FC2ブログ

ごろ太三昧

(雑種猫ごろ太の乳母日傘な日々)

2009年09月 | ARCHIVE-SELECT | 2009年11月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

道草喰う秋


「この草の味どうダロ?」

091025-2.jpg
「ふむふむ」                「イケマス」


「それじゃガブッと!」


「ガブガブッと・・・」


「今気づきマシタがコレ」


「葉っぱじゃないような?」




道草喰わせたら日本一のグルメのはずだが。
散歩を始めてからというもの台所の猫草を食べなくなった坊ちゃんは、もっぱら路地モノばかり召し上がる。お陽さまと風雨に存分に晒されて育った逞しい路傍の草の味はまた格別なのだと彼は言い、ゴハンに混じる肉の塊は「噛み切れマセン」と残すクセして見るからに硬そうな葉をガシガシと喰いちぎるのだから、ホントはヤギではないのかと疑われても文句は言えまい。

朝晩めっきり冷え込んで秋も深まるこの季節、道端の草の中にも茶色い枯葉がずいぶん混じるようになってきた。坊ちゃん曰く「枯草はヒナビタワビサビの味がする」のだそうで、わざわざ茶色いところを召し上がることもしばしば。
できれば庭のプランターの青い草を召し上がってはいただけないかと言いかけて、あれ以来プランターには草が生えぬままだったことを思い出したのであった。

ところで今日の道草は芝草系とお見受けしたが、イケルイケルと言いながら齧っていたのは花穂の部分。思う存分齧っておいて葉っぱじゃなかったと気づくあたり、猫草グルメを気取るには百年早いと思ったが、いっぱしの批評家面した坊ちゃんのため口をつぐんだ乳母である。





 人気ブログランキングへ

スポンサーサイト



| 散歩猫 | 21:00 | comments:6 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |