ごろ太三昧

(雑種猫ごろ太の乳母日傘な日々)

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

危険な遊戯


「ムキィーッ!」


「捕まえた!」


「さあ来いッ!」


「むぐぐぐッ?!」




掛け声の割にはモノグサな遊び方である。
ドアノブに結びつけたゴム紐の先にはボール。ボールをつまんでホイと離すと少々不規則な動きをしながら飛んで行く。坊ちゃんが夢中で捕まえるとゴム紐が伸びて離すとまた飛んで行くので、ニンゲンにとっては非常にラクな遊びであった。小さなマットの上で転がりながら遊べるのでモノグサ猫にも大評判。一石二鳥のこの遊戯、実は大変危険なのである。
091008-5.jpg何が危険かと申し上げると坊ちゃんお気に入りのこのボールは中に鈴が仕込まれた木製なのである。
転がると音が鳴るのがウレシイか、そのまま渡してもひとり転がして遊んでくれていたのだが、いかんせんすぐに家具の下に入れてしまう。入れてしまうと「取ってくれ」と、いちいちヒトを呼びに来る。
取っても取っても呼ばれる乳母がついには面倒になってゴム紐の先に縛り付けたのが、この遊戯の始まりだった。坊ちゃんは大ヨロコビで奮闘するのだが、硬い木のボールがゴムの勢いでびゅうと飛んで来るワケだから、ひとつ間違うと大変痛い思いをすることになるのだ。
オマケに跳ね返ったボールがハリボテの合板ドアにぶつかる度にガチンゴチンと音を立て、甚だ騒々しい遊戯でもあったのである。
コレはイカンと思い直してボールを外すと、我が家に再び静寂の夜が戻って来た。
坊ちゃんのオツムにゴツンとボールが当たる心配もなくなって、撤去しても一石二鳥の遊戯であった。
ボールはいつでも遊べるように転がしてあるが、いつの間にやら飽きられて最近はとんと鈴の音を聞かぬ。

ところで背景の赤いネットは坊ちゃんのオモチャ入れ。幼き頃はこれ自体がちょっとしたジャングルジムであったのだが、今となっては彼がどれほどがんばろうともオシリを入れたら一杯になってしまうに違いない。

091008-6.jpg




 人気ブログランキングへ

スポンサーサイト

| 遊ぶ猫 | 21:00 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

木製おもちゃがゴチッと頭に当たっても楽しく遊んでいたごろ太ちゃんが、いとおしくなってしまう・・♪

ごろ太ちゃんは、鈴モノ怖くないんですね~
(うちのおにたんおねたんは、鈴の音がこわくて近寄れない(^^;)
オモチャネットの中、
他にどんなのが入っているのかな~なんて想像してしまいました。

赤いネットに入っているごろ太ちゃん、
かっわいいですねぇ~♪

わたしが、そこにじゃれついて遊びたくなりましたです(^^;

| りっぽ | 2009/10/09 18:39 | URL |

りっぽさん
 アタマに当たるとかなりいい音します(^^;;;)。頭蓋骨にヒビ入るんじゃ
 ないかと思うような(笑)。
 それでもブームだったときはゴツンゴツンと音を立てながら楽しそうに
 遊んでましたよ・・・だからマヌケになっちゃったのかも。

 オモチャ入れに入っていたのは主にやわらかいものでした。
 ヌイグルミの類と、布で出来た綿入りのボール大小など。で、小さな頃
 は自分がオモチャの坩堝に飛び入って、中で格闘してましたよ(^^)。
 ネットインごろ太の写真は携帯で撮ったので汚くて残念デス。
 今となってはどんなにガンバってもらってももう入れないし、万が一
 入れたらネットが裂けます(笑)。あ、でもその様子を逐一記事にでき
 たらおもしろそうだけど(^^;;;)。

 りっぽさんとこの猫らは鈴の音を怖がるんですね。
 首輪にも鈴はつけていないのかな?
 ごろ太は鈴の音がスキでよく反応しますが、たぶん自分の首についてる
 から、鈴の音がすると「誰か猫が来た!」と思うのかも(笑)。
 窓の外を、ガマグチに大きな鈴つけたお年寄りが通ったりすると、
 走って見に行ったりしてますよ~。

| 薄皮饅頭 | 2009/10/09 21:10 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://56g.blog40.fc2.com/tb.php/185-04a9849f

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。