FC2ブログ

ごろ太三昧

(雑種猫ごろ太の乳母日傘な日々)

2012年03月 | ARCHIVE-SELECT | 2012年05月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

紐付き猫は吝ん坊


「マグロ!」                  「カツオッ!」


「エート、チョット失敬・・・」


「いい天気だね」


「転がりっこしようよ!」


「あ、オバサン!」                 「ま、いいか」


「楽しいよ」                  「・・・何かチガウ」


「そういうんじゃないモン」


「む!これは何だ?!」


「右コッペパンチ」               「左コッペパンチ」


「そういうんジャナイッ!」


「ちょっと待ってよ」              「ボクの紐だモン」


「ふんふん」               「ボクのだよね?」


「取ったどー!」                「エッ?!」


「ムグググッ」                「パァーッ!」


「これ僕のだ!」                「ナヌッ?」




貸してやらぬと仁王立ち、紐付きは吝ん坊。
枯草積もる冬日和今日も今日とて秘密基地。シッポ高々坊ちゃんは雄同盟合言葉。
お天道様で温もって気持ちほぐれて銀次郎、紐付きオバサンちらりと見遣り転がりっこは如何かところり転げる草の上。
何か違うと坊ちゃんは尾をふくらませ後退り。紐付きの紐の持ち手が枯草の中音立てりゃ、これは何だと起き上がりついつい手が出た銀次郎。それは駄目だと坊ちゃんが踵返して紐引き摺れば、紐付きの引く紐に引かれて後追う銀次郎。
遂に咥えて取ったりと力を込めて紐引けば、貸してやらぬと仁王立ち、紐付きは吝ん坊。


「貸してよ」                「ヤダモンッ!」









【蛇足的余談】
写真は昨年2月頃のもの。ごろ太が銀兄貴となかよくなってゆく様子を順を追ってお伝えしているのだが、前回を境に、みるみる慣れ親しんでいったふたりなのである。

逢瀬を重ねて解かったのだが、銀次郎のゴロンは友愛のゴロン。
一緒に転がりっこしようと誘ってくれているのに、ごろ太ときたらそれは自分の望むところではないとシッポをふくらませて後退り。めげない銀次郎のお目に止まったのは、ごろ太のリードの持ち手である。
(手持ちのリードを伸縮リードにつなげていますが伸縮リードは安全な時しか伸ばしません)
そこだけ黒い持ち手が枯草の中カサカサと動く様子が魅力的だったらしく、銀次郎がコッペパンチを繰り出すと、気に入らないごろ太は退却。
ところが、退却するの後から黒い持ち手がついてゆく様子にますます心引かれた銀次郎、そろりそろりとついて来て、紐付き猫の隙を見て咥えてぐいーっと引っ張ったのである。
その得意気な顔ったら(笑)!

紐の長さには限りがあるので引っ張れるだけ引っ張っては放し、また咥えて引っ張る銀猫。
紐は自分の一部だと思っているフシがあるごろ太は、自分がオモチャにされたようで益々面白くないと、むくれて仁王立ちになっても、気を悪くする様子もなくまだ紐にご執心の銀次郎はやっぱり3兄弟の長男なだけのことはある。
それにしても、毛を逆立ててむくれて見せる一人っ子の紐付き猫のケチなこと!!





【お詫び】
諸々の事情により、いただいたコメントへの個別のお返事できず不義理しております。
コメントのお返しもできなかったりできなかったり、できなかったりしてます(^^;)。
それでも、とコメントくださる方、嬉しくありがたく拝読させて頂きます。

 人気ブログランキングへ にほんブログ村 猫ブログ 猫 お出かけ・お散歩へ


実はメタリックブルーの小さなトカゲがニホントカゲの幼体だと知ったのは去年のこと。
すっごいキレイなトカゲを見たから絶対珍しいに違いないと鼻息荒く調べたのだ(笑)。成長するとネズミ色になっちゃうのかぁとちょっとガッカリしたんだけど、そこで終わりぢゃなかったのね。
身の回りで生きている生き物のこと、知ってるって思ってても全然知らないものなんだなぁと思いましたよ。

ちなみに、ごろ太はまだトカゲを捕まえたことがないのだ!
ちょっとおっとりしてるヤモリと違ってトカゲって素早いから、今のところせいぜいシッポ掠めるのが精一杯。
腹ペコのときにヤモリを捕まえても、逃がしてはまた捕まえて遊ぶだけのごろ太・・・。
弱らせる前に取り上げるんだけど、あとがうるさくて大変なのだ。
(トカゲを食べると痩せるの?!なにゆえに?なんでしょうね)

トカゲを庭に呼びたいヒト(いるのか?)は、日当たりが良くてあまり雨が当たらない場所に大きめの石ころやコンクリートの瓦礫なんかを積み上げておくといいですよ。何年かすればトカゲの宮殿になるかも。
あ、彼らは虫を食べるので農薬は使わないほうがいいかもしれません。
ウチの庭は日当たりが悪くて湿っぽいので専らヤモリたちの集会所になってます。ははは。




coonumber1 さん、そうなのです!トカゲもなかなかやるもんですよね。ふふふ。
グレーのはよく見かけるのですが褐色のは初めてでした。結構大きかったですよ~。お庭のトカゲがリッパなオトナになって、褐色のボディーで甲羅干しするところ見られるといいですね(^^)。
(あ、はじめまして。コメントありがとうございます)

めんまねえさん、いやいや、めんまさんもかなりなわばり意識高そうよ。むふふ。
トカゲ、庭に出没して欲しいですよね!しかし日当たりの悪い庭を持つ我々にはハードルが高いのだ(笑)。指先がぷにっとしていて愛くるしいヤモリでガマンしませう。

myaumyau さん、前の年最後にトカゲやヤモリを見かけた場所や、今年最初に見た場所、シツコーク憶えていて昼も夜も必ず偵察。今年あたりからやっと季節が巡ると出没するということも理解しつつある様子。
時々阿呆かもと思えてしまうごろ太でもそうだから、猫の記憶力というのはかなりのものみたいです。
ま、こっちが憶えてて欲しいことを憶えててくれるかというとアレなんだけどね。うっしっし。

スポンサーサイト

| 銀次郎 | 20:00 | comments:9 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |