうがないらしいんですね、コレが。
 叩き落としたらイカンので、ワタシは隣で知ら~ん顔でした(^^;)。



mogu07さん
 蛹なんてぴくりとも動かないのに、夜の逢瀬を目撃していたこともあり
 何日もシツコク同じ場所に通ってはなんとかチョッカイ出そうとします。
 位置的にも、あとチョットというのが魅力なんでしょうねぇ(^^;)。
 けど叩き落したらイカンので今回は一切手助けナシ(笑)。
 苦肉の策の棒登りも爪が立たなきゃできやせぬ、ふははははっ!
 口尖らせていつまでもじたばたしてくれたので、いろんなアングルから
 写真は撮れるわオモシロイわで、アゲハの蛹には足を向けて眠れません。

 よく見てみれば棒にはつかまっているだけで結局普通に立っているのと
 変わらないんですよね(^^;)。
 でもmogu07さんの仰るように、本猫的には登れているつもりかも(><)!
 そう考えると余計にオカシイ~!!



猫田にゃん仔さん
 にゃん仔さんが青虫なら平気っていうのもちょっとフシギです(笑)。
 でも叱られるよりいいかぁ~。ふふふ。
 飛ばない虫の方がキモチワルイの多いような気もするけどなぁ・・・。
 『青虫さん 羽根ができたら さようなら。。。』って五七五だし。

 ごろ太は比較的よく2本足で立つほうかもしれません(^^)。
 横方向にだけど歩くことありますよ~!いつか動画でアップしようかな。
 ギリギリ届かないところがまた、ハンター魂に火を点けたんでしょうね。
 ごろ太に叩き落されずに済んだという点ではイイ場所だけど、
 周りに結構木とかあるのに、なんでわざわざこんな無骨な場所を選んだ
 のやら(笑)。
 建物の外壁の際はかなり暖かいので、それがお気に召したのかもデス。



ぼんさん
 この棒をスルスル上ったらたまげますよね(笑)。
 ヤモリばっかり追いかけてるから肉球が吸盤になっちゃったの?!って。
 棒を固定しているところに前足をかけてがんばったけど、踏ん張るはずの
 後足はつるつる滑って、結局普通に立っているのと変わらない(^^;)。

 食べないものの殺生と奪取は我が家ではご法度だからして、もしも叩き
 落としてしまったら蛹の場合どうすればいいやら案じていましたが、
 届かなくてホントにホッとしましたよ(笑)。
 春が来て羽化するところを見られるといいなぁ!

 そういえば、いつぞやお嬢ちゃんが我が家を守るために追い払った巨大な
 イモムシも、今頃デッカイ蛹になっているかもしれませんね(^^)。
 いや、最終的に追い払ったのはぼんさんなんだけど(笑)。



ひろみさん
 棒を使うゾ!と思いついたとき、ひろみさんが仰るようにきっと電球が
 光ったんでしょうね! そう思いながら写真見るとうぷぷ、と笑える~。
 ごろ太、割と2本足立ちすることが多いデス。
 見慣れちゃってるから特に感慨もないけど、このハーネス着けてるときは
 ヨチヨチした足取りがホントに幼稚園児みたいでカワイイです。
 ふふふ、親ばか~ん(^^)。
 こういうときは夢中になってるから、お腹も太腿もつつき放題ですよ~。

 ヤモリ氏との逢瀬のときから見ているから、この場所に3日間くらい毎日
 通っています(^^;)。写真を撮ったときだって、こうしてアクションして
 いるのは数分だけど、真下でジーッと座って見つめる時間は30分は
 かかっています。慣れたとは言え、あのシツコサには脱帽です(笑)。
 まぁ、そうして待てるからこそ、飼い主の留守も静かに待っていてくれる
 のだろうと考えることにして、横で一緒にジーッと待つ日々デス。



quantumさん
 はじめまして(^^)! ご訪問とコメントをありがとうございます。
 ワタシも日頃quantumさんのところにお邪魔させていただいているのですが、
 なにぶんにもコソコソした性分ゆえ、なかなかお声をかけるきっかけも
 なく恐縮デス。でも、こうしてコメントいただいたお陰でお話できること
 に感謝しています。ありがとうございます(^^)。

 コドモの頃、通っていた幼稚園が山だったので(笑)色々な植物や小動物を
 見て育ちました。ファーブルを読んだのは小学校に上がってからでしたが、
 なんでもジーッと観察するのは楽しいし、色んな発見がありますよね。
 ごろ太と散歩するようになって、以前よりも身の回りの小さな生き物の
 存在によく気づくようになりました。だからこうして見たり考えたりできる
 のは彼のお陰かもしれませんね(^^)。
 ただ、食べないものの殺生と奪取はご法度が我が家の家訓ですから、
 見つけたものを捕まえないようにするのにひと苦労なのですが(笑)。

 猫はもちろんスキですが、猫以外の生き物にもそれぞれの生涯があって、
 魂の尊さはみんな同じですものね。それぞれがいとおしいです。
 あまり素敵とは言えないワタシですが、シヤワセな誤解はどうぞそのままに
 またぜひ遊びにいらしてくださいね(笑)。ワタシもうかがいます(^^)。

   #それにしてもquantumさんというハンドルネームがカッコ良すぎ!
    我々はみんな星のかけらでできているから?

| 薄皮饅頭 | 2009/11/09 23:20 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://56g.blog40.fc2.com/tb.php/217-47016565

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。