ごろ太三昧

(雑種猫ごろ太の乳母日傘な日々)

2009年04月 | ARCHIVE-SELECT | 2009年06月

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

声なき訴え


早く早くとヒトを急かし


電線に鳥がいると騒ぎ


土嚢袋に及び腰で近づき


すっかり気が済んでしまうと


もうウチに入るのダと訴える


じらすとやおら立ち上がり


早く開けろとまた急かす




坊ちゃんは黙して目で語るタイプ。
稚き頃から、滅多なことでは喋らぬ無口な少年であった。
成長とともに、時には声に出さぬと伝わらぬこともあると 
学習しつつあるのだが、それでも声を出し惜しんでいる。

ジーッと見れば通じるという信念。
それが坊ちゃんを寡黙にさせているのだ。名前を呼ぶと 
ニャーと言わずにジッとこちらを見て、それが返事と言う。
知らず知らずに乳母は、念力の修行を積んでいるようだ。





 人気ブログランキングへ
スポンサーサイト

| 散歩猫 | 22:45 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

待ち人来たらず


葉っぱの上の雨の雫が乾く頃


茂みの奥を一心に見つめる猫1匹


「むうー」


「ムッ?!」


何もいないとわかると・・・


「アレを出してくだサイ」
と、彼は言う




坊ちゃんが捜していたのは・・・
庭に出没するヤモリ氏である。

この間ここまで追い詰めておいて逃したことが悔やまれてならないらしい。
ヤモリの出る出ないをどうにかしろったって坊ちゃん、

どうにもなりゃしません。


それはお天気とヤモリのやる気次第 なのだ。ヤモリのことはヤモリご本人にお願いしてください。乳母にできるのは坊ちゃんの気が済むまで、アクビしながら一緒に手持ち無沙汰でいることくらいですよ。


坊ちゃんの思惑を知ってか知らずか、庭の奥ではバイカウツギが静かに揺れている。




 人気ブログランキングへ

| 庭と猫 | 22:45 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

快眠坊ちゃん


安らかに眠っているのか


はたまた悪霊が憑依したか




遊んで食べてシアワセそうによく眠っているね、と束の間微笑ましく眺めていたが、近づいてみるとこんな顔になっている。気を抜き過ぎてやしませんか?
散歩の時の緊張感はいずこ?マブタも口も弛みきった見事な白河夜舟。
まぁ、安心しきってグッスリ眠れるというのはマコトありがたいことである。善哉善哉。

大昔、イヌの祖先が家畜化しつつあった頃、夜になってイヌが静かに眠っているのは周囲が安全な証拠だから、ニンゲンも安心して眠れたのだそうな。
それで‘動物が安らかに眠っていると自分も安らぎを感じる’という回路が、ニンゲンの遺伝子に組み込まれたのだとか。ナルホドこれだけ安眠してくれると安らぎを通り越して笑いを誘う。

眠りは健康のバロメーターだが、ここにもうひとつ猫の健康バロメーターが。
そう、絨毯のツメ研ぎ痕である。

ツメ研ぎするのは元気の証。我が家の絨毯は坊ちゃん用大型ツメ研ぎなのだ。
毎日絨毯に描かれたツメ研ぎ模様を眺めるのも、またオツなものである。





 人気ブログランキングへ

| 眠る猫 | 20:00 | comments:3 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

クルンと一撃


まったり坊ちゃんに声を掛けると


クルンっとひっくり返りながら


こちらにぐいと手をのばして


「乳母の目と鼻はドコ?」
・・・と、甘えてくるのだ




どこにあるかわからん目と鼻で済まぬ。

この猫タワーのハンモックにいる時に、こうやって甘えてくるのは 
子猫の頃からの変わらぬ習慣。ヒトの顔を触ろうと前脚をのばす。

今ではそっと顔に触れるだけなのだが、坊ちゃんご幼少の時分、
グイとのばした前脚がどこにあるかわからん乳母の目玉にヒット。

「目に入れても痛くない」とはよく言うが、
どんなに可愛くても痛い物は痛いのだ。

と、思い知った瞬間であった。爪が出ていなかっただけありがたい。




 人気ブログランキングへ

| 甘え猫 | 22:28 | comments:3 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ハーネステスト


新しいハーネスは脱げないか?


「ゴロン、よ~し!」


「カイカイ、よ~し!」


「猫草、よ~し!」


・・・坊ちゃん、猫草は関係ないし(^^;)




harness-1.jpg
探しても探してもコレというものに辿り着けない『ハーネスの旅』に疲れた乳母は、業を煮やしてオーダーメイド。

←出来上がったものが届いた。

白黒ストライプがなかなかシック。坊ちゃん小粋なパリジャンみたいですよ。
毛皮もフランスパン色だしね。


肩の輪っかと胴体の輪っかが、背中側と腹側の上下で縦方向につながっているところがミソなのではないかとニラんでいる乳母。
そして、リードにつなぐ金具が胴体側の輪っかについているところもポイントが高い。
何かのはずみで強い力がかかったとき、坊ちゃんの首がグェッとなって咳き込むようなことにならないで済む。それに咄嗟のときにリードを垂直方向に引けば後足が持ち上がるので、恐怖のいきなりダッシュを阻止して坊ちゃんを確保することができそうである。

ただし、猫は胴体の輪っかをかなりキツめにしておかないと、ゴロンゴロンしただけでも簡単に腕が抜けてしまうので要注意。キツそうに見えても本猫は平気なものなのだ。


harness-1.jpg
←なにやらオサレなタグまでついている。

品物はアメリカ製らしい。既製品とオーダー品があり、いずれも注文すると(ニホンゴ)お店を経由して手元に届く仕組み。
ナイロンテープに柄のリボン(?)が縫い付けられていて、テープの太さとリボンの柄を選ぶことができる。


首輪やリードもあり(首輪は猫用もあり)。興味のある方はモンタナドッグさんへ。
回しモンではないが、あれこれ相談に乗ってくれて親切だったのでご紹介まで。

そうそう、オーダーハーネスを着けたミニブタさんの写真もありましたよ。

harness-1.jpg




 人気ブログランキングへ

| 散歩猫 | 21:55 | comments:3 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

天道虫の遊戯


道端の小さな黒い点を


触ろうとする坊ちゃん


よく見れば天道虫


「見逃すも武士の情」




捕まえられなかったというのが事の真相である。
小さいわ手は滑るわで、どうすりゃいいのかわからなくなった 
に違いない。いいんですよ、坊ちゃん。見逃してあげましょう。

このテントウムシ、乳母が何度救出してもまたやって来ては 
坊ちゃんの近くをウロウロしていた。遊ばれていたのはもし 
かして坊ちゃんのほうなのでは?と忍び笑いの乳母である。




 人気ブログランキングへ

| 散歩猫 | 22:57 | comments:3 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

陽の当たらぬ場所


坊ちゃんのお気に入りの場所


それは柿の木の奥の茂みである


涼しい木陰で虫を探してみたり


時折乳母の姿を確認してみたり




そこは件の ドクダミ座布団の場所でもあるのだ。
ドクダミのかほりの中、涼をとりつつ散策を楽しむなぞ、風流と言えば風流。

ニオイはすごいのだが、こうして見るとドクダミの花もなかなか清楚でかわいらしいものである。





 人気ブログランキングへ

| 庭と猫 | 22:39 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

バランス特訓


今日はバランスの特訓ですよ


ハイ、気持ちはじゃらしに集中!


「ヨーシ、捕まえるゾ」


「オットット?」




最近増設されたニャングルジムの平均台である。
やっと歩いてみる気になったのですかさずじゃらし。
バランス感覚を養う練習になると目論んだのだが、

思い切り寄りかかってマス。
ま、遊んでくれればそれもアリか、と苦笑する乳母。




【閑話休題】

今日は月に一度のご馳走の日。
さて、そのご馳走とは何であるか?

unagi-1.jpg

unagi-2.jpg
←それは鰻丼である。

エ?鰻の姿が見えないって?
鰻のタレ丼なんじゃないかって?


鰻はココです!→

炊きたてご飯を鰻の上にのせて
軽くレンジでチン。温め直しでも
鰻が柔らかくあがって美味しい。
(写真は鰻を発掘したところ)

unagi-1.jpg

unagi-4.jpg
鰻とご飯は2段重ね。

こうするとさらにウマイのだ。
我が家は伊勢定の鰻ファン。
タレが甘すぎず本当にウマイ。




中国産鰻の安全性がマスコミで取り沙汰されるよりも前から、我が家では長らく中国産の鰻を絶対購入しないという方針。
理由は、日本向けに鰻を輸出すると儲かる!と鰻が乱獲されているとか、それによって中国の自然環境が破壊されているとかいうような話を耳にしたから。

考えてみりゃ鰻といったら大したご馳走なのである。スーパーで480円なんていう特価で買って、気軽に食べるものではないのだ。
それならデパートの地下でウマイのを買って、ありがたやありがたやと食べようよと始まった、月に一度の給料日直後のささやかな贅沢なのである。

ちなみに坊ちゃんは「脂っぽいのキラ~イ」と、鰻には見向きもしない。






 人気ブログランキングへ

| 遊ぶ猫 | 19:56 | comments:3 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ナルシスト


「むぅー・・・!」


「ボクってホントに」


「ハンサムぅ~」




酔いしれる坊ちゃん。

できればあんまりスリスリしないでいただきたいのですが・・・。
車、ずっと洗ってないからキタナイし。
その汚さがイイのか、ナニやら魅惑のニオイがするのか、必ずここで立ち止まってスリスリするのである。





 人気ブログランキングへ

| 散歩猫 | 19:02 | comments:3 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

本日の収穫


狙っていた獲物は何だったか?


見失ってしまった坊ちゃんだが


とっておきの顔が今日の収穫




つまり、収穫があったのは乳母だけというコトですな。
午後3時過ぎから日没後まで、風吹く中を坊ちゃんの(捕れない)狩りに 
お付き合い差し上げたわけなのだから、まぁヨシとしておいていただこう。

写真を撮る時、坊ちゃんに遠慮してあまり寄れない乳母なのだが、たま 
に寄ってみて、こんないい表情が撮れると、とてもウレシクなるのだった。





 人気ブログランキングへ

| 散歩猫 | 22:18 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

飛び出し注意!


紙玉狙って潜伏中


みだりに声をかけると


「飛び出しマスッ!」




小振りな紙袋を使った坊ちゃんの遊び方。前脚まで 
うまいこと出ると、袋を着たままであちこち歩き回る。
今回は前脚が首尾良く出ず、装着は未遂に終わる。




 人気ブログランキングへ

| 遊ぶ猫 | 23:13 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

コマ送りゴロン


カラダはゴロン


シッポは垂直!


顔もカユイし


あ、おひさまだ


気持ちいいなぁー


アレ、見てたの?



*晩春と初夏の狭間、いつもの路上にて ( #3/100 ) 



・・・見てましたとも。
動画から写真に起こしたので画像が少々 
荒れてしまったのだが、転がりながら実に 
いろんな格好をしているものだと感心する。

うれしいと、ゴロン中にもシッポがピン! 
とするのだという新たな発見もあったのだ。
(ん?ピン!の方向がちょと違うか ^^;) 




という生き物は、気分がいいとゴロンゴロン実によく転がる
その転がりっぷりを100回分集めてみたら、何らかの法則が 
みつかるんじゃないか?という、いい加減かつ無計画な試み、

それがこのゴロン百景』である。




 人気ブログランキングへ

| ゴロン百景 | 23:21 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ビッグマック


それは前脚と後脚が重なった



↑この状態の呼び名でもある





その昔「猫肉バーガー」などと中傷されていた、某ハンバーガー店の 
商品名を拝借。猫の肉球ビッグマックもなかなかウマそうではないか。

前脚と後脚がこうもピッタリ重なることがそうそうないので、コレを見 
かけると、なんだかイイ事でもありそうなホクホク気分になるのである。





 人気ブログランキングへ

| 眠る猫 | 20:16 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

草叢のハンター


「うりゃ!」


「むーん・・・」


標的はコレ


「逃ゲラレター」





坊ちゃんが夢中で捕まえようとしたのは
ツマグロオオヨコバイ

セミやカメムシの遠い親戚。飛ぶ時かすかにパチパチッと音を立てる。
それがまたタマラナイらしく、がむしゃらに探し回るのだが、どうも見当違いのところばかり見ているように思えてならない。





