FC2ブログ

ごろ太三昧

(雑種猫ごろ太の乳母日傘な日々)

2009年09月 | ARCHIVE-SELECT | 2009年11月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

カスバのオトコ


人目を避けて潜伏し


窓から覗く黄色な虫に


ふいに飛び掛ってヨシ


お戯れに飽きたなら


「むふーん」とポーズを決めてヨシ




ウナギの寝床のごとき箱。それがモロッコハウス。
ある時は憩いの場として、またある時は天蓋付ベッドとして、過去にも登場した野蛮な作りのこの穴開き箱、都度「モロッコ風建築です」と、頑ななまでに主張してきた乳母である。


一体ナニを根拠にモロッコなぞと言い張るのかと、モロッコのヒトがお怒りかどうかは定かではないのだが、どうか坊ちゃんの目線で一度ご覧になっていただきたい。

091003-7.jpg

いかがなものか内側からのこの眺め。どこからか乾いた風が吹いて来て、砂など舞い込んで来そうではあるまいか。作り手の脳内イメージは、ナニを隠そう遥けきカスバの街道に立ち並ぶ土と藁とでできた建物なのである。少々作りは乱暴であるが坊ちゃん好みの細長形状が功を奏して、日々ご愛顧いただいているのだ、とヘッポコ建築士は鼻高々。
モロッコハウス改め、カスバの館と呼ぼうではないか。
差し詰め坊ちゃんはカスバのオトコ。今日も館でじゃらしと戯れ、遊び疲れりゃお色気ポーズでシヤワセそうにお休みになっている。

しかし、ニホンのどこかには猫も猫飼いも垂涎マチガイナシの優良物件があるのである。それを目にしてからというもの台所の隅のカスバ館の横を通る度、己の不器用さと野蛮さを省みてうなだれずにはいられぬ乳母である。(優良物件、一見以上の価値アリ!)





 人気ブログランキングへ

スポンサーサイト



| 遊ぶ猫 | 21:00 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |