ごろ太三昧

(雑種猫ごろ太の乳母日傘な日々)

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

ココロに秋風


「いい気分だったのに・・・」


「またあの小僧が来たねぇ」


「もう夏は終わったのよ」


「プリン姉さんっ・・・」


「プリン姉さん?」


「いつまでも暑苦しいわねぇ」




秋の風が胸に沁みますネェ、坊ちゃん。
この間ご近所チェックをジャマしてキツーイひとことを浴びせられたのに、門柱の上の彼女をみつけるやいなや駆け寄る坊ちゃん。忽ちフキゲンになったプリン姉さんは小僧と目なぞ合わせてやるものかと、ひたすら知らん顔を決め込む。
乗ってはいけない人様のお宅の門柱に堪り兼ねて飛び乗った坊ちゃんが熱視線を送るほどに、女帝の心は冷えてゆく。頑なにツレない態度でとうとうオシリを向けられてしまった。

向こうの家の屋根の上では鴉が頓狂な声を立てる。あちらではスズメが数羽連れ立って家路へと飛び立って行った。判然とせぬ曇り空にそれでも段々と夜が近づいて来て、幾許か蒼味がかった空気を揺らす風はやわらかいがひんやりと冷たい。もう秋なのだ。きっぱりとやって来た秋のごとく、プリン姉さんの心持もきっぱりと「お断り」なのであろう。
でも、ひたむきに見つめている坊ちゃんのために、その横で阿呆面して立っている足元冷やした中年乳母のために、ほんの少しだけこちらを向いてはいただけぬものだろうか。





【蛇足的補足】
プリンはアパートの大家さんちの猫。写真の立派な門柱は大家さんちのだからして、彼女が乗る分には何も問題なし。が、坊ちゃんが乗るとなると話が違ってくる。「門柱に乗るとは主の頭に乗るようなもの、誠に怪しからん」と思うヒトも世の中にはいる(かもしれない)。猫が嫌いであればなおのことであろう。
もちろん、大家さんは「乗っても構わない」と言ってくれるのだが、ここに乗ってヨシとするとどの門柱にも乗ってヨシということになってしまう。誰の門柱かという区別を猫にさせるのは難しいことなので、ワタシは一貫して他所様の門柱や塀には乗ってはいけない、ということにしている。

しかし、この日はウッカリ目を離した隙にやられてしまったのである。坊ちゃんのあまりのひたむきさに負けて、今日は特別ということに相成った。が、今後一切門柱飛び乗りはお断りデスよ。





 人気ブログランキングへ

スポンサーサイト

| プリン | 21:00 | comments:6 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

プリン姉さん、ごろ太君が来てから背を向けたんですね。
初めは背を向けてなかったのに・・・。
ごろ太君は本当にぷりん姉さんが大好きなんですねぇ。
切ない恋心って感じです。

| 祭花 | 2009/09/19 21:41 | URL |

プリン姉さんって、なんだか会津の駅長猫バス
に顔が似てるような。あんまり猫ちゃんの種類
とかわからないのですが、同じ種類なのでしょうか。
ちなみにバスはいようにでっかくて妙な貫禄がありました。

・・・ゴロ太どん、お風呂に入ったせいか妙に輝いてます。
 

| Satyr | 2009/09/20 06:15 | URL | ≫ EDIT

あはは~!!!
プリン姉さんの『ウザイったらありゃしない!』
(いやいや、私はそんなこと、思ってないですよ・・・)
という冷めた態度と
ごろ太くんの健気にプリン姉さんを見つめる熱い視線。
このふたりの温度差が~~~!!!笑
いつか・・・報われる日が来るといいね、坊ちゃん♪

| sari | 2009/09/20 07:42 | URL | ≫ EDIT

ごろ太坊ちゃんとプリン姉さんの関係がなんともいえず面白く拝見♪
ゴロ太ちゃんのいじらしい気持が伝わってきます。
いつもいつも思う、お目々が可愛いごろ太ちゃん、がんばって♪

(ごろ太ちゃん脱走したことあったんですね(T_T) 何事もなく見つかってよかった・・)

| りっぽ | 2009/09/20 17:31 | URL |

ごろ太君がプリン姉さんのハートを
鷲づかみする日は来るのか!?
って位プリン姉さん今日もつれない態度ですねぇ(´;ω;`)
プリン姉さんを見つめるごろ太君の瞳が
真剣すぎて切なさ倍増です( ̄^ ̄)

門柱に2人で乗っている姿が
シーサーみたい(^ー^)

| Aたん | 2009/09/20 20:26 | URL |

祭花さん
 すごい避け方デスよね、プリンったら(笑)。
 そもそもごろ太が悪いんだけど、彼女ったらイイオトナのクセ
 して大人気ないんだから(^^;)。
 ちょっと自分を見ているような気がしたり。ふふふ。
 ウチの中では猫だというのにやたら空気を読んで、ワタシを
 感心させるごろ太なのですが、どうやら猫同士の空気は読めぬ
 ようなのデス。




Satyrさん
 バス駅長もご老体と聞きますが、毛並みなんか見るとまだまだ
 ピカピカしてますよね。プリン姉さんはここ何年かでモサモサ
 だった毛が少しずつ薄くなって来ています。
 顔はたしかにちょっと似ているかも(笑)。
 姉さんは生粋の雑種デス(^^)。バス駅長のことは詳しくは知り
 ませんが、たぶん雑種なんじゃないかなぁ?
 昔々、飼い猫として洋猫が入って来た頃、猫は放し飼いが
 一般的だったので、ニホンの猫とどんどん交雑してしまったの
 だそう。今は純粋な日本猫ってほとんどいないそうデス。

 駅長に直接会ったんデスね(^^)!いいなぁ~。
 ごろ太を洗うとしばらくの間「こんなに白っぽかったっけ?」
 と思います。それだけ汚れているんでしょうね(^^;)。
 (シャンプーの記事にもコメント、ありがとう!)
 駅長やプリンをお風呂に入れたら、きっとごろ太の比ではない
 くらいにホッソクなると思いマスよ~(笑)。

 Satyrさんのハンドル、なんて読むのかとずっと気になっていて
 今朝連れ合いに頼んで聞いてもらったんデス(^^)!
 メタルは聴かないけど、お名前読めるようになってスッキリ(笑)。
 



sariさん
 完璧に嫌われたみたいデスよ、ごろ太(笑)。
 カワイソウだけど仕方ない。きっとそもそもの相性も良くない
 ところに持って来て、ウザイオトコだから(^^;;;)。
 ホントにごろ太が見つめるほどに、彼女は心理的にも物理的
 にも離れていくようデス。あ~あ。
 それなのに、このごろ太の空気読めない感だと、どうやらこの
 想いが報われる日は来なそうデス(苦笑)。




りっぽさん
 いじらしいっちゃいじらしいんデスけどねぇ・・・。
 でも、猫って一旦キライって思ったらそうそう思い直すことも
 ないようだし、これだけ嫌われてるんだからどっちかと言えば
 諦めて欲しいというのがワタシの本音(笑)。
 がんばらないでくださ~い(^^;;;)。




Aたんさん
 来ないでしょうねぇ~・・・(^^;)。残念ながら。
 だってこれだけ嫌われてちゃ、もう修復は不可能ですよね。
 どうしてこんなにプリンに固執するやら(笑)。
 見ている方も気の毒なので、諦めてくれないかなぁと思うん
 ですけどねぇ。

| 薄皮饅頭 | 2009/09/20 23:18 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://56g.blog40.fc2.com/tb.php/165-7f40d428

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。