ごろ太三昧

(雑種猫ごろ太の乳母日傘な日々)

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

ヨダレポマード


坊ちゃん熱心ですねぇ

091102-2.jpg
「チョビ髭チョビ髭って笑うから・・・」

091102-3.jpg
「キレイにするまで」          「撮影ご遠慮願いマス」

091102-4.jpg
「よーく湿らせて」            「よーく洗いマス」

091102-5.jpg
「チョビ髭、もう取れマシタか?」

091102-6.jpg
取れましたよ                ハンサムです




嘘も方便とはまさしくこのことを言うのであろう。
油混じりの煤がそんなに簡単に取れたら洗剤屋さんは潰れてしまう。そのチョビ髭は工業用石鹸でゴシゴシ洗わねばすぐには取れないのである。昨日散散からかって愉しんだ後、表面に浮いた汚れを随分拭き取ったのだが毛と毛の間に入り込んだ煤は時間に任せることにした。

あんまり面白がったので少々ご立腹の坊ちゃんは撮影拒否を宣言しつつも毛づくろいに夢中。洗顔法も今日は間違えていないようである。洗顔し過ぎて虚ろな瞳でもう取れたかと聞かれれば、まだついてますよとは言えないのが人情というもの。取れた取れた、ハンサムになりましたよと煽てて彼の気分がすっかり良くなったところでそろそろ白状するとしようか。

091102-7.jpg

乳母が気になって仕方ないのはもはやチョビ髭などではないのである。
30分から時間をかけて熱心に毛づくろいした結果がこの無造作スタイルなのであるかと感嘆の念で見つめていたのだ。無造作というにはワザとらしいほどグチャグチャ過ぎるこのセット、触ってみれば強力なセット力のヨダレポマードでびちゃびちゃである。
このポマードが乾く頃なぜだかきちんと毛並みが整っていることが誠に不可解なのである。

台所ではことことスープの煮える音。ピザのチーズが焼けた匂いも漂ってお腹をグーと鳴らした乳母は、ヨダレまみれの左手をそっとズボンで拭ったのであった。





 人気ブログランキングへ

スポンサーサイト

| 寛ぎ猫 | 21:00 | comments:6 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

クスクス。
お髭の付け根に、黒いのが見えてますお坊ちゃん♪
ハンサムが台無し。早く消えるといいですね。

ごろ太ちゃん、ヨダレ多い子なんですか?
うちのおねたんが いつも毛をびしょびしょにしているので
よく想像がつきます。
ふくちゃんとおにたんはいつもサラサラなんですけどね。

あの後、うちの子の洗顔をよく見ていのですが・・
これがきちんとできているんですよ、何度見ても。
ちょっとガッカリでした(笑)

| りっぽ | 2009/11/02 21:27 | URL |

なかなか取れませんね。
でもハンサムには変わりないですよ~
笑ったり、からかうとネコは拗ねたり怒ったりしますよね。

無造作ヘアでも完璧☆と済ます所が可愛い.....
後がつく程しっかり濡れてても、乾いたら後が消えてるのは
不思議ですよね。
あのポマード、何か特殊な物に違いないですよ。

| mogu07 | 2009/11/03 06:53 | URL | ≫ EDIT

ごろ太くん、お写真の角度ではチョビ髭、取れたように見えたのに・・・
やはりそう簡単には取れなかったのですね。
ヨダレポマード、坊ちゃん的には乾いた後の感じまで計算されて
セットしているのかもしれませんよ~。
爺も若い頃は無造作スタイルでした。
濡れたロン毛もまた、なんだかいや~な感じでしたが・・・
今となっては懐かしい。笑
Jerryは格好だけで実際あまりキレイになってないような・・・
Chicagoはピッカピカにいつもキレイ。
で、双子のBostonはほとんど毛づくろいしない子でした。
本当に猫、それぞれですよね~。

| sari | 2009/11/03 07:28 | URL | ≫ EDIT

Hanakusoがついていようとも、
ChobiHigeがはえようとも、
ゴロ太どんはいつでもおとこまえですよw

…それにしても、口元のひげねっこのところだと
なかなかおちなさそうですね。
これは、あれでしょうか、ゴロ太どん、
シャワーとかですか??

| Satyr | 2009/11/03 09:05 | URL |

小学生だった頃、初めて飼ったにゃんこが茶トラ白(っていうのかな)でした。
そのせいかな~ごん太くん見てるとほんわか懐かしい思いがこみ上げてくるんです。
『チビ♂』って名前でしたけど、ウルトラ特大の黄粉おはぎのような子でした^^?
家には出入り自由でしたので、いろんなもの捕まえてきたり、体に変なものくっつけてきたり。
チビもヨダレポマードこってりんこでしたねー(笑)

うっすらチョビ髭、残っちゃいましたね^^;
でも大丈夫デス! ごん太くん!! それでも男前デス!!!(笑)←(笑)は失礼かな^^?
念入りに毛づくろいしてますね~これからデート?みたいな^^。 カワイイ♪

| ひろみ | 2009/11/03 13:51 | URL | ≫ EDIT

りっぽさん
 拭いてやったらかえって汚れっぽくなって面白さも倍増(笑)。
 テーブルの角にせっせと擦りつけてチョビ髭転写を試みているようデス。

 おっしゃる通りごろ太はヨダレ猫(^^;)。
 過保護猫仲間(笑)のふくちゃんのようにカリカリを椀子喰いしている
 ときも、ヨダレをポッタポタ落とします。
 ヨダレの多さはおねたんと共通なんですね。うふふ。
 先代猫がこんな風に毛並みを乱しているのを見たことなかったんです。
 ワイルドキャットだったクセにすごい神経質でいつも毛並みはキチンと
 していたから、こういうごろ太を見ると「ダメな子ほどカワイイ」感が
 ボディブローのようにじわじわと効いてきます。

 洗顔法を間違えるのもやっぱりダメな子だけなのかも~(笑)。




mogu07さん
 この後、やたら角という角にチョビ髭を擦りつけてました。どうやら
 転写を試みているようデス(笑)。たしかにちょっと薄くなったかも。
 モノの本の中には『猫は拗ねたりしない』と書かれていたりするけれど、
 実際に見ているとやっぱり拗ねたりいじけたりしますよね。
 猫同士では他の猫が失敗したら見なかったフリしてスルーするのが
 どうやら礼儀みたいです。ふふふ。
 それにしてもどうも男子の方が根に持たない印象があります。
 大声で笑うのはニンゲン以外の動物にとっては敵意ととられるのだそう
 です。吠えているように感じるのかなぁ?

 ごろ太的にはこの無造作ヘアは改心の出来栄えみたいデス(^^;)。
 わざわざ毛並みを乱しているようにしか見えないけれど、ホントに
 乾くとキチンとなっているのがオモシロフシギ。
 そうか! このポマードにヒミツが隠されているんですね(笑)!
 一度ワタシの髪もセットしてもらいたいけど、猫のヨダレ臭いアタマを
 喜んで受け入れてくれるのは一部のマニアだけだしなぁ~。



sariさん
 わははっ! 濡れたロン毛もいや~な感じって大笑いしちゃった(^^)!
 ビショビショのぐしゃぐしゃだから、ついお節介でちょっくら手直し
 しようかと触るたび後悔します。ヨダレポマード(笑)。
 なるほど、セットの段階で無造作風に見えても仕上がりは計算ずく
 なんですね。うーむお見逸れしました。

 女子の方が毛づくろい上手で好きなのだと思ってましたが、ジェリコロ
 姫は適当・・・(笑)? きっとあんまり汚すことしないんですよ。
 Chicagoくんはピッカピカにしてそうなイメージあるある!
 Bostonくんも、自分でやらずに他の猫にやってもらってそうデス(笑)。

 記事の前半の写真、できるだけチョビ髭が見えないものばかり選んで
 取れた?とsariさんに気を持たせたかったんデス。ふふふ。
 ついてる方がカワイイかもと思ったけど、ワタシがゴシゴシこすったら
 なんだかただの汚れっぽくなっちゃって残念!
 この後も家中の角という角にこすりつけてチョビ髭の転写を試みて
 いましたよ。取れつつあるように見えるということは、テーブルの角が
 黒くなっているということかも(^^;;;)?




Satyrさん
 ハナクソやらチョビ髭やらをくっつけた残念顔のファンとしては、
 内心ついたままでもいいと思っていたりして(笑)。

 同じ車の煤でも脇腹などについたものは、次のシャンプーの時まで
 うっすら残っていたりするのですが、この後家中の角という角にこす
 りつけたりしてチョビ髭転写を試みているようデス。
 なんだか取れつつあるように見える・・・ってことはテーブルの角が
 黒くなっているってことですよね(^^;;;)。

 普通のシャンプーしても取れにくい煤汚れなので放置を決めてマス。
 でも、シャンプーの日が来ればチョビ髭がついていようといまいと
 ジャブジャブ洗われる運命なのデス、彼は(笑)!




ひろみさん
 ウルトラ特大黄粉おはぎ(笑)! んもうお腹イッパイになりそう。
 出入り自由にして猫を飼うことができた旧き良き時代に生きていたの
 デスね、ヨダレポマードこってりんこの大きなチビくん(^^)。
 先代猫は神経質なところがあって毛づくろいし過ぎてお腹モフモフ
 地帯をまるっとハゲにしたりするほどでした(^^;)。
 その代わり毛づくろいのうまいこと。いつもキチンとキレイな毛並み
 をしていたし、ヨダレにまみれている姿なんて見たことなかったから、
 最初にごろ太の毛づくろい後姿を見たとき、この猫は口の病気か?と
 疑うほどの驚きでしたよ。ふふふ。

 同じ車の煤でも脇腹などについたものは、次のシャンプーの時まで
 うっすら残っていたりするのですが、この後家中の角という角にこす
 りつけたりしてチョビ髭転写を試みているようデス。
 なんだか取れつつあるように見える・・・ってことはテーブルの角が
 黒くなっているってことですよね(^^;;;)。

 念入りに毛づくろいしている猫を見ると
 「そんなにめかしてどこ行くの~?」とついつい訊いてしまいますね。

| 薄皮饅頭 | 2009/11/03 20:58 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://56g.blog40.fc2.com/tb.php/211-3c477be9

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。