 人気ブログランキングへ

| 散歩猫 | 22:47 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

バリバリ箱


「ボク元気ボク元気!」



「今日も絶好調ーっ!」



先週勿体つけた連れ合いの新作
それはバリバリ箱でした



「さ、ナニして遊ぶ?」





GWからせっせと連れ合いが拡張してくれた部分の全貌。一見殺風景だが、実はと、ニャンとも盛り沢山のニャングルジムなのですよ、コレが。

そもそもこの場所には、解体するに手間取るほどの巨大段ボールが立てかけてあった。ソファの背もたれに挟まれて固定され、丁度具合がよかったのであろう。
坊ちゃんは
その段ボールをツメ研ぎとして1年以上愛用していたのだ。
その姿が不憫に思えて、連れ合いに今回のバージョンアップをご依頼したという次第。

坊ちゃんは大変なヨロコビようで 朝に昼に夕に晩に深夜に、ココでバリバリと段ボールかすを散らかしてくれている。いいんですよ、かすなど散らかっていても。

猫にばかりかまけて諸々の家事を端折ってしまうこともしばしばだと言うのに、こんなスンバラシイ物をこしらえてくれる連れ合いに、かたじけなさイッパイの乳母なのであった。
(ちょっと胡麻擂り?)





 人気ブログランキングへ

| 遊ぶ猫 | 18:43 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

たてがみ出現?


すましていますが背中にご注目!



それってたてがみのつもりですか?



「ふッ、強そうデショ?」





一生懸命やっている割に、坊ちゃんの毛づくろいはいい加減。
毛の流れを無視してとにかくナメまくるので、つくろったはず 
の毛並みがクッシャクシャ、なんてことは日常茶飯事なのだ。

猫タワーでくつろいでいる坊ちゃんをふと見たらたてがみが 
できていたのでパチリ。本猫はキマッていると自慢顔である。





 人気ブログランキングへ

| 徒然猫 | 19:39 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

端境期


少し警戒してオトナの面持ち



うれしくなって



甘えてみたり



子猫の顔になったり




坊ちゃんと外を歩くと、家の中とは一味違う表情を見ることがある。
怖いもの(車や犬や知らない人)と遭遇したり、ごっこ遊びじゃない 
本物の獲物がいたり、同じ場所でも毎日いろんなニオイがしたりと、
玄関を出るとあらゆる刺激にあふれているから当然と言えば当然。

オトナとコドモを往ったり来たりの端境期でもあるから、
もちろん家の中でもいろいろな顔を見せてくれる坊ちゃんなのだが。

写真を見ながらそんなことを考えていて、ふと気づいたことがある。
飼い猫の彼は、おそらくずっと子供の部分を残したまま生きるのだ。

つまりは一生が端境期。
これからの坊ちゃんがもっと幸せであるために何をしよう、何がで 
きるだろう、なんていつになくしんみり考えてしまう乳母なのだった。





 人気ブログランキングへ

| 散歩猫 | 22:32 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

花と猫の共通項


クレマチス咲きましたよ、坊ちゃん


「ナニナニ?」


「ワァ、あれかぁ!」


って、ちがいますよソレ!




晩春の陽の光をあびてクレマチスの2番花が咲いた。風車のような花は葉っぱばかりのアパートの庭では貴重な彩りなのだ。
早速坊ちゃんに教えるとやけに熱心な顔で盛り上がる。もしや坊ちゃん!花の良さがわかるのか?とほくそえんでいたら、やおら擁壁をよじ登ったのだった。

アンタが見てたのはソッチかい!

