FC2ブログ

ごろ太三昧

(雑種猫ごろ太の乳母日傘な日々)

2009年09月 | ARCHIVE-SELECT | 2009年11月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

噛んだら勝利


「むむむむっ?!」

091026-2.jpg
「噛んでヤル!」                「スカッ」   


「むぐぐぐぅ~」

091026-4.jpg
「もう一度ダ!」                 「スカッ」   

091026-5.jpg
「むきぃーッ!」                「ガブッ」   


「ふふん、ボクの勝ちデスッ!」




口はお食事ではなくお遊戯のためにこそある。
それが坊ちゃんの信条。彼は獲物に口で立ち向かうタイプなのだ。お刺身を喰いちぎれぬ役立たずの口はこういうときにこそ役立つのだそうで、遊び始めに繰り出していた猫パンチやらアタックやらがいつの間にやらガブガブ攻撃に変わるのである。
それがどんな遊びも最後にはパン喰い競争と化してしまう所以なのである。

しかし喰いつこうとしても喰いつこうとしても空振りばかりのその口、ここでも結局役に立たないのではなかろうかと案じていた矢先、見事がっぷり喰いついた。
パン喰い競争であればパンを咥えてゴールまで走るはずが、喰いついてしまえば得意満面で一旦終結するこの遊び。なんだか猫と遊んでいる気がしない乳母である。

外は冷たい晩秋の雨。風雨の届かぬ暖かな部屋でしとしと言う音聴きながら、黄色な色したミカンネットで歯磨きあそばせ、お坊ちゃん。





 人気ブログランキングへ

スポンサーサイト



| 遊ぶ猫 | 21:00 | comments:6 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |