ごろ太三昧

(雑種猫ごろ太の乳母日傘な日々)

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

木の字に決定


熱心に隙間を覗いている


その理由はまたこのお方


またもや間違ったアプローチ


プランターから転げ落ちて


「むむっ、トドカナイ・・・」


「クゥーーーッ!」


「・・・手が抜けなくなりマシタ」




入ったんだから抜けるはずですよ。
またヤモリ氏である。それもまたもや隙間にご登場。届きそうで届かぬ隙間でまばたきもせず黒い瞳をツヤツヤきらめかせて、今日もまた坊ちゃんを魅了するのである。
よくよく見ればヤモリ氏のシッポがやけに短い・・・ということは、氏はやはりいつぞやの氏なのである。シッポまでちょん切られたクセして同じ場所に現れるとは大胆不敵な懲りない輩。

そして隙間を覗いて鼻息荒げるこの猫も、また懲りない輩である。
届かぬとわかっていながら歯軋り混じりで手を突っ込み突っ込み、その手が抜けぬと恨めし気な顔で、ヒトに助けを求めてくる。入ったんだから抜けます。お気張りあそばせ。

茜さす 庭で右行き左行き ヤモリは見ずや 君が尾を振る

手が抜けぬ坊ちゃんは放っておいて、替え歌ならぬ替え和歌を捻り出してみる。額田女王が聞いたら激怒するかしらん、しかし彼女がこの事実を知るはずもないのだしなどとニヤニヤしながら考えていたら、突如坊ちゃんがプランターの陰から踊り出た。
慌ててリードを握り締めた乳母の目に映ったもの、それは・・・

はたき飛ばされ木の字になって宙を舞うヤモリ氏。
着地後、例によって氏は無事に逃げ果せたが、広げた四肢と短いシッポの見事な木の字であった。氏の名前は『木の字』だ!と思わず膝を打った乳母であった。
坊ちゃんを阻止するために両手を塞がれて、写真のないことが返す返すも口惜しや。





 人気ブログランキングへ

スポンサーサイト

| 庭と猫 | 21:00 | comments:6 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

ハマってますね

こんばんわ・・・。

たしか側溝にハマってて拾われたんでしたよね?
ハマり癖が抜けないのか、DNAに刷り込まれているのか。

あはは

| やっすぃぃぃー | 2009/09/06 21:57 | URL | ≫ EDIT

やっすぃぃぃーさん
うははははっ!よく解かっていらっしゃる(^^)。
細長いところにハマるのがたまらんようデス。
散歩中も、乾いた(蓋のない)側溝があると
イソイソと入ってみていますから(笑)。

| 薄皮饅頭 | 2009/09/06 23:17 | URL |

間違ったアプローチも、抜けないお手手もかわいい♪
しかし、隙間にみっちり収まるぼっちゃんを見て
押し寿司が食べたくなってしまったワタクシ・・・

タイトルを見て
何が一体『木の字』なのかしら???と思ったら
ヤモリ氏のことだったのですね。
ヤモリ氏改め木の字さん、今、供養前のお写真、拝見してまいりましたが
ずいぶんご立派なしっぽをお持ちだったのですね!



| sari | 2009/09/07 06:33 | URL | ≫ EDIT

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

| | 2009/09/07 20:03 | |

ご・ごろ太君?!
君は一体どんな格好になっちゃってるんだい(゜д゜ノ)ノ
転げ落ちたままの体制で
ヤモリ氏改め木の字さんを追い続けるなんて
ナイスファイト(≧∇≦)b
今日はついに木の字氏を猫パンチしたんですね!
ナンだかだんだんハンティングの腕が上がってますねぇ( ̄ー ̄)

| Aたん | 2009/09/07 20:31 | URL |

sariさん
ぐはははっ(^^)!ごろ太押し鮨!!
sariさんたらホント食いしん坊デス(笑)。

身近な生き物と何度も顔を合わせていると、ついつい名前を
つけてしまうクセがあるのデス、ワタシ(^^;)。
で、名前で呼ぶとより親しみを感じてウレシイのデス。
シッポを切られても懲りない木の字と、何度逃げられても
懲りないごろ太。
ふたりの間に友情は生まれるのでしょうか(笑)?!




Aたんさん
カラダが柔らかいんデスね、猫ってホント(^^)。
何かに夢中になると、上半身と下半身の向きが違っても
これっぽっちも気にならないんだろうなぁ。
いっつも最後のアクションが起こるまでは、延々ジーッと
待っているから、こっちもいい加減だれていて、
肝心なところを写真に撮り損ねるんデスよ(泣)。

パンチだってその瞬間は見ていなくて、
気づいたときには木の字が木の字になって宙を舞って
いたワケだからして(^^;;;)。

Aたんさんに褒められて坊ちゃんは鼻高々。
これからも精進するそうデス。ふふふ。

| 薄皮饅頭 | 2009/09/07 22:53 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://56g.blog40.fc2.com/tb.php/153-f980c155

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。