上った先は坊ちゃんの好きな隣の家の庭である。フェンスのすぐ向こうの温室のおかげで、つっかえて進めなかったのが幸い。降りるに降りられず必死にしがみつく姿がちょっと可笑しい。


クレマチスは蔓性植物。日光を求めて支えによじ登ってしがみつく。
ということはつまり、一応坊ちゃんの行動と共通項があったワケである。

植物の性質を自らの体を張って表現したのであれば大したモンだ、などと親ばか乳母は悦に入るのであった。





 人気ブログランキングへ

| 庭と猫 | 22:32 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

茶紙トンネル


「乳母は来るかな?」



「・・・まだかなぁ」



「アッ!来たぞ!」



「突撃ぃーッ!」







坊ちゃんのダイスキなもの・・・それは
梱包用茶紙。
丸めたてトンネルにしてヨシ、グシャグシャにしたものを広げて隠れても掘りまくってもヨシ。破いてみてもなんとも心地いい。
敷いた上で昼寝もまたむべなるかな。

手触りや音がたまらないらしく、カサカサガサガサと結構いつまでも遊んでくれる。


ほかのオモチャと組み合わせると楽しみも倍増。飽きてしまったオモチャも、茶紙とセットならエキサイティングに復活させられる。
キャットフードや各種猫用品を通販で買った時に入っている写真の紙が一番好評。ワイシャツをくるんであった白い紙もなかなか具合がいいらしい。新聞紙ではイマイチなのだ。
茶紙がボロボロにちぎれてくると、何か買い物しなきゃならないと焦る乳母なのである。




 人気ブログランキングへ

| 遊ぶ猫 | 23:09 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

緑陰の異臭


「虫はドコ行っちゃったんダロ?」



坊ちゃん、ドクダミ座布団はやめましょうよ

「え?」




「今それどころじゃないんデス!」





陽射しが強くなると坊ちゃんの遊び場は日陰に移動する。
それはいいが、そろそろ薮蚊もお出ましで乳母は痒々だし、
(坊ちゃんは超音波の虫除けを首輪から下げているのだ) 

そこはドクダミの上です。

そんなにペッタリ座ると、オシリにドクダミの臭いがつくよ。





 人気ブログランキングへ

| 散歩猫 | 23:18 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

アクビヨーデル


猫のヨーデル独唱?



いいえ、アクビでした

「ンガォー」





股猫寝から目覚め、大アクビの坊ちゃん。
猫は「これから起きて活動するぞ」という 
時にアクビする。酸素を全身にまわして、
すぐに動けるようにということなんだそう。

起きて何時間もたっているのに、何度も 
無駄なアクビをしている乳母とは大違い。


ヨーデル、聴きたかったなぁ・・・。





 人気ブログランキングへ

| 寛ぎ猫 | 22:32 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ハーネスの旅


「ド、ドコに行くんデスか?」

ハーネス探しにららぽーとに行きます




「遊びたかったのにぃー」

まま、坊ちゃんこっちへおいでなさいよ




「ダッコ?」



「ダッコはスキデス、ボク」



さ、降りますよ坊ちゃん

「やっぱりヤダー」






涼しそうな、なおかつ外れる危険の少ないハーネス探す乳母の旅である。と言っても、実際着けてみないと解からないので坊ちゃんは 強制連行。そして仕事でお疲れなのにキャットウォークの拡張なぞやらされて 気の毒な連れ合いにも同行してもらう大ゴトなのだ。

この間の乗車からまだ日が浅いので大丈夫だねとタカをくくっていたのだが、坊ちゃんときたら
長鳴き大ブーイング。大変なお怒りである。

途中膝にのってご機嫌も直ったかと思ったが、ららぽーと横浜の駐車場に到着するとまたもや「ヤダーヤダー」と騒ぐ。車に置いていかれるのもイヤで 痛し痒しの坊ちゃん。

しかしキャリーに入れて店に入ってしまえば騒ぎも鎮まり、どこぞのイヌより余程お利口にあれこれ試着させてくれる。ビビッていて大人しいのだが ビバ!坊ちゃん!
が!坊ちゃんが散歩中にゴロンゴロンしても突発的木登りやダッシュをしても安心、かつ夏に涼しい理想のハーネスはみつからず・・・。


せっかく来たから・・・と換えのリードを新調して終了。支払いはなぜか連れ合いという素晴らしい事の顛末。

ビバ!連れ合い!

そんなこんなで、今日はふたりに頭の上がらぬ帰り道の乳母であった。





 人気ブログランキングへ

| 外出猫 | 23:32 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

芝生に椋鳥


「ハッ、あれはっ?!」



椋鳥ですよ坊ちゃん



「捕りに行ってイイ?」

人ン家の庭だから入っちゃダメです




「・・・チッ」






近所の広々したうらやましい庭の芝生に、よくムクドリが来ている。それを知っている坊ちゃんはいつもその家のフェンスの所で立ち止まるのだ。
目の前で地面をついばむ鳥を見れば、そりゃあ猫たるもの気になるに決まっている。
しかし、いくらかわいい坊ちゃんといえど

人様の家の敷地への侵入も食べもしない鳥の奪取もご法度である。
言って聞かせるとなんとも憎たらしい顔をしながらも諦める。大変よろしい (笑)。
今のご時世にヨソの庭をそんなに堂々と覗けるだけでもありがたいんですよ、坊ちゃん。
狩猟本能は別の遊びで昇華させるべし。

さて、久々の好天だった今日。
散歩の後の午睡の前の毛づくろいに余念がない坊ちゃんの向こうで、連れ合いが何やら一生懸命こしらえている。

ナニができたのか?
それはまた後日。乞うご期待?





 人気ブログランキングへ

| 散歩猫 | 22:22 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

笑撃的長舌!


遊んでいたら



坊ちゃんの・・・



ベロがっ?!






ウチの坊ちゃんが 妖怪に変身?! 
猫のベロがこんなにも長いとは驚きである。
道理でしょっちゅうしまい忘れるワケである。




 人気ブログランキングへ

| 徒然猫 | 23:05 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

神降臨?!


連れ合い作の神棚に



ついに今宵神降臨?!



この神様はどうやら



イタズラ好きのよう




連休中に連れ合いが拡張してくれたキャットウォーク。
その途中に設けた‘神棚風休憩所’に収まる坊ちゃん。

「こんな場所いつの間にできたの?」と 
うれしそうに歩いたり遊んだり、下界を覗いてみたり。

この神棚、まさに 神様ジャストサイズ。
お供物のためのスペースは、どうやらなさそうである。





 人気ブログランキングへ

| 遊ぶ猫 | 19:56 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

雨でも散歩


「こっちは足がぬれるからヤダ」



・・・そこはもっとぬれると思うけど?



かわいい足跡ペッタペタ




雨でも散歩すると何度も目で訴えるので庭に出てみると、庭のタタキの乾いた所で恨めし気にヒトを見上げる。
しかし玄関からだとどういったワケなのか、シッポを立てて元気イッパイ。濡れても平気!とばかり雨降りの通りへ繰り出す坊ちゃんなのだ。
一緒に歩く乳母もビショぬれ。自分がぬれても平気なのだから、そんなことにはもちろんお構いなし。

やはり彼は ヘンタイ猫である。


(←濡れた傘もオモシロイらしい)





 人気ブログランキングへ

| 散歩猫 | 23:53 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

股猫寝坊ちゃん


どこに寝ているかというと・・・



乳母の股間なんだな、コレが
*なぜかパンツ型にふくらんだフトンをご容赦あれ




休日らしく朝寝というか昼寝というか。一緒に夜更かししたせいか昼からの雨降りのせいか、夕方までなかよくグーグー。
坊ちゃんは猫だからいいとして、

乳母はヒトとして問題有か?

