ごろ太三昧

(雑種猫ごろ太の乳母日傘な日々)

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

ヤモリ氏の災難-1


何を見てるんですか?坊ちゃん?


「ココに居るデスッ!」


ヤモリ氏、久々のご登場


「むーーーんっ」


「ココなのに・・・」


「むきぃーッッ!」




間違った方向から攻めている坊ちゃん。
久々の再会だというのに、シャイなヤモリ氏は門柱と雨除けの柱の間のわずかな隙間に入ったままなのである。なんとしてでも自分もその隙間に入り込めないかと、果敢にチャレンジする坊ちゃんなのだが、頭はおろか指先だって入れはしないのだ。
すっかりシビレを切らして隙間にいるつもりで空を掻く手が、ムナシイクもオモシロイ。
今度こそ先だってのリベンジをとばかりに、口をとがらせて必死なのである。

乳母心ながら言わせていただきましょう。坊ちゃん、間違っているのは伸ばしたその手だけではないのです。反対側にまわって来れば、息を潜めて微動だにしない状態で、ナゼだか半身をのぞかせているヤモリ氏なのですよ。


日暮れ前に始まったこの騒動は、また明日に続きます。


ヤモリ氏の災難 他の記事はこちら→1・23 




 人気ブログランキングへ

スポンサーサイト

| 庭と猫 | 21:00 | comments:5 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

あはは~♪
ごろ太君思いっきり空回りしてますねぇ(。・m・)
本人が必死なのがより一層笑いを誘います(≧∇≦)
でも『ここにいマス』の時の真剣な顔を見たら
笑っちゃイケナイですよね(^^;)
ごろ太君的にはヤモリさんに触ってるつもりなのに
何で感触がないんだろう??って思ってたりして(゜m゜*)

| Aたん | 2009/08/06 21:17 | URL |

…o(;-_-;)oドキドキ♪
ヤモリ氏、作戦勝ちですね~^^*
ごろ太君の空をきるお手手ふりふり・・
本人は必死なお顔でかわいい・・(*´ェ`*)
いつか、ごろ太君がヤモリ氏と大接近して
勝利の雄叫びをあげる日を
楽しみにしてます(*/∇\*)

| hinatsuko | 2009/08/06 21:22 | URL |

Aたんさん
写真撮りながらも笑いをこらえるのに必死でしたよ(笑)。
こんなに必死なのに笑ったらシツレイだなぁと思って。
でも肩とか微妙に震えちゃったんですけどね(^^;)。
本猫は、ホントに「触れてるハズ!」と思っている様子
でしたよ~。うぷぷぷぷ(^^)。
この続きをお楽しみに。




hinatsukoさん
瞳孔開いて真っ黒な目で何十回も空をかきかきしながら、
どうしてそんなにムキになるかと思うくらいの必死ぶり
でしたよ~(笑)。笑いたいのこらえるの大変でした。
ヤモリ氏もこの状況で微動だにしないのだから、ホント
感心させられます。スゴイ忍法ですよね(^^;)。
ごろ太はこの後、ヤモリ氏に大接近できるのか?!
続きをお楽しみに。

| 薄皮饅頭 | 2009/08/06 23:15 | URL |

キャーです またまた。。。
虫じゃないですけど キャーです。。。
ヤモリ氏系もダメなんですよねぇ~
でも坊ちゃま可愛いですねぇ~
坊ちゃまは鏡見るとどうなるんでしょうか
福澤さんは「誰?」ってガン見してましたけど
さくらは無反応。。。
ヤモリ氏を見た時みたいになるんでしょうかねぇ
やっぱり坊ちゃまのお顔 可愛いです。。。

| 猫田にゃん仔 | 2009/08/07 20:22 | URL |

その「キャー」があと2回続きますがご容赦あれ(笑)。
ワタシなんか、ヤモリ氏のハミ出したユビが可愛いので
ちょっと触ってみたりしたのに(^^;;;)。

鏡のお話。ちょっと長いデス。
ごろ太が初めて見た鏡はコレです↓。
http://56g.blog40.fc2.com/blog-entry-2.html
この時は、鏡の裏側を一生懸命のぞいて、ダレもいない
のをフシギそうにしていましたよ。乳幼児だったし。
で、アパートには扉が鏡になっている戸棚が2本もある
んです。5ヶ月齢くらいまでは、玄関にある戸棚の鏡に
向かってよくビックリゴッコをしていました。

 #鏡像を敵に見立てて、背中を丸めてシッポを太く
  して、ビックリした!と向かって行く独り遊び。

そのときにはもう完全に、鏡像は鏡像だと理解していた
ように思えます。段段ビックリゴッコはしなくなりまし
たが、その後は自分の姿をよく眺めていました。
それも、ひとりの時ではなくてワタシにダッコされてる
時に、自分とワタシとを見比べるようにしげしげと
眺めているようでした。小さな頭でどう折り合いをつけ
たのかはわかりません(笑)。

今でも時々見比べはしていますが、それよりも鏡像を
見れば実像の方を向かずに動くものの様子が見えるぞと
便利に使っているようです。アホじゃないんですね(^^;)。

先代猫も、よくピアノに映った我々を見て様子を窺って
いましたよ。
鏡(のようなもの)がいつも身近にあるとそうやって
利用するようになるみたいだなぁと思いました。

福澤さんはあんまり鏡を見る機会がないのかな?
得てしてオトナの猫はいちいち反応しないようですが、
さくらさんあたり、案外と気をつけて観察していれば
鏡を利用している時があるかもしれませんよ(^^)。

| 薄皮饅頭 | 2009/08/07 22:04 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://56g.blog40.fc2.com/tb.php/117-b691f9ba

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。