( 大股開きの寝相も・・・)


それにしても気持ちよさそうですね、坊ちゃん。時折ノビをしつつ、「グー」やら「ムー」やら呟きつつ、いくらでも眠れるそうな。
一緒に寝る時は乳母の股間が定位置。大股開きのまま眠るのもラクじゃないので、せめてお腹の横にでも場所を変えてくれないかと思うのだが、どうしてもここがいいらしい。

これぞ猫又ならぬ股猫。我が家ではこの眠り方を股猫寝と呼んでいる。




(おまけ)

坊ちゃんとダラシナイ乳母が惰眠をむさぼっている間に、連れ合いがせっせと
ニャングルジム (=キャットウォーク) を拡張増設してくれた!

↓天井をくりぬいた休憩所付


狭い部屋のわずかな距離でも、クギの打てぬ借り住まいという難所ゆえ、さまざまな工夫と労力を要求される。
大工仕事お手上げの乳母は大感謝。

当の坊ちゃんはまだ気づかずに寝てばかりいる。連れ合いに報いてくださいな。


*製作者曰く「神棚みたいだな」 (笑)。
御神酒とお榊でもお供えしてみるか。




 人気ブログランキングへ

| 眠る猫 | 22:08 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

棚ぼたキウイ


「むっ!コレは?!」



「アレデスよね?」



「ぬふ~ん」



「むふふ~ん」




うらうら心地良い春暖の通りで何やら発見した坊ちゃん。その物体の正体は春風に乗ってご近所の庭を旅立ったキウイの枯れ蔓なのである。キウイといえばアレである。
はてどうするだろうと見ていたらそのまま路上に寝転んででアッサリ陶酔状態に。

「猫も歩けばキウイに当たる?」 なるほど、棚ぼたということか。
警戒心も緊張も暫しの間運び去る魅惑の香りがするのだと、坊ちゃん道の真中ですっかり無防備に魅了され、ゴロンと転がり酔い痴れる。
キウイの蔓はヨダレまみれで虎になるとはこのことかと面白可笑しく眺めながらも、車やイヌが来やしないかと注意を怠れぬ立場の乳母はなんだか損した気分であった。


キウイはマタタビの仲間。
マタタビほどではないが、猫にはそれなりに効くらしい。散歩の途中でちょいと1杯ひっかけたという感じなのだろうか。
そのあともしばらくご機嫌である。

いいもの落ちてたね、坊ちゃん。




*連休なので今日の写真は連れ合いの撮影


 人気ブログランキングへ

| 散歩猫 | 20:40 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

境界線マーク


ここから先はお隣の庭



気になるけどガマン!




アパートの庭は隣と地続き。庭と云うか細長い土の地面があるだけと云えなくもない。右の写真の、大きな植木鉢の横の2本の月桂樹がその境界。柵が設けてあるわけでもなし、やろうと思えば行き来できる。

申し訳程度に、剪定枝をバッテンに組んだだけの境界を
坊ちゃんは越えない。
物音などが気になっても、ジッと見つめるだけでガマン。
最初の2~3度行かぬよう言ってきかせただけである。

なんと抑制のきいた優秀な坊ちゃん!


常日頃感心していた乳母である。しかし坊ちゃんも抑制してばかりではいられないのである。
まだまだか細い月桂樹の幹をよーく見てみれば・・・

見事な爪痕発見!

控えめで優しい男子だと思っていたが
やるときゃやるんですね。
剥けた樹皮がクルンとなっているあたり、なかなか頼もしいではないか。ワイルドな一面もあるのだ。





090503.jpg
「目印はつけとかなきゃ」




 人気ブログランキングへ

| 庭と猫 | 23:43 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

緊張と緩和


気ヲツケェー



休メ!




かわいい顔にはそんなに緊張感が必要だったとは・・・。
だけど、ベロのリリースはやめときましょうよ坊ちゃん。
まがいなりにも
誇り高き猫 でしょう。

夏の気配を感じる本日の最高気温24度。
結構風が吹いていたので毛むくじゃらでも日向でなんとか過ごせたが、気が弛めばベロも出るかという陽気。

散歩の後は窓辺で網戸越しの風にあたりながらウトウト。
少しずつ少しずつ、屋内の方が過ごしやすい季節へと移り変わっているなぁと実感。





 人気ブログランキングへ

| 散歩猫 | 20:18 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。